2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ひとりで読めない山の怖い話いろいろ






http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357626672/


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:24:25.94 ID:0AMkIuY20
698 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/29 03:01
漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼
鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワク
してくる。

漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の
方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界
に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、
大きな蛾が飛んでるな〜」なんて思っていたら、
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた
子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走
ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっ
ぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下り
て家の中に逃げ込んだ。




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:25:28.06 ID:0AMkIuY20
700 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/29 03:03
ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、
なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探
してる。

「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、
なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武
器)を両手で握って構えてた。

しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピン
ポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴
こえる。

心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状
態に……。

それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを
構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。
もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。






68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:29:40.20 ID:CVKn8iDV0
>>62
何故かリアルに想像出来るから怖い




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:27:01.50 ID:CVKn8iDV0
とある冬山で遭難した登山者が死体で見つかった時のこと。
捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。

遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。
日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたもの
ではなかった。
しかし日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むこ
とができた。




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:27:53.75 ID:CVKn8iDV0
 おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい
 たのまれたので かきました

まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。

字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違
っていた。
遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったということだ。





69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:31:05.73 ID:0AMkIuY20
412 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/20(火) 19:00
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう
とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに
その子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りに
いって
見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、

「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。不審に思ったお
母さんは
娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。

写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いま
すけれど、
驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。

そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女
の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。

続きます。




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:31:42.39 ID:0AMkIuY20
413 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/20(火) 19:07
続き

それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養して
もらうといい写真を持ち帰りました。それにしても恐ろしい
写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。やはり無理に頼み込んで
話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、

「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」

今まで聞いた中で一番恐かった話です。




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:35:28.14 ID:CVKn8iDV0
その子がどんな人生歩いてたか分からないからひたすら理不尽にし
か感じられない・・・


ニューギニアだかフィリピンの原住民の村の近くのジャングルから、

夜な夜な不気味な絶叫が聞こえるんで、
きっと悪魔の叫びに違いないと夜中に出歩けなくなってた話。

相談を受けた役人が一体どんな言葉が聞こえるのか聞いたら、
『イタイヨー、トツゲキ、バンザイ、シッカリシロ、カアサーン』
っていう日本語だった。
戦後数十年も経過してるのに、日本兵の生き残りがいるわけないし
でも、
一応付近の山を調べてみたら、誰も近づかない洞窟の中から大量の
日本兵の遺骨が見つかった。




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:42:42.57 ID:0AMkIuY20
会社の同僚が亡くなった。
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、
家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。

Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で、休みがあれば
あっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。
亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって
話してきた。
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほし
いんだ」
趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめ
ビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見
せてほしい、ということだった。

俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろといったが、クライ
ミングをやめることだけは絶対に考えられないとKはきっぱり言った。

いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。
Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める


「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んでし
まったということになります。
○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、今まで本当にありがとう。

僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて本当に申し訳ないと思っ
ています。

僕を育ててくれたお父さん、お母さん、それに友人のみんな、僕が死
んで悲しんでるかもしれませんが、どうか悲しまないでください。僕
は天国で楽しくやっています。

皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。

だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」


もちろんこれを撮ったときKは生きていたわけだが、
それから半年後本当にKは死んでしまった。クライミング中の滑落
による事故死で、クライミング仲間によると、通常、もし落ちた場
合でも大丈夫なように下には安全マットを敷いて登るのだが、
このときは、その落下予想地点から大きく外れて落下したために事
故を防ぎきれなかったのだそうだ。


通夜、告別式ともに悲壮なものだった。
泣き叫ぶKの奥さんと娘。俺も信じられない思いだった。
まさかあのKが。
一週間が過ぎたときに、俺は例のビデオをKの家族に見せることにした。
さすがに落ち着きを取り戻していたKの家族は俺がKのメッセージ
ビデオがあるといったら、
是非見せて欲しいと言って来たのでちょうど初七日の法要があると
きに、親族の前で見せることになった。




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:44:15.22 ID:0AMkIuY20
俺がDVDを取り出した時点で、すでに泣き始める親族。

「これも供養になりますから、是非見てあげてください」とDVD
をセット

ヴーーーという音とともに、真っ暗な画面が10秒ほど続く。
あれ?撮影に失敗していたのか?と思った瞬間、真っ暗な中に突然
の姿が浮かび上がり、喋り始めた。

あれ、俺の部屋で撮ったはずなんだが、こんなに暗かったか?

「えー、Kです。このビデオを…るということは、僕は…んでしま
っ…いう…ります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本…ありが…」

Kが喋る声に混ざって、さっきからずっと鳴り続けている
ヴーーーーーーという雑音がひどくて声が聞き取りにくい。

「僕を育ててくれたお父さん、お母さん、それに友人のみんな、
僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、どうか悲しまないでくだ
さい。
僕はズヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアア××(娘の名前)、お父さん死んじゃっヴァア
アアアアアアアアアアアア死にたくない!
死にズヴァアアアアアアアにたくないよおおおおヴヴァアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア、ザッ」


背筋が凍った。
最後の方は雑音でほとんど聞き取れなかったが、Kの台詞は明らか
に撮影時と違う断末魔の叫びのような言葉に変わり、
最後Kが喋り終わるときに暗闇の端から何かがKの腕を掴んで引っ
張っていくのがはっきりと見えた。

これを見た親族は泣き叫び、Kの奥さんはなんて物を見せるんだと
俺に掴みかかり、Kの父親は俺を殴りつけた。

奥さんの弟が、K兄さんはいたずらでこういうものを撮るような人
じゃないとなだめてくれたおかげでその場は収まったが、

俺は土下座をして、すぐにこのDVDは処分しますといってみんな
に謝った。

翌日、DVDを近所の寺に持っていったら、処分をお願いしますと
いう前に、住職がDVDの入った紙袋を見るや否や
「あ、それはうちでは無理です」と。

代わりに、ここなら浄霊してくれるという場所を教えてもらい、
行ったがそこでも「えらいとんでもないものを持ってきたね」と言
われた。

そこの神主(霊媒師?)によると、Kはビデオを撮った時点で完全
に地獄に引っ張り込まれており、何で半年永らえたのかわからない、

本来ならあの直後に事故にあって死んでたはずだと言われた。




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:54:32.23 ID:DVIBnR9G0
俺の親父から聞いた話

昔うちの親父が山岳救助の仕事をしていて、
転落で亡くなった登山客を麓まで運ばなくちゃいけなくて、
当時の死体を運ぶ方法が、死体の背骨を折って折りたたんで運んだ
んだって

そんで、うちの親父がその仕事を任されたんだけど、
死体の背骨をボキッと折った瞬間に死体が

おうぇえええええええええええええええええええええええええええ
えええええええええ
って叫んだんだってそれが今でもトラウマになってるとか。  




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:58:12.84 ID:CVKn8iDV0
>>92
中の空気が漏れたんだろうって話だっけか
でも空気が出てくるだけで声まで出るの?(・ω・`)




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:58:09.35 ID:DVIBnR9G0
山仲間の話。

単独で入山中に、不思議な光景に出会した。
行く手の繁みの中で男性が二人、藪漕ぎしながら歩いているのだが、
ある程度進むとくるりと踵を返してから、元来た藪中を戻っていく。

そのまま50メートルほど戻ると、そこでまた180度回転し、
再びこちらへ向かって進んでくる。

その二人組は、そんなことを何度も繰り返していたのだ。
顰め面が見て取れるほどに近よってみたが、向こう側は彼のことが
目に入らないようで、気が付きもしない様子。

「あのー、何をしているんですか?」

流石に気になってそう声を掛けると、吃驚した顔で立ち止まった。
二人して安堵の息を吐きながら、こんなことを口に出す。

「あぁ良かった、人に逢えた。
 僕ら、実は昨日からずっと道に迷ってて・・・。
 ここがどこかわかりますか?」

「いや、あなた方、ずっとそこでグルグル行ったり来たりを繰り返
していたんですけど?」

そう指摘された二人は、彼にからかわれたものと思ったらしく、
「何を言ってるんですかぁ」と苦笑しながらこちらに向かってきた。





97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 17:58:40.26 ID:DVIBnR9G0
(続き)
いきなり、前を歩いていた方が立ち止まった。
ギョッとした顔で足下を見つめている。

「ここ・・・昨晩僕らがテントを張った場所だ。
 このペグの痕、見覚えがある。
 ・・・嘘だろ、ここから半日以上は歩いている筈だぞ」

そう呟くと顔を上げ、あれ?っという表情になる。

「何だ、ここ、○○峠に下りる途中道じゃないか!!」

「・・・本当だ。今まで嫌と言うほど通っているのに。
 どうして気が付かなかったんだろう?」

どうやら後ろの男性も、現在地の特定が出来たらしい。
二人して顔を見合わせて、頻りに首を傾げている。


丁度、下りる先が同じだったので、彼も二人に同行することにした。
問題なく下山出来て、礼を言ってくる二人に別れを告げたのだという。

「あの二人組、揃って狐にでも騙されたのかね?」
そんなことを考えたそうだ。

しかしその三年後、彼もその藪で道に迷い、別の登山者に助けられた。
道を失ったのは、正にあの藪の中であったという。

「・・・あそこの藪って、何かヤバいモノでも潜んでいるのかな・・・」

以来、彼はそこの道を利用しないようにしているそうだ。




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 18:06:21.90 ID:CVKn8iDV0
171 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/26(木) 05:11:25 ID:cQYTHW9f0
4〜5年ほど前に、取引先の人から聞いた話。
その人が言うに、もうだいぶ前の出来事とのことだから、
少なくとも10年以上前のことと思われる。


インドネシアにA氏(話してくれた人)、B氏、C氏の3人で仕事
に行った。
仕事といっても、半分は遊びを兼ねたような旅行だったらしい。
そんなわけなので、仕事が終わってから10日近い暇ができ、
最初の2〜3日はのんびりと観光を楽しんでいた。
3人とも現地は初めてではないので、なんとなく退
屈さを感じていたところ、

B氏が「ラフレシアを見てみないか?」と言い出した。

ジャングルに入るには、やはりガイドが要る。
C氏が伝をたどってガイドをさがしたところ、幸いにも引き受けて
くれる人が見つかった。


翌日、3人はガイドのいる町へ向かった。そしてガイドと落ち合い、
装備を調達すると、その町の安ホテルで1泊した翌早朝、ガイドを含
めた4人はジャングルへと分け入った。

念のためにラフレシアについて書いておくと、巨大な寄生花である
この植物は、数が少ない上に 開花する時間も僅かで、
なかなかお目にかかることは困難である。

ガイドにも「期待はしないほうがいい」と予め念を押された。
まずは蕾を探し出し、その蕾が開花するまで待って花を見るという
のが普通だが、日帰りで何日かジャングルに分け入っても、
まず無理だろうとのことだ。

それでも、偶にはジャングル探検も悪くない、何かの話の種になる
だろう。3人はそんな気分であったということだ。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20131006193341