2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

自分の彼女が他人からSEXまで持ち込まれてしまう過程
 
好きな子から預かったHDDの中から、とんでもないモノを発見してしまった
 
間男一族を徹底的に壊滅させた俺の両親
 
得意先の可愛い子にアドレス渡されてしまった
 
とうとう彼女との3Pが実現した
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談
 
嫁の性癖が露見。ハプニングバー、ハメ撮り、複数プレイ... 人生を丸ごと破壊する究極のSMプレイ。
 
長男の子を身ごもってしまった
 
婚約者が他人の子を妊娠した事が発覚。その婚約者の計画が信じられないものだった。
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
とあるタレコミ(ハメ撮り等)で嫁の過去の不倫が発覚。次いで発見した告白日記から薬漬にされてた事実まで判明した。
 
知らない女が妻になっていた件
 
婚約者の実家でウ●コを漏らしたら婚約破棄されたのだが、それで終わらなかった
 
両親が「兄妹」だったことを知った
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
過去に嫁の不倫を許した話
 
 
 

みんなの大好きな、みどりいろのあいつの話





http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1364714166/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:16:06.74 ID:l7VywiqX0
これは、みんなの大好きな、緑色のあいつの話だ。
ちょっと読めば、何のことを言っているかわかると思う。
だめな人ほど、緑色のあいつには詳しいから。

あるところに、中古のメイド・ロボット(少女型)を、
やましい目的のために買おうとしている男がいた。
みんなが想像する以上に、やましい目的だった。

男は引退したばかりのロックンローラーだった。
しょっちゅう薬や喧嘩で捕まるので、かつては、
「この世で最も教育に良くない男」と呼ばれていた。

「住み込みのメイドロボットが欲しい」とロックは言った。
「どういったのがお好みで?」と業者の男が聞いた。
「なにもしゃべんないやつ」とロックは答えた。
ロックは自分以外のうるさいやつが大嫌いだった。

「ああ、それなら、うってつけの子がいます」
そう言って業者の男が連れてきたのは、
15歳くらいの、元気のない少女型だった。





5 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:19:59.14 ID:l7VywiqX0
「このロボット、どういうわけか、何も喋ろうとしないんです。
でも耳の方はきちんと聞こえてますので、ご安心ください」

ロックは少女型ロボットを見て、一目で気に入った。
すべてにうんざりしてる感じの目が、とてもよかった。

「この子を買うよ。名前は何て言うんだ?」

「19です。ジューク。旦那、ロックの精神を見込んで、
あなただけに、ジュークの秘密をお教えします」

男はジュークの細い肩を乱暴に叩いて、言った。
「実を言うと、ジュークはロボットじゃないんです」

「ナマモノか?」とロックは目を輝かせた。





6 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:22:21.75 ID:l7VywiqX0
「ええ。ですが、体のほとんどが機械なので、
普通にしていれば、正体がばれることはありません。
脳もほとんど機械同然なので、管理しやすいです。
前の持主の記憶は、きれいに消してあります」

ロックはサングラスを外し、改めてジュークを眺めた。
手足は細く、左肩にはやけどしたような跡があり、
やわらかい黒髪は、腰くらいまでの長さがあった。

ロックはしばらく悩んだが、ロックンローラーたるもの、
人身売買の一つや二つ、やっといた方が良いと思った。





8 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:26:33.40 ID:l7VywiqX0
「ますます気に入った。こいつを買わせてもらう。
ただし、こいつが本当は生身であることに関して、
俺は何も知らなかったということにしとけよ?」

「もちろんです。『我々は何も知らなかった』のです」

ジュークはとことこ歩いてロックの前に立ち、
両手を前に差し出して、奇妙な動きをした。

それは手話だった。

ジュークは手話で『よろしくおねがいします』と言っていた。








10 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:30:35.15 ID:l7VywiqX0
「ああ、よろしくな」とロックは答えた。
それくらいの手話なら、彼も理解できた。

ここ数年で急速に増えた音響兵器のせいで、
五人に一人が難聴という時代になっており、
手話は珍しいものではなくなっていたのだ。

『あなたのことは、なんてよべばいいんでしょう?』
店を出ると、ジュークは手話でそう聞いてきた。

「喋れないくせに、妙なことを気にするやつだな。
しかし……自分で言うのもなんだが、俺の顔、
相当有名なはずだぞ。テレビで見たことないのか?」

ロックはサングラスを外し、自分の顔を指差した。





13 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:32:33.99 ID:l7VywiqX0
ジュークはしばらく彼の顔を眺めていた。
ロックは確かに、有名人的な顔立ちをしていた。
きれいな金髪の、意地の悪そうな美男子だった。

『すみません、みたことがないです。
てれびをみることが、あまりなかったので』

「そうか。俺はさ、有名なシンガーだったんだよ。
ロックンローラーの最後の生き残りって呼ばれてた。
ロバート・プラントの再来とも言われてな。

まあいい。知らないなら、それはそれで気が楽だ。
俺のことは、そうだな、『マスター』と呼べばいい。
普通のメイドロボットなら、そうするだろうから」

ますたー、とジュークは口を動かした。

どうしてこの子は喋れないんだろう?
そうロックは思った。前の持主の趣味だろうか?






14 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:35:43.97 ID:l7VywiqX0
自宅に入り、ドアを閉め、ロックは一息ついた。
引退したとはいえ、マスコミの目はそこら中にある。
最近離婚したばかりのロックの、そのとき支払った
慰謝料の額は、ちょっとしたスキャンダルになっていた。

ジュークはロックの腕に軽く触れ、聞いた。
『わたしはなにをすればいいんでしょう?』

ロックは辺りをきょろきょろ見回し、
誰もそこにいないことを確認した後、言った。

「今日からお前は、俺のマミーになるんだ」

『……まみー?』ジュークは聞きかえした。

「そうだ。ジュークは、俺のママになるんだ」

このひとはなにをいっているんだろう、とジュークは思った。
いかれてるのかな?





15 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:38:18.34 ID:l7VywiqX0
「ジュークはなにも、特別なことはしなくていい。
ただし、俺はときどき、無性にマミーが恋しくなる。
そういうとき、俺はジュークを、マミーとして扱う」

そう言うと、ロックはジュークに抱きついた。
らんぼうされるのかな、とジュークは身をこわばらせたが、
ロックはジュークにしがみついたまま、じっとしていた。

「会いたかったよ、マミー」とロックは言った。

ジュークはすごく困ったような顔をしつつも、
27歳のロックの背中をぽんぽん叩いてあげた。

第一印象とは、大分違う人間のようだった。






17 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:42:10.19 ID:l7VywiqX0
二十分くらいして、ロックはジュークから離れた。
ジュークは緊張でくたくたに疲れていた。
ロックは十分にマミー成分を補給できたらしかった。

『あの、ますたー』とジュークは手話で言った。
『まみーがほしいんでしたら、わたしなんかより、
もっとまみーっぽいろぼっとがいるとおもいますよ?』

「普通の女じゃ駄目なんだ」とロックは言った。
「俺には、女の前では強がる使命がある。
引退しても、俺はロックンロール・スターなんだ。
でも、お前くらいの少女の前なら強がらなくて済む、
素直に甘えられる、情けない姿も見せられる」

へんなひとだなあ、とジュークは思った。
にじゅうじんかくのひとみたい。






19 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:46:13.65 ID:l7VywiqX0
ロックは二回離婚したことで有名だったが、
ジュークはこれまで四回持ち主に売り飛ばされていた。

ジュークは持ち主に見限られるのが得意だった。
わざとまずいご飯を作ったり、掃除を雑にやったり、
寝坊したり、持ち主に対して失礼な態度をとるのは、
さっさと売り飛ばされて、倉庫に戻りたいからだった。

ジュークは今回もそうするつもりでいた。
「マミー、夜ご飯が食べたい」とロックが言ったので、
ジュークはエプロンを着て、油と塩の味しかしない料理を作った。







20 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:50:24.68 ID:l7VywiqX0
しかし、ジュークの料理を食べたロックは、
文句を言うどころか、嬉しそうに笑った。
「マミーの料理はおいしくないなあ」
そう言いつつ、残さず食べてしまった。

次にジュークは、印象を悪くする狙いで
わざとロックの前で何度もあくびをした。

「ジューク、眠いのか?」とロックは聞いた。
ジュークはこくこくうなずいた。

「初日だからな、緊張して疲れたんだろう?」
ロックは「俺も寝よう」と言って寝支度を始めた。





21 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:54:37.26 ID:l7VywiqX0
ロックはジュークの手を引いて寝室へ行った。
ふかふかのベッドにジュークを寝かせ、
ロックもその隣にもぐって、明かりを消した。

「おやすみ、マミー」とロックは言い、
ジュークの胸に顔を埋めて寝た。

ジュークは きまりの悪そうな顔で、
さっさと寝付いてくれるのを願う一心で、
ロックの胸を優しくとんとん叩いてあげた。

はやくひとりになりたいなー。





22 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:59:24.62 ID:l7VywiqX0
ロックが寝息を立て始めたのを確認して、
ジュークはそっとベッドから出ようとした。

するとロックの手がジュークの腕をつかんだ。
「マミー、ここにいてくれ」

ジュークはしぶしぶ毛布に潜り、
27歳児の抱き枕として一晩中機能した。

ますたー、わたしがここにくるまで、
どうやってせいかつしてたんだろう?






24 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:04:49.40 ID:l7VywiqX0
次の日も、その次の日も、
ジュークはロックに嫌われる努力をした。

掃除機で真空管アンプをがんがんやったり、
高級な革ジャンを洗濯機に入れて洗ったり、
灰皿の中身をミキサーにぶちまけたり。

ロックはその度に嬉しそうに困っていた。
ジュークに困らせられるのが好きらしかった。
まいったなあ、とジュークは思った。
どうすれば きらいになってくれるんだろう?

あまり露骨に反抗の意志を見せると、
記憶を消されるだけに終わる恐れがあった。

あくまで自然に嫌われる必要があるのだ。
「こいつは使えない」と思わせる、とか。





25 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:12:01.95 ID:l7VywiqX0
自分をなまけものに見せる狙いで、
ジュークは倉庫に隠れて昼寝をしてみた。
そこにはウッドストックの人形があって、
ジュークはそれを枕にして横になった。

「ジューク、どこ行った?」とロックが呼んだ。
ジュークは目を閉じて、寝たふりをした。

倉庫のドアを開けたロックは、
変な体勢で寝ているジュークを見つけた。

ジュークはどきどきしながら怒られるのを待っていたが、
ロックはジュークを身長に抱えあげると、
寝室まで運んでベッドに寝かせた。






26 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:16:24.26 ID:l7VywiqX0
窓から差し込む日差しがあったかくて、
ジュークは本当に寝入ってしまった。
『あしたこそ、きらわれてやるぞ』、と決意しながら。

その日、ジュークはおいしい夕食を作った。



ちなみに。ジュークは知るよしもなかったが、
ロックがジュークを大事にするのは、
始めっから手放すつもりでいたからだ。

どうせなら、元値に近い値段で売れるように、
丁寧に扱おうと思っていたのだ。

電化製品には、よくある話。







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:その他,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130412214148