2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

後悔してもしきれない事をしてしまった俺が今までの事を語る






http://uni.2ch.net/test/read.cgi/x1/1338503670/


1 :離婚さんいらっしゃい:2012/06/01(金) 07:34:30.12
スレ立てるのは初めてだが...
ちょっと吐き出したかった。
ちなみに叩かれるのは承知の上だ。




2 :1:2012/06/01(金) 07:39:07.23
から話う。

とりあえ俺には妻との間に出来た
6の娘がいる。
俺が引き取っ
婚の理由は、前妻の浮気
に娘は2歳
娘は妻事は覚えてい。

父子庭でやってきた。
っても娘のは、俺のお袋に投げ状態だった。
が忙しいの理由だったが、
れがいけかったんだと思

娘はいい子に育ってくれた。
娘はい女の人が苦手だった。
母さんみたい、まどっっちうだかららしい





3 :1:2012/06/01(金) 07:43:10.91
かいつまんで話すと
2年ほど前に、俺に彼女が出来た。
当時俺が40で、彼女が24歳。
この辺も批判の対象になりそうだが
普通に友達の紹介で知り合って
一緒に飲むようになって、それで付き合った感じ。
彼女は、俺の娘にも優しくしてくれた。
娘は初め、彼女に対してかなり警戒していたが
彼女はいつも笑顔で娘に接してくれた。
その甲斐あって、娘と彼女は本当に仲良しになった。
それは俺も嬉しかった。





4 :1:2012/06/01(金) 07:43:53.90
誰も見てないけど、ゆっくり書いてく。







5 :1:2012/06/01(金) 07:50:32.18
女は頻繁に家に遊び来て
世話をしてく寿た。
彼女事を、お姉ちゃんと呼ん
しそうにてた。

ない話だが、俺のお事が出来
定年なる前に働い場所が激務だった為
とん家のしてこかっ

袋が作るへのご飯はこんな感じ

ミスのドーナツ2個

トルトのザか、マッ

だったの、娘は好き嫌いが多くて
かなりの食だった。
長も小さし、体はガリガリ
配もしたが、お袋に全ていた。

そんな娘を、彼お袋をった。
これ病気になってしま言い
に毎日ご飯作りにき








6 :1:2012/06/01(金) 07:54:44.84
少食で、好き嫌いが多かった娘も
彼女の料理だけは食べた。
その内、娘はご飯をおかわりするようになったり
嫌いな魚も食べるようになった。
一年で、あっという間に身長が伸びて
体重も平均に増えた。
外食にいくよりも、娘は彼女のご飯が食べたいと
毎日はしゃいでいた。
俺は嬉しかった。

ここまで書いたら、色々思い出して泣きそうだ。





7 :1:2012/06/01(金) 07:58:51.81
彼女はご飯だけではなく
掃除や洗濯もしてくれた。
ゴミ屋敷に近い俺の家を、彼女がピカピカにしてくれ
かなり住み心地が良くなった。
お袋は、家を掃除されるのを嫌がっていたが
俺は許した。
しかし、今度は彼女に全てを丸投げした自分が
いけなかった事に後々気付く。

その内彼女は、俺の家で暮らすようになった。
娘はすごく喜んでいて、毎日一緒にお風呂に入ったり
一緒の布団で彼女と寝ていた。
娘にとって彼女は、お姉ちゃんでもあり
初めて出来たお母さんだった。






8 :1:2012/06/01(金) 08:01:58.38
娘の運動会や参観日も
彼女がいってくれた。
俺も参加したけども。
クラスで、彼女はかなり浮いていたと思う。
何せ、周りの母親達よりも十歳は若い。
後に彼女は、周りの母親達から嫌がらせを受けていたみたいだが
彼女は何も話さなかったのでわからなかった。
娘は、彼女が学校に来てくれて本当に嬉しそうで
周りの友達にも自慢していた。







9 :1:2012/06/01(金) 08:04:44.34
スレ立てるの初めてだから
ちょっとぐちゃぐちゃだけど、ごめん。

上手くいっていたかのように思える生活。
このまま、俺は彼女と結婚して
娘に、本当のお母さんを作ってあげたかった。

が、ここから俺のせいで、全てが終わる。

俺はある事件を起こした。
酔っぱらって、器物破損をしてしまった。
しかも壊したのは、今の彼女と付き合う前に
付き合っていた女の車だった。





10 :1:2012/06/01(金) 08:09:06.28
当時の事は、本当に酔っぱらっていたので
あんまり覚えてない。
飲んだ帰りにフラフラ歩いていたら
前に付き合ってた女の車を偶然見つけた。
この女には、かなり金を使ったのに
いざ結婚となったら、子供がいる人とは結婚できないと言われ
振られてしまった。
俺に子供がいることはわかってた癖に。
俺はかなりムカついた。
忘れようと思ったが、酔っぱらって、女の車を見つけたら
その時の感情が蘇ってきた。
その辺に落ちてた鉄のパイプを拾い
フロントガラスをめちゃくちゃに叩いて逃げた。

今も思う。
何故、俺は我慢出来なかったのか。





11 :1:調2012/06/01(金) 08:15:49.18
る日、警察がきては連れていれた
ここかヶ月俺は留置場にる事なる
面会に来女に、めちゃくちゃに怒られ
泣きながら罵倒さた。
当然だと思っ
し俺は彼女別れたくなかった
虫のい話だが、彼女失ったら俺はどていいかわない。
警察か、精杯の償いをしと思った

ヶ月後。
は当然の様に、長年勤めた会社を首になり
職になった
代わに彼女を増やして働いてくれ
探し40歳を越えて職探本当に大った。
もしない日々く。

俺は虚しさをまぎらわせる為に、味にっとうしてった。
朝からビーみ、好映画ていた。
俺は長年働いてだから少しくらい
っくりしいよな気もしていた
でる間にバイクの大型免許もとっ
女にかなり叱らが、夢だっ
思うと、俺やっんだろうと
日後悔してる。





12 :1:2012/06/01(金) 08:20:53.44
毎日何もしなかった。
本当にしなかった。
娘の世話すらしなかった。

彼女の体に、限界が来てるのも知らなかった。

やっと探した仕事はタクシーの運転手。
前の仕事より、給料が半分になった。
この仕事はかなりストレスだった。
せっかく就職出来たのに
俺は酒の飲みすぎで、アルコールチェックに
入社一ヶ月で二回引っ掛かり
早くも首にリーチが掛かった。
この頃、彼女とは喧嘩も増えていた。
娘は完璧に彼女になついてて、俺の味方はいなかった。

彼女も彼女で、色々たまっていたんだと思う。
それでも俺は彼女と結婚したかった。





13 :1:2012/06/01(金) 09:27:08.25
そうこうしてる内、彼女がった
だった。
っぽい感じあっ
まさかに出ていくとた。
仕事から帰たら、彼女の荷物も何かっ
は帰って泣い
なだめてお父さんの
しかない
に嫌われた
その頃、お袋にガンが見つかり、院にも
、彼女のいい寂やストレスから
調を崩して入院した
彼女がい時は全てくいってのに
くなった間から、俺の周りはボロになった。

は彼女を恨んだ
女がなくなったから俺達は不幸になたんだと思った
のは彼女。俺は自分のしてき事を棚にあげて
を恨んだ。






14 :1:2012/06/01(金) 09:32:09.21
何度も彼女に連絡した。
娘の世話は、俺一人では無理だった。
お袋や彼女に全てを丸投げしたせいで
俺は家の事が何一つ出来なかった。
娘も、そろそろ思春期に差し掛かろうとしていたし
とにかく不安だった。
彼女が戻ってきてくれれば、また全てが
うまくいくような気がしてた。

俺は、今まで悪かったと、本当に心の底から謝り
彼女に連絡した。
家の前で、彼女が仕事から帰ってくるのも待ち伏せた。

しかし彼女からの返事は冷たく
今度待ち伏せたら、警察に言う。
ストーカーとして連絡する。と言い出した。
俺には、前の器物破損で執行猶予がついていたため
次に何かやらかしたら本当にブタ箱行きだった。
それだけは避けたかったが、彼女の事も諦められなかった。
何とか彼女に思いを伝えようとしたが
全て無駄に終わった。





15 :1:2012/06/01(金) 09:43:50.26
うしてる内に、袋が死んだ調
ンが進行し過ぎて稿術してもダメ

それと同時に、親戚引きた。
娘の希望だった。
俺みたいな親父とはくない
お姉んの所に行きいけいから
親戚のに行と言た。

一人になった。
の親、娘も、彼女すら失っ
人で起きて、仕事に行
時、彼女話を聞いガムシャラにいたら
なことにらなかった
と後悔してる
はまを見せないし
俺はもう空気なってる。





16 :離婚さんいらっしゃい:2012/06/01(金) 10:40:31.03
なんか心苦しい話だな…

見てるぞ。




17 :1:2012/06/01(金) 12:05:51.23
>>16
ありがとう

もう昔の話なんだけど
今でも思い出す。






18 :1:2012/06/01(金) 12:09:44.89
俺が留置場にいる間も
彼女は娘の世話をしてくれた。
それなのに俺は、彼女に恩を返すどころか
裏切ってばかりだった。

彼女が出ていってもうかなりたつ。
俺はバイク屋にいった。
そこでふいにバイク屋の兄ちゃんに
愚痴をいってしまった。
何でかはわからない。
ただ俺の話を聞いて聞いてくれる友達も
もう、誰もいなかったからかもしれない。





19 :1:2012/06/01(金) 12:13:30.10
ところがバイク屋の兄ちゃんは
何と彼女の友達だった。
もう会わなくなった彼女の話を
俺は聞くことができた。

彼女は最近、結婚したそうだ。
それを聞いて俺はかなりショックだった。
まだやり直せると、どこかで思ってたからだった。

兄ちゃんに聞くと、彼女は
けっこう金持ちの家に嫁いだそうだ。
兄ちゃんも、彼女の旦那と会ったことがあるらしく
淡々と話してくれた。
今思うと、兄ちゃんは俺の事を彼女からの聞いていて
俺に腹が立っていたかもしれない。
だから、当て付けのように教えてくれたのかもしれない。





20 :1:2012/06/01(金) 12:19:11.29
兄ち、彼女の那は
それ素晴らしい奴だ
高身長で高入。優し、まさにお合いだうだ。
旦那仕事を伝っ
と暮らしていた頃からは考えいほ
なりも綺麗、楽しそうにるらい。

俺としていた頃彼女は何でも娘のった
容室にいかず、服も買わず、彼我慢してた
それなのは、僅かった退職金を使
趣味車やバイや洋服に大金を使っ
に、服一ら買っやらなかった。
湿女が、我慢してと知らなかっ





22 :1:2012/06/01(金) 12:25:49.80
何日かして、俺はいつも行ってる居酒屋に行った。
その居酒屋のマスターに、彼女の話を聞いてすると。
マスターも、彼女が、結婚してたのを知っていた。
知らないのは、俺だけだった。

その後、たまにいくスナックに行くことにした。
繁華街を歩いてると、見慣れた後ろ姿があった。
彼女だった。
隣には、多分旦那と思われる男もいた。
175センチの彼女よりも、ずっと身長が高くて
お洒落な落ち着いた感じの奴だった。
彼女と腕を組んで歩いて行き、俺がいこうと思っていた
スナックにはいっていった。

俺はかなり迷ったが
何を思ったか、彼女達が入っていった
スナックのとびらをあけた。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20131203234651