2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

いじめの主犯が自滅した話





54 :1:2013/03/02(土) 10:08:24.46 ID:9UdUIyLt0
復讐というより、威を借る狐の話ですが。
ういっやりかというにでも

小学生退からサボり癖があり、・欠多かった
でもっから性格が幸いしたのか、小学生時はラスの
多く調者な所もありどちらかというと目立つ

中学入学後も同じ調子でいたら、当がらクラスの小学校からの友
人以とあり仲くなれずにいた。

う自あったのでまり気ずにして
のの月でクラからの無視あからさまに聞こえる悪
始まっ
小学時代からの友人達と距離とられた。

仲でも一番仲が良かったていたAからは
「お前といるから、悪けど学校は話か
解した。

いじめ自体は上記の口や無視に加履きがしちゅうな
悪口の書いた紙でくる小突る・教室に入れてもら
、比較ものだったので煩わしいなと思うくらたが
ってらの切りにそれなりショを受けた。

しかし、そ頃丁度「人は詮孤独(キ」と発症し
上、元々欠席気味だた俺は教室での居場所はなくなったが余
り変わらずした




55 :2:2013/03/02(土) 10:10:02.12 ID:9UdUIyLt0
夏休み、勿論遊ぶ友達もいない俺は1人、近所の婆さんが細細とやっ
ている駄菓子屋に入り浸っていた。

小学生時代友人と毎日のように溜まっていた場所だが、中学に上がり
同級生は誰もこず、住居の一部を店舗にしたお店だったので、奥には
座敷があり常連は そこでたこ焼きを食べる権利があったので、そこで
たこ焼きを食べながら宿題をしたりごろごろしていた。

婆さんは最初「最近あの子らはどうしたの?」と聞いてきたが、環境
が変わると人は変わるんだよ ばーちゃんー なんて言っていたら
そーかぁーと言いながら、焦げたたこ焼きをくれるだけで それからは
何も聞いてこなくなった。


ごろごろ過ごして一週間程たった頃、座敷で寝てると
「あれ、お前クラスの○○じゃね?」
と突然声をかけられた。

見るとクラスのリーダー格二人組が水飴舐めながら立ってた。
そいつらは、イケメンで女子とも仲良く、明るく男子からも憧れられ
る存在で、入学二週間程でクラスのトップグループになるようなやつ
らだった。
本当にちびまる子ちゃんの大野くんと杉山くんのような二人だった。


そんな目立つ二人なのに、二人はいじめにも無関心で、挨拶程度は交
わしただろうがクラスの人間と関わる気の失せていた俺は、最初同じ
クラスと言われても名前もわからなかった。

「そうだけど、すまん!名前わからん」

そう言うと笑いながらお前ひでーwと言い自己紹介してくれた。
二人は小学校は別の学区でこの辺りは余り来たことがないので、中学
生になったので行動範囲を広げようぜ!とこのへんを散策していたらしい。

婆ちゃんが多分ふざけて、常連以外は座敷あげへんけど俺くんの友達
なら特別やで!というと、まじか!お前すげー権力持ってんじゃんw
とか言いながら座敷に上がってきて一緒に駄菓子を食べた。

それから ちょくちょく二人は駄菓子屋にやってきて、夏休みは そこ
で一緒に宿題をしたりたまに水風船で遊んだりして過ごした。




56 :3:2013/03/02(土) 10:13:37.52 ID:9UdUIyLt0
夏休みが明けて相変わらずの遅刻で俺が教室に入ると、二人が大声で
「おーう!俺くん!こっちこっち!」
と言った。

その瞬間教室がざわめき、全員が注目するなか俺は二人に促され輪に
加わった。

離れた所にいたAが近づいてきて
「何々?三人ってなか良かったっけ?なんで?」
と話しかけてきた。

「おう、仲いいよ!夏休み中すげー遊んだわw」
二人がそう言ったとたん、Aは俺に

「俺ら小学校から仲良かったのになんで言ってくんないんだよーw
誘えよwww」

と言ってきた。
最高に愉快な気分だった。

なんせ、そのAこそがいじめの主犯で、こそこそとクラス中に俺の悪
口を吹き込み、無視を進めたということを、俺は二人から聞いていたから。

俺は笑いながら
「え、そうだっけw最近しゃべった覚えないけどw」
と言って背を向け二人と話し始めた。

当然二人もAには良い感情を持っていなかったので、そのままAには
話しかけなかった。

他のクラスメイトも寄ってきて話に加わっている後ろで、輪の外から
話に加わっている風に相槌をうったりするAの姿は最高に滑稽だった。




57 :4:2013/03/02(土) 10:14:34.24 ID:9UdUIyLt0
それらすぐさ手のを返しように いめが止んだのは爽
ーダー存在の影響力と集団心理の怖さを感じた一
った。


ラスに馴染んだ頃 他のクラスメイトがてくれたが、Aが
た理由は学校に殆どこないくせに飄々としていて、誰とでも そ
こ仲くなころが気に食わい 勉も自分より出
たし、その上何故か生に気に入られている、などのしうも
い理のようだった

や、腹の立持ちもわるが、強は底争いでどんぐりの
比べだっし、先生は問題児が目に付くから気にかけていただけだ
ら羨むようなもんでも無かったう。

その後Aは最初こそ俺綿や二取り入ろうと積極的に話しかてきた
が、相手にさないとわかると別グループわらず口を立て
ら過ごし、二年にな頃には何処からか性格の沿が噂になり婿
スから孤立していた

不運なことグルー目を付られ、最後に俺
が見かけた時に、教室不良を囲ま泣き俯いいる姿


以来は学校に来、噂では進学せず ひきこもになったと聞いた。

俺がしたのは二になった時Aのクの中心で仲のいい奴に
っと一年の頃のを話したくら讐とうには最初から
まで自業自得というな上、の存在による所大きく
もしたりな

たまに集また時にあの駄菓子屋の話で盛り上がっして

以上粗末までした。





 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様