2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

学生時代、異常な性欲のせいで友達なくしてった話。







1 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:26:39.90 ID:/lQncKzA0
たったら




2 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:27:22.73 ID:/lQncKzA0
書き溜めあるからポンポンいこうと思う。





3 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:27:41.06 ID:/lQncKzA0
まずは中学の時の話なんだが、
俺は中学3年にして性に全くと言っていいほど興味のない、
中学生にしては珍しいタイプの人間だった。




5 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:28:19.93 ID:/lQncKzA0
周りが猥談をしていても知識がないため輪に入れなかった。
むしろあまり入る気すらなかった。




7 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:29:04.25 ID:/lQncKzA0
俺が通っていた中学校は性について進みすぎていた。
今思い出すと異常だったと思う。


昼休みになれば「昨日公園で彼女としただの」言っていたの
を今でも覚えている。




8 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:29:26.95 ID:/lQncKzA0
仲の良い友人は何人かいた。
その友人らも いつしか猥談ばかり話すようになってしまい
俺は おいて行かれた感じがした。
少しさびしさを感じた。




9 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:29:47.19 ID:/lQncKzA0
まぁ考えてみれば俺たちは中学生。
その手の話をするのが当たり前であって
異常なのは俺なのだ。

そう思った俺は それから周りの猥談の輪に自分から入ってい
くようになった。






10 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:30:17.45 ID:/lQncKzA0
入っていくといっても話を聞くだけである。
自分から話すようなエピソードもなければ知識もない。
ただ聞いていれば仲間入りできると思ったのだ。





12 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:30:41.76 ID:/lQncKzA0
話を聞いているのはいいが わからない単語が多すぎる。
そこで親友であるタケルに帰り道で その日聞いた卑猥な単語
の意味などを聞くことにした。
しばらく卑猥な単語の意味を聞きながら帰る日が続いた。




13 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:31:35.31 ID:/lQncKzA0
俺がタケルに相談したのは親友であるという理由だけでは
ない。

タケルは昔から「性欲のお化け」という二つ名を持っていた。
だからタケルに聞けば間違いないと思ったのだ。

タケルのスペック
・ピザ気味
・性欲強い
・頭は悪い
・彼女持ち





14 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:33:04.77 ID:/lQncKzA0
タケルからはいろんなことを教わった。
そのころの俺は男性器を女性が口で咥えるという行為なんて
汚くてやばいだろと思っていた。
それくらい純粋だったのだ。




15 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:33:44.15 ID:ETyTeqfD0
タケルでも彼女がいるのに
お前らときたら…



18 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:35:15.28 ID:/lQncKzA0

ある日の昼休み俺はタケルに聞いてみた。


俺「あれを女子から舐めてもらうとか言ってたけどそれって
  汚くないか?」

タケル「お前純粋すぎww汚くても舐めるのは女子だろww」

俺「それでもなんか抵抗あるな・・・なんでそんなことやる
  んだ?」

タケル「気持ちいいからに決まってんだろwww」

俺「気持ちいいのか!?それ聞いてて気持ち悪いんだが」

タケル「やってもらえばわかるwww」

俺「女子は嫌がらないのか?」

タケル「俺女子じゃねーからわかんねーよw」


そんな感じのやりとりをした。





20 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:36:01.00 ID:/lQncKzA0
その日の放課後だ。
部活を終え、その日もタケルと一緒に帰ろうと思ったのだが、
タケルは保健委員会の委員長だったため
学校に配るアンケートを作ることになっており
帰るのがおそくなると言っていたから一人で帰ることにした。

この日の帰り道、俺は性に目覚める第一歩を踏み出すことな
る。






21 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:36:43.39 ID:/lQncKzA0
田舎だったため俺の通学路は田んぼと集落しかない。
学校も全校で150人ほどしかいない上に
時間も6時半くらいになっていたので人っ子一人いなかった。





22 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:37:27.87 ID:/lQncKzA0
すると、中学校から少し離れた集落の中でうちの学校の制
服を着た女子を見つけた。

自転車がパンクでもしたのか自転車があるのに乗らないで
引いて歩いていた。

その女子はその地区の公民館に自転車を止めて公民館の裏
に入っていった。

「確かあの裏って道すらなかったような・・・」

気になったので覗いてみることにした。




24 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:38:20.98 ID:/lQncKzA0
するとその女子は薄暗い公民館の裏でパンツを脱いでいた。
それを見た瞬間かなり勃起したのを覚えている。
しかし同時に「とんでもないものを見てしまった」と思った。




26 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:39:03.75 ID:/lQncKzA0
しかし興味があったのでもう少し覗いて見ることに
よくみるとその女子は俺のクラスの女子だった。
そして


タケルの彼女だったのだ。




27 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:39:31.94 ID:/lQncKzA0
>>25ありがとう

俺はそれに気づいてかなり動揺した。
これはさすがにまずいと思ったのだ。
立ち去ろうと思ったそのとき、
物音が立ってしまい、タケルの彼女(以下ユキ)に気づかれた。






29 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:40:05.54 ID:/lQncKzA0
ユキ「え・・・え・・・」

俺「ああああごめmmmmm」

ユキ「いやあああああ見ないで!!」

俺「うああああほんとごめん!!!!」


土下座した





30 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:40:19.37 ID:GQ/wfU6d0
ごくり…



33 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:41:04.78 ID:/lQncKzA0
とりあえず俺はユキが見えない、公民館の表に行った。
すると公民館裏から俺を呼ぶ声が聞こえた。

俺「見ても大丈夫?」

ユキ「うん・・・大丈夫だけど・・・」

そこには妙な体制でたたずむユキがいた

俺「ほんとごめんな・・・」

ユキ「誰にも言わないでね・・・お願い」

俺「? っていうか、その姿勢なんなの?」

ユキ「その・・・漏らしちゃって・・・」




35 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:41:44.63 ID:/lQncKzA0
俺はそのときその場の異臭に気付いた。
そう、ユキが漏らしたのは大である。





36 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:42:33.85 ID:/lQncKzA0
俺「ああ・・・大きい方ね・・・」

ユキ「お願い!絶対誰にも言わないで!」

俺「大丈夫絶対に言わない!約束する!」

ユキ「ありがとう・・・それと・・・ティッシュ持ってな
い・・・?」

俺は育ちがよかったのでハンカチティッシュ常備だった。

俺「はい」

ユキ「ありがとう。ちょっと見ないで。」

俺「わかった」




38 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:43:16.09 ID:/lQncKzA0
>>37了解!

公民館の表で待っているとユキが裏から出てきた。
ユキは後ろで手を組んでいた。というより何か隠していた。
途中まで帰り道が一緒なので俺はユキを一緒に帰らないか?
と誘い一緒に帰ることになった。

そのときユキが後ろに隠していたものが一瞬見えた。
パンツだった




39 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:43:53.76 ID:/lQncKzA0
俺は話しながら一緒に帰っているとき、
(このスカートの下はなにもはいていないのか・・・)とか
考えていた。

まぁ話しながら帰ったと言っても
「絶対に誰にも言わないで」とか
「タケル君に知られたら・・・」とかばっか言ってるのを聞
くだけだったが

俺は「言わないから安心して」と言い続けた。




40 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:44:11.94 ID:/lQncKzA0
俺とユキは小学校から一緒だが たまに話すくらいで
特別仲がいいわけではなかった。

途中公園を見つけて、俺は最低なことが思い浮かんでしまっ
た。

かつて猥談で聞いた「公園でするということ」
今の俺とユキの立場を考えればできなくはない。

タケルも言っていた
「性への目覚めは実際そういうことがあればなんたらかんたら」

タケルも自分の彼女と俺がそういうことをするとは思わんか
っただろうが・・・





43 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:45:16.84 ID:/lQncKzA0
俺は思い切ってユキに言ってみた。

俺「あのさ・・・そこの公園で少し・・・休んでいこうぜ」

ユキ「ちょっと・・・早く帰りたいんだけど・・・」

俺「そっかー・・・じゃあ仕方ないね帰ろう。」

ユキ「ごめんね」

良心が邪魔をしたのか踏み出すことができなかった




44 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:46:19.06 ID:/lQncKzA0
その日は俺は寝る前悶々としていた。
終始勃起していた。
この気持ちはどうすればいいんだ。
すごく混乱した。俺の性器はどうしたら静まる!

オナニーをしたことがなかった俺は発狂寸前だった。





45 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:47:07.58 ID:/lQncKzA0
次の日ユキとは授業中しょっちゅうユキと目があった。
その間ずっと勃起してた。
この時俺は気づいた。これが性の目覚め・・・。




48 :名も無き被検体774号+:2012/01/31(火) 21:48:36.23 ID:/lQncKzA0
これでは発狂してしまうと思った俺は
その日の晩ユキに電話を掛けた。
ちなみに家の電話。

俺「もしもし・・・」

ユキ「もしもし・・・どうしたの・・・?」

俺「あのさ・・・明日ユキの家行きたいんだけど・・・」
ちなみに翌日は土曜日

ユキ「え・・・なんで・・・?」

俺「なんとなく」

ユキ「明日は用事があるから・・・」

俺「タケル?」

ユキ「うん」

俺「あれ、友達に言ってもいい?」

ユキ「ダメ!絶対やめて!」

俺「じゃあ明日行ってもいいよね・・・?」

ユキ「・・・」

しばらく沈黙があった後、

ユキ「わかった。何時くらい?」

俺「朝8時」

ユキ「はやくない?」

俺「いいじゃん」

ユキ「わかった・・・」


電話を切った後すさまじい罪悪感が襲ってきた。
しかしもう後戻りはできない。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, これはひどい, マジキチ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, これはひどい, マジキチ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120201170345