2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

何者にもなれないお前たちに旦那の遺言を告げる
(2ページ目)  最初から読む >>



26 :嫁:2011/11/30(水) 01:14:59.21 ID:kKC8GmiC0
ようするに、だんなちゃんがいいたかったことは、
いくら見た目がガンとわかっていても、
細胞をとりだして、はっきりガンだとわかるまでは
ガンと診断しないらしい。
それくらいガン申告というのは慎重なものらしい。







27 :嫁:2011/11/30(水) 01:18:25.16 ID:kKC8GmiC0
だから今の段階ではまだなにかわかんないから、ガンじゃない希望は
捨てないでね。
と言いたかったんだと思う。

それが、緊張となんだかよくわからないテンションで発言してしまっ
たと思われる





28 :嫁:2011/11/30(水) 01:22:38.00 ID:kKC8GmiC0
それにしても、がん患者かもしれないやつに向かって
ガーーーーーンてw
まぁ、この嫁もたいがいだとおもうけどw

後日だんなちゃんは、
いろいろ心配して損した。

さすがオレの嫁wwwwwwwwwww
後にも先にも、がん患者にガーンといったやつはおまえだけだwwww
そのセリフ聞いて、俺はこの嫁とならやっていけるとおもったらしい。





29 :嫁:2011/11/30(水) 01:29:43.08 ID:kKC8GmiC0
あの時なんていえばいいのか思いつかなくて、
とっさに出た言葉がガーンだったのだ。
だんなちゃんに、
ガーンという言葉には意表つかれたわぁ
オレが一日泣いて悩んだ分を返せ。悩んで損したわ。

とまでいわれた。
どんな言葉でかえしてもらいたかったのだろうかw?






30 :嫁:2011/11/30(水) 01:42:40.28 ID:kKC8GmiC0
とりあえずは、腹痛の原因でもある腫瘍を取り除く手術をすることに
なった。
でも、すぐに娘が入学式をむかえる。
だけど、いま、だんなちゃんの体には
治療のための細いチューブがからだの中にささってる。
だけど、一生に一度の娘の晴れ舞台。
出席しないわけには行かない。

悩んだだんなちゃんは、体にチューブと点滴の針が刺さったまま入学
式に出ることにしたのだ。






31 :嫁:2011/11/30(水) 01:45:05.00 ID:kKC8GmiC0
病院では、針の部分は触らないでくださいね。
あばれたりしないでくださいね。
終わったら、すぐかえってきてくださいね。







32 :嫁:2011/11/30(水) 01:47:42.98 ID:kKC8GmiC0
無事に入学式も済み。
そのままだんなちゃんは入院。
思えば、ここからすでに波乱万丈ははじまっていたのねぇ





33 :嫁:2011/11/30(水) 01:49:22.12 ID:kKC8GmiC0
ここまでで何かききたいことあるひといますかー?





34 :嫁:2011/11/30(水) 01:54:48.78 ID:kKC8GmiC0
ちょっと書いてたら気がまぎれてきたのかねむくなってきました。
ひとねむりして、おきたらつづきかきますー





35 :私事ですが名無しです:2011/11/30(水) 03:04:00.05 ID:w+XlHMYwO
今スレ発見した
入学式に出席しておいて良かったね




36 :嫁:2011/11/30(水) 10:43:33.76 ID:kKC8GmiC0
ただいまです。
はい。ほんと。入学式に出席できてよかったです。

亡くなる一週間前に娘の学芸会があって、
それも見に行くことができました。
余命二ヶ月と告げられて、一ヶ月ほどたったときのことでした。

だんなちゃんのがんは お知りの穴からも触って確認できるほど出て
きてて。

すごく痛がってました。
こんな痛い思いするくらいなら楽に殺してくれって。
それくらいしんどい。

病院の治療で傷みを和らげる緩和ケアというものがはじまっていました。





37 :嫁:2011/11/30(水) 10:47:55.83 ID:kKC8GmiC0
五年近く抗がん剤の治療をしていた だんなちゃんのからだは
すでにボロボロで、効く抗がん剤ならやってみる価値はあるんだけど、
効かなくなった抗がん剤は毒にしかならないと。

とりあえずは、痛みをとって体力を作っていく。
という治療法に切り替えられました。

夜も まともにねられなくなっていた だんなちゃんは脊髄から麻酔を
うって下半身の痛みの感覚をとって寝る ということをやっていました。





38 :嫁:2011/11/30(水) 10:53:56.73 ID:kKC8GmiC0
当然、いすに座るなんてことはもうできず、
食事は常にたってしていました。

でも、たっていると足の付け根にできガン細胞のせいで
リンパの流れが悪くなって、毛穴からリンパが流れ始めるのです。

それが、むくんで広がって、妊娠線のように皮膚が一部薄くなったと
ころから亀裂が入ってリンパ液のようなものが流れ出すという。

悪循環になっていました。





39 :嫁:2011/11/30(水) 10:56:12.98 ID:kKC8GmiC0
痛いし、足はぱんぱんだし、そんな状況でも
娘の学芸会には出たいと。
そんなわがままを病院側はすんなり受け入れてくれ
主人は学芸会に行くことになりました。





40 :嫁:2011/11/30(水) 11:04:12.45 ID:kKC8GmiC0
軽い気持ちでうちら二人はいこかーw?
っていったのに、すごくおおがかりなものになった。

まず、痛みがあって座れない主人の痛みをとるために夜、寝るときに
やっている下半身麻酔をしながらいくということになりました。

そして、常時飲んでいるくすり。
モルヒネとこの三つをやりながらいくということになりました。
でも、飲み薬のモルヒネは自分たちでできるが
腰から入れている麻酔は、医者か看護婦さんしかできない。

そのため、お医者さん二人と看護婦さんが付き添うということになり
ました。

そりゃもう、病棟あげての一大イベントとなっていました。






41 :嫁:2011/11/30(水) 11:13:00.12 ID:kKC8GmiC0
当日の朝、うちの主人がいつもよりちょっと強い痛いを感じた。
痛いから学芸会どうしようか?
ってはなしをしてた。でも、病棟内は
絶対だんなちゃんを無事に学芸会に連れて行くぞ。
ムードで大盛り上がり。
痛みもある中、主治医の先生が手術があるということでいけないかも。
という話が出てきてた。

だんなちゃんはちょっと不安そうになってきて、イライラしはじめた。





42 :嫁:2011/11/30(水) 11:31:53.13 ID:kKC8GmiC0
痛みどころか熱もでてきて、強い倦怠感におそわれていた。

ダ「おれはおなかも痛いし頭も痛いんだよ。
  だけど学芸会にも行きたいんだよ」

嫁「学芸会行きたいならいけばいいじゃない。」

ダ「こんな状況でいけるわけないじゃないか」

嫁「じゃぁ、やめる?朝から楽しみにしてたんじゃないの?
  楽しみにしてたならいくべきだと思う」

ダ「だから、おれだって行きたいって言ってるだろ?なんでわかんねぇ
  んだよ。」

嫁「だからあたしは、行けばいいと最初から行ってるだろうが。
  意味をかんねぇ」

ダ「またそういう蔑んだ目で俺を見る。かあちゃん(あたしはだんな
  ちゃんにそう呼ばれてた)にそういう目でみられるのが  
  俺は一番嫌いなんだよ。」

嫁「そんな顔してないわ、好きとか嫌いの問題じゃないでしょぉ、
  行くか行かないかでしょ? あたしだって仕事して疲れてんだし、
  あんたのそんなのに付き合ってられんわ」

ダ「じゃあオレもういかない。行く気がない」

嫁「じゃほんとにそれでいいんだね?」

ダ「やっぱり行く」

嫁「どっちなのよ?」

そのやり取りをずっと見てた看護婦さんは、
とりあえず、決まったら またよんでくださいね。

といって病室を出て行った。
あたしは、こいつが行かないわけがないのに、
絶対行くに決まってるのに
と思いつつもしばらくだまっていた。





43 :嫁:2011/11/30(水) 11:44:30.96 ID:kKC8GmiC0
しばらくして、あたしが病院の師長さんによびだされた。

師長さん
「だんなちゃんだいじょうぶですか?
わたし、だんなちゃんがあんなに感情的になるところはじめてみました。

いつも、痛いときでも冷静に痛みの状況を伝えて、落ち着いてて、
すごいなぁって

もし、体調がすぐれないようなら中止してもいいですよ。
こちらも、だんなちゃんの気持ちを無視してもりあがっちゃってたと
ころがあるかも。

ごめんなさいね。

そういわれた。
あたしは、
そんなことないですよ。あたしの前ではいつもあんなんですよー。
いつもってわけでもないれど、たまーに。
あのひと、あたし以外の人の前で感情とか出さない人だから。
出すと嫌われると思っているのでだせないだけなんですよ。
だから、まったく気にしなくていいですよ。
あたしの前では、弱音もはきますし。
だから、今日の学芸会連れて言ってあげてください。
よろしくおねがいします。






44 :嫁:2011/11/30(水) 11:51:38.37 ID:kKC8GmiC0
師長さん
「そっか、だんなちゃんでもちゃんと感情的になる部分はあるんですね。
 ちょっと安心しました。」

嫁「あんしんて?」

師長「いつも冷静だから、もっと看護婦に対していろいろ言ってくれればいいの
   何も言わないし
   だんなちゃんどうなってんだろって。
   でも、さっきのことで、ちゃんと人間ぽいところがある人なんだなぁって
   安心しました。
   よかったよかった。






45 :嫁:2011/11/30(水) 11:56:28.16 ID:kKC8GmiC0
そういわれた。
やっぱり病気になってもそれは変わらないのかw
だんなちゃんがよくいってた。

かあちゃんに出会って初めて感情を表に出すことができた。
甘えたいときはあまえるし、いやなものはいや。
かあちゃんの前だからいえるよ。
かあちゃんだいすき。

そういってた。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:感動・泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:感動・泣ける話,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20130316112653