2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嘘で固められた男の話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1370012679/


1 :名無き被774号+:2013/06/01(土) 00:04:39.03 ID:eEbsZKIa0
ょっとシュールですが、できけ短くまとめるつもりです
とりあえず需要があれば溜め分はっていきす。

よければいてくさい





4 :名も無き被検体774号+:2013/06/01(土) 00:07:34.21 ID:eEbsZKIa0
俺は高校一年の時にイジメられていて、
イジメの度合いも結構酷くていつも辛かった。
死のうかと思ったけど、そんなギリギリの俺を留めていたのは性欲だった。

セックスを知る前に死ぬワケにはいかない。

確かにクラスでは一番弱い俺だけど、
性欲なら誰にも負ける気がしなかった。
そして、俺にはプライドなんてものはなかった。

最初は好きな人となんて腐った思いなんてこれっぽっちも無くて
帰宅する途中にすれ違いに歩く汚い脂肪を溜めこんだババアをみて、
もしかして土下座したらヤラせてくれるんじゃないか。
どうせマンコか未来の燃料くらいにしか使えないババアなら
若いエキスを欲してるに決まってる……

だが俺はただ視姦するだけで終わっていた。

家に帰ればもしかしたら女泥棒が入りこんでいて、
「警察に言わない代わりに股を開け!!」
というシュツエーションを何度思い描いただろう。
でもそんな事は一回すらなかった。

学校に行きたくない 朝の鬱・オナニー
イジメとかマジ辛い 夕の慰めオナニー
あーもう死にたいな 夜の追悼オナニー

朝抜いて、イジメられて、夕抜いて、夜抜いて。
震えるぞチンコ!燃え尽きるほどヒート!!、刻むぞ精液のビート!!!
もうイジメられてなかったら、全部抜いているんじゃないだろうかと思うほど
俺の股間は波紋疾走していた。

そんな高校一年生がやっと終わり、
イジメていた奴等と違うクラスになる喜びと
新しいクラスには嫌な奴がいたらどうしようという不安があった。

俺の入った二年五組は理系、文系だけのクラスで極端に怖そうな奴も
いなかった。
少しだけ安心した俺は出席番号順に座ろうとした時にある男と眼が合う。
それが笠井との出会いだった。

スペック

俺(山田太郎)  微フツメン  172 55

笠井       イケメン部類 168 50






5 :被検体774号+:2013/06/01(土) 00:08:50.05 ID:eEbsZKIa0
笠井は【今日から俺】の藤のでツクツクと全体的に立っおり
湿少し吊り上がっていて二重がッとなっており、頬はシープ
バランスもこそこという、イケメン部類にはるとる風貌だった。

毛がツククだったで、ヤンキーだったら嫌だなと思て俺は席にると
ぐに話しかけきた

前なんいうの?ん?」

俺はキョドョドなが田だけどと答えると、
「このクラス、ブスっかじゃねwなが
何度かをう程度だ
度もしつこいぐいに話しかけくる笠井といつか仲なっ

笠井はイてるグケてなグループで分
イケてプの人間だったんとな端な風貌だった。

そして井の自かった

女の話るだけで勃起た。
【穴があったれてみたい相田みつを風のが頭を駆け巡る
笠井のいで俺の性セックスへの期待値ドンドン上ていく。



【自慢女編

「数えてないけど、もう100人くらとヤたな
ちょっと飽きてき 山田にも紹介しよか。
巨乳乳まで。女ていいよオッイもし」

家庭教師 
強する前に一発って、り際に一発やる
も疲れてるらヤダっていうだけどあっちが欲がってさ
やっぱ稿いい

前の彼女? えっ何番目の? 
 ぶっちゃたら女たからさ

「昨日、スタビでまたたわ
 だけど顔がイマイチなんだよなぁ



自慢プライベート編

達なら他の学もたくんいるからぁ 
結構沿
本気で100人はまる

「ようは喧てさ、やなワケ!
あーガタとか関ないよ
柔道の一番強い奴とタイって余裕でボコしたから
5〜6人くら
一回1とやったさすがに負けたね。10人はボコど」


バイト? ないい!ウチの親、者だからさ」


そんな笠井と友達にれた俺は幸せだっ
喧嘩も強くて、女にもモテる。
のおこぼれを貰えるだなん
そんな笠井と仲良くなれたが嬉しかた。
ど、一向に紹介とかそういう連絡はなかった。

は順風満帆
時間が経て友達の数も増えて
友達DE、Fと笠井と毎週のようにしてようになっ

そしてく交友げていた俺はイケメングルー
、B仲良くなっていき たまに遊んりも
ジメこのクラは本当に六組最高だと思った。





7 :名も無被検体774号+:2013/06/01(土) 00:10:05.35 ID:eEbsZKIa0
そんな時AB、Cとクラしている時の事

A  「なぁ太。来週ひま? 映画ぜ」

太郎 「マだよ」

B  「あー、俺ダメだぁ 女ート」

  も、部活の練習試合…今週は?

太郎 よ」

  「俺がダメだわ。○高の奴と遊ぶ 週にすっか」

太郎 「ヒだよ

ABC「決定! 


こう遊ぶ決まり、週と来週はいつも通り笠井達遊ぶか
なんて事を考えていた時にはある事気が付く。

もう古畑任朗だったら照明が落ちて所だう。


「ん
友達のABCは良くた人間です
君は達が多くてぇ B君は彼女と
C君活で汗…ふふふ
はそれれ忙しい
すが、もっと友も女も多くいずの
山田と毎遊んでます。
ぜなんでしょうか 
任三朗でし


もちんこの後にも先にもを紹介されない

ある時友達D、、FとFの家に泊りに行く際に
や友達いは笠井
ょぼゲーセンから出てきたので、
ついに誘ってお泊まりになった

に入った最初はゲーム沿、飽た頃に公園で花をするこ
西た。

最初は小な花火ワイいでたが、途中でンションが上って
間ロト花火という始める。

間ロケット花火はャンケンで負けた奴が離れた立ち
でくケット花火を避けるといったもの 

っしゃーいくぞー
「やアッ 熱い
パンッ!

時刻は深夜一時だお構いなし大声騒いでた。





8 :名も無き被検体774号+:2013/06/01(土) 00:12:02.09 ID:eEbsZKIa0
そんな時に背の低いヒョロヒョロっとした男が一人だけきて
一人で花火をし始める。

俺 「なんだあれ?」

F 「さぁ?」

E 「ほっとこうよ、次これやろーぜー」

笠井「ちょマジキモイなっ、喧嘩してこうかな」


高ぶる笠井に苦笑いしつつ、宥めたあと俺達は花火を再会した。
しばらくするとその男は去っていき、俺達も花火が無くなったので
辺りを片付けてFの家へと戻ろうと自転車にまたがり、公園を出た直
後だった。

「おい、待てコラァア!!」

その大声が後ろから聞こえ、あまりの恐怖に全員が自転車をとめて振
り向くと。身体のめちゃくちゃデカイ男が仁王立ちしていた。


もうなんていうかジャイアンだね。25歳くらいのジャイアンが立っていた。
その横に「やんのかコラ やんのかコラ」とずっとガムを噛みながら
甲高い声で睨みつけるスネオ。

そして少し後ろの方で、死んだ魚の眼をした男こそ、
さっき一人で花火をしていた男、のび太だった。

おいおい、なんてリアルなパーティーなんだ…ドラえもんはどこだ!?
思わず見回してしまうくらい合っている。
ドラえもんを全巻持っている俺としては
ずっとみていても飽きないくらいだったので
ずっとジロジロみているとジャイアンが
近所の小動物が騒ぎ出すほどの声を上げる

ジャイ「おいコルァ!!なにしとったんじゃ!!」

スネオ「やんのかコラ あんだコラ」

のび太「・・・・・・」

『バチッィ!!!』

ここで俺達をビビらせる為なのか、ジャイアンが思いっきりのびたを
平手打ち。ノビタはアスファルトに倒れ込み、何度か咳き込んだあとに
無言で立ちあがった。


うわぁ輩ですやん…金とかせびられるんだろうな…
確かに小学生のジャイアンならラジコンとか漫画ですんだだろうが
目の前にいるのは、25歳くらいだ。金か…


おれ達「・・・花火です」


ジャイ
「お前等こんな時間に花火だぁ!?何時だと思ってんだコルァ!
ここはお前等の敷地かアァ?公園だったら夜遅くに騒いでいいんか!!?」

ちょっと待ってくれよジャイアン、お前が欲しいのは金だろう?
正論すぎて何も言えないじゃないか…

しかし、ジャイアンの怒号は止まらない。完全に近所迷惑な奴である。

ジャイ
「お前等休みかも分からんが!!明日仕事の人もおるんじゃコルァ!!
周りの事考えんかっ!!」ここでのび太が思いっきりグーパンされる。

のび太は倒れ込み、また無言で置き上がった。





9 :名も無き被検体774号+:2013/06/01(土) 00:13:28.29 ID:eEbsZKIa0
動とているぎて俺達混乱し調てくる。

理由な殴られるのび太への申しさと、
イアンのじられいくらいの正俺の胸にささる。

俺の知っていジャイアン
おい、のび太!新ット買から殴らせろ!」
の沙汰とは思えいよな事を簡単に言ってのけ荒々しい

コイツはな!?きか
ている事は正論なのに、ヴァインスーみたいな
物よりもタチがい。

ャイ死にいんかルァァア」
スネオ「ーす あーコラ」

俺達は自転車を止めて、その場で背筋してつ。
、E、Fも俺も仕方くて、を歪める。
でも俺は心のどこかで安いたのだ
俺達には笠る。

笠井なら3人くらい余裕で倒す
かも強そなのイアンだけだ。
は細い眼に向けて笠井へと線をやると

で充電いったルンバ如く動く事もなく
車にり、この世のをした笠井が
下を向いていた。

てはいなかったがした一番暗オーラを放つ井は
に目立っていてスネオに胸を掴ま、プルプル震えていた。

前等ず警貿か親絡じゃぁ!!!」

  「すみませんでした連絡とか勘ですか。
    も度としまん」

ジャイ「ダメに決まってんろ!こ住んでんだよ!!?」

俺  ○ってとこにでます」

ジャイ「!?」

D  「○○

  「っす」

F  「俺はこの所です……

「お前近所か!名前は!!?

F  「です

ーな前はあ
    Fっ事はF弟か?」

  「そうです姉貴姿すね


ジャイ「あーならまぁ勘してやるか
つけろよ!!

すげぇFナイスう終思った
ジャイに殺るとこだった





11 :名も無き被検体774号+:2013/06/01(土) 00:14:32.80 ID:eEbsZKIa0
すると笠井は急に電源が入ったかのように
首をカクンカクンと揺らし始め
リズムもないのにビートを刻み始める。
俺はその姿にイライラしながらも、

俺DEF「すみませんでした」
そう言って深く礼をする。

笠井 「どーもシャシャセンシタ!」

ジャイ「さっきからナメとんのかゴルアァァァァァア!!!」

ジャイアンの右フックが笠井の頬を突きぬける。
自転車ごと倒れた笠井を更にジャイアンは引き摺り降ろす。
でも笠井は喧嘩が強いはずだ…!ジャイアンまずったな!

そんな事を思っているうちに
ジャイアンのモザイク無しの瞬獄殺が目の前で繰り広げられる。
血祭りにあがった笠井を余所に二発めのスーパーコンボが発動しようとする中で
さすがに殺害現場に立ち会うワケにもいかないので俺が声をだして止めた。


俺  「すみません、すみません 勘弁してください」

ジャイ「コイツ 俺の事ナメてんだろうがぁ!!!」


俺  「コイツ、なんていうか不器用っていうか、
    ツッパってるっていうか ちょい悪っていうか」

ジャイ「ちょい悪だぁああ!?なめてんのかコラァ!」

俺  「態度だけじゃなくて頭もちょい悪なんで……
    勘弁してやってください」

するとジャイアンが少しだけ笑ってくれて
笠井に一撃蹴りを喰らわした後に「行け」と言ってくれたので

俺達は自転車を手で引きながらFの家へと向かう。
その間、ずっと顔面を押さえる笠井。

E 「マジこえぇよ 最低だわ」

俺 「まぁでも俺等悪いっしょ」

F 「だなぁ。おい笠井、太郎に感謝しろよ」

俺 「いやFでしょ、知り合いじゃなかったら終わってたよ」

と俺らが痛み分けをしている時に
台本にはない規格外のセリフを言い放つのだった。


笠井
「いやぁFのせいだろ、お前の姉貴の知り合いじゃなかったら
俺マジであいつらボコってたよ。
迷惑かかるだろうから我慢したけどよぉ」

ドラマか映画の撮影なら監督がメガホン投げつけるレベルのアドリブ
をぶっこんできた。なにいってんだコイツ? ヒロポンでもやってんのか?


俺 「ふぇ?ww」


F 「……まぁ姉貴は東京にいるし、やってもよかったけどね」


笠井「マジかよ!?パンチ全然痛くないしさ、我慢して損したな。今からやってこうかな」








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:面白系  |  タグ:面白,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:面白系  |  タグ:面白,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130605062042