2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

『自分の彼女が他人からSEXまで持ち込まれてしまう過程』に遭遇した







29 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 20:43 ID:925AHRXq
んじゃ脚色なしの文才なしで書き込みますね。

もう何年も前のお話です。当時は円形脱毛症になるくらい
ショックを受けた出来事でしたが、今はもうどうでもいいや(笑)

当時付き合っていた彼女と食事に行く約束をしていました。
待ち合わせの時間を気にしつつ、仕事を片付けていると、
終業時間まであと少しというところで、トラブル発生。
泣く泣く彼女に約束キャンセルの電話をしました。


その当時は本当に忙しく、立て続けにドタキャンばかり
してしまっていたので、その日も凄く彼女に怒られました。
すでに怒りを通り越して、こんな俺と付き合っている自分を
心底哀れんでいるような、そんな呆れた感じの声で「またね」
と言われました。

「また」なんて機会は無いのかもなぁ〜なんて考えが一瞬脳裏によぎっ
たのをハッキリと覚えています。




30 名トラ稿日: 03/02/18 20:51 ID:3vlyp8cw
と、最初からこんな感じで書まうと、とも女と
うまくなかっじゃない的なイージって
ね。

実はそんとはなく、当合いめてすで丸4年。大学
ークで知り合っ2つ年下の本当に可愛いした。喧嘩は
していしたが、仲直りするも早くて、仲では婚秒読みじゃん!
言わていま殿た。




33 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 20:59 ID:TNJJ1DVH
本当に彼女を愛していましたし、彼女も愛していてくれていたと思います。

で、本題に戻りますけど、その時起こった仕事のトラブルは簡単に解決
してしまうわけなんです。でも、待機時間ばかりが長くて、すぐに彼女に
連絡とって「待ち合わせやり直し」ができるほど早く片付いたわけでは
なかったのです。

プリプリ怒っている彼女に連絡するのも気が引けたし、どうしようか
なぁーって思ったんですけど、彼女の部屋に行ってみることにしま
した。




35 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:10 ID:yXmqZ8J4
それぞれのアパートを借りて住んでいましたが、お互いに
合い鍵を渡してあり、どっちかがどっちかのアパートに
入り浸っているって感じでした。

彼女の部屋は電気が消えてて明らかに留守でしたが、まぁすぐ帰って
くるだろうと思って、合い鍵を使って部屋に入りました。もしかして
俺のアパートに行ってたりして?とも思いましたが、先ほどの電話で
最後に、「いいよ家帰ってひとりでワインでも飲みますよ」とちょっ
とキレ気味で言ってたのを思い出しました。

貰い物の美味しいワインがあるんだと前々から言ってたので、帰ると
すれば自分のアパートに間違いないだろうなんて勝手に納得して、
彼女のベッドにゴロンと横になりました。




36 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:19 ID:aKBPal17
ま、ちょっと仮眠程度なんて思いつつテレビだけつけて、部屋の電気
を消したわけなんですが、仕事の疲れが溜まっていたせいか速攻で
眠りに落ちてしまい気づいたときにはテレビは放送終了砂嵐状態でした。

あ?一体何時なんだ…、アイツはまだ帰ってないのかなんて思いなが
ら時間を確認しようと思ったのですが、寝るときにはずしたはずの腕
時計が見当たらなかったんです。

どこに置いたっけなぁなんて眠い目を擦りながら探していると、
アパートの階段をカツンカツンと誰かが登ってくる音が聞こえてきました。





37 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:29 ID:dVfety32
「結婚したら新築のマンション探そう」って、口癖のように言ってた
彼女でした。

彼女のアパートは内装は改築されてまぁまぁだったのですが、外観は
ボロボロでいかにも取り壊しを待ってますって感じだったんです。

女性が深夜にヒールの高い靴なんて履いて階段昇ってきたら、まだ
一段目に足を掛けただけだったとしても、二階の住人にまで足音が響
くほどでした。

足音の雰囲気で、彼女だなぁ〜とは思ったのですが、いつものように
右左と几帳面にリズムを刻むわけではなく、ダラダラとした足取りで
した。




38 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:42 ID:atVLZy5R
玄関のドアに足音が近づいてくるにつれて、彼女がかなり酔っ払って
いるんだということに気付きました。

話し声から察するに、誰かに寄り添われて送られてきた
って感じです。もちろん相手は男でした。

「鍵、鍵。ほら鍵出しなってば」みたいな男の低い声と
「あははぁ」なんて笑ってる俺の彼女の対照的な声が
すぐそこまで聞こえてきた時、俺の緊張はピークに達しました。





40 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:50 ID:0x00u7gI
どうしたらいいのか全く分からずテンパってしまい、とりあえずテレ
ビ消して馬鹿な俺はベッドの下に潜り込んでしまったんです。

小さい頃からあわてん坊とは言われてましたけど、自分でも本当に
そうなんだなぁと思った瞬間でした。ベッドの下に腕時計落ちてました。
あ、ベッド脇から落ちたんだなぁ、見つかって良かったなぁ、なんて
喜んでる場合では無かったですよ、マジで。

当然送ってきただけですぐ帰るんだろ?って思ってた男が、部屋の中
まで入ってきて、くつろぎ始めたんですから。いや、明らかに俺の
彼女が招き入れたって感じでした。





41 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 21:59 ID:4yhoulDq
鍵はとりあえずいつも掛けるようにしてたんで、その夜も掛けてました。
どう考えても彼女が鍵を開けようとしてるんじゃないな、って感じの
多少強引な開け方でドサッと倒れこむように彼女が入ってきました。

「おいおい、靴っ、靴!」なんて男の声が聞こえて、またしても俺の彼女は
「あははぁ」なんて笑ってました。

わずかな隙間から玄関先に目をやると、体育座りの彼女が、男から
靴紐を解いてもらっていました。ヒールの高いブーツみたいなもん
履いてたみたいです。

俺の彼女はミニスカだというのに、パンツ見えないようになんて警戒
する様子も全くなく、男はパンツ見放題だったと思います。




42 名前: 俺のトラウ 投稿日: 03/02/18 22:00 ID:4yhoulDq
いててムカツイテしたよ。欝




45 名: 俺トラウマ 投稿: 03/02/18 22:10 ID:4yhoulDq
この書くと、マジでイつく話にけど続き書いてもい?




46 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 22:11 ID:4yhoulDq
つーか、吐き出させてください。俺のイライラを共有してください。




47 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/02/18 22:14 ID:ZxttCUFl
どうぞどうぞ!





51 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 22:35 ID:uny5AOkZ
靴を脱がせてもらった彼女は、コートまで脱がせてもらって、
「脱ぎ脱ぎしましたぁ〜」なんて甘えた声を出しながらこっちの部屋に
やってきました。俺が隠れてるベッドがある部屋ですね。
隠れてるって言うか隠れてたつもりはなかったんですけど、結果的に
はねぇ…欝。

で、部屋が明るくなって、いよいよ俺は緊張で馬鹿みたいに震えていました。
つーか、俺が今までベッドで寝てた形跡とか、部屋で過ごしてた痕跡とか
残ってんだろー?とか思ったんですけど、彼女の部屋に来て、唯一身から
はずしたのは腕時計で、その腕時計はベッド下に落ちてたわけなんです。

俺はスーツ姿でそのまま速攻眠ってしまい、スーツ姿で今度はベッド下ですよ。





52 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 22:35 ID:uny5AOkZ
タバコも吸ってないし、脱いだ靴のほかにも俺の靴はいくつか彼女の
玄関にあるので、本当に俺がいた形跡はその部屋にはなかったのかも
しれません。

形跡どころか、ベッド下では気配すらも消そうとしてる俺がいたんで
すけどね。笑えますね。悲しいことに笑えますよ、今となっては。

息とか必死に止めようとしていたかもしれないですよ(笑) 
笑えないや、やっぱし…。




53 名前: 俺のトウマ 投稿日: 03/02/18 22:36 ID:uny5AOkZ
で、くたいもない会話が繰りられてましよ。2人は同
だそうでさぞかし共話題あったんしょうねぇ、酔った
も手伝てか、俺といる時よりもうでしたよ…。もちん姿
は見えせんよ、足しかね。トーンや口調

て、も見なり、声言う声もこえくなるんで
て?ともド上に移動して、声っーか喘ぎ声と、
イ音しか聞こえなくなるからですよ

あー超ムカツ。だたいつくょうけど
う、の通り俺がベッド下にいるともに、
は他に抱るわけです
すごいでしょ?りゃ髪の毛抜けるでしょ?
で抜けたんですよ、髪の毛が。信じ綿すか




55 名前21禁さ稿 03/02/18 22:37 ID:ZxttCUFl
ほほぉ・・




56 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/02/18 22:44 ID:OKoN5KCV
で、どうやってベットからでたの?




59 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 22:55 ID:Bm4J5ghV
>>56
出れませんでしたよ、ずぅーーっとね…。

で、俺は自分の彼女が他の男に抱かれるのをベッドの下で
ずーと聞いてた男なわけなんです。結論から言ってしまうとね。

俺が吐き出したい色んなムカツクことが、もっとたくさんあるんですけど
書いてもいいですか?まじでブルーになりますよ?
ハァハァもするかもしれません。
俺自身が、ベッド下でチンポ立ちっ放しでしたからね、
不思議なことに。

いや、ここは決して笑うとこじゃないですよ。




63 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/02/18 23:01 ID:oiO0njuQ
>>59
エロシーンをあえて詳しく書かなかったことが余韻を残させる。
心に残る名作だ。


しかし、エロシーンも詳しく聞かせてくれ。(´Д`)ハアハア




65 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 23:11 ID:AO7d7AYR
>>63
ええ、エロシーンも書かせていただきますよ。
マジで俺はぜぇーーーんぶ、この嫌な思い出をここに置いていくつもりです。

洗いざらいぶちまけて、最後にオナニーして忘れます。




64 名前: 俺のトラマ 投稿日 03/02/18 23:04 ID:AO7d7AYR
まず彼女は使、電話で言ってた「貰い物のしいワ」っ
やつを男に勧めてましよ。と飲むはずったのにね

際俺と飲むきたうすりだっただろう?と飲
んじゃっ」とか言うつりだったのか寿。それともテキトーな
ってきて俺に飲るつもだったのかな

このワイン勧めたあたりて普通の世間ら一歩進んだ
雰囲気の2人に展ししたねが、今まは俺の彼女が
ベッド、テーブルはんで男がアグ感じでしけど、ワイン
始めあたりからは男もベッに腰かけてまから
足が並、す俺の側にあったんで。ふくらはぎから下
だけね




66 名前: 俺のトラウマ 投稿日: 03/02/18 23:20 ID:T18YzS89
>>64に関連してなんですが、最初の座り位置を考えますと、
彼女ベッドに腰掛けスタイル、男はテーブル挟んでアグラって位置関係。

コレはどう考えてもパンツもろですよね。ミニスカでしたし。彼女は
結構無防備に足とか開いてましたしね。そう、足だけは見えてますか
らね俺には。

で、ワインを彼女が取りに行っている間、男はおもむろにベッドに場
所移動し、タバコをふかし始めました。ZIPPOライターの音がし
ましたからね。テーブルにポイっと投げ捨てるような感じで置かれた
ZIPPOを見て唖然としましたよ。俺のZIPPOやんけ。なに勝
手に使ってんだよこのクソ野郎、アキレス腱切ってやろうか?なんて、
思ってました。ベッドの下でね…。





67 名前: 俺ラウ稿 03/02/18 23:23 ID:T18YzS89
まぁ、考えると
「パンツ見られるくらいなんっつーんだよ今からツど
 おっい丸パンツも脱がれ、見られころか挿入!」
じなんですけどね…。

しく欝でね。





72 名前: 俺のトラウマ ◆TORAyetFx. 投稿日: 03/02/18 23:33 ID:NHkrOQbY
励ましを頂き、トリップつけて登場してみました。
俺の書き込みで抜ける人はガンガン抜いてください。
髪の毛ですよ、もちろん。





73 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/02/18 23:37 ID:ZxttCUFl
ワクワク o(^-^)o




74 名前: 俺のトラウマ ◆TORAyetFx. 投稿日: 03/02/18 23:42 ID:jcNwdVDs
で、俺の彼女はワイン持って戻ってきました。
しかも持ってきたワイングラスは一度もまだ使ったことがない、ちょっ
と高価なグラスです。ムカツキ度UP。

補足しますとテーブルはガラスのテーブルであり、透明なわけで、
上に置いてあるZIPPO、灰皿、グラスは下からでも見えるわけです。
つまりベッド下にいる俺にも、テーブルの上に置いてあるものは
見えるということです。

彼女はベッドに腰掛けてる男を警戒してテーブル挟んで向こう側に
座る、なんてことはまったくなく、さも当たり前のように二人の足は
並んで落ち着きました。

まぁこの時点で、ベッドの下は全くの死角となったわけで、俺は
なんとなく安心したわけです。





75 名前: 俺のトラウマ ◆TORAyetFx. 投稿日: 03/02/18 23:44 ID:jcNwdVDs
何が安心なんだかと、当時の俺を問い詰めたい。





76 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/02/18 23:51 ID:ZxttCUFl
うむ。問い詰めたい。
オウエンカキコ




78 名前: 俺のトマ ◆TORAyetFx. 投稿日 03/02/19 00:08 ID:6xkO4NgP
それね、2人はワインを始めたわけです。
ワインんてか白し見分けられないようどん臭い
訳のわからウンチク語り始め、それに対して彼が「なるほどねぇ」
尊敬の念を込めたような相槌を打った時の底か嫉妬しまし

でもまぁ死入ったせいなか、冷静に今の自分の状況を見極めようとする
気持も湧いてき色々なことを考えました。






79 名前: 俺のトラウマ ◆TORAyetFx. 投稿日: 03/02/19 00:09 ID:6xkO4NgP
まず第一に、今何時なんだろう?というしょーもないことが頭に浮かびました。

いや、コレは結構大事なんですよ。だって俺と彼女は借りてるアパー
トは別だけど半同棲状態だったわけですからね。どうしていつ俺が
訪ねてくるかどうかも分からない状況で他の男とワインを飲んで
いられるのか?そういった疑問に繋がるわけです。

落ちてた腕時計に手を伸ばし、時刻を確認すると午前1時半過ぎでした。
俺が部屋に来たのが八時頃、少なくとも俺は四時間以上寝てしまった
計算でした。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 泣ける話, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 泣ける話, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20131220005454