2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ボーイッシュな嫁との馴れ初め







155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 23:36:32.92
妻と初めてした会話 9言目
から誘導?されてきた。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 21:19:52.82
嫁「……宜しくお願いします」
俺「いやそんな神妙に言われても困るんだけど。楽にして」
嫁「もう俺さんしか頼れる人がいないんですっ!」

男っぽすぎる外見をどうにかしたいとか言われた。
土下座までされた。知らんがな。


嫁さんから正式に許可もらったんで書いていく。





156 :155:2011/07/22(金) 23:38:18.57
>>2を読まずに途中まで推敲してた。
とりあえず乗っけてって、途中から書きながら投下で良いんかな。



俺の友人に真性のレズビアンカップルがいる。
今でも一緒にメシ食いにいったり愚痴はきあったりする仲で、
とてもお似合いの2人。

そんな2人(仮にAとBとする)から、
ある日大学生の女の子(嫁)を紹介された。

なんでもレズビアンの「恋人募集!」みたいなサイト?で知り合っ
たらしい。


が、嫁はレズじゃないという。じゃあ何なのかっていうと、男み
たいな外見で悩んでて周囲から色々とからかわれ続けてたらしく、
「もしかしたら本当に女性と付き合った方が良いかもしれない」
とサイトに登録したんだそうな。
んで、近所に住んでいたAとBに行き着いたと。メールで悩み相談してあげたらしい。

嫁は長身で貧乳でショートヘア、ハスキーボイス。小中高とバス
ケ部に所属。

子供の頃から女子たちに黄色い声援と熱い視線を浴び続け、それ
が嫉妬を呼んだのか男たちから軽いイジメ? というかイジリ?
にあっていたらしい。

「お前ホントは男だろ?」
「うわっ男子のくせに女子トイレに入ってるー!」みたいな。

ふざけて言ってることは理解していたが どうにも悔しい。んで化
粧してみたり女の子っぽい服装を心がけたり髪を伸ばしてみたり
色々とチャレンジしたのだが、どうにも似合わない。

女子陣からは宝塚男優のようなポジションに遇されていたらしく、
「お願いだから嫁ちゃんは今のままでいて!」
と説かれる始末。

そのせいか彼氏なぞ できたこともなく、むしろ男友達から恋愛相
談をたびたび受け、何年もずーっと「男っぽい」と言われ続けて
きたせいで半ば洗脳されていたらしい。

そんな悩みを受け、レズビアン2人は嫁の改造を決意。可愛らし
く、かつ似合う服装や仕草、言葉遣いなどを次々と嫁に仕込んで
いった。

嫁は洗脳の余韻がまだ少し残っていたらしく
「恥ずかしい」「似合わない」と連呼。

なら実際に男性の意見を聞こうということで、唯一の男友達であ
る俺にお鉢が回ってきたのだった。

そして冒頭に続く。




157 :155:2011/07/22(金) 23:39:49.24

嫁の劇的ビフォア・アフターを検分させられる事になった俺は、
どうにも困り果てた。

AとBが実にレズビアンらしく自分達の好みを反映させた結果、嫁
は「お姉様」と呼ぶに相応しい姿になっていた。

そういう女性が好きな男性諸氏が彼女に出会ったら、踏んでくだ
さいと懇願していたに違いない。

だが俺にそっちの趣味は無かった。



「……やっぱり駄目ですかね」


「いやいやいや、そんな事ないよ。すごく綺麗だよ。
 大学の男みんな寄ってくるよ!」

3回目か4回目の顔合わせ&品評会の時、嫁は見るからに凹んで
いた。初回から俺の反応がいまいち悪いと感じていたらしい。女
性の観察眼は実に鋭い。

同席していたAとBも同様に感じていたらしく、俺は3人から疑い
の視線を受けて脂汗をかいていた。

A「正直に言って。嫁ちゃんもその方がスッキリするから」

B「俺さん、いつもズバッと言うじゃないですか。なんで黙るんですか」

嫁「……今までご迷惑おかけしてすみません(帰り支度してた)」

よし解った。もうこうなったら全てを暴露してくれる。
結果AやB、嫁から白い眼で見られようとも俺は俺自身の尊厳の為
に戦おう!

PC電源ON! デスクトップから「画像」フォルダをクリッククリッ
ク!貴様らこれを見て納得するが良い! これが俺の生き様じゃ
あ!!


「今まで黙っててごめん! 実は俺、変わる前の嫁さんの方が好
 みだったんだ!」

そして俺は3人に、今まで集めに集めたボーイッシュな女性の画
像フォルダを曝け出した。(但しエロは除く)

女性陣は硬直した。





158 :155:2011/07/22(金) 23:40:53.55
俺からマウスを渡されたBが代表として画像を次々とクリックしていく。

その後ろで嫁とAが「おお…」とか「わ…」とか言葉にならない声を
発していた。画像に夢中になる3人に、俺は自分の女性観と好み
を滔々と語った。

ハスキーボイスが好きである事。
長身の女性に萌える事。
クールな口調の女性は素晴らしいという事。
髪型はショートこそ至高である事。
スレンダーな体型が好みである事。

そして服装は今まで嫁が来ていたような、スポーティなものorラ
フなものが大好物だという事。

ストライクゾーンど真ん中すぎる天使が現れたのは良いが、レズ
ビアン2人の改造計画で徐々に俺の好みからズレていく様を見る
たびに複雑だったという事。

全てを語り終えた時、嫁が振り返った。

嫁「あの。この画像まだありませんか?」

聞いちゃいなかった。
俺は黙って2次元フォルダを解放した。


それから俺と嫁はぎこちないながらも一緒に遊ぶようになった。
この日の事は互いに語らず、それが暗黙の了解になっていた。
お互い恥ずかしかったんだと思う。

特に俺はあの日の事を白昼夢だと思い込みたかった。だって目の
前に現れた天使に自分の好みと性癖を赤裸々に暴露しまくった上
に、今まで収集してきた画像フォルダを無言でガン見されたのだ
から。

嫁は、Tシャツにジーンズというラフな格好に戻っていた。




160 :155:2011/07/22(金) 23:55:44.81
嫁に乞われるまま色々なところに遊びに行った。
手を繋ぐこともキスをすることも無かった。告白もしてないのだ
から当然だった。

12月24日。祖母の営む小料理屋から
「アンコウが入荷した。鍋するから来い!」との連絡を受けた。
アンコウ大好きな俺は「雑炊の用意を忘れるな!」
と告げて自転車で爆走した。

良い感じに煮込まれた鍋に箸をつけようとした瞬間、携帯が鳴っ
た。嫁からだった。

嫁「今どこですか」
俺「小料理屋でアンコウ鍋食ってる。暇だったらおいでよ」

暫くしてから来た嫁と一緒に鍋を食った。
雑炊も食った。熱燗を2人で2、3本ほど開けた。
俺はべろべろに酔っぱらっていたが、嫁は平気な顔をしていた。


「クリスマスイブにアンコウ鍋ってのも不思議ですね」


「だねー。でもカップルに嫉妬の視線を投げかけるのもアレだし、
こういうのも良いんじゃない?」

嫁「ですねー」

そして無言。
俺は酔いすぎて眠かった。そろそろ帰ろうかなーと思って財布を
出すと、嫁がそれを制した。


「俺さん。もう少しボクと話しませんか?」


「んー、まあ良いけど。……ていうかボクって何よ」


「いや、あの。この前ほら、俺さんのパソコン見たときに、そう
いう子が居たんで」


「あーあーあー。いや、でもアレはそういうキャラクターだから。
嫁ちゃんはダメだよ、それやっちゃ」

嫁「ダメなんですか?」

酔っぱらっていた俺は嫁に
ボクっ娘はあくまで二次元だからこそ萌えるという事。
かといって「オレ」も一人称としては宜しくない事。
個人的な好みとしては「私(わたし)」または「ウチ」こそが
究極であるという事。
これらを力強く語った。
嫁は納得したらしく、いつも通りの「私」に戻してくれた。



162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:11:51.01
わっふるわっふる



159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 23:55:35.58
ちなみにどんなのの画像を集めてたんだ?
天海祐希とかそんな感じの?



163 :155:2011/07/23(土) 00:15:39.07
>>159
いや、あまり誰ってこだわらずに集めてたんだ。
だから名前を知らない人が大多数だったりする。
知ってるところだと田中美保とか。
AV女優だと小坂めぐるとか優希つかさとか。


正月が明けてから、A、B、嫁と俺の4人で遅めの初詣に行った。
おみくじを引き、破魔矢を買い、
神様にご挨拶してから俺の車で帰宅というコース。
助手席に座る嫁が、唐突に言った。

嫁「俺さん、付き合ってください」

後ろでポカリ飲んでたレズビアン2人が盛大に吹きこぼしてた。
俺の愛車スバルはベタベタになった。

俺「…………は?」


「本当はイブに切り出そうと思ってたんですけど。俺さんが語っ
てるの聞いてたら機を逃しました。あとアンコウ美味しかった
ですし」

A「え、ちょっと2人ともどういう事。説明しろ」

B「アタシらに黙ってアンコウ食べたの!?」

Bよ、そういう事じゃない。

俺「…………良いの?」
嫁「はい。俺さんが良いです」

嫁よ、そういう意味で聞いたんじゃない。
でも嬉しかった。

俺はあまりに好みすぎる嫁をオナネタにも出来ず、例えるなら
子供が買えないと解ってるトランペットを店先で眺めて満足す
る気分だったので狂喜乱舞。

こちらこそ俺とお付き合いしてくださいと頼み返し、
OKを貰ってお付き合いした。
んで、順調にお付き合いを続けて結婚した。

以上。ちと長くなり過ぎた感があるのでこの辺で終わっとく。



165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:19:06.85
参考画像として画像フォルダの中身を一部晒してくれ


167 :155:2011/07/23(土) 00:29:14.99
>>165
「ボーイッシュ」「長身 女性」とかでググってくれ。
俺はほとんどそうやって集めてる。

ちなみに告白の理由を聞いたら、
その時は恥ずかしがって黙ってしまった。

後々確認したら

「最初は悩み相談がメインだったけど、俺さんの集めた画像を
見てたらこんな自分でもそれなりに需要があるかもしれないと思った」

「大学の男性陣には、相変わらず姐さん扱いされていた。
なら需要のある人とお付き合いしたいと思った」

「俺さんがマニアックすぎて、悩んでるのがばかばかしくなった」
との返答を貰う事ができた。





164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:18:11.36
もうちょっと語ろうぜw


167 :155:2011/07/23(土) 00:29:14.99
>>164
こっから先は普通の家庭とほぼ一緒?だと思うんで
語る必要ないかなーと
思ったんだけど。これといってネタないし。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:23:47.81
最近の投下は短めで終わるのが流行ってるのか

結婚に至るまでに決まってるだろうが!!


168 :155:2011/07/23(土) 00:39:53.80
>>166
そうなのか……ごめんよ、じゃあ結婚までのところで思い出した部分を
書いてくよ。


付き合う事になって数日は、ベッドの上をごろごろ転がりまわっ
てた。嬉しくて仕方なかった。

今まで嫁に対しては、上記トランペット少年の気分でいたせい
かあまり意識してなかった。正確に言えば意識しないようにしてた。

あまりにタイプすぎて
「この子はきっと大学でも人気が出るだろうから、
若い子同士で恋愛するんだろうな」って漠然と考えてた。
傷付かないように自己防衛してたんだな。

んで、いざお付き合いとなっても何をすれば良いか解らなかっ
た。あまりに唐突すぎて何も考えてなかった。

恥ずかしながらレズビアンズに相談すると「んなことは自分で
考えなさい」と突っ撥ねられ、観光情報誌みたいなのを何冊か
貰った。

だけど俺、それに載ってる観光地やレジャー施設って おおよそ
全員で遊びに行ってたんだ。

まあ、レズビアンズが遊びに誘う→俺と嫁も参加ってルートが多
かったから仕方なかった。

そこで俺は情けなくも、嫁に「どこ行きたい?」と聞いてきた。
嫁は「じゃあ俺さんの地元に行きたいです」と言った。

なので嫁の夏休みを利用して俺も休暇を取り、実家を拠点に遊
びに行く事に。ちょうど良いから家族にも紹介するという運び
になった。



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:43:34.61
そういや、何歳違いなんだ?
あと、嫁さんが需要があるところに寄っていったのはわかるが、
もちっと積極的に155の良いところは述べてないかねw



172 :155:2011/07/23(土) 00:50:42.12
>>170
10歳違い。出会った当時は嫁20の俺30だった。
俺の良いところ……あんまり聞いたことない。
良い機会なんでちょっと聞いてくる。


実家に着くと、家族全員が俺を待ち構えていた。
長男坊の癖に彼女なんて作ったことないから
光の速さで話題が広がって
たらしい。田舎だから娯楽も少ないし。
んで、対面。

俺「こちらが彼女の嫁ちゃんです」

嫁「初めまして。俺さんとお付き合いさせて頂いてます、嫁です」

父(ぽかーん)
母(ぽかーん)
弟(ぽかーん)
妹(ぽかーん)
犬「グルルルルルルル」

犬は俺の存在を忘れていた。
トイプードルの癖に牙が鋭くて困った。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120323115817