2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

高校の時に彼女が同じクラスの男に寝取られた思い出







477 :男:03/11/04 23:12 ID:1gRJw1BI
聞こえるかもしれんが、マジ話。
そんなきこ
にネタとらえるならそれでもい。



478 :寝取られ男:03/11/04 23:21 ID:1gRJw1BI
まぁ、許可もらわなくても書くわけだが(ワラ
俺が高校生の時の話。まだ若かったよ、あの時は。

俺は高校まで、特に好きな女ってのはいなかったわけだ。
でも、そんな中、やっと俺にも春がきたよ。
顔も結構可愛くて、スタイルはそんなに良くないけど、と
にかく真面目で優しくて笑顔が素敵な女の子だった。

仮に「ナオミ」としておこうか。
俺は日を重ねるにつれ、彼女に惹かれていった。
でも、あの時はそんな度胸もないから告白もできずに歯痒い毎日を送っていた。
ちなみに、俺とナオミは別のクラスだったが、
毎日欠かさず雑談して笑い合った仲だった。

彼女のクラスには、当時、俺が大嫌いだった男がいた。
何故嫌いだったのかは思い出せない。
とにかく嫌いだった。名前を「リョウタ」としておこうか。





479 :寝取られ男:03/11/04 23:30 ID:1gRJw1BI
sage忘れた(・∀

れで、ある日、オミも含俺の男1人
女友達1人で遊びくこ
ぁ、ガの財、渋ボウリングし・その程度だ。

をファーストード店で食ってたとき、偶然ってあるものだ。
ョウタとり会たんだよ、こっちはすっげぇかっのに

しかつ俺とナオの中間のに割り込んでってき
やがっかもに「け」言いながらの肩をして
りこできそこで怒ってやろうかとど、
大人いから止めておいた。

ミのやつも偶然あったリョウタと笑顔で話してやがん
ョウのやつ、顔結構カッコイ、スルもいから
女のにはモテ

オミもかした少リョウタに惹かてたの・。
、リのやつが俺り先に店をんだよ。
俺らも、ョウタ退店か1時間くらい後に店を出て、
こで解散だった。
・・が。

店をした時にーブルの上に何やら
CDプレイヤーが置いある
見覚えのあるやつだった。リョウタのだ。い。





481 :寝取られ男:03/11/04 23:37 ID:1gRJw1BI
ナオミもお人よしだから、
絶対こう言うだろうと思っていたけど・・・
「あたし、あの人の家近いから届けてくるよ^^」
なんて言っちゃってんの。冗談じゃねぇ。

もちろん俺がすかさず「いや、いいよ。俺が行くよー」
本当はゴミ箱にでも捨ててやろうかと思ったけど、
俺もそこまで鬼にはなれなかった。

渋々だがリョウタの家まで足を運ぶことになったが、
一度どうしても自宅に戻らなくてはならない用事があったので
一度帰宅。再度渋谷経由でリョウタの家まで行った。
とは言え、時間は夜の8時くらい。

リョウタの家は両親とも働いてるから夜11時くらいまでは、
あいつ1人で家にいるのは知っていた。
ちなみにアパートの一部屋だ。
8時30分頃にリョウタの家の前に到着。
チャイムを鳴らそうと思ったその時だった。

「・・・・ん・・ダメだよ・・ねぇ・・。」

なんだ?リョウタ以外に誰かいるのか?





482 :られ男:03/11/04 23:46 ID:1gRJw1BI
まぁ・・空耳かもしない。俺はを殺した。
周りは静かな宅街誰もいない
の前調立ち尽くした俺そっドアを当る。

「・・おい・・だから・・・そうだ
ョウタの寿だ、違いない

「んっ・あぁぁんっ・・でも・・誰か来るよぉ・」
まさ・・・・この声

神様、どうかの予中さないでく
んな思いで手に汗を
まさかこんなチャイムを鳴せるわけが
ある。そっく。
く考え便い不信だった、俺は

仰向けに横たわるナオミと
にのしか姿があった
窓を便、気かれないうにドアを開け、
そっに忍びこむ
とかなり大胆でした、俺(ワ





483 :寝取られ男:03/11/04 23:54 ID:1gRJw1BI
窓から見えたのは恐らくリビングだろう。
台所を抜け、リビングに向かった。
途中、床においてあったスリッパ立てを蹴飛ばし
気づかれそうになり焦ったのを覚えてる。
リビングのドアの前に立ち壁に貼りついて聞き耳を立てる。
ここからは鮮明に覚えてる、忘れられない記憶・・。

「今日はあいつらと何してたんだよ?」
「別にー、ボウリングしてただけ・・・んっ・・。」

「どうしたんだよ?こういうの初めてか?」
「んっ・・ねぇ・・止めようよ!どうしたの?リョウタ君ってば!」

「俺・・前からお前のこと気になってたんだよ。なぁ?」
「んんっ・・そんなこと言われてもあたし困るよぉ・・」

ここで飛び出していってやろうかと思った。目の前は真っ白。
だが動けなかった。飛び出せなかった。





485 :寝取られ:03/11/05 00:02 ID:2EtTL98U
に会話いた。ドの向こうにがいるとず。
「お前・・俺の名宿のこ好きなのか?」
ドアをそっとだけ開け、2人を見た
ナオミは上半ブラだけ
リョウタは1枚という格好だ
思わずナミにとれてしまいった
俺を呼び戻した。

「あた・(俺の君のこ好きなのら止めて!」
・・そうか。だったら一度だけでいいからお前をものさせてくれ

う言ってブらを外し、の胸に顔めた。
そうなと必然的に俺のこ入ると気づき
にドアれなおした。

「あ・・・リョウタ君・・ぁ・」
はぁ・・ナオミ・・だっだ・

「ぇ?ちっとリウタ綿れはメッ・・ぁん・

そらくナオそこっただろう。
俺は我きれなくなっ
近くにリョタの弟のものだろ
タケハル」と書いてある箱の中にス銃が入いるの見つけた
をがむ取った俺アを開けた。

「止めろっ!!!!」
声で鳴り散らした。 隣にも、いや。
この住宅街に響き渡ったかもしない



486 :寝取られ男:03/11/05 00:10 ID:2EtTL98U
沈黙が俺を押しつぶした。この空間を制圧した。

目の前には俺の大嫌いなリョウタが裸、
ナオミが胸を露にして押し倒されている。
肩で息をするしかなかった。
怒りより、涙が込み上げてきた。

銃口をリョウタに向けた。引き金はひけなかった。
もちろんガス銃だ。
当たっても怪我はしないだろうし、死にもしない。
だが痛さは充分にあるはずだ。リョウタに「そこからどけ・・・。」
「ナオミから離れろぉ!!」怒鳴る。怒鳴るしかなかった。

銃をリョウタに向けたまま俺は上着を脱いでナオミを起こし、
俺の上着を着せてやった。
その体は冷たく、綺麗だったのを覚えてる。
それが悲しく切なかった。

「おい・・これはどういうことだ・・?」
「・・・・・。」

「どういうことだって言ってるんだよ!!」

銃を投げ捨てた。置いてあったプラモデルに当たり、
プラモが砕け散る。
その後は何もできなかった。
もう何がなんだか分からず、全部夢であってほしかった。
本来の目的であったリョウタのCDプレイヤーを
返却して、俺はあいつの家を出ることにした。





487 :れ男:03/11/05 00:16 ID:2EtTL98U
ちろ、家を出ナオミも一緒だった。
帰り、何を話して良いか分なかった
情けた。
だが、リョウタに犯されそって、彼の口から、
ことが好きだ、と言ってていなたら
のまま成りを見まったかなかった。

人通りのい帰りミは電車宿るため、駅の階段で、
また明日、学校で^」
と笑顔で階段を降りて行こうとし
そらく、彼女なりの気の使ったんだろう。
顔を見たら、勝手に体が動いてい
気づを抱きしめ、「好きだ・・ナオミ・」
声で言ってた。
彼女も「・・・と言って尿くれた


あれ以来、今も付き合す。
高校代のょっと変わった体した。長文マソ・・。



鈴鹿(すずか)/パピヨン
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140214011046