2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

高校の時に彼女が同じクラスの男に寝取られた思い出







477 :寝取られ男:03/11/04 23:12 ID:1gRJw1BI
ネタに聞こえるかもしれんが、マジ話。
そんな話書きこんでいい?
別にネタとらえるならそれでもいい。



478 :られ男03/11/04 23:21 ID:1gRJw1BI
可もらわなわけだが(ワ
校生の時の話。まだ若たよ、あ時は

まで、特寿きな女っわけだ。
も、そんな、やと俺にきたよ。
顔も結て、ルはなに良くな便ど、と
真面目で優しくて笑顔が敵な女の子だった。

ナオミ」としておこうか。
俺はを重ねるつれ、彼女に惹かれてい
あの時はそんな度胸もら告白できずに歯痒い毎日を送っていた。
ちなみに、俺とオミは別のクラたが、
毎日かさず談して笑いた仲だった。

彼女クラスに当時いだ
故嫌いだっのかは思い出せい。
かく嫌いだった。名前をリョ」としておこうか。





479 :寝取られ男:03/11/04 23:30 ID:1gRJw1BI
sage忘れた(・∀・;)

それで、ある日、ナオミも含め俺と俺の男友達1人と
女友達1人で遊びにいくことに。
まぁ、ガキの財力だ、渋谷でボウリングしたり・・その程度だ。

で、昼飯をファーストフード店で食ってたとき、偶然ってあるものだ。
リョウタとばったり会ったんだよ、こっちはすっげぇ気分良かったのに。

しかも、リョウタのやつ俺とナオミの中間の席に割り込んで座ってき
やがった。しかも俺に「どけ」って言いながら俺の肩を押して無理
やり割りこんできた。そこで怒ってやろうかと思ったけど、
大人気ないから止めておいた。

ナオミのやつも偶然あったリョウタと笑顔で話してやがんの。
リョウタのやつ、顔は結構カッコイイし、スタイルもいいから
女の子にはモテるんだよね。

ナオミも もしかしたら多少リョウタに惹かれてたのかも・・・。
んで、リョウタのやつが俺らより先に店を出たんだよ。
俺らも、リョウタ退店から1時間くらい後に店を出て、
そこで解散だった。
・・・・が。

店を出ようとした時に、テーブルの上に何やら
CDプレイヤーが置いてある。
見覚えのあるやつだった。リョウタのだ。間違いない。





481 :寝取られ男:03/11/04 23:37 ID:1gRJw1BI
ミもお人よしだから
絶対こ言うだ簿ろうとっていたけど・・・
「あ人の家近いからくるよ^^
なんっちゃってんの。冗談じねぇ

ろん俺がすかさず「いや、いいよ。俺が行くよー」
はゴミにでも捨ててやろかと思ったけど
俺もそこまで鬼にはななかった。

渋々だがウタまでを運ぶことになったが
どうも自宅に戻らない用事った
度帰再度渋谷経由でリョウタ家ま婿行っ
とは言え、時間は8時く

リョウの家ともてるか夜11時くらいまでは
あいつ1人でいるのは知ってい
なみにアパトの一部屋だ。
8時30分頃にリョウタの家の前に到着。
イムを鳴らそと思ったその時た。

・・・・ん・メだ姿・・ねぇ・

?リョウ外に誰かいるの





482 :寝取られ男:03/11/04 23:46 ID:1gRJw1BI
まぁ・・空耳かもしれない。俺は息を殺した。
周りは静かな住宅街だ。誰もいない。
ドアの前に立ち尽くした俺、そっとドアに耳を当てる。

「・・・おい・・だから・・・そうだって!」
リョウタの声だ、間違いない。

「んっ・・あぁぁんっ・・でも・・誰か来るよぉ・・」
まさか・・・・この声。

神様、どうか俺の予感を的中させないでくれ。
そんな思いで手に汗を握った。
まさかこんな状況でチャイムを鳴らせるわけがない。
窓がある。そっと中を覗く。
よく考えたら怪しい不信人物だった、俺は。

そこには仰向けに横たわるナオミと
上にのしかかるリョウタの姿があった。
窓を閉め、気づかれないようにドアを開け、
そっと中に忍びこむ。
今思うとかなり大胆でした、俺(ワラ





483 :寝取られ男:03/11/04 23:54 ID:1gRJw1BI
窓から見えたのは恐らくリビングだろう。
台所を抜け、リビングに向かった。
途中、床においてあったスリッパ立てを蹴飛ばし
気づかれそうになり焦ったのを覚えてる。
リビングのドアの前に立ち壁に貼りついて聞き耳を立てる。
ここからは鮮明に覚えてる、忘れられない記憶・・。

「今日はあいつらと何してたんだよ?」
「別にー、ボウリングしてただけ・・・んっ・・。」

「どうしたんだよ?こういうの初めてか?」
「んっ・・ねぇ・・止めようよ!どうしたの?リョウタ君ってば!」

「俺・・前からお前のこと気になってたんだよ。なぁ?」
「んんっ・・そんなこと言われてもあたし困るよぉ・・」

ここで飛び出していってやろうかと思った。目の前は真っ白。
だが動けなかった。飛び出せなかった。





485 :寝取られ男:03/11/05 00:02 ID:2EtTL98U
更に会話は続いた。ドアの向こうに俺がいるとも知らず。
「お前・・(俺の名前)のこと好きなのか?」
ドアをそっと少しだけ開け、2人を見た。
ナオミは上半身はブラだけ、
リョウタは下着1枚という格好だった。
思わずナオミに見とれてしまいそうになったが
怒りが俺を呼び戻した。

「あたし・・(俺の名前)君のことが好きなの!だから止めて!」
「・・そうか。だったら一度だけでいいからお前を俺のものにさせてくれ」

そう言ってブらを外し、リョウタがナオミの胸に顔をうずめた。
そうなると必然的に俺のことが視界に入ると気づき、
咄嗟にドアに隠れなおした。

「あぁ・・っ・・リョウタ君・・ぁ・・」
「はぁ・・ナオミ・・好きだったんだ・・」

「ぇ?ちょっとリョウタ君!それはダメッ・・ぁん・・」

おそらくナオミのあそこに手をやったんだろう。
俺は我慢しきれなくなった。
近くにリョウタの弟のものだろう。
「タケハル」と書いてある箱の中にガス銃が入っているのを見つけた。
それをがむしゃらに手に取った俺はドアを蹴り開けた。

「止めろぉっ!!!!」
大声で怒鳴り散らした。 隣にも、いや。
この住宅街に響き渡ったかもしれない。



486 :寝取られ男:03/11/05 00:10 ID:2EtTL98U
沈黙が俺を押しつぶした。この空間を制圧した。

目の前には俺の大嫌いなリョウタが裸、
ナオミが胸を露にして押し倒されている。
肩で息をするしかなかった。
怒りより、涙が込み上げてきた。

銃口をリョウタに向けた。引き金はひけなかった。
もちろんガス銃だ。
当たっても怪我はしないだろうし、死にもしない。
だが痛さは充分にあるはずだ。リョウタに「そこからどけ・・・。」
「ナオミから離れろぉ!!」怒鳴る。怒鳴るしかなかった。

銃をリョウタに向けたまま俺は上着を脱いでナオミを起こし、
俺の上着を着せてやった。
その体は冷たく、綺麗だったのを覚えてる。
それが悲しく切なかった。

「おい・・これはどういうことだ・・?」
「・・・・・。」

「どういうことだって言ってるんだよ!!」

銃を投げ捨てた。置いてあったプラモデルに当たり、
プラモが砕け散る。
その後は何もできなかった。
もう何がなんだか分からず、全部夢であってほしかった。
本来の目的であったリョウタのCDプレイヤーを
返却して、俺はあいつの家を出ることにした。





487 :寝取男:03/11/05 00:16 ID:2EtTL98U
もちろん、家を出る沿時はナも一緒った
帰り道、何を話良いか分なかった
自分が情けった。
リョウに犯されそうにるとき、の口から、
が好と言宿ってくれていなか
俺はあのま成りを見守ってしまったかもしれな

通りの少ない帰り道、ナオミは電車に乗るた駅の階段で、
「また、学校ね^^」
段を降行こ
そら、彼女なりの気の使いう。
俺は顔を見たら、勝に体が動いていた。
づくと女をしめ、きだ・・ナオミ・・
と涙声で言ってい
彼女も「・うん・・」と言


あれ以来、今も付合っいま
高校時代ちょっと変た体験でした。長文スマ・。



鈴鹿(すずか)/パピヨン
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140214011046