2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

私の空白の一年間書いていく







1 :事で無しです:2012/07/03(火) 01:38:44.91 ID:hTI172I60
つっ実際にはあるんだけど
誰にてない一年

初心者長くし文章能もない
ソスレ程度でも聞いてくれるととあがた
区切りがついたら書かせてほし





2 :私事でが名無しです:2012/07/03(火) 01:45:22.88 ID:hTI172I60
は専門学校 ザイン会寿て働き出した
専門学から一人暮らをしていたから
き続き一らし行して

門学校では地方の友いてく過ごしていたが
社務となると誰も合いはお
会にポーンれてる感が半かった
入社不安でたまらなかった・






3 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 01:53:40.31 ID:hTI172I60
が、専門で同じクラスの子がいた!
しゃべったことはなかったあんまりなかったが
専門在学中にアルバイトがてらそこで働いていたその子は
私より少し先輩だった、仮にS子とする
S子は見た目はヤンキー感あったものの
中々の姉御肌ですぐに打ち解けることができた
ツンツンなのに面倒見がいい子だった

そして、そこで働きだしてからは大変だった
定時18時なのに日付変わるぐらいまで
サービス残業ww
デザイン業界はそんなもんかと思い毎日働いてた
家は寝るだけの場所だった
帰りはS子と外食して帰るのがデフォになってた
疲れて自炊どころじゃなかった






4 :事ですがしです:2012/07/03(火) 02:04:36.62 ID:hTI172I60
そん沿なある日
ものうに締にむPCに向かっると

ねえ(私)、飲み会しない
え?」
S子「男達に3人してって言われて
れって、合ンじん!

私はMAX人間&処女
それも男!?するょうが!理無理!とで叫んでると

子「彼氏んでしょ?いい機会ゃんはい、けってーい!
「ちょ、!」尿
S子「今週の土ね!んじ
私「あばばばばばbb

なこで強参加にな






5 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 03:56:31.94 ID:zufflCKIi
ふむふむ。つづけて。




6 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2012/07/03(火) 03:59:15.44 ID:???0
それでそれで?




7 :私事すが名しで2012/07/03(火) 05:04:15.34 ID:???0
あばばばばばばbのかせ




8 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 08:44:08.99 ID:hTI172I60
ありがとう、続き書いていく

土曜当日
19時ぐらいに終わらせ会社からそのまま飲み会の場所へ直接行く事にした
ちなみに私たちメンバーは

S子(姉御肌・同い年・ロング茶パツ)20歳
O子(2つ上だが、同期・可愛らしいがサバサバしてる)22歳
私 (処女)20歳

飲み会の場所では私達の方が到着が早かった
後から少し遅れて男性陣が来た
メンバーは
Z(背高い・坊主・S子と友達)21歳
K(背低い・歯がヤニ色)27歳
M(背高い・短髪で少し茶パツ)22歳

という感じだった





9 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 09:17:29.20 ID:hTI172I60
とりあえず乾杯をした
3対3はちょうどいいぐらいで一つの話題を皆で喋るような感じだった

だけど人見知りな私は自分から話題を振れず聞き役が多く
ニコニコして「ウンウン」してるしかなかった

そんな中でM君が「○○(私)ちゃんはどう思う?」とか
聞き役の私にもよく発言の機会をくれたり、これ食べなよ!とか
色々気を使ってくれた
イケメンなM君にそんなこと言われる処女の身としては
惹かれない理由なんてなかった





10 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 09:18:35.23 ID:hTI172I60
が、M君は皆にも優しかった
だから、私も勘違いはせずにすんだ

皆と話しているとZ君とM君の職場の先輩K君に中々彼女ができずK君の為に開いたものらしい
なんだ、M君は出会い目当てじゃないんだと思って少しがっかりした
でもK君の彼女ができない理由に納得してしまった
K君は店員さんにすごく上から喋る人だった
お酒が入るにしたがってどんどん態度がに大きくなってる・・・
終いには暴力的な話方だった





11 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 09:21:18.67 ID:hTI172I60
M君が「女の子達がいるから、かっこつけてんだよww」
とかフォロー入れてるけど、私達苦笑い・・・

S子の表情からもイライラしているのがもろ分かりだった

そこで事件勃発!
とうとう姉御肌のS子がK君にキレた





12 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 10:25:41.62 ID:hTI172I60
S子「さっきからさ、アンタ何その態度!」
K「あ?」

他の4人凍りつく

S子「バカじゃないの?」
K「今何つった?もう一度言えよ!」
S子「そーゆー奴にかぎって上には弱いよね!」

マジでやばい!
もうね、手出るんじゃないかってくらいK君がキレた
そこで、M君とZ君が引きずるように居酒屋から出した






13 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 10:27:05.33 ID:hTI172I60
そこで、飲み会終了になりました

M君とZ君が居酒屋の外に出た時謝ってきた
後ろでまだK君が騒いでてうるさかった・・・
でもなんだかんだで何故かすべてK君のおごりという事になったww

そして皆、誰とも連絡先交換せずに解散

M君の事、少し知りたかったなと思いつつ
私達、女メンバーは反省会という2次会へ行った
S子が「マジでアイツ最悪だったわ!」
でもM君はいい人だったよねとかZ空気www
みたいな話で盛り上がってるとZからS子へTELがきた





14 :私事ですが名無し2012/07/03(火) 10:54:10.06 ID:hTI172I60
便はごめんみいな内容だっ
だあっちも3人るみたいだったが
う合はしたくかった

S子「Kは最だったけM君い人だったて皆話してたと
www、MはO子気にってるみたいだった

みたいな会話を電話で話てて結ショックだった
私は、で絡先O子と交換してないし!強がって
O子私、別にかいらんしw」ルーしてた
り、なんだかんだ3人でダララして解散







15 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 10:54:56.30 ID:hTI172I60
私とS子は同じ方向だったから途中まで一緒に帰り、
別れる間際にM君の話になった

私「M君、気遣いが出来ていい人だったなぁ・・・」
S子「気に入った?」

私「え、うん、まぁね・・・てかもう今更だしww」
S子「わかった!ZからTEL番号聞き出しとくよ〜」

私「え、ちょっ!」
S子「じゃ、おやすみ〜」

私「あばばばばbb」





16 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 11:01:04.99 ID:hTI172I60
次の日曜日ダラダラどうでもいい休日過ごしてると
メールが受信された、内容は

件名  がんばれよ!

本文  000-0000-0000(TEL番号)
    M君の番号だよ

とS子からだった
仕事が早い!びっくりした
でもそこが私の処女クオリティ!
Z君曰く、M君はO子の事が気になってるみたいだし
私が電話していいもんなのか?とか悶々と考えていた





17 :事ですが名無しです2012/07/03(火) 11:02:21.90 ID:hTI172I60
そして中々TELする事もできず木曜日

つもうに々とPCと睨めっこしている
隣のデスS子に着り、帯で私を見ながら喋いる

電話婿り、S子が大きな息をつく
○○(私)アンタM君にまだ連絡しの?
私「湿え?、うん・・・仕が忙しくて(訳)」
S子「Mが○○からが来ないって絡がったらしいよ」
「電話Z君からだったんだ?」
S子「Zに○○(私)TEL番えて、君にえるようにしとからね!
私「ばばばbb

チキな私でごめなさいS子・・・
がとう・・・





18 :私事ですが無しです:2012/07/03(火) 11:03:11.07 ID:hTI172I60
それから間もく仕事を終わらせ帰宅携帯みると
録し度もかけていない君からの着信あった・
で気づないんだ私のバカ自分を罵りなが意を決して
タンを押した

ドキドキ・・・

呼び出 がいつもきく感





19 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 12:28:22.00 ID:hTI172I60
M「はい、もしもし」
私「あ、あの、私です。○○です。」
M「○○(私)ちゃん!やっとだよ〜、電話待ってたんだよ〜」
私「あの!○○です」
M「うん、知ってるよw」
私「O子ではなく、M君の斜め前に座ってた○○です」

もしかしてM君は私とO子を間違えてるんじゃないかと思って確認してみた
チキンでヘタレな私・・・何度も確認してしまった・・・





20 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 12:29:24.42 ID:hTI172I60
M「うん、知ってるww」
私「O子じゃなくで、ごめんなさい」

M「なんで?」
私「Z君がM君はO子が気に入ってたみたいって聞いたから」

M「あぁ!あれはね、誰がよかった?ってZから聞かれたから目の前
  に座ってたO子ちゃんの名前言っちゃったw」

私「え?」

M「だって、Kは○○(私)ちゃんがいいって言ってたし、
  S子ちゃんはキレてて怖かったしww」

私「・・・そうなんですか」

ホッとしてしまった


それから毎日メールをする生活が始まった・・・

でも、私とM君がメールしていて先輩にあたるK君は
大丈夫なのだろうかと(一番出会いを求めてたのに)
M君に聞いたことがあったが、大丈夫だよと言われ、
それ以上は聞かないことにした





21 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 12:31:40.61 ID:hTI172I60
一か月程メールをして、ご飯を食べに行こうという話になり2人きり
で会う事になった

一か月ぶりで、少し緊張したものの、M君の優しくて気さくなおかげで
私はすぐに自然に話すことができるようになっていた


それから毎週土曜日の夜はM君と過ごすことが多くなっていた
ほとんどがM君の車でドライブコースだ
いつも帰りは朝方だった(他県への夜景を見に行ったりしてた)

特に何もなくドライブばかりしていた
M君と私は休みが合わない為、いつも私の休みの前日の夜に会っていた
M君に申し訳なかったが、気にするなとのことだった

そしてドキドキハプニングもなく2ヶ月はそんな生活を過ごし
季節は変わり秋になろうとしていた





22 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 12:35:25.41 ID:hTI172I60
ある時盛り上がって、Hな話になったことがある

M「○○(私)ちゃんさ、どこか凄い場所でHとかしたことある?ww」
私「え?どうゆうことですか?」

M「外で〜とか、そんな感じのやつ」
私「ないですよ〜wwM君は?」

M「ないなー、ノーマルww」
私「・・・・・・H事態したことないんでww」

M「え!?処女?」
私「・・・はい、恥ずかしいですが」

M「そんな!別に悪いことじゃないよ、
  ○○(私)ちゃん、可愛いからもうてっきり・・・」

私「あ、ありがとうございます・・・」

M「付き合ってた人とかはいたんだよね?」
私「いたんだけど、怖くてHはしてないんです」

そんな話をしていた時M君の顔はなぜかキラキラしていた





23 :私事ですが名無しです:2012/07/03(火) 12:47:57.55 ID:hTI172I60
またいつものように土曜日夜景を見に行った帰り
M君が静かに喋りだした
M「俺、東京に行こうと思うんだ・・・」

運転中なので、ずっと前を向いたままのM君。

私「どうしてですか?」
M「東京にいる地元の友達の働いてるとこ行こうと思って、
  給料いいらしい」
私「・・・そうですか、寂しくなりますね・・・」

もうね、それしか言えない私、チキンすぎてワロタ
私達がいる所と東京は飛行機で行かないと行けない距離だった
もう、会えないんだなぁと思ってた

私「いつ行くんですか?」
M「一か月後かな」

あー、会えるの後数回しかないじゃんって考えてた







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130320161643