2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

根暗ニートの俺がDQNのおかげで生まれ変われた話







1 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 15:50:45.65 ID:gExy4Sja0
誰かに聞いて欲しい。





2 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 15:53:51.33 ID:gExy4Sja0
俺はごく普通の家庭に生まれたごく普通の男だった。

小学生時代は、クラスで目立つこともなく、特に友達がいる
わけでもなく、ただただ、学校に通っているだけの小学生時
代でした。

俺の性格は基本的に無口でコミュ障、6年間で誰かと話した
記憶なんてほとんどない。





4 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 15:57:00.83 ID:gExy4Sja0
そんな俺も中学生になった。
母と学ラン姿で写真とったのを今でも覚えてる。

いよいよ入学式。

中学に入ると何かが変わると思っていたけど、もちろん自分
から動かないと何も変わらないわけで。

自分を変えるためにも、部活に入ろうと思った。
そこで俺が選んだ部活はバスケ部だった。





3 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 15:56:18.71 ID:tlj8L9hK0
いつのお話だい?




5 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 15:58:05.98 ID:gExy4Sja0
>>3
現在22歳の俺が、中学生だった頃から現在に至るまでの話です。
長くなりそうですがよかったら。








7 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:02:26.20 ID:gExy4Sja0
入部初日。
体操服に着替えながらめちゃくちゃドキドキしてた。
どんな人がいるんだろうとか、友達できるかなとか、上手に
やれるかなとか。

いよいよ1年生同士で顔合わせ
全員で8人くらいいた。初心者も半分くらいいたから安心した。

そして一人ものすごくバスケが上手な人がいた。
彼のことは雅治と呼ぶことにする





6 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:01:22.77 ID:++zwZmtn0
DQNって本当にたまに良い奴いるから怖い




8 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:06:22.88 ID:gExy4Sja0
>>6
人は見かけによらないって言葉は僕みたいなのが作った
のかもしれないですね。


雅治はバスケの経験者で、先輩たちよりも上手かった。
顔は福山雅治を少し幼くした綺麗な顔立ち。
身長も一年生の中で頭一つ高くて、筋肉もすごかった。
そして雅治は、小学校時代から悪ガキだったらしい。

俺の通った中学校には、2つの小学校から上がってくる
んだけど、雅治の通っていた小学校は悪ガキの多さで有
名だったんだ。

そんな雅治を、俺はかっこいいと思い、仲良くなってみ
たいと思った。





9 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:07:50.13 ID:LkrzjhoEO
俺も>>1みたいなとこあるからえらいと思うな。




11 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:13:11.81 ID:gExy4Sja0
>>9
よかったら見て行ってください。


僕は学校に行くのが嫌になっていた。
勉強もできないし、行く意味がないと思っていた。
でも毎日通った。部活もやめなかった。
僕は一向に上手くならなかった。
雅治はもう試合に出ていた。
神様は不公平だって毎日考えていた。

でも、学校を休むと母に心配かけてしまうと思い、
毎日学校に通った。
そんな生活が続き、僕は2年生になった。





10 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:08:55.60 ID:gExy4Sja0
でも、もちろん話しかける勇気なんてなかった。

雅治とは部活の時間しか会わなかったけど、いつも同級生や
先輩達に囲まれて楽しそうに話していた。

僕は部活内でもぼっちになった。
もちろんクラスでもぼっちだった。
中学校での孤独は、小学校での孤独よりもずっとつらかった。





12 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:18:46.39 ID:gExy4Sja0
2年生にあがって、クラス替えがある。
僕にとってはどうでもいいイベントだ。
先生に言われた教室へと向かう。
ドアをあけると、既に生徒たちは騒いでいた。
その中に、雅治の姿があった。

雅治は楽しそうに話していた。
話している相手は清原と呼ぶ。

清原は雅治の幼馴染みで、中学校に上がってすぐに3年生に
喧嘩で勝ったという学校一の不良だった。

喧嘩の強さもだが、スポーツも凄く、ラグビーでは全国大会
に出る程のチームのスタメンだったらしい。

僕は静かに教室の隅の席に座った。





13 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:25:01.14 ID:gExy4Sja0

周りのクラスメイトをみてみると、どうやら学年の不良と成
績不振の生徒を集めたクラスみたいだ。

普通なら落ち込むところだが、俺は喜んだ。
もしかしたら雅治と仲良くなれるかもしれないと。


すると、誰かが話しかけてきた
「よう、>>1」

急に声をかけられてびっくりした。中学校に入って話しかけ
られたのは初めてかもしれなかったから。

それに、声の主にも驚いたんだ。
話しかけてきたのは雅治だった。

雅治「お前成績悪いんか。一年間よろしくな。」
清原「誰?」
雅治「バスケ部の>>1ってやつ。仲良くしてやって。」

僕はドキドキして一言も声が出なかった。





14 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:26:44.90 ID:1Dz+omb60
この後1はニートになるのか




18 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:35:30.49 ID:gExy4Sja0
>>14
はい。





16 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:29:41.31 ID:gExy4Sja0
みてる人いないかな。


そして、クラスの班を決めるときのこと。

みんな続々と決まっていく中、俺は誰に話しかけることもで
きず、ただただボーッとしていた。
すると雅治は俺を誘ってくれた。

雅治「おい、俺の班こいよ。仕事しなくていいから楽だぜ」

俺は「は・・・うん」くらいしか言えなかった。

タメ口で言っちゃったよ、殴られるんじゃないかとか思った
けど、そんなことを気にしているのは俺だけである。

班には清原もいた。雅治と清原はいつもセットだった。





15 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:27:25.03 ID:x79fFnYq0
長そうだが支援




18 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:35:30.49 ID:gExy4Sja0
>>15
書き溜めてなかったので長くなりますが、少しでも見て
いってほしいです。


それからの中学校生活は、楽しかった。
俺が言葉を発する機会が増えたかといえばそうではなかったが。

相変わらず一言も喋らない日が続いたが、憧れていた雅
治の学校生活を間近でみることができて楽しかった。

わかったことは、まず雅治と清原は所謂DQNだった。
クラスメイトにはすぐ脅しの言葉をかけるし、
暴力もふるっていた。

時々他の中学校のDQNが学校に来て、二人と話していた。
その度に先生たちが走り回っていたのを覚えてる。


授業に出てないと思えば、煙草の匂いをさせながら教室
に戻ってきたり、でも皆に愛されているのが僕にもわかっ
た。

二人と過ごすうちに、二人への憧れの思いは一層強くなった。





20 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:40:53.28 ID:5wFRaDsb0
見た




23 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:53:11.68 ID:gExy4Sja0
>>20
ありがとう


修学旅行も終わり、俺は3年生になった。
クラス替えのとき、俺はかなり落ち込んでいたと思う。
でも、また二人と同じクラスになれた。
生まれて初めて、クラス替えで一喜一憂できた。

バスケ部は最後の大会にむけて、猛練習だった。
清原もラグビーの練習が大変そうだった。

そして夏。最後の大会が始まった。
雅治率いる俺のチームは、雅治を中心にそこそこの結果
を出してきた。
地区予選は敵なしのレベルだった。

母は「今日から最後の大会だね。見に行こうか?」と言っ
てくれたが、

俺は「いい。今日は負けないから、俺が出れるとしたら
最後の試合だろうし、その時見にきてよ」と言うと、母
はわかったと言ってた。

そして最後の大会、結果はまさかの予選負け。
敗因は3年になってスタメンになった同級生の暴走だろう。
みんなベンチで落ち込んでいた。僕はボーッとしていた。
暴走した同級生がはしゃいでいる。それに雅治がキレた。
「落ちこんでるやつもいるんだ!はしゃぐなら外ではしゃげ!」
そう言っていた雅治の目は、潤んでいたようにも見えた。

僕はトイレにはいった。
そこで、中学生になって初めて泣いた。





21 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:43:58.92 ID:gExy4Sja0
雅治が話しかけてくれるようになってから、バスケ部の練習
も楽しくなった。

俺は相変わらず下手だったけど、楽しくて仕方なかった。
もちろん、楽しいなんて感情を表に出すほどの雰囲気を持ち
合わせていないので、相変わらず無表情の無口な学校生活だっ
た。


2年生の半ばには、修学旅行があった。
雅治と清原は、俺を修学旅行の班にも入れてくれた。

修学旅行は東京だった。

ディズニーランドでは、二人に連れられて割り込みしまくり
で待ち時間なんて無かったし、日程がかぶっていた他校の生
徒と喧嘩になったり。

自由行動では、二人は学ランを脱いで私服に着替えて行動し
ていたり、煙草を吸っている所を警察に捕まって先生に怒ら
れたり、そのせいで自由行動の計画の半分もこなせなかったり。

でも、なんだか自分までアウトローの仲間入りしたようで嬉
しくてしかたなかった。
修学旅行の写真も買った。

家に帰って母親に写真を見せた。俺が雅治と清原の二人に挟
まれている写真だ。

母は「捕まった宇宙人みたいね」と言っていた。
泣いていたような気がした。





22 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:45:47.71 ID:PRMIjHna0
捕まった宇宙人wwwwwwwwwwwwwwwww




25 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 16:58:41.21 ID:gExy4Sja0
>>22
自分でもそう思います。
でも、母は喜んでくれてた。



声を出さずに、たくさん泣いた。
もうこのメンバーでバスケができない悔しさ、試合に出
れなかった悔しさ、試合を見たかったであろう母に嘘を
ついてしまった悲しさ。

一生分じゃないかというくらい泣いた。


外に出ると、顧問の先生がいた。
僕は頭を下げて通りすぎようとした時、先生に呼び止め
られた。

そして、先生は一言「試合に出してあげられなくて、申
し訳なかった。」とだけ言って、頭を下げていた。

僕は「ありがとうございました。」と言った。また泣き
そうだったから、上だけを向いていた。





26 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 17:03:53.84 ID:gExy4Sja0
部活も引退して、学年全体が受験モードになった。
俺は高校に行く気がなく、勉強もしていなかった。
だって、二人も高校に行くと思ってなかったから。

しかし、ある日 清原が聞いてきた。
「お前高校どうする?」
俺は二人はどうするのか聞いてみた。

雅治は県内でも有名なスポーツ強豪高、清原はラグビーはし
たくないと一般受験で不良校を受けるらしい。

二人が高校に行くのにはびっくりしたが、俺も行かなければ
と思い、一生懸命勉強した。





27 :名も無き被検体774号+:2012/11/20(火) 17:08:14.55 ID:HnjXcid10
必死に書いてるのか



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121122015445