2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁がDQNを撃退した







1 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:02:24.24 ID:OemzMz5W0
この間、嫁と二人でドライブに行った。
帰り道に後ろからスゲー勢いで
走ってくる車がいた。
夜で暗かったから、何の車かはわからんけど
車高が低い軽のDQNカーだった。




3 :1:2012/10/09(火) 12:05:04.13 ID:OemzMz5W0
そのまま追い越してくれればいいなー
と思ったけど
俺らの車にピッタリくっついてくる。

嫁は助手席で、既にビール飲んで
一人で喋って笑ってた。

俺はチラチラと、バックミラー見ながら
後ろのDQNを気にしてた。





4 :1:2012/10/09(火) 12:07:16.55 ID:OemzMz5W0
DQN追い越すどころか
スゲー煽られた。

車のライトとかチカチカされて
明らかに挑発。

ちなみに俺チキンだからこういうの怖い。

横で笑ってた嫁も
「なんだぁ?後ろの車は?」
とか言ってて気づいた様子。

ま、流せばいいんじゃない?
と嫁が言うのでそのまま走ってた。




6 :1:2012/10/09(火) 12:10:18.03 ID:OemzMz5W0
しかし、こっちは普通に走ってるだけなのに
DQNの挑発はやまない。

そのうち、追い越そうとして横に出てきたと思ったら
スゲー幅寄せされて

また後ろにつけられて...
を繰り返された。
俺はチキンの癖に、こういうのは本当嫌い。
左に車寄せようかと思ったけど
田舎道で、道幅も狭いし
寄せれる場所がないので諦めてた。
嫁も横で、段々イライラしていた。




5 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:07:29.82 ID:GVoxeY7F0
昼ご飯何食べよっかなー




7 :1:2012/10/09(火) 12:12:12.54 ID:OemzMz5W0
>>5
好きなの食べなさい。

走ってる途中にコンビニがあったので
そのに寄る事にした。

コンビニに止まれば、DQNを追い越すし
いいかなぁーと思った。

コンビニに左折して、あー良かったー
と思ったら
なんと、DQNもコンビニまでついてきた。
まじ殺意沸いた。





8 :1:2012/10/09(火) 12:15:43.49 ID:OemzMz5W0
あ、DQNも追い越すし。だった。

とにかく後ろからDQNもついてきた。
車止めて、降りようかと思ったけど
なんとなく嫌だったので
DQNがコンビニから出て
車に乗って行ってしまってからにしようと思った。

そしたら、車から降りてきたDQN(二人組)が
俺らの車に近づいてきた。
二人とも、上下スウェットで
汚ない金髪だった。

多分どっちも20代前半位な。
夜なのにサングラスかけてた。




11 :1:2012/10/09(火) 12:23:01.13 ID:OemzMz5W0
DQNが近づいてきて
俺が座ってる運転席側の側に立ってニヤニヤしてた。

無視しようとしたが
俺の車に煙草の火を押し付けてきたり
車を蹴飛ばして笑ったりしてた。

完璧に頭にきた。
俺はそのまま車の窓だけ開けて
辞めるように頼んだ。

しかし、さすがはDQN。
言葉が通じないようだ。

俺らが、スピード出さずに、DQN達の前を走ってるのに腹が
立ったようで

「ふざけんなよぉ〜。テメェここの車道誰んだと思ってんだ
よぉ〜。」

と挑発。
国のだよ。畜生。
ちなみに俺、喧嘩とかした事ないから
まじで無理な。

んで、その時横にいた嫁が切れた。
「うっせーぞ小僧!喧嘩売ってんのか!?去れよ?」

嫁は普段は温厚だけど
切れると怖い。
オワタ。




13 :1:2012/10/09(火) 12:29:06.02 ID:OemzMz5W0
俺は急いで嫁を制した。
「まぁまぁ嫁ちゃん!ここは穏便に...。」

「うるせーよ!
あんだよこの小僧は?
人の車蹴ってんじゃねーよ?
どうなるかわかってんのかテメー?」

嫁の方がDQNみたいだった。

DQNもつられて切れた。
「ああ!?なんだテメー女の癖に!?」

「なんだじゃねーよクソガキ!やるかオメー!?」

「よ、嫁ちゃんお願い辞めて...。」

この辺りでDQNが助手席側にまわった。
嫁もシートベルト外して
外に出ようとしてた。
俺は嫁の腕を必死に引っ張って止めた。
が、嫁は力が強いので
あっというまにはらわれた。
俺涙目。

嫁は思いっきりドアを開けて外に出た。
「...はぁ?...」
たじろぐDQN。




17 :1:2012/10/09(火) 12:33:17.83 ID:OemzMz5W0
ここで嫁のスペック。

俺の嫁ちゃん

身長178�p
体重102キロ
パンチは俺より重い。
冗談で小突かれて痣が出来た事数回。

いや、でも、普段は本当温厚だし優しい。
家事も得意だし、仕事もバリバリこなす。
俺の天使。

DQN
「な、な、な!
じょ、冗談じゃね〜よ!
なんだこのデケー女ぁぁぁ!!!」

ちなみにDQNはどっちも
160�pちょっとしかなかった。
しかもヒョロヒョロ。






20 :1:2012/10/09(火) 12:36:55.66 ID:OemzMz5W0
ぶっちゃけ、嫁の後ろから見てたら
嫁の巨体に隠れて
俺にはDQNの姿があんまり見えなかったのだが。

とにかく言葉を失うDQN二人。
腕組して睨み付ける嫁の前で
きゅうにオドオドし始めた。

「オ、オメー何か言えよ!」

「オメーこそ先に喧嘩売ったんだから何か言えよ!」

そういうDQNの会話が聞こえてきた。
俺は出ていこうか迷ったけど
もはやDQNより嫁の方が怖かった。




21 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:37:24.56 ID:OHW16fARO
>>17を読んで安心したわ
とりあえず性的な犯罪の被害に遭う可能性はなさそうだな




34 :1:2012/10/09(火) 12:50:21.58 ID:OemzMz5W0
>>21
120%ないから安心して。


「もしもし?社長か?沙織ですがー。」

DQN
「ちょ...やべぇ...どうしよう...。」

俺は、嫁はこのDQN二人の事を
社長にチクって謝らせる気かな?
と思っていた。
やりすぎだろうと思ったけど。
ちょっとDQNが可哀想になった。


「社長の所にさ、若いあんちゃん二人いるだろ?
そーそー、金髪の。
そーそー、おぉそうなんだwwワハハww」


「いやね、私今その二人といるんだけどねw
おー全然だーw
威勢の良い若者じゃねーのww
よかったじゃんw
そっかーwww
この二人の事よろしく頼むわー!
おー!じゃーねー!」

ピッ。

DQN
「あ、あの...。


「っつーわけだ。
お前らの事なんか別にどうなろうがどうでもいい。
でもな、あんまり自分らの親方を
悲しませるようなバカな真似は辞めろよ?
親方はな、私と同じ年の息子がいたんだけど
高校生の時に事故で死んだんだ。」

DQN
「え、そうなんすか!?」


「そうだ。ちょうどお前らみたく
無茶な運転をする友達の車に乗ってて
事故って即死したんだぞ。」

DQN
「...。」





18 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:34:56.09 ID:TAXK8x4k0
…嫁さん仕事

何系?




25 :1:2012/10/09(火) 12:42:05.93 ID:OemzMz5W0
>>18
ラーメン屋。毎日豚骨洗ってるよ。


「おい、オメーら!」

DQN
「は、はい!」


「仕事は何してるんじゃ?」

DQN
「え、ええと、土木です...。二人ともです...。」


「ほぅ...。この辺だと〇×土木会社か?」

DQN
「あ、はい。そうです...。でも、何で知って...。」


「あそこの社長とはなぁ、友達なんだよ。」

DQN
「え!?そうなんですか!?(ヤベー)」


「ちょっと待ってろ。」

そういって嫁は携帯電話を取りだし
電話をかけ始めた。
話に出てた土木会社の社長だった。






26 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:43:43.93 ID:lYra/WNw0
おもろいwww続き早くよこせください



27 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:43:59.84 ID:o0VxKkUy0
なにこれファンタジーwww



28 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:45:00.99 ID:0TrRA0M00
かっこよすぎwww



29 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:45:19.71 ID:VIfxEkXx0
嫁スペック高いなwwww



30 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:45:39.49 ID:TAXK8x4k0
あぁぁ 途中まで真木ようこだったのに…



32 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:48:30.92 ID:l2m3FzsA0
休憩終わっちゃう!はよ!



33 :名も無き被検体774号+:2012/10/09(火) 12:49:23.58 ID:Pz1NuiBP0
はよ!!!はよしろください



41 :1:2012/10/09(火) 12:56:33.74 ID:OemzMz5W0

「親方はな、
本当は息子と仕事したかったんだよ。
でもな、死んだら出来ないだろ?
当たり前だよな?
親方にとっては、お前らは息子みてーなもんだ。
その息子達がな、
また車で事故って死んだらどう思うよ?」


「絶対嫌だろ?
そりゃな、車に乗って
突っ走りたい気持ちもわかるよ。
でもな、もう社会人になって
仕事してる以上、自分を思ってくれる人を
裏切る真似だけはすんなよ?
社長だって、お前らの事可愛いんだぞ?
わかったか?」

DQN
「は、はい...。わかりました。
どうもすみませんでした。」

DQN二人はいつのまにか泣いていた。
泣き顔をみると、
まだやっぱ子供だなーとおもった。


「ほら、うちの旦那にも謝って。
それから車にタバコおしつけた後は
このタオルテ一応拭いとけ。
私はちょっとコンビニ寄ってくるからな?」

DQN
「うっす、わかりました。
旦那さん、すいませんでした。」

DQNは頭を下げると
タオルで俺の車を吹き始めた。
とくに傷もついてなかったし
別に良かったんだが
まぁ、嫁なりに考えたんだろうな。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:すっきりした話, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:すっきりした話, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121009180441