2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

まじで幽霊にあったんだがwwwww




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1373970905/


1 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:35:05.10 ID:BPQe+yZP0
地方のド田舎の国公立の工学部の男子なんだけど、サークル帰りにマジで幽霊にあった





2 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:37:56.89 ID:HsSPQJuW0
kwsk




4 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:38:50.79 ID:BPQe+yZP0
>>2

すこしうつの遅いからゆっくりと





3 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:38:09.20 ID:BPQe+yZP0
俺のスペック
21歳。男
大学一年に留年したバカ。いま二年。
大学の一年目は少しだけとかいのところにキャンパスあったんだけど。
2年目からド田舎のキャンパスにかわった。

一年のころからずっと演劇サークルで、2年でも続けようと思って。
キャンパス変わった後、そのキャンパスの演劇部に参加してみた





5 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:39:54.32 ID:HsSPQJuW0
パンツ脱いだけど?




7 :1:2013/07/16(火) 19:42:21.40 ID:BPQe+yZP0
>>5
途中抜けると思うよ!








6 :1:2013/07/16(火) 19:41:39.28 ID:BPQe+yZP0
新しいャンパスの劇部にあ子短期大学と合同のサークルで
おとこではなかか女率の高いサークだっ

曜と曜に活動があるんだけ月曜はうちの大学でのところ
練習することになって

のほうは少し遠て、自転車で30分のとこある
くまの道とんんぼっか





9 :1:2013/07/16(火) 19:45:02.75 ID:BPQe+yZP0
その日は木曜日で、短大側の練習だった。
テスト前だったこともあって男子で集まったの俺だけだった。

俺はあんま勉強しない屑だったから、そういう時もサークルとか普通に参加してた。
そんで、練習終わって、8時くらいになって、帰ることになったんだけど。

いつも何も考えずに、先輩とかの後ろについていくだけだったから、短大から家までの道が
まだ覚えてなかった





12 :1:2013/07/16(火) 19:49:25.23 ID:BPQe+yZP0
だから、途中までは女子に道教えてもらって、そのあとはスマフォの道案内アプリに頼ることにした。

田んぼばっかでかなり道がわかりずらかったんだけど、電波はなんとか入るみたいだった。
アプリで「現在地」→「○○大学 □□キャンパス」って俺の大学の道を入力して

道順が出たので、アプリの道が見やすくするため、地図を少し拡大して
その通りに道をたどった





13 :2013/07/16(火) 19:51:48.62 ID:BPQe+yZP0
んで転車走て1分。
こらんで何かわしいってことについ

つもなら15分も自転車げば、少しくらい民家がある場所出るはずなのに
その日はなかどんどんと人気のいところ向かってい
っぱりばっかで、むろなんか山みたいなところに向かってるいで
か木とえてきた





14 :1:2013/07/16(火) 19:54:52.90 ID:BPQe+yZP0
それでも、まぁ、ナビだし、いつもと違う道で、遠回りでもしてるのかなぁって納得して

さらに10分くらい自転車をこいだ。

でも、今度は山道みたいなとこをのぼりはじめて、これはおかしいって
さすがに気がついて
縮小していた地図を拡大してよく見てみた。

そして、ぞっとした。
本来「現在地」→「○○大学 □□キャンパス」って設定していたはずなのに
目的地のほうがよくわからない墓地になっていた。





15 :1:2013/07/16(火) 19:55:55.03 ID:BPQe+yZP0
こしくる





16 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:00:24.28 ID:HLuwvBha0
期待




17 :1:2013/07/16(火) 20:02:07.44 ID:BPQe+yZP0
。みていいるかな

あたりに街灯とかもなて、とにか寒気がして、怖くなった。
まぁプリ図を縮小しときに変なこでも押したとか自分に言い聞かせて
とりあえずもっかいアリの設定て「」→○○学 ャンス」に

今度は間ないと確認して、また地図を拡大させた。ぁ、させいんだよ





19 :1:2013/07/16(火) 20:06:08.38 ID:BPQe+yZP0
そんで、またアプリたよりに少し道を引き返して

田んぼ道をすすんだんだけど、何回か道を曲がるって、5分ぐらいすると
また山みたいなところに向かい始めたから、まさかっておもってナビを確認したら

やっぱり例の墓地に向かっていた





21 :1:2013/07/16(火) 20:09:11.50 ID:BPQe+yZP0
誤字とか言葉が変だったらすまぬ。
工学部クオリティと思ってくれ

これはさすがにと、俺はぶるぶるした。
昔、一時期ラノベとか読んで、少しそういう仕事にあこがれて
作家ごっこみたいなことしてたんだけど
すこしだけお化け関係のことは知っていた。

これは「鬼の壁打ち」という現象ではないかと思った





22 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:10:53.98 ID:eKTD/ULa0
みつけた




24 :1:2013/07/16(火) 20:13:38.88 ID:BPQe+yZP0
>>22

てまわいwww








23 :1:2013/07/16(火) 20:13:08.37 ID:BPQe+yZP0
お化けが人間の目を手で覆い隠して、方向感感覚を狂わせて
ずっと同じ場所をぐるぐるさせる現象なんだけど

これをずっと繰り返すと、どこかよくわからない異界に連れて行かれるとか何とか。


まぁ、俺の場合ナビがおかしいからそうとは確信もてなかったんだけど。
ナビを閉じて、完全に自分の勘ですこし道を進んでも、やっぱなんか山に向かうから
これは「鬼の壁打ち」じゃないとしても、何か似たものじゃないかと思った





26 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:16:34.24 ID:5Vj7oQ2PP
の壁ちグてもない




29 ::2013/07/16(火) 20:19:40.11 ID:BPQe+yZP0
>>26
か中国の伝だった
ってらえてみ





27 :1:2013/07/16(火) 20:18:12.41 ID:BPQe+yZP0
ら、調べたなら、れにはひとつ単な解決策があった。
くに俺は童貞だったかもっと効果があるらしい

それは目を閉じてそのぐるを向き、そ場でしょん
ンするってうものた。

なんくて、とりあおまじないでもいいからがりた
気持あったから

れを実際にやってみるした

りはドんぼだった恥ずさはあっも見られな
いだろなと思

転車ら少、俺は目を閉じてそのまままわれ後ろして、
ボンを下ろし始





30 :1:2013/07/16(火) 20:21:12.59 ID:BPQe+yZP0
そんでいざしょんべんしようとしたら、急に後ろから

「どうしたんですか?」

って女の人の声が聞こえた





34 :名も検体774号+:2013/07/16(火) 20:27:22.13 ID:eKTD/ULa0
>>30
!?




31 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:21:18.56 ID:rfHas7/Q0
そういうのってなんで生きてる人間を引きずり込もうとするん?




32 ::2013/07/16(火) 20:23:10.63 ID:BPQe+yZP0
>>31
うだろう。
ずっ場所をぐるぐるすに行ってい話があだけど

はヒの目を隠して特にはないけど遊ぶ→が方向感くなくぐるぐ
→その結果異界に飛ぶのかもw





33 :湿名も無被検体774号+:2013/07/16(火) 20:27:16.58 ID:miCDB15f0





35 :1:2013/07/16(火) 20:29:51.93 ID:BPQe+yZP0
ってすばくズボンをあげ
もその場は振り返らなかった

なぜかいうと、と頭のに別のけのんだ
それいてき、て振ってはいけないというものだ」

人間は頭のてっぺん、かたの側にの火たいなのが付い
それが結界みたいに人守っるらしい。(三味だっ?)

人が綿死んも、その火はしばらく燃たままになっていたする。
よくいわれる鬼火っいうのがことだ

う簡消えるないいなんだ
の火間ので簡単に消しま
だから、夜道を尿きは決して振り返ってはけない
ゃないと分の鼻で、肩の火が消える。

夜とかなると、よく後ろが婿なるけどを狙うお化けがを振り返らせるために
いろい掛けいる
話だ





39 :1:2013/07/16(火) 20:35:00.00 ID:BPQe+yZP0
だから、究極のチキンの俺は、ズボンのすそをつかんだまま
その場で凍りついた。

「大丈夫ですか?」
小さい声だけど
後ろの女の人はもう一回聞いてきた。

お化けとかそんなわけあるか。と、俺は固まった頭を無理やり働かせた。
どうせ通りかかった人間だろ。と思った。

俺「お。。えっと。。はい。大丈夫です」

そう言いながら、俺はベルトを急いで締めて、後ろを向いた。
もちろん頭を後ろに向けるのではなく、体全体でまわれ後ろだ。

どうでもいいけどもちろんって打とうとすると、もろちんになる







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様