2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

好きだった人の話を聞いて欲しい







1 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:24:13.40 ID:T3nSTPQT0
当時のスペック
私:中2、地味系、太っていた頃の加護ちゃんに似ている、母子家庭

好きだった人と出会ったのは中2の夏だった。

私はその頃クラスの一部男子から軽いイジメの様なものを受
けていて男子が怖くて苦手だった。

クラスの女子はイジメに加わらなかったけど、私が「ブス」
とか「デブ」とか聞こえるように悪口を言われている時、誰
一人として止めてくれる人はいなかった。

そんな感じでクラスでは上手くいっていなかったため、他の
クラスの子達と仲良くしていた。

特に隣のクラスのマイちゃんとは仲が良かった。





2 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:25:32.54 ID:T3nSTPQT0
マイちゃんは、目鼻立ちのハッキリした派手な美人で、中学
校に入るまで海外で生活していた為か、個性的で日本人離れ
した性格をしていた。

マイちゃんはサバサバした性格で物事をハッキリ言う子で、
それを良く思わない学校のリーダー格である女子に嫌われ、
ついでにそのリーダー格の子の事が好きな男子達などからも
嫌われ私よりもっと酷いイジメを受けていた。
(なぜかリーダー格の女子はあんまり可愛くないのに男子か
ら人気だった。)

私はそんなマイちゃんの話に出てくるAという男子の事が凄
く気になっていた。

マイちゃんはクラスのほとんどの人から無視されており、隣
の席であるAだけがマイちゃんと普通に話してくれるらしい。

なので必然とマイちゃんから聞く話はクラスでのイジメの愚
痴とAとした会話が多かったのである。

マイちゃんの話によるとAは口数も少なくそっけないが、マ
イちゃんが悪口を言われた時も悪口を言っていた人に対して
「お前、うるせーよ。」と言って庇ってくれたし優しくて良
い人らしい。

Aの事は名前を聞いた事がある程度で顔もよく知らなかった
が、ある日突然関わることになる。





3 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:26:28.37 ID:T3nSTPQT0
ある日マイちゃんが、「そういえばAがあんたと話してみた
いって言ってたよ」と言って来た。

その時は Aの事は私もマイちゃんの話を聞いていて、「どん
な人なんだろう?」と気にはなっていたが、クラスの男子か
ら悪口を言われていた事もあり軽い男性不信だった。

なのでマイちゃんに「私も話してみたいけど どんな人かまだ
あんまりわからないから直接話すのは怖いよ。」と言ったら、
その日の放課後マイちゃんに、
「Aが今日の夜あんたに電話するって!番号教えておいたか
ら!」と言われてすっごくドキドキしたし「どどどどどうし
よう・・・」と困惑した。

当時は男子と話した事もあんまり無かったし、電話だってメー
ルだってした事が無かったから。

それに私は親に「携帯は高校生になってから」と言われてい
て、マイちゃんなど友達とメールする時は親の携帯を使わせ
てもらっていた。(もちろんメールにロックはかけていた)

その事を後に後悔する事になる。






4 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:28:46.01 ID:MJeQH1vE0
ごくり




5 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:30:08.56 ID:dEvt6PBRO
wktk




6 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:34:33.57 ID:T3nSTPQT0
その日の夜20時頃、知らない番号から親の携帯に電話がかかっ
てきた。

出ようとする親に「それ私の友達からだから!!!」と言っ
て急いで携帯を持って自分の部屋に閉じこもった。





7 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:35:20.31 ID:T3nSTPQT0
私「はい、もしもし。(震え声)」
A「もしもし?Aだけど。マイから番号聞いた。」

私「う、うん。マイちゃんから今日聞いたよ。」
A「そっか。今何してるの?」

私「ご飯食べて自分の部屋にいたよ。」
A「俺ゲームしてた。ってか喋るの初めてだよね。」

私「そうだね!ってかはじめまして!マイちゃんからいつも
  話聞いてるよ。Aって優しいんだね。」

A「俺が?何で?」

私「マイちゃん、そっちのクラスで皆から無視されてるで
  しょ?だけどAだけは普通に話してくれるって喜んでたよ。」

A「ふーん。マイが話し掛けてくるから話してるだけだけどね。」

私「でも悪口言われてる時Aが庇ってくれたって言ってたよ。
  優しいじゃん。」

A「そんな事あったっけ?覚えてないけど。」

それからマイちゃんの話やAがハマっているゲームの話、TV
の話題など色んな話をした。

最初はAの話し方が素っ気無さすぎて怖かったけど話してみ
ると凄く話しやすくて、母に「もう22時半過ぎてるよ!いつ
まで電話してるの!」って怒られるまで2時間以上も話して
いた。






8 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:35:54.90 ID:T3nSTPQT0
私「(母に向かって)わかったから!あっち行ってて!」

A「大丈夫?」

私「お母さんがもう夜遅いから電話切れって・・・」
A「明日またかけるよ。」

私「うん。ありがとう。ごめんね?せっかく電話してくれた
  のに。」

A「いいよ。じゃあ明日またかけるから。じゃあね」

私「うん。また明日ね。」

もうこの時点で大分好きになっていたと思う。
その日はドキドキして全然眠れなかった。

Aの顔を知らなかったから明日マイちゃんのクラスに見に行
こうと思った。

次の日、マイちゃんのクラスに行きAがどの人なのかを教え
てもらった。

そしてAの外見を見て驚愕した。





10 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:40:11.41 ID:PbkI0utj0
わくわく




11 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:45:23.50 ID:T3nSTPQT0
Aの髪は茶色く染まっていてAの耳にはピアスが何個か開いて
いて、その中の1つが凄い大きい穴で金属の輪っか?みたい
なのが埋まっていた。

(あとで聞いたら0ゲージという大きさだったらしい)

私の周りには髪を染めている人もピアスを開けている人もい
なかったので心底ビックリした。

初めは「何この人怖いよ!不良じゃん!」って思ったけど、
色素の薄い肌や目の色、整った顔に釘付けになった。
Aは芸能人だと赤西仁にすごく似ている。髪型もほぼ同じ。

私は子供の時から色白で色素の薄い人がタイプだったので
Aは物凄く好きな外見である。

そしてその日からほぼ毎日Aと電話した。
Aはいつも19時〜20時頃に電話をかけてくれた。

電話が終わったあとは眠るまでメールをした。

母は男女交際に厳しい為、男と毎日電話やメールをしている
なんてバレたら携帯を使わせてくれなくなると思ったので
Aの番号はマイちゃんの名前で登録していた。

Aと電話するようになって2週間くらい経った頃、母が聞い
てきた。





12 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:47:03.03 ID:T3nSTPQT0

母「ねぇ、最近毎日電話してる子、本当にマイちゃんって子
  なの?」

私「え?何で?マイちゃんだよ?どどどどどうしたの?」

母「別に。ただ学校でも毎日会ってるのによく話が続くなぁっ
  て思って」

私「ま、まぁね。色々あるんだよ!」

母「ふ〜ん。」

さすがに疑ってきている。
マズイと思ったので「母が仕事から帰ってくる前に家の電話
で電話しよう」とAに言い、学校から帰ってからAと電話し母
が帰ってきてからは携帯でメールをした。

初めてAと電話してから1ヶ月が経った頃、今度の休みにAと
2人で会う事になった。

ちなみにAとは毎日電話やメールをしていたが、学校では全
然話していなかった。Aが私のクラスに来た時や、私がマイ
ちゃんのクラスに行った時に挨拶する程度だった気がする。

そして休みの日、母がいない時間にAから家に電話がかかっ
てきた。





13 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:47:46.53 ID:T3nSTPQT0
A「今日大丈夫?」

私「うん。今から用意するから1時間くらいしたら家出れる
  よ。」

A「今日どうする?どこに行く?」
私「う〜ん。どうしよう。」

A、私「・・・」
A「とりあえず近くまで迎えに行くわ」

私「じゃあ○○町のコンビニまで来て欲しい」
A「わかった」

休みの日に好きな男の子に2人っきりで会うなんて本当にド
キドキした。普段はリップクリームだけだったけど母のマス
カラやリップグロスで初めて化粧をした。

そして1時間後にAから「コンビニ着いた」と電話があり急い
で家を出た。






14 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:50:11.69 ID:T3nSTPQT0
ここから先はまだ書き溜めていないのでまったり聞いてくれ
たら嬉しい







15 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:58:43.69 ID:77ikJjt70
期待




16 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:59:35.25 ID:T3nSTPQT0
Aはコンビニの前で自転車に乗っていた。

A「おう」
私「どうも」

A「とりあえずどっか行く?」
私「うん」

そしてAは「後ろ乗る?」と言ってきたけど
学校で2人乗りは交通違反と言っていたのを思い出し真面目
な私は断った。

Aは自転車から降りて自転車を押して一緒に歩いてくれた。
嬉しかった。とりあえずAの家の近くに大きくて綺麗な公園
があるので、そこに行くことにした。






17 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:18:20.82 ID:T3nSTPQT0
公園のベンチに座って色んな話をした。

Aの好きなTVゲームの話になって私が「今度やってみたい!」
と言うと、Aは「じゃあ家来る?」と聞いてきた。もちろん
お邪魔することにした。

Aの家は大きい一軒家でお金持ちなんだなーって思った。
玄関に大理石で出来たマリア象?みたいなのが置いてあった
のを覚えている。


玄関を上がってすぐに階段があり、階段を上ってAの部屋に
行った。Aの部屋は机とベッドしか無くて殺風景だった。床
にはピアスを開ける器具とかタバコの箱、チューハイの缶が
落ちていた。

少しAの事がまた怖いと思ったけど、飲み物を出してくれた
り電話で話すときよりも優しく話してくれたから気にならな
くなった。その後お互いの恋愛の話になった。





19 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:40:39.22 ID:T3nSTPQT0
Aは小6の時にキスした事があると言っていた。
小6の時に家出してゲーセンで会った中学生の女の子の家に
行ってしたらしい。

小学生で家出やキスしていた事にも驚いたけれど、私はその
女の子に嫉妬した。私だってAとキスしたいって思ったけど、
もちろんそんな事言えるわけないので「へーすごいねー」
みたいな適当な相槌を打った。

そんな時急にAから「今好きな人いるの?」って聞かれてビッ
クリした。





20 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:41:11.03 ID:T3nSTPQT0
私「秘密!」
A「何でー?いるかいないか位教えてくれたっていいじゃん!」

私「う〜ん。いるよ。Aは?」
A「俺もいるよ。で、好きな人って誰ー?」

私「秘密!Aこそ誰が好きなの?」
A「秘密」

私「えぇ〜気になるよ〜!」
A「そっちが教えてくれたら俺も教えてあげる」

私「じゃあもう聞かないからいいもん!」
A「えー教えろよー」

私「嫌だー!秘密ー!」

なんとなくAも私のことが好きなのかなって思った。





21 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:41:42.03 ID:T3nSTPQT0
18時半頃になってAの両親が帰って来たみたいなので その日
は送ってもらって帰った。帰りは交通違反をした。

Aの事がもっともっと好きになっていった。

その日から電話やメールではお互いの好きな人を探り合った。

Aが「酒で酔ったら好きな人言っちゃうかも」と言ってきたので
次遊ぶときは2人でAの家でお酒を飲むことになった。






22 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:48:09.59 ID:2Qf8s2fpO
はよ




23 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:54:19.51 ID:T3nSTPQT0
>>22
急いで書いてるからもうちょっと待ってくれ






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:常識の無い人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:常識の無い人達,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121031230619