2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が不思議な場所から帰れなかったかもしれない時の話をする







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:03:32.38 ID:h/PNYid40
もうかれこれ3ヶ月ぐらい経って落ち着いたから書く。
すまん、文才が無いので、ちゃんと伝えられるか不安だが、
なるべく分かりやすく書くように努力する。

スペック 32歳
職業 IT系自営業





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:04:12.76 ID:h/PNYid40
その日は 俺は朝っぱらからずっと自室に篭って書類を作ってた。
どうしてもお客さんに提出しなければならない書類があって、
それを仕上げるのに四苦八苦してた。

そして、10時頃だったと思う。
俺の携帯電話が鳴ったんだが、それは別のお客さん(仮にT社
とする)からのクレームの電話だった。

どうも俺が先日、そのお客さんのPCのローカルIPを変えた関
係で、プリンターが動かねえよ。
というクレームだった。

しかもバツの悪い事に、そのPCはお客さんの会長のPCで、
会長は案の定激怒していた。





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:05:00.72 ID:h/PNYid40
俺は

「すいません、今ちょっと手が放せないので、コレが終わっ
たらすぐに向かいます!」

と会長に謝りながら電話を切った。

なんだかんだと書類が書き終わり、俺は車に急いで飛び乗っ
たのだが、なんだかずっと集中していたせいか車を運転して
お客さんの所まで行く自信が無かった。

お客さんの所までは35kmぐらい。普通に行けば車で1時
間20分ぐらいで到着する場所。

ああ、もういいや。電車で行こう。

そう思って、俺は自宅の折りたたみ自転車を車に放り込み、
そのまま車をすぐ近くのT駅まで走らせて、無料駐車場に車
を止めて、駅のコンビニでパンを買って、そのまま自転車を
引っ張って販売機で切符を買った。

改札口で、自転車って電車に載せてもらえんのかなー?とか
思いながら、自転車を折りたたんで抱えて改札口へ行ったら、
駅員のオッチャンは苦笑いしながら通してくれた。

この時点で変だったのかもしれん。





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:06:08.70 ID:h/PNYid40
後から人から聴いた話では、普通別料金が必要なはず。って
言われた。

だが、その時は苦笑いしながらも駅員さんは普通に通してくれた。

俺はT社の方向に向かう電車のホームに突っ立って電車を待っ
ていたんだが、電車は割とすぐに来た。

10分ぐらいだったと思う。

言っておくが、田舎ではいきなり電車を乗ろうと思って駅の
ホームに突っ立って、10分で電車が来るとかミラクルだか
らな。

50分待ちとか普通にあるもんだ。

で、俺は電車に乗ったのだが、運良く座席が一つだけ開いていた。

ラッキー!とか思いながら俺は自転車を前にデン。と置いて、
俺は席に座った。





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:08:26.71 ID:h/PNYid40
だが、そこで俺は奇妙な事に気がついた。
電車ってのは、個人が各々好き勝手な事をしているもんだ。

大抵の人間は携帯をいじってる。本を読んでる。
音楽を聞いてる。寝てる。

そんな様子は微塵もなく、ただ、みんな真っ直ぐ前を向いて
手に膝を置いて、まるでマネキンのような格好で座ってた。

誰も何も話さない。ただ、みんな行儀よく真っ直ぐ向いてた。
そこでプシューとドアが閉じた。

電車は走り出したが、それも何か違ってた。
物凄いスピードで走ってた。
これは新幹線かよ!って思うようなスピードで。








14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:09:44.61 ID:XT6+ih7z0
ワッフルワッフル




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:10:07.18 ID:h/PNYid40
外の景色もよく判断できない位の速度で電車は突っ走り、
しばらくしていたら、急にトンネルの中に入った。

トンネルの中は本当に真っ暗で、外の様子が全く何も見えな
い中を電車が走ってた。

そしたら車内アナウンスが鳴った。
「もうすぐ駅に到着します。」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:11:19.03 ID:h/PNYid40
え?と思った。普通ならここは、
「ご乗車ありがとう御座います。まもなく、◯◯駅、◯◯駅
に到着致します。電車を降りる際は〜」とか言うもんだ。

それが「もうすぐ駅に到着します。」
それだけ言うと、アナウンスはもう何も喋らなかった。





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:12:15.60 ID:h/PNYid40
その一瞬、ヒュン。とトンネル内に駅らしきものが一瞬だけ見
えて通過してしまった。

「停車しないのかよ!」と俺は内心突っ込んでたんだが、
ふっと自分の座席の横を向くと、そこにはボタンがあって、
「次の駅で止まります」と小さな標識があるのに気づいた。

ワンマン電車なのかよ!今更かよ!と思ったが、俺が今何処
にいるのかさっぱり検討もつかなかった。

こんなに速いスピードで走ってるんだから、もう近くまで来
たのかもしれない。そう思っていると、またアナウンスが。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:13:13.70 ID:h/PNYid40
「次はー。軍事工場跡ー。軍事工場跡です。」

は????
軍事工場跡!?!?

俺は即座に混乱して、一体自分は何処にいるんだ?
ひょっとすると、乗る電車間違えた!?
俺はそう思って、席を立って急いでそのボタンを押したんだ。

そうすると、電車はみるみる間に速度を落とし、トンネルを
抜けて一つの駅で停車した。





22 :以下、無しにわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:14:42.89 ID:h/PNYid40
こはが今まで来ことも見たこともない駅で、改札
駅のだった

何よりもビビった事がが薄暗使
はビックリして、一体今何時なのかをした

駅の構してはホーム4つあったと思う。だ、普
とよホームとホームは何らかの口があるもんだ
抵はでホーム同されているもだが、
う接口は一切った。

つまり、ホーに行く時には、路に降りければ
いとうような駅

のホームのろは山になってた。

、時計なんてものは見当たらず、それホー
柱すなかた。





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:15:06.16 ID:SlCHVmDr0
乗客が何もしないで膝に手を乗せて 一点を見つめてんのって
考えたら怖いな




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:34.54 ID:h/PNYid40
なので、一応そんな標識は無かったが、便乗上、俺が降りた
無人改札口に一番近いホームを1番ホーム、一番奥を4番ホー
ムとしよう。

改札口と言っても、ホームから道へ出る為のコンクリートの
階段が一つ付いてるだけで、その下には民家があった。

昔風の木造の民家で、二階建てで民家というより、木造アパー
トという感じだった。
余談だが、1番ホームからその家の庭を覗けたw

庭には屋根だけ無いバスルームがあって、丸見えじゃんww
とか思ってた。

タイルは青で、ピッカピカに掃除されてたから、多分今でも
使われてるんじゃないかな?





25 :下、名無しかわりてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:48.14 ID:m50C4vIH0
50待ちとか普通に田舎は歩道橋退いくら
にあるもんだ




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:19:01.39 ID:h/PNYid40
>>25
たまーにあるらしいね






26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:17:43.57 ID:h/PNYid40
てか、今考えれば、携帯電話を見れば良かったんだが、そん
時にはテンパリ過ぎて考え付かなかった。

んでまあ、1番ホームから階段を降りたアパートの1階は実
は お店で、大きな看板で「チャーハン屋」と書いてあった。

木で出来た看板で、大きな筆でチャーハン屋と書いてあった
のを良く覚えている。

店の大きさは小さく、厨房しかないスペースを1人の男が何
か作ってた。

チャーハン屋って書いてあるから多分チャーハンだとは思うが。





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:18:22.87 ID:h/PNYid40
どうやらお店というより、窓越しに料理を渡すような屋台に
近いようなお店で、俺はテンパリながら
「す・・!すいません!今何時ですか!!」

って聞くと、男は鍋振りながら「5時34分!」
って答えた。

その瞬間、俺の頭によぎったのは、真っ赤に激怒したT社の
会長の顔だった。

あーーー!!どうしてこうなった!
ぜってーーー叱られる!5時過ぎとか終業時間じゃねえ
か!!!

オマエのすぐ向かいますってのは7時間後の事を言うのか!
とかぜってーー怒られる!






29 :以、名無しにわりましてVIPがお送ります:2012/10/12(金) 19:19:10.59 ID:SlCHVmDr0
いとかはどだった?




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:20:33.40 ID:h/PNYid40
>>29
においはしょう油系の匂いだったな。




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:21:23.10 ID:h/PNYid40
ますますテンパッて、俺はその駅を飛び出して道路に急いだ。
もちろん今いる場所を確認する為だ。

そしたら、道路は1車線同士の2車線の大きな山道で、今ま
で来た方向を見ると、先にはトンネルがあって、トンネルの
中は漆黒の闇。

普通山道のトンネルってライト付いてるもんなんだが、まったくの闇。

オマケに道路の向こうは大きな川と来たもんだ。

俺は一体何処に着いてしまったんだと本気でパニクった。





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:22:35.19 ID:h/PNYid40
持ってきた自転車に乗ったら3分ぐらいでトンネルには到着
するだろうが、まったく先の見えない闇。

これは・・・行ったら多分帰れない。
俺の本能がそう言っていた。





34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:23:20.61 ID:h/PNYid40
仕方ないので、駅の方向へ戻った。
そして、ふと駅の入り口に小さな表札があるのに気づいた。
そこには確かに「軍事工場跡」と書かれていた。

ひょっとすると、軍事工場跡駅で このまま戻りの電車を待っ
て、それに乗れば戻れるんじゃね?

その時、初めてそれに気付いた。





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:25:25.34 ID:h/PNYid40
そう思った俺は、チャーハン屋のオッチャンの所まで戻って、
次の電車は何時だと聞いたんだ。

そしたらオッチャンはぶっきら棒に
「まだ来ねえよ。」

そん時にオッチャンの顔を見たんだが、俺、この人知ってる。
サラリーマン時代に一緒に働いていた野中さん(仮名)だ。

「あ・・あれ?野中さんですよね?」

そう尋ねると、オッチャンは

「野中?あー。俺の叔父は野中っていう名前だったな。
 随分前に死んでしまったけどな。」


じゃあ、親戚なのかよ。とか思ったが、もう死んでしまった
というのはどういう意味なのか。





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:26:26.84 ID:h/PNYid40
そんな事よりもここからどうやってT社に行くんだよ。

俺はフラフラと1番ホームに向かいながら、そんな事で頭が
一杯になっていた。

戻って、それから車ぶっ飛ばしても着くのは夜10時か?

そんな時間帯に会社空いてねえ・・・。明日行くってのもバ
ツが悪い。





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:29:59.47 ID:h/PNYid40
そうこうしているウチに4番ホームに帰り方向に進む電車が来た。
電車。という表現は違うかもしれない。

列車の先頭にはピンク色の大きなトラックだった。そのトラッ
クに、6両ぐらい列車が牽引されてた。

そのトラックが4番ホームに停車した瞬間に、俺の横からヒュッ
とすごい勢いで人が走って行った。

チャーハン屋の野中オッチャンだった。

手にチャーハンの乗った皿を持って、人とは思えないスピー
ドでトラックの運転席へ走って行く。

そして、皿を渡して何かを受け取ると、普通に歩いて1番ホー
ムへ戻って来た。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121013115356