2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

みんなの大好きな、みどりいろのあいつの話
(2ページ目)  最初から読む >>



28 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:31:17.88 ID:l7VywiqX0
購入からちょうど100日たったその日、
ジュークの記憶を消して、売り飛ばそう。
そうロックは考えていた。

ある意味では、ジュークとロックの利害は、
最初から一致していたのだ。





32 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 18:21:49.99 ID:l7VywiqX0
ロックは外に出るたび、しょっちゅう喧嘩をしてきた。
警察に捕まって、三日くらい帰ってこないこともあった。

そして家に帰ると涙目でジュークに抱きついて、
「マミー、また喧嘩しちゃったよ」と言った。

その度ジュークはロックの怪我をみたり、
しばらくロックを慰めたりしなければならなかった。
なくくらいならけんかしなきゃいいのに。

『ますたー、ほんとはけんかきらいなのに、
どうしてそんなにけんかばっかりするんですか?』

ラグビー選手と喧嘩してきて傷だらけのロックに
皮膚スプレーを吹き付けながら、ジュークは聞いた。





33 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 18:25:41.23 ID:l7VywiqX0
ロックの答えは、こんなものだった。

「マミー、俺は、無法者を演じなきゃならないんだ。
ロックンローラーの俺が、何もできない皆の代わりに、
法律を破って、暴言を吐いて、喧嘩しなきゃならないんだ。

つまり、俺は必要悪で、必要バカで、必要クズなんだよ。
俺みたいな成功者が大人げなく社会に反抗するのを見て、
勇気を与えられている人がたくさんいるんだ」

そう言うと、正座したジュークのひざに頭を乗せ、
ロックはそのままぐっすりと眠り込んでしまった。
ろっくんろーらーというやつはたいへんなんだな。






35 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:05:41.68 ID:l7VywiqX0
家の中では四歳児みたいに甘えるロックだが、
一歩家の外に出ると、態度は急変して、
ジュークを娘のように扱うのだった。

「だって恥ずかしいだろ?」とロックは言った。
「母親と歩いてるところを見られるのは嫌だろ」
ちゅうがくせいみたい、とジュークは思った。

ただ、ジュークとしては、母親のように扱われるより、
娘のように扱われる方が楽しかった。
ロックに抱っこされたり、頭を撫でられたりすると、
不覚にもふわふわした気持ちになった。






36 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:10:13.50 ID:l7VywiqX0
ジュークがロックの家に来てから70日目、
ロックはジューク用のベッドを買ってきた。

『ますたー、もうひとりでねれるんですか?』
ジュークはシーツを張りながらロックに聞いた。

「わからない」とロックは肩をすくめた。
「でも、徐々にそういうのに慣れていかないとな。
いつまでもマミーと寝ているわけにもいかない」

これが”おやばなれ”というやつか、とジュークは思った。








37 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:17:22.05 ID:l7VywiqX0
その夜、ジュークは初めて一人で寝ることになった。

きょうはちょっとさむいな、とジュークは思った。
頭まで毛布に潜ってみたが、やっぱり寒かった。

翌日も、その翌日も、やっぱり寒かった。
ジュークはそれを毛布のせいだと思った。
このもうふがいけないんだ。うすいから。

ますたーのベッドのもうふと、なにがちがうんだろう?
そう考えたジュークは、ロックのベッドに潜りこみ、
ロックに抱きついて、「ああ、なるほど」と納得し、
体が温まるまではそうしていようと決め、
結局、そのまま眠り込んでしまった。





39 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:38:02.23 ID:l7VywiqX0
目を覚ましたロックは、隣でジュークが寝ているのを見て、
「寝ぼけた俺が連れ込んだのかな?」と思った。

それ以後、ジュークは毎日ロックのベッドに潜りこんだ。
しかも以前はロックがジュークに抱きつくだけだったのに、
今ではジュークの方からロックに抱きつくようになっていた。

五日目の朝、ロックはジュークに言った。
「そうか。ジュークも、パピーが欲しいんだな?」

『えっと……そういうわけじゃないんです』とジュークは答えた。
『なんか、ひとりでねてると、さむいんです』





40 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:49:49.04 ID:QZ/IcpR0P
面白い




41 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 19:59:01.83 ID:g7ay/0Smi
心がぽかぽかしてくる




42 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 20:03:13.52 ID:l7VywiqX0
ロックはジュークの言葉を無視した。
「じゃあ、俺がジュークのパピーになればいいんだ」

『でも、わたしはますたーのマミーなんでしょう?』

「ああ。そして俺はお前のパピーだ、ジューク」

『なんかおかしいですよ。へんです』

「おかしくない。パピーとマミーが一緒にいる。自然だ」

『……そのいいかただと、”ふうふ”みたいですね』

そう言った後、ジュークはちょっと照れた。
わたしはなにをいっているんだ!





43 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 20:30:18.30 ID:l7VywiqX0
100日目。
ロックはジュークにきれいな服を着せた。
そうした方が綺麗に見えて、高く売れるからだ。

ロックはジュークを連れて外に出た。
ジュークはその服が気に入っていて、
いつになく機嫌がよかった。

『マミーとてをつなぎましょう』とジュークは言い、
ロックの手を引いて、ちょっと楽しそうに歩いた。

自分がこれから売り飛ばされることには、
まったく気付いていない様子だった。





44 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 20:37:41.57 ID:l7VywiqX0
気付けばジュークは、あんまりロックに
嫌われたいとは思わなくなっていた。

ますたー、わたしがなにをしてもおこらないし、
わたしのぱぴーになってくれるし、
あったかくてだきごこちがいいから、
ますたーにきらわれるの、やめにしよう。

そうジュークは思った。





46 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:03:49.73 ID:l7VywiqX0
ロックが立ち止まったそこは、
かつてロックがジュークを購入した店だった。

「俺がここでジュークを買ったあの日から、
今日でちょうど100日目だ」とロックは言った。

ジュークは『そうなんですか』と無邪気に笑う。

「これは、最初から決めてたことなんだ」
ロックは自分に言い聞かせるように言う。

「この病気が治ろうと治るまいと、100日きりで、
もう、こういう空しいことはやめにしようって。
ジュークを買ったその日から、決めてたことなんだよ」

ロックはジュークの肩に右手を置く。
「ジューク、今日限りで俺は、マミーを卒業するよ」





47 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:19:09.53 ID:l7VywiqX0
ジュークは表情を固めたまま黙りこんでいたが、
全てを受け入れるまで、そう長くはかからなかった。

ロックに向かってぺこりと頭を下げると、
ジュークは自分から店に向かって歩いていった。

このきおくは、すぐにけしてしまおう。
ジュークはそう思った。

扉の手前でジュークはふと振り返り、
自分の衣服や髪留めを指差して言った。

『これ、おかえしします。ますたーのしょゆうぶつですし』







48 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:27:47.14 ID:6zo50D2A0
辛い…ハッピーエンドお願いします!




50 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:32:38.89 ID:l7VywiqX0
ロックは「ああ、たしかにそうだ」と言うと、
ジュークに歩み寄り、小さな体をひょいと抱え上げた。
腕の中で目を丸くしているジュークに、ロックは言った。

「でもジュークは、何か勘違いしてるみたいだな。
それを言うなら、ジュークだって、俺の所有物なんだ。
マミーはもう、いらない。でもだからと言って、ジュークが
俺のところから出て行っていいという理由にはならない。
高い買い物だったんだ。二百年は使わないと割に合わない」

『えっと』とジュークはしどろもどろの手話で返した。
『わたし、すてられないってことですか?』

「そうさ。残念だったな」とロックはいたずらっぽく笑った。





51 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:39:07.85 ID:6zo50D2A0
完?




52 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:40:43.76 ID:l7VywiqX0
いえ、半分くらいですね。





53 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:42:13.41 ID:fIz/CV3r0
素敵だなおい





54 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:45:14.93 ID:l7VywiqX0
帰り道の半分くらいまで来ても、
ジュークは自分に起こったことが信じられず、
これは自分が廃棄されている最中に見ている
都合の良い幻覚なんじゃないかと思っていた。

だがロックが小声で口ずさむ歌を聴いたことで、
ようやく「ああ、これ、げんじつなんだ」と気づき、
慌ててロックの胸を叩いて地面に下ろしてもらって、
あらためてロックに礼を言った後、遠慮がちに抱きついた。

ロックも直前までは、本気でジュークを捨てる気でいたのだ。
でも自分から姥捨て山に歩いていくジュークの背中を見て、
ふとロックは思った。

あれを手放すわけにはいかない、と。





55 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:49:08.72 ID:6zo50D2A0
まだ半分なんや!楽しみ!
頑張って!




56 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:53:10.14 ID:l7VywiqX0
ありがとうー





57 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 21:53:19.28 ID:N0PfJtHU0
追いついた
素敵な話だな




>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:その他,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20130412214148