2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

元ホスト兄貴と18才Gカプ子ちゃんのエロい話







1 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 19:09:42.86 ID:hJ3lQE9QO
お願いします!





4 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:14:57.61 ID:V0CKG07v0
代行乙!





6 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:17:21.52 ID:V0CKG07v0
皆様に前以てご注意を。
書込みの時間帯は夜はできません。

書き溜めもないし、長いって怒られる可能性もあるので亀レ
スです。

それでは、どうぞ!





7 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 19:20:30.47 ID:hJ3lQE9QO
この時間忙しいの忘れててすみません!





8 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 19:21:43.33 ID:pfKN3ABS0
おい、さすが童貞が付けるスレタイだなwww

兄貴、待ってました!





9 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:24:38.20 ID:V0CKG07v0
先ずは自分のスペックね。
年齢は当時。
180/70
ガチムチ・足の臭さMAX。
見た目は仮面ライダーバースの岩永洋昭。

彼女との出会いは大学3年生の秋。
3年から始まったゼミで同じクラスになった男衆だけ4人で、
駅前の居酒屋に行った時だった。





11 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:28:08.96 ID:V0CKG07v0
あ、年齢入ってなかたww
21歳ww

で、入った居酒屋で当たり前の用にオーダーを取ろうと、店
員を呼んだ。
で、そこに来た店員が彼女だった。

彼女のスペック。
150後半くらい/体重は不明
黒髪ストレート・長さは肩下くらい。
見た目は福田沙紀そっくり。





12 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:33:30.72 ID:V0CKG07v0
彼女は福田沙紀に似てるので、以下サキとしよう。

サキがオーダーを伺って、俺達は普通に注文した。
そこで、一緒に居た男衆の一人(以下ダッチョ)が

ダッチョ「お姉さん、いくつだ?」
サキ「18です」

ダッチョ「マジで!?そんな変わらないじゃん」
俺「いやいや。高校生だったら全然変わる。高校生?」

サキ「はい。3年です。注文は以上でいいですか?」
俺「あ、はい。お願いしやす」






14 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:38:40.50 ID:V0CKG07v0
ダッチョの由来は脱腸をしたことがあるらしいので、ダッチョww
脱腸の理由は覚えてない。


「お前、声かけんなや。
これで彼女ここに来なくなるどろがい」

ダッチョ
「ちょ、だって可愛くない?」


「絶対、性格キツイって」

俺は彼女の若干釣り目な印象で性格を決め付けていた。
それが全然、見当外れなことを後で知る。

ダッチョは、サキがもう来ないもんだと思い、少し拗ねなが
ら酒をかっ込んでいた。





13 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 19:38:13.10 ID:BB4Bz9Qv0
パンツ脱いだwktkwktk




15 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:43:57.04 ID:V0CKG07v0
>>13
パンツ全然早いww
まだ履いてて。
エロ描写いる?あまり上手くないけどww

程なくして、ジョッキが空になり、また店員を呼んだ。
すると、またサキがテーブルにやってきた。

ダッチョはテーブルに前のめる感じで
ダッチョ
「俺、生チュウ。あと、焼き鳥の盛り合わせ」


「もっと頼めwwこの分は誰も払わんからww」

ダッチョ
「じゃあ、シーザーサラダとぉ、枝豆・・・」

ここでゼミ長が
ゼミ長
「サラダは同じの食ったじゃんww」

ダッチョがバカだった。






16 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:50:52.71 ID:V0CKG07v0
サキは淡々とオーダーをこなし、商品名を伝票みたいなのに
書いていた。

ちなみに配置だが、ゼミ長・ダッチョが隣同士。

テーブルを挟んで俺・拓(以下タク)で座り、俺の座る位置
が下座だったので、サキはいつも俺の隣で立膝でオーダーを
聞くような形だった。

あ、タクは今後一切登場しません。
ゼミ長もこの居酒屋だけ。

ダッチョ
「ちょっと、俺。そこと席変わってよ」


「やだよ。彼女、いい匂いするww」

ダッチョ
「マジでムカつくわ」


「お?帰るか?」

ダッチョ
「帰んない。ゼミ長、席変わって」

ゼミ長はとても温厚で、二つ返事でダッチョと席を交換した。
で、俺の対面にダッチョが座る感じ。





17 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 19:56:46.78 ID:V0CKG07v0
不思議に思ったのが、オーダーで店員を呼ぶと、必ずサキが
テーブルに来る。その度に、ダッチョが茶々を入れ、仕事と
関係ない質問をする。

俺はコソッとサキに


「ゴメンネ。こいつの質問は無視していいからさ」

サキ
「大丈夫です。慣れてるので」

一切笑わない。

彼女が去ってから、ダッチョにもう変な質問はするなと言っ
たが、ダッチョは可愛い可愛いを連発して、ブウたれていた。

それでも、店員を呼ぶとサキが来る。


「店員少ないの?」

サキ
「そんなことないですよ」


「じゃぁ、他の人を寄こせばいいのに。嫌でしょ?」

サキ
「仕事なんで」

そりゃ、そうだ。
彼女のほうが大人だった。





19 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/10(土) 20:13:22.97 ID:V0CKG07v0
酒も程よく進み、俺はいい感じに酔っていた。
時間はまだ早いが、電車で帰ることを考えるとそろそろ抑え
た方がいいかな。

俺は酔い覚ましに外に出た。
外に出ると、夜風が暖かくなってる体にはえらく冷たく感じた。
丁度、今くらいの時期だったかな。

ちょっとした段差に座って携帯をいじってると、店から一人の女性が出てきた。
高校の制服だった。
俺はギョッとして、よく女性を見た。
サキだ。
(あ、高校生って言ってたもんな)
時間も高校生が上がりそうな時間帯だった。


「さっきはゴメンね。」

サキ
「あ。いえ。大丈夫です」


「制服なんだねぇ」

サキ
「高校生なんで」


「そうだよねwwあのさ、機嫌損なわせたうえで申し訳ないんだ
けど、遊びに行かない?」

サキ
「いいですけど、私、彼氏居ますよ」


「居るのにいいの?ww」

サキ
「最近、全然連絡とってないんで、よく分らなくなってます」


「そうなんだ。じゃぁ、遊ぶとか別に相談に乗るよ」

サキ
「本当ですか!?」


「うん。よかったら番号教えてよ」

サキ
「わかりました」

これで、サキと俺は番号を交換した。


すみません。
今日はタイムリミット。
また明日書きます。





21 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 20:49:10.52 ID:ccX9pVCP0
>>19
小出しにもほどがあるだろボケが 
もう少し書き溜めてから書き込めや
使えねえな




24 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/11(日) 10:09:29.91 ID:IrkAloqX0
>>21
なんて口の悪い野郎だコノヤロー
小出しが多くて悪かったな
おしゃべりクソヤロー
使えねぇってうるせぇから書き溜めたぞ

っとに口の悪いヤローだ
支援宜しくだ、この蒙古斑ヤロー





24 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/11(日) 10:09:29.91 ID:IrkAloqX0
>>19の続きね。


サキと連絡先を交換したものの、俺からは一切連絡しな
かった。

自分なりの作戦だが、サキが自分のことを思い出した時
に連絡してくるだろうと思った。



サキからメールが来たのは4日後だった。

サキ
「こんばんは。俺さんから連絡ないからしちゃいました。暇な
日ありますか?」


「こんばんは。ごめんね!いつでもいいよ。早速、明日は?」

サキ
「大丈夫です。○時に待ち合わせしませんか?場所は?」


「了解!場所は○○にしよう!楽しみにしてる」





20 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 20:45:05.32 ID:hJ3lQE9QO
いいところで…





22 :名も無き被検体774号+:2012/11/10(土) 20:58:48.72 ID:8eEB/vQ7i
おいおいおいおい
風邪引いちまうよ




24 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/11(日) 10:09:29.91 ID:IrkAloqX0
お早うございます。




25 :元ホスト ◆3GsjLAE.yI :2012/11/11(日) 10:14:25.97 ID:IrkAloqX0
翌日の待ち合わせ。

俺&サキ
「こんばんは」

彼女は紫のセーターに薄手のベージュのコートという格好。

よく見なくても、お胸のお山さんが凄いんですけどww
彼女のバイトの制服や学校の制服じゃ、全く分からなかった。
いやいや、何カップあるんだ?ww
って、あまり見てもバレちゃうので、そこは我慢。



「どこ行こうか。さすがに高校生にお酒はマズイし、どこかお
店知ってる?」

サキ
「大丈夫ですよ。友達と飲み会もやってるし」

なら話は早い。
まぁ、高校生なんてそんなもんだろな。
俺も呑んでたし。


お店はチェーン店の居酒屋。
彼女がコートを脱ぐと、エベレストが益々露に。
すげぇデカイんですけどww
テーブルに乗っちゃうよww


店は今ほど年齢確認が厳しくなく、難なくビールを頼んで乾杯。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121113171451