2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

友人のセフレが俺の彼女に昇格した 後編






友人のセフレが俺の彼女に昇格したの続きです。


81 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 12:30:53.36 ID:M0snwiqO0
みんなありがとう。夕方まで仮眠とろうと思ったんだけど続き書きます。
落としてください。って言おうと思ったけどホント嬉しいわ。


さて、そんな夢のような童貞卒業を果たした僕は
暫く彼女が忘れられない日々でした。
二日間ぐらいは夢のような気分でふわふわしてました。
その後は彼女の胸の感触とか思い出してオナニーするというね。
気持ち悪いですね。吐き気がします。

でもまぁ、別れ際そそくさと帰って行った彼女のことだし、
雰囲気からして一夜限りだよなぁなんて思ってました。はい。
そうやって俺も忙しくて それどころではないぐらいになった。
一週間たったあたり、一通のメールが。 あたる からだった。

あ「この前はお楽しみでしたね。グヘヘ。」

もうね。こいつは人の気も知らないでと。
まぁこういうことするけど憎めないやつなんですよね。
なんだよ。用かよ。と送ると

あ「いやね。
  俺もびっくりしたんだが、けいこ がお前のアドレス
  教えてほしいって連絡来たからさ。
  でも もう教えてるんですけどねー事後報告までに☆」

最後の星マークに殺意が抱いたが、びっくりした。
まさかあの子からコンタクトがあるとは。
暫くすると けいこ からメールが。





82 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 12:38:12.06 ID:M0snwiqO0
け「この前はお世話になりました(絵文字)

美味しい朝ごはんのお返しにご飯でも食べに行きませんか?
もし、よかったらこの前言ってた もんじゃ焼き屋行きたいです!」

そう、あの晩俺は趣味の話になった時、
神社仏閣めぐりが好きだと話していたのだ。
けいこ は写真撮るのが好きらしくて
いいお寺とか神社紹介してくださいよーと意外ながらも好印象だった。

その時、前に一人で浅草の神社仏閣めぐりしてるときに
ふらりと立ち寄ったもんじゃ焼きの店の話をしていたのだ。
どうやら、そこに行きたいというのだ。もちろん僕は承諾した。
丁度、研究室も夏休みで業者の点検が入る日が
日曜日にかぶっていたので その日に浅草でデートすることになった。

勿論初デートである。





83 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 12:50:10.22 ID:M0snwiqO0
その日、僕は久しぶりにジャージではなく、
自分の中では きちんとした服を着て浅草の雷門の前で待ち合わせしていた。
人が多くて暑くて敵わない。暫くすると電話がかかってきた。

け「もしもしー?お久しぶりです!」
1「あぁどうも。今どこですかー?」

け「交番の前だよ。」
1「いま、雷おこしの店の前です。今向かいますね。」

すぐに彼女は目の前に現れた。
何だろう凄くかわいい括弧してた。
麦わらのなんだろう、カンカン帽みたいなのをかぶって
ピンクのフリフリしたワンピースとデニムの半そでのアウター
・・・だった気がする。

け「待ってたかんじですか?ごめんなさい。」
1「いや、用事済ませてきたところだから丁度いい感じ。」

け「良かったーじゃあ行きましょう。
  お腹ぺこぺこなんでもんじゃ焼き行きましょう!もんじゃ!」

1「そうだね。」





84 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 13:04:49.58 ID:M0snwiqO0
俺の好きなもんじゃ焼き屋に着くなり、
俺の方を振り返って興奮気味だった。

け「凄い良い雰囲気!ちょっと待ってて!」

そうすると、バッグからカメラを取り出して店の外や中を取り始めた。
あぁやっぱ写真好きなんだなと ちょっと彼女の一面が見れて嬉しかった。
きちんとしてるなぁって思ったのは 店のおばちゃんに
中をきちんと確認していたのだ。
ネットに載せるわけでもないが礼儀としてきちんと
こういうことができるのはいい子だなぁと思った。

店に着くと、いくつかお好み焼きを頼んだ後にもんじゃを頼んだ。
ベビースターが入ってる昔ながらのもんじゃとカレーもんじゃ。

け「作るの上手いね!」
1「こんなの言うほどじゃ無いって。」

け「だって、土手が決壊してない!
  私、友達といったときとか凄いことになったものw」
1「そうかwじゃあ参考にしてもいいぞ!なんて。」

まぁそんな大した特技でもないが、というか
もんじゃって混ざればいいのだけど、
この土手が崩れないようにするのが僕の唯一の取り柄だったりする。

昔、実家に暮らしてる頃、産まれも育ちも下町育ちの両親が良く好んで食べていた。
親は共働きで、晩飯を僕と妹で作らなきゃいけない時がけっこうあった。
僕が部活で忙しいときは親から教わったもんじゃ焼きを作って妹と食べていた。
簡単で早く出来ますからねw






85 :名も無き被検体774号+:2014/02/06(木) 13:12:06.67 ID:Fz486blh0
わっふるわっふるわっふる




87 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 13:18:01.74 ID:M0snwiqO0
ベビースターもんじゃを食べた後はカレーもんじゃを作ろうとした。

け「私作ってみる!」
1「お楽しみだね。やて。」

でもまぁやっぱり決壊させちゃって、落ち込んで
「味は一だから」と慰めたんだけど
故か、落んだままった

なんか負け気が!

張る姿も かいなと一人ニヤニヤしてた
は凄く気持ち悪いですねありん。
会計は俺がおうとしたが、
の前の朝ごはんの返しだとかな
ことにした。





86 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:8) :2014/02/06(木) 13:14:48.32 ID:dA3sUxlu0
しえん、がんばれ!
エロ描写の「はうん!」で吹いてしまったwww




88 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 13:20:29.21 ID:M0snwiqO0
>>86
支援あり!
エロいスレにしたかったけど無理でした。もうしません。


その後は、浅草寺や神社、その周辺の寺や神社を巡った。
待乳山聖天いいですよ。俺はあそこの雰囲気好きです。
でも、ずっとなんか僕の趣味に付き合せてる感じがして少し申し訳なくなってきた。

1「ここは待乳山聖天。聖天を祭っている寺だよ。
  聖天っていうのはね、ヒンドゥーのガネーシャ。
  象の神様で、主に財運だとかを司るんだ。
  そこの二股大根は聖天さんの象徴でね、
  昔、十一面観音って仏様が・・・
  って何かごめんね。つまんないよね。」

け「・・・・・・(無言で色々と撮りまくってる。)」
1「・・・(やっぱつまんないかぁ)」

け「ねぇ・・・続きは?」
1「え?」

け「十一面観音が〜の続き」

とまぁ、意外と楽しんでくれていてホッとした。
というか写真撮ってるとき凄く真剣で邪魔できない感じで若干怖かった。





93 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 13:38:27.54 ID:M0snwiqO0
ごめんなさい。書きだめしてない衝動的なスレの上に思い出しながら書いているので遅いです。


神社仏閣めぐりも終え、どうやら錦糸町まで歩いてみたいとのことだったので
二人で街をぶらぶらしながら、俺は気になった寺や神社に入ったり
彼女は路地裏や風情のある建物の前、猫の前で立ち止まって写真を撮ったり。
二人とも割と自由に歩きながら、他愛のない話をしていた。
そんなこんなで途中であんみつ屋に寄ったりなんだりしてたら、
夜になっていた。

晩飯は一度食べてみたかったという錦糸町のラーメン屋で
玉ねぎいっぱい入った美味しいラーメンを頂き、
駅前の飲み屋で飲むことにした。

け「いやぁ今日は楽しかった。ありがとね。」
1「こちらこそ。俺も凄く楽しかった。
  あ、ここは俺のおごりだからな。」

け「えーいいよー」
1「黙っておごられろ!」

け「じゃーお言葉に甘えて!」

そんな、感じで先ほどの借りを返せることになって、
満悦の僕は彼女とまた色々な話をした。
学部生時代に熱中したことや、今日の寺社巡りの感想、
僕が寺社巡りをするようになったきっかけなど、
会話は尽きることがなかった。





89 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:8) :2014/02/06(木) 13:28:08.67 ID:dA3sUxlu0
これは好きになるだろ




94 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 13:55:21.27 ID:M0snwiqO0
>>89
ぞっこんでした。
>>90-92
ベビースターより、チキンラーメンの方が味が濃く出て僕は好きです。
あとチーズ明太もいい。これに餅を加えると激ウマです。




そうやって夜も更けてくるとそろそろ彼女の終電の時間が迫っていた。

1「さて、本当に楽しかったわ。ありがとう。そろそろお会計しようか。」
け「えー!まだ飲み足りないなーもっと飲む飲む!飲むのー!!」

1「いや、 けいこ さんもういい感じに出来上がってますよ。
  それにほら、終電。明日バイトあるじゃない。」
け「・・・やだ。」

1「また、どっか行こうよ。ね?」
け「・・・・・・」

1「 けいこ さん?」
け「・・・・・・・・・トイレ」

1「あっはい」

と、不機嫌そうにトイレに向かう けいこ さん。
しかし、いつまでたっても出てくる様子はなく、
終電まで残り5分をきった辺りで さすがに僕も心配になった。
恥ずかしいけど、終電を逃させるわけにはいかない。
仕方なく女子トイレの外から呼びかけた。





96 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 14:06:15.84 ID:M0snwiqO0
1「おーい。 けいこ さーん!終電。終電。」
け「え!1君!!ちょっと待って。」

と、テーブルに戻るもあらわれることなく終電が通り過ぎたであろう
時間になってやっとあらわれた。

け「いやぁまさか。トイレまで来るとはーびっくりしたぞー!」
1「だってほら終電。あぁ・・・もう過ぎてる。」

け「あらーやっちゃったねー仕方ない!飲み直すか!!」
1「とりあえず池袋まで行こう。
  池袋まではいけるはずだし、明日バイト行くのにも都合いいだろ?」

け「うん。そうしよーそうしよー!れっつごー!」

と、完全によっぱらってタガが外れた けいこ さんを連れて池袋に向かった。

池袋ではダーツバーに行った。
けいこ さんがダーツが好きだというので、僕はやったことないけど行ってみた。
店員さんはみんなイケメンで、これまたダーツもうまい。
こういう人って人生イージーモード何だろうなって思った。
彼女はマイダーツを持っているらしく、腕前もなかなかだった。
俺はというと全くダメで枠の中に入れるだけで精いっぱいだった。





97 :名も無き被検体774号+:2014/02/06(木) 14:07:58.31 ID:E2sDxS/q0
そこはホテルへ行くだろうに




98 :名も無き被検体774号+:2014/02/06(木) 14:16:26.84 ID:Fz486blh0
策士だな




100 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 14:18:50.72 ID:M0snwiqO0
1「うわぁ。全然いいところいかないや。」
け「持ち方が悪いんだよ、だめ!それじゃあ無理だよ。」

と、僕の後ろに回って、僕の手をつかみながら
持ち方やモーションを教えてくれた。
だけど、僕は けいこ さんの綺麗な黒髪から漂う甘い香りにドキッと
してしまって それどころではなかった。

そんなこんなで、ダーツしたりお酒を飲んだり、
しているうちに けいこ さんが賭けをしようという。
勝ったほうが負けたほうのいうことを聞くなんていう、
非常に僕には分の悪い賭けだった。

でもまぁ酒も入っていて少しムラムラしていた僕は、
それに乗ることにした。
ルールは01。最初の点数からお互いの獲得点数を引いていって、
0にすれば勝ちのゲーム。
これなら初心者でも勝てる可能性はあると思うよと言われてそうした。

だけど、まぁいいところまで入ったものの、結局彼女が勝った。
そりゃあ、ずぶの素人が勝てるはずもない。





101 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 14:26:59.97 ID:M0snwiqO0
1「あ!いい感じだっただがなぁ
結構がそろうようになったねごーい!(ドヤァ」

「で?何すればいの(もんじゃ焼 意趣返し・・・)
け「、そう。うん。じゃあ、そ。もう一軒かない

「はいはい。付きいますよ。そこでおいいんでしょ?
け「あの、に休みたなって

した。しかし、愚息は正直であった。
金は無いので、取りあえず完全個室で防音のるので
そこにことにした。

、夜のバイトで仮代わりに気って使っいた知っていた。
実は、二とも結構んだたりたせい
お金がかっんでよ。

まぁでも、やっぱり漫喫なで漫画をお互い読むこした
確か俺は未日記かなんかでたな
何故かネギま読んでかなw
く二人とも何言で黙々とマンガ読んでました。

と、徐彼女が聞いて簿きた。

。今、二人っきり、だ。って何言ってるんだろ、私。
「あうだね。」

け「の・・・・・ムラムラしい?」

ると彼女僕の股を当ててき





102 :1 ◆rJ3Qm433xI :2014/02/06(木) 14:34:14.16 ID:M0snwiqO0
ビクッとした。
というか、すでに僕は未来日記の最終巻の
あのシーンのせいか勃起はしていた。恥ずかしながら。

け「しない?ちょっと私ムラムラしてるかも。」


でも、僕は跳ね除けた。


また、こうやって彼女は寂しさやフラストレーションを
埋めるために求めてるんじゃないかって。
そりゃ勿論僕はしたかった。
だけどもまたそうやって彼女が傷つくのを見たくはなかった。

け「え?なんで?」

きょとんと彼女は僕をまっすぐと見つめていた。
僕は なんでこうしたか、それをはっきりと包み隠さず言った。そして

1「だからさ。君が傷つくのは見たくない。
それに、なんか僕ってキモヲタの童貞だったじゃない。ちょろいよね。
だってさ、すぐ興奮して今だってすごくしたいもん。
だからすぐ埋め合わせに使えるもんね。」

け「え・・・え・・・・・・・」

あぁ、最悪な男だ。
僕は、一番言ってはいけないことを言ってしまった。
だけども、言いたいことはそういうことじゃない。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140211114354