2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

同じアパートに住んでいた病弱な女の子の話







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:31:03.85 ID:FIxHJNom0
何年も前の話なんだけど、もし良かったら聞いてくれ。





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:32:12.60 ID:9YPHPIlx0
一応スペック

中学2年生、男

髪は少し眺め、学校時はワックス使用

身長:普通 体重:普通

趣味:読書(電撃全般)

性格:他人に興味はない




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:36:01.80 ID:FIxHJNom0
ありがとうw
殺伐とした感じになりそうだったけど、書かせてもらう。


俺は昔、小さいアパートに住んでいて、そのアパートには
俺の家族、女の子の家族、あと一人ぐらしのおばあさんが住んで
た。

俺の家族は、共働きで、会話もほとんどしなかった。
夕食を作ってくれることも土日くらいで、平日なんかは
机の上におかれたお金で、一人で夕飯を買ってきて食べてた。




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:38:43.40 ID:FIxHJNom0
その当時は、俺は中学生だったんだけど、
五歳離れた女の子の話に移りたいと思う。

その女の子は、体が弱くて、小学校にもほとんど通えていなかった。
ただ、毎日ベッドの上で本を読んだり、テレビを見たりしてた。
女の子の父親は見たことがない。
母親でさえ、数回しかみたことがない感じだった。
女の子の母親は平日休日関係なしに仕事をしているみたいだった。




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:41:14.51 ID:FIxHJNom0
それで、ある日、その女の子の母親に、もし家に一人でいるんだっ
たら、女の子の家に行って、一緒に夕飯を食べてやってくれると
ありがたいと言われた。

正直話したこともない女の子の家に行って、二人で夕飯を食べるっ
てことに

かなり戸惑った。でも俺の母親がおいてくれてる夕飯代をお小遣
いにすればいいという話につられて、その日から女の子の家で夕
飯を食べることにした




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:43:44.87 ID:FIxHJNom0
初めて女の子と話をしたとき、絶対に仲良くなることなんてできないと思ったw
いくら話しかけても、頭を下げて、目を伏せて、ずっと本を読んでいた。
十分くらいねばったんだけど、会話をすることをあきらめて、
自分の家から女の子の家へ小説を持っていって、
俺も本を読んでた。






37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:45:45.44 ID:FIxHJNom0
それで、夕飯時になったら女の子の母親に言われたとおり、
レンジで食事を温めて女の子の下へと運んであげた。
小さいアパートだったから、同じ部屋で食事をとった。
その間、全く会話なし。

そんな日が数日続いて、いつものように僕は女の子の部屋で

本を読んでいると、女の子がちらちらこっちを見てることに気が
ついた。




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:48:45.77 ID:FIxHJNom0
俺が顔を上げて女の子のほうをみると、さっと顔をそらしてた。
何回か繰り返したあとで、
「どうしたの?」
ってきいてみる。
女の子は口をもごもご動かして、
言葉を選ぶようなしぐさを見せたあと、本当に小さい声で、
「その本おもしろい?」
と言った

そのときは結構うれしくて、特に俺の大好きだった小説について
の話題だったので、読んでみなよと女の子に僕が読んでた本をす
すめた。




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:52:23.93 ID:FIxHJNom0
その日から、女の子と毎日少しだけ話をするようになった。
女の子の好きな本を借りたり、好きな本をかしたり。

お互いに口数は少なかったけど、だんだんと女の子の家で本を読
む時間が減っていった。

「この前僕が借りた本、面白かったけど、少し怖かったよ」

女の子に借りた本の中で一番印象に残っているものがあって、
一匹の猫が色々な飼い主の下で、日々を過ごす話の本。
でも最後には猫は死んでしまう。
生き物が死ぬ話は、怖いと思う。でもちょっと好きだ。

「このまえ借りた本、面白かったけどすこしさみしかったよ」

俺が貸した本に対する女の子の感想はこうだった。それは病気の
女の子が最後に死んでしまう小説だった。なんでそんな本をかし
たんだろう。




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:56:46.28 ID:FIxHJNom0
「やっぱり私も死んじゃうのかな」
そう女の子がいうので、
「そんなことないよ」

色々考えてそうこたえたけど、いきなりそういわれてなんて答え
ればいいか正直わからなかった

そういう生き死にの話をするときの女の子は怖いほどに無表情だっ
たから

「もう少しできっとよくなるよ」
って笑って話したけど、にこりともしてくれない
布団の上に広げた本をじっと静かに眺めてた




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 09:58:46.52 ID:FIxHJNom0
俺が女の子の部屋に行くようになるまで、
ずっと一人で、そんな顔で一人で本を読んでたのかと思うと
ものすごい寂しくなった。

女の子は
「良くなったら何をしようかな」
小さくつぶやいて顔を上げて、天井をじっと眺めてたことをなん
だかすごく覚えてる。
そのときの夕日が差し込んだ女の子の横顔と
夕飯のカレーのにおいが今でも思い出せる。




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:00:50.62 ID:FIxHJNom0
「猫をさわってみたいかも」
女の子は猫が好きだったから、そんなことを話してた
猫のパジャマ、猫のシーツ、猫のぬいぐるみに、猫のカレンダー
猫づくしだった

そこで俺はひとつ思いついて、
「今度、猫を捕まえてきてあげるよ」
と、女の子に言うと、いつも見せないような表情で
目を輝かせて、約束、と笑った。




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:03:46.56 ID:FIxHJNom0
それから何日かして、野良猫を捕まえにいったんだけど、
ものすごい大変だった。

そのときは冬で、雪がちらつくくらい寒い中、猫をつかまえない
といけなかった。

アパートの隣の一軒家の前に猫の親子がいるのをみつけた。
その家の猫なのかなっておもったけど、結局どうだかわからなかった。
母猫の腹の下にもぐりこむように四匹くらい子猫が群がってた。
それで、その中から一匹持ち上げて女の子の家につれていこうって考えた。
捕まえて、持ち上げてもまったく暴れる様子がなかったので、
楽だった。




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:07:02.71 ID:FIxHJNom0
それで女の子の家に入って、その猫を背中の方に隠して
女の子に近づいた。
「どうしたの?」
と不思議そうに女の子がいうので、
両手を女の子の前に差し出して、猫を見せてやった
女の子は驚いて、笑って、わーっって猫を抱き寄せてた。

それを見てなんだか恥ずかしくなったきたので、
その猫おとなしいから引っかいたりしないと思うよ
と照れ隠しで答えた




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:08:51.72 ID:FIxHJNom0
女の子はうれしそうに猫を抱きしめて頬ずりとかもしてた。

野良猫だったから、あんまりきれいとはいえなかったかもしれな
いけど、女の子がそんなに猫が好きなら別にいいかと思った。

それで、俺は一度自分の家に戻って、宿題をやろうと考えた。

家に戻って、少し疲れたなーと思って横になっているといつの間
にか眠ってしまっていたんだ。




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:10:54.84 ID:FIxHJNom0
目が覚めたときには、三時間くらいたっていて、
雪もやんでた。
外はもう日が落ちかけていて、女の子の部屋へ急いでむかった。
女の子はベッドの上でじっとしてた
猫も女の子の布団の上でじっとふせてた。
「どうしたの?」
と聞いても何も答えてくれなかった
女の子の肩をゆすったけど、何の反応も示してくれなかった。




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:12:24.55 ID:FIxHJNom0
俺は、女の子が死んでしまったんじゃないかっていきなり不安に
なった。
そう思ったとき、さっと、女の子が顔を上げて僕をみた。
それで
「猫、死んじゃった」
なんていわれたもんだから、
「え」

って女の子が生きてて安心したと同時に、わけがわからなくなっ





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:13:46.61 ID:FIxHJNom0
その場ですこし呆然と立ち尽くして、
「死んだって、どうして」
と女の子に良くわからないまま聞いてみた。

すると、女の子は体をびくんと震わせて、顔を伏せて、ぼろぼろ
となきはじめた。




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:15:49.89 ID:FIxHJNom0
女の子は、「寂しくて」と何回もつぶやいていた
僕は正直意味がわからなかった。
それから女の子は少しずつ話はじめた

「私、絶対もうすぐ死んじゃうから、もう何年も体がよくならな
くて、お母さんもこの前もうなおらないかもってだれかとはなし
てて」

「だから寂しくないように、せめて、子猫と一緒に天国にいきた
いなって思ってそれで」

何回も言うけど、よくわからなかった。




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:16:51.38 ID:FIxHJNom0
だから僕は
「猫がかわいそうだよ」
とつぶやいて、女の子の上に横たわった猫を撫でた。
本当に死んでしまっているのだと思った。
ぐったりして、首の骨が折れてしまっているみたいだった。




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:18:10.43 ID:FIxHJNom0
女の子は、また一人で死にたくなかったからという言葉を繰り返
してぼろぼろ泣いていた。

もう一度、
「猫が、かわいそうだよ」
と同じ言葉を僕はつぶやいた

女の子はなきながら、ごめんなさいごめんなさいと何度もあやまっ
ていた。





66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:21:04.27 ID:FIxHJNom0
僕はぼーっと窓の外を眺めてた。
外のほうに焚き火が見えて煙が上がっている風景をなんだかすご
く思い出す。そのとき、生き物は死んだら、土か煙か食い物にな
るっていう話を思い出した。




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:22:54.63 ID:FIxHJNom0
「お墓つくってあげないと」
僕はそういって、猫を抱きかかえて、部屋を出ようとした
女の子は
「私もいく」

そういって立ち上がって、寝ていたほうがいいよ、っていう僕の
言葉も聞かずに ふらふらした足どりで、パジャマのまま外にでよ
うとしていた

急激に冷え込んだ外気に少したじろいでそのまま引き返して、コー
トをいそいそと羽織っていた




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:23:47.65 ID:FIxHJNom0
それから空き地までいって、家からもってきたスコップで
僕は穴をほった。
「ねぇ」
と女の子は僕に話しかけてくる
「生き物、殺しちゃったことある?」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:25:09.54 ID:FIxHJNom0
遠慮がちに、まるで僕に怒られるのではないかという風に女の子
が聞いてくるので、
「あるよ」
そう答えて、
「ちょっと前に、えさをやらずに金魚を死なせたこととか、
蟻を気づかないうちに踏みつけたこととか、
蚊をたたいて殺したこととか」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:26:13.42 ID:FIxHJNom0
女の子の質問に答えながら、
穴を掘った。
ひとしきりほり終わったところで、猫を穴の中へいれて、土をかぶせた。
私もかける、と女の子がいうので、二人そろって土をかけた




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:27:55.99 ID:FIxHJNom0
僕が手を合わせると、同じように隣で女の子も手をあわせてた。
ごめんなさい、ともう一度だけ女の子が呟いたことを今でも思い
出す。

それから、さっきの生き物を殺してしまった話の続きをした。
「土手でつくしを摘み取ったこととかね」
「つくし?」
「そうつくしだよ」
近くの焚き火で木の弾ける音がきこえた




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:30:05.02 ID:FIxHJNom0
「どうして、それが生き物を殺したことになるの?」

二人並んで歩きながら、女の子がきいてくる

「つくしだって生き物なんだよ、わかりにくいけどね」

僕は続けた

「つくしだけじゃないよ、そこに生えてる草だって花だってそれから」

僕は焚き火を指指して、
「あの焚き火の中の枝も、もとは生き物なんだよ」
とそう答えた。

「そうなんだ……」
不思議そうにじっと焚き火を女の子は見つめていた




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 10:31:55.69 ID:FIxHJNom0
僕も焚き火をじっと眺めてゆらゆら揺れる炎と、枝が燃える音を
聞いた。

パキパキ。
「あ!」
突然、女の子が叫ぶ。
僕は驚いて女の子をみた。
「あの音、そっくり!」
「え、何に?」
僕がきくと、女の子は大きく目を見開いてこう答えた。

「猫の、骨の音!」





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120628095232