2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

初恋の話を淡々としていく







1 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 02:56:42.12 ID:F9YIFkU0
深夜だし書き溜めなんてしてない
寝れないし時間があるのでまったり書いていきます

すぺっく
25歳、女、地方でOL
幼いころから人の顔色伺う八方美人


私は母子家庭で
母親は昼も夜も働いていたので

自分でできることはなるべく自分で頑張ろうとする子供だったら
しい

別にそれが苦だと思ってなかった
むしろ母親の負担が少しでも減るならと思い
朝ご飯作るのも掃除も洗濯物畳むのも率先してた




2 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:03:59.72 ID:F9YIFkU0
ある日母親が再婚しようかと思ってると私に相談してきた

私小学3年生のときである

最初は戸惑ったけど
父親って存在に憧れもあったし
その母の再婚相手には何度か会ったことがあって
いい人だなぁと感じていた
(禿げてたけど)
何より再婚することで母がちょっとでも
自分の時間作れるならと思ってた

そして母再婚
私が小学6年になる前に3人家族になった




5 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:13:45.07 ID:F9YIFkU0
新しいお父さんは一緒に暮らし始めてもやはりいいお父さんだっ

母親はそれまでの仕事を辞めてスーパーのパートを始めた
(それまでは看護師とスナック勤め)

休みの日は遊園地や動物園に連れてってくれた

母と一緒に作ったお弁当をお父さんはすごく褒めてくれた

すごく嬉しかったし、母も「1はほんといい子」って言ってくれ



中学1年はお父さんの仕事の都合で引っ越すことになった




6 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:19:49.34 ID:F9YIFkU0
仲の良かった友だちと離れるのは辛かったけど
手紙いっぱい送るから!とか電話するね!と言ってくれたので

彼女たちとは永遠不滅の友情でつながってるんだもんねと思って


半年もしたら手紙の返事こなくなったけど。。。




7 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:21:22.94 ID:OMeAa32d0
つ�C






9 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:28:24.71 ID:F9YIFkU0
引越し先はものすごい田舎だった
都会とまではいかないものの、そこそこな都市で
生まれ育った私にとっては衝撃的なほどの田舎


まずコンビニなんてものはない
それに相当するのは朝10時から夜6時まで
という営業時間の商店

そこには本もちょっとだけ扱ってて
愛読してたりぼんという漫画雑誌を発刊日に買いに行くと
なかよし(同じく漫画雑誌)しか置いてなかった
しかも前の月のものだった

「あれ?おばちゃん出し忘れてる?」
と思って聞くと
りぼんは取り扱ってないとのことだった

しかも基本雑誌は半月遅れで入荷するらしいのだ

りぼんを楽しみに暮らしてた私のとってはものすごくショックだっ


しかもようやく




8 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:23:25.27 ID:td9QbZgMO
なによ!わたしなんか恋愛できないのに!



12 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:35:21.58 ID:F9YIFkU0
>>8
私も今は恋愛に遠ざかってますw


学校は1学年1クラスしかなかった
うちの学年は25人くらいいたが
他の学年は10人しかいないときもあった

校舎はかっそかそな学校で生徒数も少ないくせに新しくてきれ
いだった

聞くと10年前に改築したらしい
なんだかすごくアンバランスに感じたことを覚えてる




14 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:43:03.77 ID:F9YIFkU0
アニメでよく見るように担任の若い男の先生が私の名前を黒板
に書く

そして

「今日から新しくクラスに入る1さんです、じゃあ1さん一言
お願いします」と言った

(本当はもと方言入りまくりだけどw)


うわーwwアニメの転校生みたいwwwと舞い上がりつつも
前日家で練習してきた自己紹介をする

「○○からきた1です、好きな教科は国語で好きなスポーツは
一輪車です」

「まだこっちのこと知らないので教えてください、よろしくお
願いします」




13 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:37:20.75 ID:Ft3870TQI
田舎いいやん
空気うめえ



16 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:53:51.95 ID:F9YIFkU0
>>13
子供の頃は田舎の良さわかんなかったw
今行くとここで育ってよかったって思うけどね


新しいクラスメイトがパチパチパチと拍手してくれ、
私は空いている席に座らされた
このクラスは机をコの字型に配置してて私の両隣は女の子だっ


一人は体の大きい運動できそうな子、
もう一人はメガネで恥ずかしがりっぽい子だった

続けてクラスメイトから私に自己紹介を順番にしてくれた
ここでなんとなくクラスのムードメーカーくらいは掴めた




17 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 03:57:44.16 ID:F9YIFkU0
そして私の後ろの席の男の子に順番が回ってきた

「学級委員長の原田です、わからないこととかあったら聞
いてください」

短いけどしっかりとした声だった
そして他の子ほど訛りがないなーと思った
それが彼の印象だった
後ろの席だったので顔はあまり見なかったw





18 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:04:10.13 ID:F9YIFkU0
休み時間に何人の女の子が私の席に来てくれて

「名前かわいいねー」

「○○っちって呼んでもいい?私は●●って呼んで!」

「○○に住んでたんだよね?いいなぁ、すごい都会っ子だね!!」

「家、神社の近くなんだよねー?」

等とたくさん話しかけられた

素直に嬉しかった
正直友だちできるか不安だったからね


その日の夜お父さんと母親に
「いっぱい友だちできたー!」と報告した

二人とも「よかったねー今度家に連れておいで」と言ってくれた




19 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:17:28.93 ID:F9YIFkU0
1ヶ月もすると私はすっかりクラスに溶け込んでいった

仲のいい友だちもできた
まゆちゃんという背が小さくていつもツインテールにしてる女の
子だ

学校の校則で髪を結ぶゴムは黒かこげ茶と指定されてたんだけど

学校の帰りにまゆちゃんに薄ピンクのかわいい髪ゴム(シュシュ
に近いかも)をあげた

まゆちゃんはすごい喜んでくれて
私も当時ポニテにしてたので
「今度遊ぶときお揃いで付けようねー!」と約束した




20 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:26:04.10 ID:F9YIFkU0
そしてその週の日曜日
私はポニテにまゆちゃんとお揃いの髪ゴムをつけて
待ち合わせ場所の神社に行った


1「まゆちゃん!」

ま「あーひなっちごめん!」

1「ん?」


まゆちゃんの謝罪の意味はすぐわかった
お揃いでつけるといった髪ゴムをまゆちゃんはしてなかった


ま「あ、あのね髪ゴムお母さんに取られちゃった・・・ごめん
ね・・・」


なんとなくまゆちゃんは嘘ついてるなぁとピンときた

あげたときあんなに喜んでくれたのに何でだろ?
もしかして私とお揃いなのが嫌だったのかな?と思ってしまった


1「あ、、、そんなのいいよー!大丈夫!はは!!」




21 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:29:32.77 ID:F9YIFkU0
ま「次は絶対付けてくるからね!ほんとごめんね!」

理由はどうあれ、懸命に謝るまゆちゃん見てると
逆にこっちが申し訳なくなった

それから私の家に行ってゲームしたりして遊んだ
遊んでるうちに髪ゴムのことなんてどうでもよくなってたが
次の週もまゆちゃんは髪ゴムを付けてこなかった




22 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:31:04.55 ID:r4vgI2Su0
よんでるよー



24 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:36:29.39 ID:F9YIFkU0
>>22
ありがとう!頑張ります!




23 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:31:28.23 ID:zhE0pv0VO
看護師&スナック勤務な
母ちゃんって凄いなぁ…

元クラブ勤めな母と
看護師な元嫁がいたから
大変さは少し分かる。


マターリ聞かせてもらうよ〜



24 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:36:29.39 ID:F9YIFkU0
>>23
まったりありがとうございます!

守るものがあると人って身を粉にしてまで頑張れるってことな
んでしょうか

私が母の立場ならその自信がないwww




25 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:44:33.38 ID:F9YIFkU0
授業の間先生の話なんて聞かずにずっと考えてた

あれってまゆちゃんにあげたのやつだよ・・・ね・・・?
なんでゆめこちゃんが持ってるんだろう?

あ、もしかしたら偶然同じものなのかも?!
でもあれってお父さんが出張のおみやげで買ってきてくれたのだし・・・

といいことはやっぱりあれは・・・・

で、でもゆめこちゃんも偶然同じところで買ったかもしんない!


と堂々巡りをしてると授業も終わってしまった

ゆめこちゃんは休み時間にいつも席を離れて友達のところに行っ
てしまうので

私は今聞くしかないと思った




26 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:49:40.05 ID:F9YIFkU0
1「ゆめこちゃん」

ゆ「なにー?」

1「あ、あのね、もしかしてゆめこちゃん薄ピンクのふわふわし
た髪ゴム持ってる?」

ゆ(ちょっとムッとして)「え?なんで?」

1「あのね、私まゆちゃんに髪ゴムあげたの お揃いで付けよう
ねって」

1「でもまゆちゃんお母さんに取られたらしくて・・・」

ゆ「それは!まゆが悪いんじゃないの?!!」


ゆめこちゃん急に大きい声出すからびっくりした




27 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:53:27.88 ID:F9YIFkU0
ゆ「もしかして、ひなっち私がまゆから取ったって言いたい
の??!!」

1「ち、ち、違うよー!そんなんじゃない!!」

ゆ「じゃあ、何が言いたいの?!!」

1「あ、あの同じのだったら嬉しいなぁ・・・って・・・」


もはやゆめこちゃんの気迫に押されて

言いたいことが言えなくて自分でも何言ってるかわかんない状態
になった




28 :変態紳士:2012/04/02(月) 04:54:39.32 ID:zEu2is70
オモロイ



29 :名も無き被検体774号:2012/04/02(月) 04:57:15.54 ID:F9YIFkU0
ゆめこちゃんの声が大きいもんで
私たちのいざこざはすぐ教室の注目を浴びる

幸いにもまゆちゃんはトイレか何かで席を外してたのが幸いだっ



ゆ「は?意味わかんないんですけど?!何言ってんのこの子?!」

1「あ、あ、え・・・ご、ごめん・・・・」

涙目の私

あー・・・・言うんじゃなかった・・・・
せっかくクラスの子と仲良くなったのに・・・
当時の私はクラスの全員と仲良くなりたい、
ていうか一人でも嫌われたらやってけない
くらいに思ってたので

ゆめこちゃんを怒らせてしまったことを自分の過失と思った





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120408133345