2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺の墓場までもっていく秘密となった体験談







2 :代理人:2005/05/16(月) 00:42:22 ID:4q5HEOqc0
何年前だったろうか。

俺は大学に入学し、解放感からアルバイトをはじめることにした。
中学、高校と男子高に通い、女子とまともに口をきけなくなってい
る自分に気付いた俺は、Mでバイトをはじめることにした。
時給は安かったけど、女が沢山いた。

ほとんどは学生だったけど、時には元OLとか、主婦もおり、
女に慣れるには適当な環境だった。
進学校を出て、一応名の通った大学に通っていた俺は、バイト先では
余り相手にされなかった。

バイト命の香具師が何人もいて、彼らは女に不自由していなかったけど、
一応授業に真面目に出ている俺は、どちらかといえば浮いた存在だった。

それから女への接し方もわからなかった。今から思うと実に下手だった。
女からモーションをそれとなくかけられていたことが何回もあったのだが、
その時はそうと気付かず、なぜ彼女は こんな事を言うのだろうと訝しく
思ったものだった。



3 :代理人:2005/05/16(月) 00:42:56 ID:4q5HEOqc0
バイト命はがてMに就職してゆ俺はそんな道を歩
かった業に出て、剣道部で稽、空いた時間にバイトに入
そんな毎日だった。

バイトが2年目にもなると、新任されたりするし
時間でスタッフとち合わせをしたりする機会が増える。
俺はーナーとして人のたりなを通た。


バイト先の数名の主婦は応30代前までだった。
るの、若ほうが良かったし、40代で断らてい
婦が何いた。心で便かった俺、主には較的
かった。俺いな若者が退女を幸福にと言って
れた



4 :代理人:2005/05/16(月) 00:43:41 ID:4q5HEOqc0
俺は主婦のうち、3人と仲よくなっていった。
彼女達と、打ち合わせたりする機会が多かったから。

また、俺は若い子達に受けるような会話ができなかった。
仕事に関してじっくり打ち合わせることならできたけど、冗談を
言ったりできなかった。
また、若い女性と親しくなれない、バリヤーの様なものも感じていた。

その点主婦は、俺にとって女というより、姉さんのような感じだった。





5 :代理人:2005/05/16(月) 00:44:34 ID:4q5HEOqc0
話をしているうちに、時にはエロッぽい話になることもあった。
そんな時は、どぎまぎしてしまい、視線をそらせて黙ってしまう俺
だった。そんな俺を主婦達は見て笑った。

その一人はSさんという主婦で、36歳だった。21歳で結婚し、
双子のお母さんだった。ご主人は大手商社に勤めており、
カッコ良くとても もてるらしい。
Sさんは略奪されるように結婚し、あっという間に妊娠、出産。
双子を必死で育てて、ようやく外で仕事ができるようになったのだ
という。

そんなご主人から略奪されるのだから、彼女も魅力的な女性だった。
小柄で痩せているが、胸は迫力で、柔らかく制服を盛り上げていた。
丸顔で、整った顔つきで、お店にも彼女目当てで来るお客がいた。




6 :代理人:2005/05/16(月) 00:45:26 ID:4q5HEOqc0
が来と思うかもしれなが、ァストフのお
定客がは結構珍しい。
の人は彼女列に必ず並び、ある 手紙を彼女に渡たと
そし彼女が主尿わかってがっかりしたのう、
やがてお店に来なった。
身とわれても不思議のな活感がなく若く見える人
た。

彼女とすれ違うとき、彼女線を僕から外し
にぶつかうになることが度々った
だが惜しいことに、僕その都度けてい

度、すれ違う彼女の甲が、僕のあそこに当たったこあった。
僕は慌て女を見たが、黙って彼女は歩ていった

い時の厨戦争のようなもだか偶然だったかしれ
と思った。
の時のの感触は未だっている。





7 :代理人:2005/05/16(月) 00:47:33 ID:4q5HEOqc0
Mでは、時々れた。僕は余り参なかった
かしが内好意を持ってた子に誘たの
参加ことに
試験たのに、よく参きるいバイトが参加し
ている。

酒が回ってき席を各々沿変わりはじめる。
ここで秘めれていたカップルらきものが浮きてくる。

俺をてくれは、し込いた。
内心がっりしも友と話してた。
その時、フと視線感じ、見るとさん僕を見ていた。
彼女は何なく浮いてしまっいる感だった。
仲のい主参加いなかったからだうと思った。
主婦主人と供の世話で、夜はてこらないが多





8 :代理人:2005/05/16(月) 00:48:05 ID:4q5HEOqc0
俺は、話の区切りを見つけてトイレに立ち、帰りに彼女のそばを通
った。
「Mさんはどうしたんでしょうね?」と彼女と仲の良い主婦の名前
をあげて話しかけた。
「座って・・・」と言われ、
「じゃあ」と俺は隣の空いている席に座った。

座った瞬間、彼女の膝が僕の膝にぶつかってきて、片手が僕の片手
の上に重ねられた。一見柔らかそうな手なのに、実際は水仕事でがさつい
た手だった。
彼女は酔っているのかな、と思った。
とりとめのない話をして、お開きとなるとき、彼女から
「家まで送って・・・」
と甘えたような声で言われた。



9 :代理人:2005/05/16(月) 00:49:38 ID:4q5HEOqc0
今の俺なら、送り狼になるだろうが、その時俺は童貞だった。
チャンスも何も、分からなかった。
女づきあいの勉強などしなかったし、そんな軟派な友人もいなかった。

法学部だったので、試験が近いと気もそぞろだったこともあり、
彼女の近所のバイトに、彼女を送ってあげて欲しいと伝えてしまった。

その当時は成績が就職先にひびく時代だったので、気が気ではなか
った。試験が終わり、久し振りにバイトに入った俺に彼女は笑いかけながら、
「振られちゃった」と言った。目は笑っていなかった。
ある時、休憩室で二人きりになった。彼女はトイレを掃除していた。

時間があると仕事をする勤勉な女性だった。
ドアが開いており、お尻がこちらを向いていた。
彼女はその姿勢のまま僕を振り返り、「色気あるかな?」と聞いてきた。
僕はその時スケジュール表に目を落としていて、言われて振り向き、
突き出されたお尻を見た。

「充分に」と答えたが、それでも彼女に欲情しなかったのが
我ながら不思議だった。



10 :代理人:2005/05/16(月) 00:50:20 ID:4q5HEOqc0
今から思うと、彼女を性の対象として見ていなかったんだろう。
若い子から同じ事をされたら、多分理性のたがが外れていたと思う。


ある日、帰る時間が一緒になった。着替えて休憩室から出るのも一緒。
階段を並んで下りながら、喋った。二人は二の腕がこすれ合うくらい近かった。
ふと彼女から切り出してきた。

「今度飲みに行かない?」
「いいっすよ」

「約束よ」
「分かった」

俺は約束したのが少々重荷だった。
二人だけよりも、と思い、一緒に友人を誘うことにした。
友人には彼女がおり、可愛い理解のある子だった。
ダブルデートのような形になる。



11 :代理人:2005/05/16(月) 00:51:43 ID:4q5HEOqc0
で呑むの、どに目あるか分からない。
々危険囲気も感じいたのだ
間の渋谷で待ち合わせることした

彼女との待わせ時間友人達より0分早めいた。
色々話をて落ち着きたかった。
彼女はニコニコし待ち合わ場所にやって来た。
ンピースが似合っいた。
「電話がなかなかなかったので、今回も振れた思ったわ」便
すいません。人カップルも一緒にです。いいでしょ

「うん」彼はにっり頷いた。
驚いたことに、ご主人今日ことを知ってるという
爛漫というか・
それを聞いたも、動揺ものだら・
ら思うと、何とことだったか。




12 :代理人:2005/05/16(月) 00:52:45 ID:4q5HEOqc0
友人カップルと合流し、行きつけの飲み屋で軽くこしらえておいて
から、ディスコに行くことにした。当時は、ディスコが流行っていた。

行くと、彼女は初めてらしく感動している。それを見て可愛いと思った。
踊っているうちに、友人カップルにムードが出てきてしまい、
2人で外に行きたいという。ホテル街にしけこむのだろう。

「悪いな」
「ああ、悪くないから好きにしな」
彼らは出て行き、おれとSさんが残された。
2人で水割りをちびちびなめながら、とりとめもないことを話した。

「わたし、今日は独身なんだ」
「今日だけ?」

「そう、今日だけ」
「お酒、強いんだね」

「もう酔っちゃった・・・・」



13 :代理人:2005/05/16(月) 00:53:53 ID:4q5HEOqc0
俺はディスコで踊るのが好きだった。
一晩中踊っていて、翌日足が動かなくなったこともある。
忙しく、滅多に行けないので、たまに行くと踊りまくった。
が、今回は余り踊れない。一緒にいてあげないと、
彼女がかわいそうに思えたし、
色々バイト先では聞けないことも聞けたし、話が楽しかったのもある。

それでも踊ったけどね、彼女は踊る俺を見ていた。
しばらくすると、チークタイムになった。
俺はドリンクと軽食を持って彼女の隣に座り、自然に肩に手を回した。
思いの外細くて、骨が俺の腕にこりこり当たった。
襟元が柔らかいワンピースから、豊かな胸の谷間がうっすらと覗けた。

そのまま話し続けた。いつの間にか彼女は俺に寄りかかり、
俺の肩には彼女の頬がくっつく感じになる。
次のチークタイムになったとき、彼女が
「一緒に踊ってよ」
「いいの?」
「だって、誘ってくれないんだもん」



14 :代理人:2005/05/16(月) 00:55:24 ID:4q5HEOqc0
俺は少々汗をかいていた。
「服が汗で濡れているけど、いいの?」
「うん、いい」
手と手を取って、お互いに触れるか触れないかの距離を保って踊りはじめた。
最初は、彼女の胸が俺の胸にかすかに触れる程度だったのだけど、
段々密着してきて、最後は胸がぴったりと俺の身体に密着した。
俺からは近づいていないので、彼女から近づいてきている。
胸は柔らかかった。彼女の手はいつの間にか俺の背中に回っている。




15 :代理人:2005/05/16(月) 00:56:30 ID:4q5HEOqc0
この時のことは、余り覚えていない。
彼女は俺の反応を楽しんでいたのかもしれないと、今では思う。
こちらは興奮の余り、頭に血が上ってしまい、それでも落ち着いた
振りを演出し、彼女をリードしようとしたのだけど、
どうにもこうにも支離滅裂になってしまった。

揚げ句の果てに、俺は興奮の余り吐き気がしてきてしまい、
もう駄目だと思ってしまった。

席に戻ったとき、彼女は俺の腕に自分の腕を巻き付けた。
俺の腕は彼女の胸に押し当てられる形になり、
俺は自分が自分で無くなったように感じた。
俺は彼女を見つめて、「そろそろ出ようか」
彼女はあかんべーをした。
「ごめん、出たいんだ」



16 :代理人:2005/05/16(月) 00:57:27 ID:4q5HEOqc0
外に出て、涼しい空気に触れると少しは吐き気も収まった。
ネオンが光る道を、たくさんの人が流れてゆく。
2人でぶらぶらゆっくり歩きながら、渋谷の駅に向かった。
お互いに無言だった。何を話せばよいのか、沈黙に焦りながらも
どうしてよいのか分からなかった。

今まで女として意識していなかった彼女が、
いきなり女として俺の前に現われた感じ。
童貞の俺はどうしてよいのかさっぱり分からない。
その時、俺は勃起していたのかどうかすら思い出せない。

駅に余程近づいたとき、彼女は俺に向かってほほ笑みかけた。
「もう少し歩かない?」
俺は黙って頷いて、歩く方向を変えた。ホテル街へ。



17 :代理人:2005/05/16(月) 00:58:13 ID:4q5HEOqc0
彼女が俺にあの時声を掛けなければ、
そのまま駅から電車に乗って以前と変わらない日常を送ったことだろう。

だが、俺は彼女と歩む方向を変えてしまった。
彼女もその意味は感じ取っていただろう。坂をゆるゆると上りはじ
める。彼女は無言で、目は真っ直ぐ前を見ている。

腕は、どうしていただろうか、彼女の腕と組んでいたようにも思えるし、
肩に回していたかもしれないし、あるいは手をつないでいただけ
かもしれない。はっきり覚えていない。

ホテル街にいつの間にか入った。
いくつものホテルの玄関をパスした。
黙って通り過ぎた。



18 :代理人:2005/05/16(月) 00:58:51 ID:4q5HEOqc0
俺の心臓は早鐘のように鳴って、ゆっくり落ち着いたふりして歩く
のが苦痛だった。でも、どうしてよいのか分からない。

分かれ道で、2人一緒にふと立ち止まり、
彼女は「向こうの道に行こうか?」と俺に話しかけた。

俺は、その時目の前にあったホテルの入り口に目を留め、
「入ろうか?」 すると彼女は、「厭!」「厭!」
激しい拒絶の言葉だった。

駄目かと思いながらも、俺はずんずん入っていった。
手は放していた。
彼女は「駄目、厭」と言いつつも、俺の後について入り口に入ってきた。




19 :代理人:2005/05/16(月) 01:00:05 ID:4q5HEOqc0
童貞の真面目男に、ホテルの知識などあるわけがない。
入って途方に暮れたが、とにかくホテルの人に案内を頼む。
ホテル代が予算内であってくれたら良いのだが・・・

痩せたおばちゃんが案内してくれた。
Sさんは「イヤだ・・・恐い・・・・」と言いつつも付いてくる。

部屋の前で、おばちゃんが「ごゆっくり」と言ってすたすた歩いてゆく。
こちらをまるで無視している目だったが、その方がこちらとしては
気分的に有難かった。

部屋に入って、一応辺りを見回し、部屋の作りなどを確認する。
今のラブホと違って、ふつうの家のような造りで、布団は別部屋にあった。





20 :代理人:2005/05/16(月) 01:00:43 ID:4q5HEOqc0
ソファに座って、彼女を隣に座らせる。俺はお茶を入れて落ち着こ
うとした。
お菓子を食べて、「おいしいよ」と彼女に勧める。
彼女は明らかに息が上がっており、「ねえ、止めよう、止めようね」
と言ってきた。

それも、膝を俺の膝にくっつけるようにして、両手を俺の膝の上に
おいて言う。
俺は彼女の両手を握り、ふと前を見ると、鏡がソファ全体を写していた。
俺は黙って、彼女の髪をなぜながら、彼女の顔をこちらに向けた。



21 :代理人:2005/05/16(月) 01:01:22 ID:4q5HEOqc0
彼女は、イヤ、イヤとかぶりを振りながらも、俺は彼女に抱きしめ
られていた。

キスは上手くできなかった。唇を合わせても、イヤイヤと逃げてしまう。
が、突き放されるわけでなく、俺は彼女に密着していた。

目の前の鏡に、俺と彼女の姿が映っている。彼女は大きく胸を突きだ
して深呼吸しながら、手足を軽くバタバタさせていた。俺はどうして
よいやら分からない。

突き出された胸を服の上からもみしだいた。柔らかい。
彼女は「ヒッ」と声を出して、固まってしまう。

「止めて、お願い、止めて」と彼女は哀願する。
「今なら許してあげる、ね、貴方を許してあげるから、ここで止めて!」


後で聞いたのだが、彼女はご主人しか知らなかった。
好きな人とキスしたことはあるのだけど、そこまでだったらしい。
本当に当惑していたのだろう。



22 :代理人:2005/05/16(月) 01:02:30 ID:4q5HEOqc0
鏡に映ったsさん姿を俺は見つめた。
俺に服の胸をまれ、もをで回れて、足をタバタ
させてえしる。
俺はこれから先れば良のか分からかった。

け入れれてないが、拒否れてい。本当にイなら、
突きするだろ
しかしそれもな

とりあえずりのはち切れんばかりンを外し、
からのぞき込だ。
大きな胸だった。痩せいるのに、アンスなほど重感豊か
胸がラジーのっきりと間を造り、身もだえと一緒揺れ
た。
母親以外の女性の胸をこんなに身に見るのは初った
バイト仲間がしていた胸が、俺の目前にあった。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140217131948