2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

風俗嬢(デリヘル嬢)が客に本気の恋をして不倫した話






http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391309941/


1 :、名しにかりましてVIPがおします:2014/02/02(日) 11:59:01.82 ID:Q1tTeRkw0
淡々と書いく。





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 12:50:36.36 ID:Q45vKzJUP
主です。

淡々と書いていきます。

書き溜めてないし、初めてなのでゆっくりになるかと。





12 :以下、名無しにりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 12:54:03.51 ID:Q45vKzJUP
スペ当時

 3 女
しぽちゃしてる(少したい) 低身長 サメン

彼 2 男
細マッチョ 高身長 イメン





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 12:59:21.38 ID:Q45vKzJUP
彼との出会いはビジネスホテル。
デリヘルで働いていた私はその日2本目。
昼職もしてたから疲れきったままビジネスホテルへ。

サングラス(変装)をしてチャイムを鳴らし
知り合いじゃないことを確認したら隣に座る。
そして、時間を決めてもらって店に電話。
ここまではいつもの流れ。

人見知りする為、相手の顔をなかなか見れなかったが
チラ見してイケメンだと確信。
内心テンションが上がりました。





16 :以下、名無しにかしてVIPがお送りし:2014/02/02(日) 13:05:09.84 ID:Q45vKzJUP
支援ありがとうございます

ほとんどの客は時間もったいないといんばかりにガツしいる
彼はった。

彼「少し話そうか

調子が狂う

白黒の映画を見ながらおした
どうやら仕事飲んで同僚と利用した模
「可愛かっから0分にした」
さり気なく言っくる
風俗してたら辞なんてよく言われるか慣れてた。

30分して彼お風呂行こうか誘ってきた。
にリードされる私。





17 :しにてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:07:52.97 ID:0xhqww9i0





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:11:52.02 ID:Q45vKzJUP
ビジネスホテルだから湯溜めずにシャワーだけ浴びた。
ここからは自分のペースに持っていけた。
ベッドに行って攻めたり攻められたりして。

「嫌だったらいいんだけど、挿れらせて?」

ここにきて他の客と一緒だと幻滅。
これはビジネス。所詮、客と風俗嬢。
感情を挟む方がバカだ。

「私、本番したことないし・・・。」

っていうお決まりのウソ言って

「オプション代くれる?」

って最低な台詞を吐く私。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:17:16.21 ID:Q45vKzJUP
お金が全てだった。
私が吐いた台詞に彼は悲しそうな顔をした。

「え…。払ってもいいけど、それってなんか嫌じゃない?」

風俗にきて何言ってんだこの男はって思った。

「じゃあ、口でいいよ」

って彼に言われて なんだか軽蔑したような目で見られている気がした。
自分でもなんでこんな行動をとったのか分からないが
私は彼に跨って「内緒ね」って言っていた。
利益なんてないのに。





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:22:31.04 ID:Q45vKzJUP
行為後、彼とお風呂に入った。

「ねえ、結婚してるの?」
ただの興味本位だった。

「してるよ。可愛い姫が二人いる。」
笑って言う彼を見て悲しくなった自分がいた。

悲しいなんて嘘。
相手は客で、既婚者で、子持ちなんだから。
自分に言い聞かせる。

お風呂から出て彼に連絡先を聞かれて名刺渡された。
正直、迷った。
けど、常連になってくれるかもって思って教えた。





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:26:35.21 ID:Q45vKzJUP
「昼間メールするよ」と伝えた。

さすがに妻子持ちと頻繁に連絡とるのは気がひける。
帰り際に彼に「忘れ物」って引き止められて
抱き締められてキスされた。
多分、この時好きになった。

長くなったが、これが彼との出会い。





27 :以、名無にかわりてVIPがお送ります:2014/02/02(日) 13:29:44.08 ID:Q45vKzJUP
彼は豆頻繁にメールくれた。

間に返してたが、できるだけ時空けた。
彼に「いたい」って言われ「店通してならいい
って言ったらまた引かれてしまった。
結局初め会っ1週間後に外で会うとになった。





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:34:04.67 ID:Q45vKzJUP
昼職後だったから化粧も服装も適当だった。
人通りの少ない港に車を停めて彼と会った。

「化粧も格好もそっちの方がいいよ」
って彼が言ってくれた。

気づけば彼と話し始めて3時間たっていた。
彼は指一本すら触れてこなかった。
てっきり、性行為目的だと思っていたから気が抜けた。

「今日は私ちゃんのこと知りたいから呼んだ」
って彼が言ってくれた。





31 :以、名無しわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:37:19.39 ID:Q45vKzJUP
「何もないの」っからいた

しな。今は話すだけ。

私は彼に触れてほしいって思って自分から
キスて誘った。

は「ちょと、ちゃ驚いていた。

局、車で彼と2回目のエッチ便しまう。





32 :下、にかりましてVIPがりします:2014/02/02(日) 13:38:45.12 ID:0xhqww9i0
の男はな・・




33 :名無しにわりましてVIPがお送りします2014/02/02(日) 13:40:44.50 ID:Q45vKzJUP
「ごめね。退日は当に何もするもりじゃなかったのに」
って彼きた
たのは私の方なのに。


に出てコを姿緒にてたら
の車の後ろにチイルドトがあっ
を見た瞬間、罪悪感が一出てきた
れと同時に自分が彼のこときになっているのが分か





34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:43:23.43 ID:0xhqww9i0
そら完全に恋ですわ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 13:46:20.93 ID:Q45vKzJUP
離れなきゃいけないと思い
その日以降、彼に連絡を返さなかった。
連絡返してないのに
彼は豆におはようや、おやすみのメールをくれた。
自分の中で葛藤があったけど返さなかった。

1週間たって彼からいつもと違うメールが来てた。
迷惑だと思うから今日で連絡するの止める。
俺が言える立場じゃないけど 私ちゃんのこと好きになってた。
みたいな内容だった。

今までせっかく我慢してたが彼に「会って話せない?」とメールした。





39 :以下、しにかりましてVIPがお送りしま2014/02/02(日) 13:52:32.93 ID:Q45vKzJUP
悪いみたいにってるが、私だって悪い。
や、私の方がいこをしている
だから好きになもらうじゃって思
、話れて別れようと決めて彼に会った。

彼に会っ言いにくすべて本のこと話した
っている遠距離恋愛中がいること。
その彼氏手くいっく寂しいから、
ホストクブに通っていること
ホストクラブに為に風を始めたこと。

全てを話した。
でなチでなんだろ恥ずかしい
んだ

彼は黙っうなずいて聞いてれた。





41 :、名しにかわりまVIPが送ります2014/02/02(日) 13:57:38.11 ID:Q45vKzJUP
話し終わ彼が口を開いた。

「いや、正直びっくりした
彼氏はいるとはてたけど、俗始理由がホスったなん

動揺していのが分かった。
してくれてありがう。言うのに気いったしょ

こんな時で彼は気遣いをしてくれた
して
「俺の気持は変わらないよ。こんなこと言える立場じゃな
ちゃが彼氏と結婚するまで一緒にいくれないかな。

に嫌われる覚悟で言のに嬉しかった。





44 :、名しにかわりましVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:01:43.03 ID:Q45vKzJUP
こそこんなこと言える立場ゃないけど、
俺君の2目にしてくれないか

「2よ。私でいいの

私この彼と付き合ってくって決めた。
二人とも2番てポジションで関が始





45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:04:53.49 ID:0xhqww9i0
最初はスリルもあって楽しいが疲れてしまう




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:05:08.32 ID:Q45vKzJUP
私はそこからホスト通いと風俗を辞めた。

彼は無理にすぐに辞めなくてもいいよって言ってくれてたけど、
ホスト通いも風俗もどうでも良くなった。





47 :名無しわりVIPがお送ります:2014/02/02(日) 14:07:05.39 ID:0xhqww9i0
ふむふむ




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:11:11.18 ID:Q45vKzJUP
最初は彼が私のこと信じてくれなくて喧嘩も何回もしたけど、
気づけば信じてくれてた。

彼とは ほぼ毎日会っていた。
エッチをすることもあったけど話をして帰る日も多かった。

二人が休みが合えば遠出もした。
水族館やドライブ、紅葉狩りなどいろんなとこに行った。

彼のことが もっともっと好きになって私は遠距離恋愛中の彼氏と別れた。
周りや彼氏本人には、すごく止められたけど
私は彼しか見えない状態になっていった。





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:15:26.35 ID:0xhqww9i0
いかん方向性




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:16:42.68 ID:Q45vKzJUP
彼と一緒にいるとき、彼の奥さんから電話があることもあった。
私は平気なふりを演じ続けた。

彼は遠慮して出なかったが「怪しいから出て?」
と言って電話は必ずとるように言っていた。

彼と奥さんの夫婦仲はあまり良くなく
エッチは子供が生まれてから全くしていないとのことだった。

彼と付き合い始めのころは興味本位で
根掘り葉掘り聞いていたが、時間が経つにつれて聞かなくなった。

彼も家庭の話を一切しなかった。
彼が休みの日は私は連絡しなかった。

いつも私といるから休みの日は
家族と過ごしてと大人ぶって言っていた。





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:18:42.15 ID:0xhqww9i0
まだまだ燃えてる時期




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:20:25.48 ID:Q45vKzJUP
彼の前では明るく大人の女を演じてみせた。
でも、影では泣くことも多かった。

友達の誘いも断るようになり、
時間を空けていつでも彼と会えるように待っていた。





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/02(日) 14:24:59.88 ID:Q45vKzJUP
彼と関係が1年経ったとき。
だんだん嫉妬するようになって、
余裕がなくなっていった自分がいた。
この頃からケジメをつけようと思うようになった。

彼が大好きなアーティストのライブに二人で行くことになっていた。
このアーティストが歌う不倫ソングが好きで
二人でよく聞いていたんだが、ライブ当日歌ったら
終わりにしようと思ってた。

そんなことなんて全く知らない彼は
当日に近づくにつれテンションが上がっていった。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:風俗,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:風俗,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140210155204