2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

二か月で結婚した話







1 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 21:47:42.75 ID:nIznyxZF0
初めて書き込むし駄文だけど暇でした見てってください。




2 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 21:48:19.06 ID:nIznyxZF0
スペック
>>1
22歳 フツメン 非童貞
旅館勤務 大学中退
中肉中背 COOL GAY

千明
24歳 黒髪ロングストレートの三拍子を持つ美人
栗山千明に似ている





3 :名も被検体774号+:2012/02/16(木) 21:49:52.65 ID:Fp5PjIJh0




4 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 21:51:14.57 ID:nIznyxZF0
見てくれてるwww
書き溜めたから。

千明と出会ったのは俺が18歳の時でした。
俺は東京で生まれて育って、東京の大学に進学した。
大学進学直後は友達が多く出来たし コンパもしていたし
お前らが嫌うリア充だった。

だけど大学1年の夏休みを前にはもうそんな生活にも飽きていた。

そんな俺に人生を大きく変えてしまうバイトの紹介が大学の友人
Yから来た。

Y「夏休み暇だろ?」

俺「暇でしゅ。」

Y「じゃあ俺の地元の旅館街でリゾートバイト募集してるから行っ
て来い。」

俺「把握」

こんな流れで俺は人生を変えるバイトをしにK県に向かった。





6 :名も被検774号:2012/02/16(木) 21:53:53.61 ID:nIznyxZF0
K県は高校生の頃に家族旅行殿あり、良象があっ


の最寄駅に着たら旅街の話しろとYに言わ
れてたので電話をした

「もしもしY君稿に紹介もらっ俺ですが。」

長「おう!!に着いだな!!今から行く!!」

「ありがうございま

っさ思いら5分ほ待っていと軽トラが






8 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 21:56:01.40 ID:nIznyxZF0
会長
「おう!!俺君だな!!これから二か月頑張ってもらうぞ!!」


「あ。はい。よろしくお願いします。」

こんなあいさつを交わして会長さんが経営している旅館に行って
契約書にサインをした。

俺がやるバイトは会長さんの旅館と会長さんの友人が経営してい
る旅館の二つで仲居をやるというバイトだった。

住むところは会長さんの旅館の寮になり翌日から実際に働くこと
になった





9 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 21:58:14.50 ID:nIznyxZF0
翌日午前5時に起床し会長さんの旅館に出勤し従業員の方々にあい
さつをし、研修が始まった。

研修は二つの旅館で二日間。合計四日間行い礼儀や作法。ゴミ捨
て場とかを確認したりした。

従業員の方々は親切で優しい方々ばかりで仕事はきつかったけど
楽しかった。

四日間の研修期間が終わると、その日の夜に二つの旅館合同の俺
に対する歓迎会があった。

そこで俺の人生は変わった。






10 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:00:55.90 ID:nIznyxZF0
歓迎会は両旅館の従業員と近隣の旅館の人合わせて25人くらい
いた。歓迎会は盛り上がり会長が「ぬ〜ぎぬぎしちゃうぞ♡」とか
言っているのを横目に飲みすぎた俺は会場の中庭にあるベンチで
携帯をいじりながら休息をしていると「主役がなにやってるの?」
という女性の声が聞こえた。

俺は「見つかったか。」と思いながら声の方を向くと黒髪ロング
ストレートの超絶美人の和服女性が立っていた。

それが千明だった。

俺「いや、ちょっと飲みすぎて休憩してました。」

千明「そうなんだぁ。君東京から来たんでしょ。」

俺「はい。東京から来ました。」

千明「東京の話聞かせて。」

こんな感じで東京の話をしてあげたり、逆に俺がこの町について
聞いたりした。そして酒の勢いがあった俺は千明と連絡先を交換
した。この時点で俺は千明に心の底から惚れていた。





11 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:01:46.47 ID:eJj3Cnsq0
つ支援



12 :名もき被検774号:2012/02/16(木) 22:04:38.89 ID:nIznyxZF0
支援うれしい

はこの旅館街で生まれ、短大を出た後に旅館街に戻り
ある館で働いていた。

明と仕事の合間や終業後にメや電話を毎日していた。

初め使ら電話が来たときはぎて寝れなくらいだっ





13 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:06:51.70 ID:nIznyxZF0
しかし、俺はこの人を好きになってはいけないのではないかと思っ
ていた。

なぜなら俺は二か月しかここにいない。
だけど千明はこの旅館街に暮らしている。

もし付き合ったとしてもすぐに離れ離れになってしまう。
千明を振り回してしまうのは惚れているからこそ嫌だった。





14 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:08:29.84 ID:nIznyxZF0
だけど男ってのは正直でそう考えていても千明と付き合いたいと
思わずにはいられず毎日のメールや電話はやめられなかった。

そして旅館街に来て一か月が経ったときに千明と休みが被った日
が出来た。





16 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:12:08.97 ID:nIznyxZF0
もちろん俺は千明を誘って遊びに行きたいと思った。
だけど上記の通りの気持ちがあり、
誘おうか渋っていた。だけどその時電話が鳴った。
千明からだった。

千明「デート行こ!!」

俺は遊びではなくデートに行った。





18 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:13:43.01 ID:WOIbaPVF0
いいなー・・・



19 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:14:39.65 ID:nIznyxZF0
>>17ありがとう。

デートは楽しかった。千明の笑顔を見れて、一緒の空間にいるだ
けで幸せだった。
市街地に行ったあと夜景スポットに行った。

夜景を見ていると千明が寄りかかって、手を繋いできた。
そして・・・





20 :名も無検体774号2012/02/16(木) 22:19:43.21 ID:nIznyxZF0
キス。続けて

明「好す。

「俺もき。だけき合えない。

千明「なんで

俺「俺はと一か調で東京っちゃうから付き合っても千明を
すぐに傷つける

千明「私は・・・

俺「帰。」

・・

簿を境にメルも電もしなくなった





22 :名もき被体774号:2012/02/16(木) 22:22:36.70 ID:nIznyxZF0
と連絡を取くなからしかった仕事も楽くなくなった

京に帰っていと思った。




24 :名寿無き被検774号:2012/02/16(木) 22:26:48.69 ID:nIznyxZF0
長から呼びされ
長の帰る予定の日。
事務所に行くと知らいおじ会長が居た。
おじは千明の父





25 :名き被検体774号2012/02/16(木) 22:29:58.49 ID:nIznyxZF0
あんまし見てないのかな。
続行しす。

る。」
長は事務所を出てった
務所には俺と千明の父親けになった

明父「今でも千明のことは好か。」

「はい。

明父「では今日仕事終わったくれ。」

そう旅館前をメモした紙をいて帰っ
いった。





26 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:30:34.87 ID:m3iv1lET0
私はしっかり見ているよ





27 :名も無き被検体774号2012/02/16(木) 22:32:17.80 ID:nIznyxZF0
>>26ありがとう

薄々は感づていたが、千明は旅館街のとある旅館

いる和服服も高そうのばりだっし、田舎の娘とし
品があり過た。





29 :名被検体774号:2012/02/16(木) 22:36:20.65 ID:nIznyxZF0
>>26ありが

明の父親がった後憂鬱だった。
千明の旅館に行殿
れしか頭なか

して仕事業員方々にいさつ後に千
に向かった。旅館着くと従業員の方が出て下千明
父親の内してくれた。





31 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:39:23.05 ID:nIznyxZF0
千明の父親は俺と目を合わすと

千明父
「千明の事を考えてくれてありがとう。君は正しい判断をした。」

そんな感じのことを言われた。
そして





33 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:40:45.24 ID:nIznyxZF0
「千明と結婚してくれないか。」
千明父はとんでもないことを言った。





35 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:41:12.66 ID:98NRBtP00
はいっ?!



36 :名も無き774号+:2012/02/16(木) 22:41:35.83 ID:ZaHfCPnE0
結婚…と?



37 :名も無き体774号+:2012/02/16(木) 22:42:41.31 ID:m3iv1lET0
展開ええよwww



38 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:43:53.03 ID:nIznyxZF0
千明の父いわく千明は今まで旅館の一人娘ということで多くの男
に小さいころから
言い寄られてきたことによって男性不信になったらしい。




41 :名も無き被検体774号:2012/02/16(木) 22:47:05.52 ID:nIznyxZF0
しかしここ二か月千明がイキイキしていると思った千明の父親は
千明に「何か良いことでもあったのか。」と聞くと、
千明は「好きな人ができた。」といったらしい。
千明の父親は喜んだ。

しかし、一か月もすると千明は暗くなった。。

千明の父親が「どうした。」と聞くと、

千明は「振られた。」と言った。けど千明自身は「まだ俺のこと
が好き」と言った。それで千明の父親は俺と千明に寄りを戻して
ほしいと思い今日俺のことを尋ねたらしい。





42 :名も検体774号:2012/02/16(木) 22:49:19.94 ID:nIznyxZF0
は展開がすぎて頭真っ白になったま父の話を聞いて
いた。
して、りあ千明さんと話をさせてくださった。





43 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:50:28.40 ID:7EcR2cTp0

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +




45 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 22:51:56.84 ID:98NRBtP00
真っ白になるわな、トンデモ展開すぎるわw





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 青春, ほのぼの,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 青春, ほのぼの,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120218003358