2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

じいちゃんのはなし






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1380803666/


1 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:34:26.89 ID:5tJMYhLo0
たつのかな?(´・ω・`)

たったらかく!





4 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:39:25.33 ID:5tJMYhLo0
書き留めてないのとスマホ
なんで遅くなるけど
ゆっくり見てってください。

自分のじいちゃん(母方)は
自分が小さい頃からずーっと
自分と弟の世話を良くしてくれてた

そんなじいちゃんは生まれつき
小児性麻痺からくる下半身麻痺で
下半身は全く動かず室内では
四つん這い歩きで外では松葉杖を
使って日常生活を送っていた。





5 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:44:20.80 ID:5tJMYhLo0
誰も見てないみたいだけど
書かせてもらいます。

朝は母も働きに出ていた為
朝ごはんのしたく
保育園の準備から送り迎え
お買い物にお出掛け
足は動かないけど何一つ不自由無く
自分たちの世話を一生懸命に
してくれてました。

朝からじいちゃんの前に座り
3歳程度の自分の腰まである髪の毛を
毎朝ゆってくれていました。





6 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:51:16.66 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんの家には
じいちゃん、お母さんの弟
お母さん、自分、弟と犬三匹が
暮らしてました。

父と祖母がいないのはまた
後ほど書いていこうと思います。

じいちゃんの車はアクセルと
ブレーキなどが全て手元で操作
出来るように作ってありました。
昔からそんなじいちゃんの車の
助手席が自分の特等席だったので
じいちゃんの車は普通の車だと
思っていたし、ほかの車と違うと
理解するのはもう少し後の事でした。





7 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:52:06.05 ID:GpB7UtyS0
見てるよー




8 :名も無き被774号+:2013/10/03(木) 21:53:02.47 ID:5tJMYhLo0
>>7
ださって嬉
拙い章で沿が大目に見下さると
幸いです





9 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:59:31.90 ID:5tJMYhLo0
母はいつも夜にならないと
帰ってこないので晩御飯の支度は
じいちゃんがやっていました。

買い物には保育園のお迎えのあとに
近所のスーパーによって買い物をして
帰っていました。

じいちゃんの両手はスーパーでの
お買い物に不利でした。
なので店内のおばちゃんたちが
いるものを持ってきてくれたり
次の売り場までかごを持っていって
くれたりしていました。

それでもやはり、お店の人も
忙しいのでかごをある一定の場所に
置いて買うものを入れたりして
毎日の買い物をしていました。





10 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:04:09.40 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんは毎日私や弟に
アイスやお菓子を買ってくれていました。

保育園が休みの日には
遠くまでドライブに連れてってくれて
山に登っては夜景を見せてくれたり
川の近くに連れてってくれました。

じいちゃんは車の中からしか
川も見せてくれなかったけど昔から
水があまり得意でない私は何も思わず
じいちゃんが連れてってくれるがまま
たくさんの自然とふれあい
色んなことを教えてくれました。

足が不自由だなんてことを
微塵にも感じさせないほど
じいちゃんは凄いじいちゃんでした。





11 :名もき被検体774号+:2013/10/03(木) 22:11:19.88 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんの趣味鳥の話で
メジロや九官鳥などほにもたくさ
ってまし

在は各自治体で
取締、綿規制厳しくなりメなど
飼育は禁止にたり、飼
まりがるよすが昔はそんな
しくくじいちゃんも何匹
かっていました。

からじいちゃん達に餌って
ラジオをきながら食せるのが
でしの日は
じいちゃの水浴
姿をみなら後でよく昼寝をし貿
ることも多かった





13 :名も無検体774号+:2013/10/03(木) 22:18:56.24 ID:VsNlgLazi
いちゃん...(>_<)




17 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:33:05.80 ID:5tJMYhLo0
ただ今戻りました!
人が増えてて嬉しいです(`・ω・´)

では続き書いていきます。

もう一つじいちゃんには
日課があります、犬の散歩です。
犬は雑種でべす、ぽち、ななの
さんびきです。
この3匹は自分も
だいすきなわんこたちでした。

べすはとっても賢くてぽちは
べすの奥さんで優しくて
ななは二人のあいだの子供で
とってもおっとりしたわんこです。

その3匹を車に載せると
夜の8時くらいから1時間
じいちゃんは田んぼの中を
犬に走らせてじいちゃんと私は
車で追いかけていました。
車とも1台すれ違わないことが多い程
人がいない道をゆーっくり散歩します。

たまに車が来るとじいちゃんが
犬たちを呼び戻し車が
いなくなるまで待ってまたお散歩を
続けていました。

とっても賢い3匹とのお散歩は
楽しくて仕方ありませんでした。





18 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:39:09.06 ID:5tJMYhLo0
五歳くらいの頃でした。
お父さんは私たちを迎えにやってきました。

私はお父さんの存在をそれまで
知りませんでした。

でも写真に写るたった1人の
優しい顔で私を抱えて笑う人と
同じ人でした。

お父さんだよと言われそのまま
お父さんの暮らす家に引越し
お父さんとの生活が始まりました。

保育園に送るのはお母さんの
役割になりましたがお迎えは
相変わらずじいちゃんで買い物も
一緒に行っていました。





19 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:43:03.48 ID:5tJMYhLo0
お母さんがじいちゃんちにお迎えに
くるまでじいちゃんとテレビを観たり
じいちゃんの手伝いをしながら
じいちゃんとの時間を過ごしました。

お父さんとお母さん私と弟の
四人の生活もだんだんとなれ
新たにちび、とゆう小さくて
ヨーキーとマルチーズの雑種の
子犬も家族の仲間入りしました。







20 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:54:15.17 ID:5tJMYhLo0
四人での生活も楽しかったですが
土曜日は保育園が終わり昼からは
じいちゃんちで過ごしていました。

毎日毎日楽しくて
仕方がありませんでした。

そんな生活を続け ついに私は
保育園の卒園式を迎えました。

帰り道にじいちゃんちによると
べすがいません。
「べすは死んだんだよ」
じいちゃんからそんな言葉を聞き
私は初めて 死 というものを
目の当たりにしました。

べすは たまにすずめをつかまえたり
とんでもないことをする犬でしたが
とっても優しくて賢くて好きでした。

べすは目を閉じ綺麗な顔で
眠っているようでした。
とんとんと体を揺すっても
いつものように目を覚ましては
くれませんでした。
卒園式の時にもらった花を
べすにあげることにしてお供えしました。

今思えば縁起悪いというか
常識ないことだと思いますが
当時私ができる精一杯のことでした。





21 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:00:51.31 ID:mhTeaUNn0
もうすでに画面が曇っているんだが
ダメだなこの眼鏡




22 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:09:05.58 ID:5tJMYhLo0
べすが亡くなり程なくして
奥さんのぽちも亡くなりました。

人間が旦那さんや奥さんのあとを
追う様にしてなくなることが
ありますが犬にもあるみたいでした。

一気に二人の家族をなくした気分で
きっとじいちゃんも寂しかったんだと
思います。今まで3匹分だった
ご飯も一匹分でしたがお散歩は
相変わらずいつもどおりでした。





23 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:10:20.41 ID:uIF30Lly0
今北




24 :体774号+:2013/10/03(木) 23:17:17.76 ID:5tJMYhLo0
私が小学校に上がるあわせて
しがりました

沿いちんちまで自転車
学生の私が漕い10分
かかるかかから程度の
引っした

学校が終わり友達と遊ぶ日以外は
ずじいちゃんちに
って物にていき
この頃にと少しずかごを
も出て持ったしていました。





25 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:22:24.48 ID:5tJMYhLo0
そんな生活をずーっと
過ごしていました。

小学校三年生の頃
新幹線が通ることになり
借家であった家を立ち退きに
なってしまい 次の家が
見つかるまで新しく小学校の裏に
出来ていたアパートに暮らすことに
なりました。

ちびは可哀想でしたが
部屋から見える所の小さき空き地に
犬小屋を置いてもらって
そこで暮らしていました。





26 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:27:13.48 ID:5tJMYhLo0
そして夜に父と母がいない日が増え
幾月かたった頃に新しいお家が
決まったよと教えてもらいました。

新しいおうちはじいちゃんちの
すぐ近くでしたが学校までが遠く
ぎりぎりで自転車通学は
できませんでした。

その頃学校に行く途中に
真冬の日に川で全裸で水浴びをする
おっさんを見たのは今も
忘れられません。

今は笑い話で済みますが
当時は弟と弟の友達の
女の子をいかに安全にそこから
遠ざかるか慌てふためきました。笑





27 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:37:59.50 ID:5tJMYhLo0
しばらくして、ちびが亡くなりました。

当時は無知でしたがちびには
予防接種がしてなく、フィラリアに
かかっていたようでした。

段々とちびはお散歩に行きたがらす
ある日の晩に静かに息を
引き取りました。外で飼っていたので
朝母から教えられて知りました。
今思うとちびには可哀想なことを
してしまったなとおもいます。

チビのお墓は庭に作って
埋めてあげました。
これもほんとはやってはいけない
事のようですね(´・_・`)







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20131006110648