2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

15年片思いした話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1370866101/


1 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:08:21.25 ID:VTdCu/6C0
たったら書く





2 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:10:34.10 ID:7hYUcuuq0
たったった




3 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:10:36.58 ID:VTdCu/6C0
スペック

ふつめん
175 ヒョロガリ
23歳


相手
かわいい(能年玲奈ちゃんに似てるから以下能年)
155cm?
ちっぱい
24歳





4 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:11:45.96 ID:VTdCu/6C0
出会いは小学校に入る前だった。

当時ハイパーマザコンだった俺は
いつも母と一緒に行動してたせいもあって、
保育園ではあまり友達がいなかった。

それを心配した駄菓子屋をしてた、ばあちゃんが
よく来てくれる子供に俺と仲良くしてくれと声をかけていた。
そこによくお母さんと一緒に買いに来てた子が能年だった。

第一印象はこいつ小さいな、年下かな?だった。
聞いてみると家から50mも無いとこに住んでてご近所だった。





5 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:12:50.44 ID:VTdCu/6C0
ばあちゃんのお陰もあって数人の男友達もでき小学校に入学。
この頃、能年とは近所ですれ違ったら
手を振るぐらいの関係でしか無く話したこともなかった。





6 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:13:55.24 ID:VTdCu/6C0
俺の地元は田舎では無いんだが
学年で20人弱くらいしか人がいなかったせいもあって
なにかと一つ上の学年と合同で授業することが多かった。





7 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:15:00.55 ID:VTdCu/6C0
そこで一つ上の学年に能年が居るのを知った。
能年はよく笑う笑顔のかわいい子だった。
いつ見ても笑ってた。
彼女の黒髪は本当に綺麗でよく女子たちに触られてるのを見た。

いつからか、俺は能年を目で追うようになった。
休み時間や合同授業、登下校はいつも能年を気にしていたと思う。
今思うとこの頃からもう彼女のことが好きだったのかもしれない。








8 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:16:11.42 ID:VTdCu/6C0
誰か居いないのかお(´・ω・`)





9 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:17:55.55 ID:VTdCu/6C0
まぁ、いいビール飲みながらシコシコ書く。

みんなも分かると思うが小学生の男子ってのは
好きな人に構って欲しいがために、ちょっかいを出す。
俺もその一人だった。
ことあるごとにちょっかいを出して、能年を困らしたかもしれない。





11 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:18:59.51 ID:VTdCu/6C0
俺がちょっかいをだすと、
「もぅ!!俺くん!!やめてよ!」って言ってよく笑ってた。

たまにやり返してくる時の彼女の怒ってるような笑ってるような表情
が俺は大好きだった。
そういう時に彼女は俺のことを弟のようだと友達に話していた。
構ってもらえるのが嬉しくてよく能年の教室に顔を出したりした。





12 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:20:03.34 ID:VTdCu/6C0
友人には
「なに、お前あの子のこと好きなの?」
ってよく言われた。
俺はいつも、恥ずかしいから
「ちちちちちちち、違うわい!!」
と躍起になって否定していた。
今考えると誰がどうみても好きにしか見えない。





13 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:21:07.92 ID:VTdCu/6C0
俺と能年は背の順で一番前だった。
いつもチビチビと馬鹿にしていた。
自分も小さいくせにな。
横からちょっかいを出して先生に怒鳴られることもあった。





14 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:22:13.18 ID:VTdCu/6C0
高学年になると俺はクラスの中心にいた。
いつも馬鹿やってみんなとよろしくやっていた。
この時までは俺もいわゆるリア充だったのかもしれない。





15 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:23:17.09 ID:VTdCu/6C0
能年は一足先に中学に入学、美術部に入ったようだった。
その間これといった進展はなく俺も続いて中学に入学した。

特にやりたいこともなかったので友人に誘われたバスケ部に入った。
バスケ部と美術部加えて一つ学年が違うので当然のことながら接点は
皆無だった。





16 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:24:21.18 ID:VTdCu/6C0
能年が先輩に告白されてたとか同級生に好きな奴がいるだとか、
そんな情報だけに聞き耳を立てていた。
どうやら能登はまだ付き合ったことがないようだった。

それを聞いてから構って欲しくて登下校や学校の廊下で見つけては
ちょっかいを出していた。





17 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:25:26.46 ID:VTdCu/6C0
2年になるとみんな大好き中二病を発症。
手から雷切を出す練習したりしてた。

そして、ラノベを読み始めた辺りから雲行きが怪しくなってきた。
授業中はラノベを読み漁り家ではアニメを見る。





19 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:26:30.37 ID:VTdCu/6C0
元気な奴から根暗にジョブチェンジが成功した。
晴れてお前らの出来上がり。

女子には
「先生!俺君が授業中にエッチな本読んでます」
と言われて生徒指導のゴリラに掴まれて
職員室行きになることもあった。

が中二病にそんなものが効くはずもなく、
変わらず虹への探究心は衰えなかった。





18 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:26:26.19 ID:kjtKf1dP0
能年 ・・・のうねん




20 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:27:38.47 ID:VTdCu/6C0
>>18
能年ちゃん、まじ天使


そうこうしている内に能年が卒業する時期になった。
今よりも会えなくなると思った俺は相当焦っていた気がする。
が、友人の話によると卒業間際に能年に告白して散っていった奴が
多数いたらしい。

ざまぁwwwと思う反面、人のこと言ってる場合じゃねぇと思いヘコんだ。







21 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:28:03.22 ID:4E4Hu/tN0
エッチな本はやはり熟物?




22 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:29:12.31 ID:VTdCu/6C0
>>21
一周回ってJKだな

卒業式直前、下校途中の能年の後ろ姿を見つけた。
いつものようにちょっかいをかけにいった。


「うぇいwwww」

能年
「び、びっくりした!もーまた俺かー」


「うるせーwww」

能年
「本当に俺は私のこと好きだねー笑」





23 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:30:16.85 ID:VTdCu/6C0
能年は茶化すつもりで言ったんだろうが
俺はなんだか焦っていたのも相まって正直に答えてしまった。


「好きだよ」

能年
「えっ…」

能年
「なにー笑
 本気で言ってんの?」


「うん…」

能年
「えっ…そ、そっか…」


「返事はいいいいいつでもいいから」

能年
「今日帰ったら電話するね…」





24 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:31:21.28 ID:VTdCu/6C0
そういって能年は走って帰っていった。
この時ばかりは、テンパり過ぎてて今思い出しても死にたい。
そして受話器の前でオナニーしながら電話を待った。





25 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:32:25.20 ID:VTdCu/6C0
疲れて寝てしまい、ニヤニヤしたかあちゃんに起こされ
「なんか能年ちゃんから電話きてるよー、
 なにあんた達なんかあんの?」
と言われたがうるさいと言ってトイレに駆け込んだ。





26 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:33:29.51 ID:VTdCu/6C0

「あっ、ごめん俺だよ」

能年
「あっ、うん…」


「えーっと、なんか照れるな」

能年
「うん…」

この後 結構沈黙が続いた。
あっ、これ俺振られたわ。
とか思って振られた時のかっこいいセリフ考えてた。





27 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:34:43.50 ID:VTdCu/6C0

「あのさ…別に急がないから後日 手紙で返事してくれてもいいよ…」

能年
「あっ、えっと、違くて、えっと…」


「んじゃまた明日…会えたら学校で」

能年
「俺ならいいよ」


「えっ…?マジでry(ブッ


電話切られた。
その日はもう一回抜いて寝た。





28 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:35:50.31 ID:VTdCu/6C0

次の日顔を合わせた能年は恥ずかしがって話をしてくれなかった。
かくいう俺も友達に言うのが恥ずかしくて黙ってた。

よく考えるとちょっかいを出すことはあっても能年とまともに喋った
ことねぇわ。
と今更ながら気づいた。





29 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:36:55.24 ID:VTdCu/6C0
もちろん、ヘタレの俺にそこからの進展はなく
そんな感じでたまに手紙のやりとりをしつつ、
1ヶ月がたった。
能年は春休みも終わり高校生になっていた。





30 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:38:12.48 ID:VTdCu/6C0
その日 突然能年が自宅を尋ねてきた。


能年
「あーえっと…ごめん、付き合う前の方が喋れてた気がする。
高校生と中学生じゃ会えないしごめんね。別れよう。」


「…そう。」

俺の決死の告白はなんだったのか。
失意の中時間は流れた。





31 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:39:16.36 ID:VTdCu/6C0
俺は高校生になった。
振られてから能年には会っていない。
登下校の時間も勿論違うので姿を見かけることもなかった。
無駄に勉強は出来たので進学校に入学した。

しかし、俺の中学からその高校に通う奴は殆ど居なく、
ぼっちの始まりだった。
部活は個人競技ができる陸上部に入った。





32 :名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:40:14.15 ID:IZYL5HQG0
ほうほう



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:純愛, ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:純愛, ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130615105755