2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

9年間に渡るメンヘラとの戦いを書いていく






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1368292350/


1 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:12:30.12 ID:gRlmCOqV0
少し長くなりそうだが、やっと決着がついた。
愚痴のようなものだが、聞いてくれ。





2 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:21:56.68 ID:gRlmCOqV0
人がいないか・・・。
需要はないかもしれんが、だらだらと書いていこう。

始まりは俺が高校二年のころだ。
俺はバスケ部に所属していたんだが、
やつも女子バスケ部に所属していた。
便宜上、やつをAとする。

Aは当時高校三年生で引退を間近に迎えており、
かなりかわいい部類に入る女の子だった。
かわいい系というべきか、身長は低くてよく笑う子だった。
部活内どころか、学校内でも有名な方だったのではないだろうか。
とにかく俺を含めた男子バスケ部員にとっては憧れだった。

俺の高校ではバスケ部は男女でコートをハーフで分けて使っていたから、
練習中に目が合うことなんてザラだったんだが、
それだけでも優越感に浸れたものだった。

そして、ある日Aからメールが入ったんだ。





3 :名も無き被774号+:2013/05/12(日) 02:26:19.70 ID:gRlmCOqV0
当時、俺はAのアドレスなて知らなかったが、突然メがきた

同じクラスのバスケ女子スケ部聞いたとってが、
て考えればそれの真も定かではない。

俺はがたいが良く、体格の良い男性きだというAは俺に好調を抱
ているらしかった。

あ、そだけかわい女の子が俺に好意を抱いる便だ。嬉しいよ
からールをしていくうち仲は深まて、いにした。
一生切にしてくれるはそう言ったのをに覚えている。
これは完全にフ使だな。





4 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:29:12.44 ID:0n2U/GPQ0
んでんでんでー




5 :名もき被検体774号+:2013/05/12(日) 02:30:31.68 ID:gRlmCOqV0
それから、一に帰るよた。
は自転車通学では電車たから
学校から少離れた駅まで自転車をしながら歩いて帰

付き月たったころからだろうか。
Aの奇行がた。

は、俺が同級生の子バス員と話していたき。
同級生はBとする。

Bはそんなにかわい子ではなかったが、同じラスで
も一緒ともなばある程度仲が良なるのは当たり前だな。

道、は仲良いと聞かれた
妬されるんなく感じ俺は、
に話す程度だよ」と答
その笑っ「そっか」と言わだ。








6 :名も無き体774号+:2013/05/12(日) 02:30:38.62 ID:7FUy0t/S0
ない結さられるな見る




7 :被検体774号+:2013/05/12(日) 02:32:09.73 ID:gRlmCOqV0
>>6
今日中にさせるつもはあるが、朝になるもな

そして次の日、B上靴なくなったと題になっ
俺は特に気にせず、かそうだなくらいにか思ってなかった
そしてBに不幸の手紙のようなものが届きだした

の手紙といよりす」とか、「不細工が」みなこと
ノートに書かそれがにあったりようだ。

れは段々エスカレトして、どいは猫の死
見つったこともあった。

このでも仲のいBにそんな嫌がらせがあるんて
辛い気持ちにはなっいたが、Aとの関は全く気かな尿でい
、Bは学校に来なく
ことになって本わいそうだとていた





8 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:35:01.96 ID:XMcwqcYBO
9年間てスゴいな




9 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:35:34.83 ID:gRlmCOqV0
>>8
長かった・・・本当に・・・

そして、今度はまた別の俺と同じクラスのCが
被害にあった。

Cは本当にただクラスが一緒なだけで、
たまたま掃除の担当が同じだった。
それで何かの話で笑っているところをAに見られた。
その後はBのときとほとんど同じ流れ。

Cは学校にこそ来るものの、元気がなくなり、
明るい性格が嘘のように喋らない女の子になった。
ここで、やっと俺はAの関係性を疑いだした。

学校全体で問題になってて、
全校集会のようなものまで開かれた。
この事件のことは周知の事実だった。
俺の耳に直接来ることはなかったが、
Aとの関係性なんかも噂されていたかもしれない。





10 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:37:00.17 ID:gRlmCOqV0
そして、俺は遠まわしにAに切りだした。
「BとCって子が、すごい嫌がらせにあったのは知ってるよね?
気を悪くしないでほしいんだけど、Aは何も知らないよね?」

「どうしてそんなこと聞くの?」

「俺と同じクラスのやつだったからさ、
少し心配になっちゃっただけだよ。
ごめん。知ってるわけないよな」

「あいつらが悪いんだよ。私の俺君にちょっかい出すから。。。」

俺は言葉を失った。
あれだけ学校を騒がせた、俺の友人を苦しめた、
その犯人がAだったのだから。





11 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:40:55.53 ID:gRlmCOqV0
そこからは本当に苦しかった。
Aの笑顔が怖かった。

無邪気な笑顔の奥に何を秘めているのか、
本当に怖くなったんだ。
そしてついに、俺は別れを告げた。

当時の俺は本当にAに恐怖心を抱いていて、
会うことにすら恐怖を感じていた。

恋愛経験も少なかった俺は、電話で別れを告げた。
今考えると、最低な行為ではある。
何時かは忘れたが、夜に電話で切り出した。

Aは電話の向こうで泣きじゃくり、
「別れたくない。別れたくない」と連呼していた。
二時間以上は話したと思う。

痺れを切らした俺は、明日、学校で話そうと言って電話を切った。
で、すぐに就寝。





12 :名も無き被体774号+:2013/05/12(日) 02:42:25.62 ID:gRlmCOqV0
当時俺は朝5時半にきて走りに行くの課だた。

せいで辛か、毎日のリズムを変えたくなかっ
はそ日も早起きした。

俺の部にベッドがあり、朝きると
ブランドの隙間から天気を確認してていた。
ブラインドに指て隙り、外をた。

その時間だ外かったんだが
街頭の下にいる。
目を凝く見るとだった
このときの恐怖は本にやた。

の家は俺の家から車で30分かかるよなところだった。
そし簿話を切ったのは終電もなくなっているような夜中。
歩いて家まで来ていた。

そのきは自転で来たのかと思たが、後聞いただっ
たようだ。






13 :名も無き検体774号+:2013/05/12(日) 02:45:25.33 ID:gRlmCOqV0
でどうしようもなかった俺はりに行くのをめ、
宿人であるDに連絡をり、迎えにきてもらうとった。

くま係な装ってもら
をひいしまい走り
行っていないう設定にした。
Aの奇知っていたDは快く引き受けくれ

ブラインドから様子を伺ってると、いぶしってはいたようだ
ようやく二人で歩きた。

は本当に怖った。
学校の休みに二人で話した
、号泣されたが、なんれることができた。
だがここかが本当の地獄だ





15 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:47:01.67 ID:wyxNoxkS0
はよ




16 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:48:25.73 ID:gRlmCOqV0
俺は部活を辞める覚悟だったんだが、Aが辞めた。
俺は内心ホッとしたのだが、
罪悪感のようなものもあった。
Aがバスケを好きなのは知っていたからな。

たしか別れて3日程たったある日、Aからメールが入った。
アドレスを消したりはしていなかったが、
もう連絡はこないだろうとタカをくくっていた俺は焦った。
内容はめちゃくちゃ長文。







17 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:49:52.38 ID:gRlmCOqV0
少しは需要があるようだな。ありがとう。

「まだ1のことが大好きだ」
「どうして別れなくちゃいけないの」
「他に好きな人ができたんでしょ」
「1と一緒にいれない世界なんて必要ない。死んでやる」
「どうせ死ぬなら1を殺して天国で幸せになる」
「今、手首を切った」
「迎えに行く」
こんな内容のメール。

当時はメンヘラなんて言葉知らなかったし、
あったのかも謎な時代。
怖かったよ。純粋に。
本当に来るわけなんてないのに、
俺は家の鍵を閉めて怯えていた。





18 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:52:52.62 ID:gRlmCOqV0
俺はメールを無視し続けたが、ほぼ毎日のようにメールが届いた。
ほとんどさっきのようなメール。
あるときは朝起きるとメールが20件なんてこともあった。
俺がアドレスを拒否すると、アドレスを変えて送ってきた。
完全にいたちごっこだったな。
怖すぎて仕方なかったが、そんな日々も終わりが近づき、Aは卒業した。





19 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:53:57.03 ID:gRlmCOqV0
学校では俺はAを避け続けており、
会うことはほとんどなかった。

俺は学校で一人の時間を作らないようにしていたため、
向こうからのアクションもなかった。

卒業式の日、俺は座って卒業生入場を見ていたのだが、Aが来た。
俺はとっさに目をそらしたんだが、Aはずっとこっちを見ていた。
睨まれてはいなかったと思う。
俺の記憶では、Aは笑顔でこちらを見ていた。





20 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:56:54.33 ID:kuDt9qI1O
こえぇぇwww




21 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:57:17.45 ID:gRlmCOqV0
Aは卒業し、俺はバスケ部のキャプテンになった。

アドレスを変更してもなぜかAからのメールは
続いており、半分諦めていた。

実際に家に押しかけてくるなんてことは
この時点ではなかったしな。
朝おきてAからのメールを消す。
これが日課になっていた。

そして俺は専門学校に進学した。

やりたいことがあったわけではないが、
事務とか楽だろうなーぐらいに考えた俺は
ビジネス系の専門学校に進んだ。

そして、俺は専門学校で彼女ができた。





22 :も無き被検774号+:2013/05/12(日) 02:59:47.11 ID:gRlmCOqV0
Aがどう便た進路に進んだのか知ら
学したということだけ風西噂で知って
彼女と付き合始めた次の日、Aからメールが届いた。

「なんで私といものありながら彼女な作っのか」
浮気は嫌れほど言ったのに
「それもあんな不細工な女と」
は殺してる」

そういった容だった。
唖然としました。
俺に女ができた知っている





23 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 03:02:52.37 ID:gRlmCOqV0
mixiにも載せてないし、知っている友人も
高校とは関係ない専門の友達だけ。
本当に恐ろしかった。

そして、Aから彼女へのアクションも起きた。
彼女に大量のメールを送ってきたのだ。

内容は早く別れろだの、俺は最低の人間だの、そんな内容。
彼女からは浮気を疑われ、結果的に
その彼女とはすぐに別れてしまった。
さすがに頭にきた俺はAにメールをした。





24 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 03:06:19.37 ID:gRlmCOqV0
「いい加減にしてくれ。
俺はもうAのことなんて好きじゃない。
それどころか恐怖すら覚えているし、顔も見たくない」

そんな風なメールをした。
Aからは1分も経たずに返信がきた。

「1君、久しぶりだね。1君に会いたいな〜」

「俺は会いたくないし、気持ち悪い。いい加減やめてくれ」

「1君、この前髪切ってたよね。似合ってるよ」

そういった感じ。会話が噛み合わない上に、おそろしい。
俺は卒業依頼一度もAのことは見ていない。
なのに、俺が最近髪を切ったことまでAは知っていたのだ。
俺はAが諦めてくれるのを待つしかない。そう悟った。





25 :名も無き検体774号+:2013/05/12(日) 03:13:19.51 ID:gRlmCOqV0
の後も、Aからの嫌がらせは続いた。

と宅飲みをしていると、メーがきて
楽しそうだね。私行ってとか。

さすがこれ湿だけカー続けばづくと思
でも全然気かなかった

盗聴器の能性すら考えて
父に頼んで盗聴探してらったりもした。
それで、何見つず・・。

らさが続き、俺した
就職し会社は某手企業で、俺営業になった

もバリバリ飛び込なく
まったとろに訪問して新し商品を西すすたりする、
ゆるルート営業。

分でうのも変な話だが、会が大きい分入るのは
けっこう苦労する会社だった。


シャワー浴びてる。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:マジキチ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:マジキチ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130512102422