2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺の墓場までもっていく秘密となった体験談 後編






俺の墓場までもっていく秘密となった体験談の続きです。


347 :262:2005/05/28(土) 18:09:01 ID:TQeFi0iF0
この頃の毎日の生活は、単調だった。
月曜から金曜まで、大学に行き授業の無いときは研究室に入り浸る。
とにかく一瞬一瞬が大切だった。

短答式の結果は出ていなかったが、論文の勉強を始めねばならなかった。
民事訴訟法、財政学、破産法など、学ぶべき事柄は山程あった。

土曜日曜はMにバイトに入った。俺はオープニングのトレーナーだ
ったので、朝6時半には店に入り、オープニングに合わせるために
秒単位の仕事にとりかかる。

手順がきちんと行くと、一秒の無駄もなく幾つかの作業を同時並行
して進めることができ、それでなければオープンには間に合わない。
8時間目一杯仕事をした後、道場に向かう。
道場で3時間の稽古を行い、その頃には肉体的にくたくたになっている。




348 :262:2005/05/28(土) 18:46:21 ID:TQeFi0iF0
俺の心中では、Mちゃんがメインで、Sさんはただの都合の良い女性
に過ぎなかった。Sさんとはバイトで出会うが、話を交わすのはクルー
のいる中だったので、ありきたりの事柄だけだった。

平日は俺が忙しくしていることをSさんも分かっていたので、
無茶は言ってこなかった。ただ、電話は結構かかってきていた。
俺がつめたくなったと思っているようで、そんな不安感を訴えてき
たこともあった。俺は、そんな事はないと丁寧に伝えたが、
心中どきりとさせられた。

短答式の結果が出た。俺は駄目だった。研究室では何人も合格してい
た。とりわけ、俺の友人が合格していたことが俺にはショックだった。
彼は、余り頭が良いとは俺には思えなかった。が、熱心に勉強してい
た。視線が真っ直ぐで、俺にはまぶしく思えることのある友人だった。

彼はその年は論文で落ちたが、一年浪人して合格し、今は裁判官を
している。




349 :262:2005/05/28(土) 18:54:17 ID:TQeFi0iF0
Sさんが残念会をしようと、食事に招待してくれた。彼女の自宅であ
る。俺は気が進まなかったが、無理やりといった感じで呼ばれていった。

ご主人はいなかったが、子供達がいた。37歳の、独身と言っても不
思議の無い彼女に、17歳の堂々たる兄妹がいるとは、信じられなかった。
特に妹は、Sさん似の丸顔で、整った顔立ちだった。洒落っ気はな
いが、もてるだろうと思った。実際蒼らしい。

話の中で、受験の話になった。2人とも優秀で、兄などは俺の高校
時代よりずっとできるだろう。話は随分盛り上がり、細かい受験の
ノウハウにまで話が行った。
話のついでのように「Hさんに家庭教師をしていただいたらどお?」
Sさんが2人に聞く。
2人はまんざらでもなさそうだったが、俺は断った。受験生にそん
な余裕はない。
Sさんは「そう、残念ね」と、俺を軽くにらみつけた。



351 :262:2005/05/28(土) 19:03:35 ID:TQeFi0iF0
お宅をおいとました後、夜風に当たりながら軽くワインの酔いが回っ
た頭で考えた。その時ピンと来たのが、Sさんの意図だった。我なが
ら鈍いと思う。

家庭教師になれば、いつでも家に行けるし、その気になれば・・・・
ということだろう。俺にとっても都合の良い話ではあったろうが、
俺は再びぞっとした。Mちゃんのためにも、早くSさんと手を切らね
ばならないと、その時思った。

俺は、バイトを辞めることにした。マネージャーにその旨伝え、
クルー仲間にも挨拶した。
辞めるとなったらあっさりしたものだ。休憩室を後にして、
もうここに来ることはあるまいと思った。

その夜、Sさんから電話があった。怒ったような声だった。
実際、彼女は怒っていたのだ。




356 :262:2005/05/28(土) 23:50:01 ID:TQeFi0iF0
「Mを辞めたのね」
「うん、そう」

「何故、ひとことも相談してくれなかったの?」
「ごめんね、反対されると思ったし、勉強が忙しいんだ」

「もう、余り会えなくなるじゃないの!」
「電話で話せるじゃないか。いつでも会えるさ」

「電話だけじゃ、寂しいわ」
「僕も我慢しているのだから、Sさんも我慢してくれないかな」

等々会話が続く。文字にすると大した事無いが、語気は荒く、
ほとんど喧嘩腰だった。

「今度アパートに行くわ、電話だけじゃ、話にならないから」
「ちょっと待って、僕が忙しいのは、分かっているだろう?
 アパートには夜にならないと帰らないよ」

「別に、かまいやしないわ」
困るのは俺なんだけども、と思いつつも・・・・
「ご主人や、子供達にはどうするの?」
「あなたには関係ないでしょ」

ガチャン。




357 :262: 2005/05/29(日) 00:00:01 ID:TgIuwESG0
俺は、研究室閉まるギリてい。自宅パート
上手く強できないのだ。
パー帰るのは、夜9時過ぎが普通だ
道をとぼとぼと歩てアパートに向か
寂しるが、俺はこいうの嫌はなかった
だ、今回流石気が重かた。
パートの前にSさんがるのではないかなどと考えてしう。

日後、俺パートで民事訴訟法の勉ていた。
もしい、三ヶ月章著の基を読いたころった
ヶ月先生のこは、僕が一番きな基本書だった。行間に熱気
もっている

夜の10時過ぎった。ドアがノッた。
俺は弟てドアを開けた弟は獣医学部に今年から入し、
時々アート訪ねて調ていたからだ
ていたのんだた。



359 :262:2005/05/29(日) 00:10:21 ID:TgIuwESG0
「やあ」と俺は女を招き入れ俺の少々こわばっいたかも
しれ彼女た雰稿で部屋に入ってきた。それか
上のや資料見つめ、

退勉強?」
「見るだろ、そうだ

「お邪魔かし・・」
邪魔よと言たいがぐっとて、は、
「紅も入れようか」
つもくれのだが、の姿冷ややか綿見ている。
り合ッキーなどを皿に入ーブに置
た。本や料を崩ないよう移動かいって
おれは座った。

ご主子供は?」
「知らない、あなたには関係いで宿

初から戦闘モードであるのに、俺はさを感ていた。
何故Mを辞めただけでこれだけ機嫌にならばならなのか。

別れ話は未だおしてのに・・・



391 :262:2005/05/29(日) 21:35:52 ID:TgIuwESG0
この状態で、別れ話を切り出すことはできない。何が起こるか分から
ない。まず、俺はSさんを落ち着かせるために、じっくり話を聞くこ
とにした。俺が感情的になってはいけない。

彼女は、ぷんぷんしながらも、紅茶に口をつけた。俺のとっておき
のアップルティーだった。とても香りが良い。

既に夜10時を回っている。主婦がこんな時間に、男のアパートに
いるなんてどうしても不自然だ。
俺はご主人とは面識が無いが、子供達とは一飯の義理というか、
親しみがある。
一体どうするつもりなのだろうか。



392 :262:2005/05/29(日) 21:43:46 ID:TgIuwESG0
「私が嫌いになったのね」としばらくして切り出す。
いきなり結論モードだ。
「一体どうしたのさ。ご主人や子供達は、どうしたの?」
「あなたには関係ないと言っているでしょう!それより質問に答えてよ」
「・・・嫌いになったわけじゃないさ。ただ、忙しいし、俺は疲れているんだよ」

我ながら優柔不断だと思う。
しばらく押し問答が続く。彼女の思い込みは強く、それは恐らく女
性の直感力だ。
そしてそれは事実でもあるのだが、俺はこの場を上手く丸め込みた
いと思ってしまった。
結論は出ているのだが、修羅場の先送りをしたわけだ。




393 :262:2005/05/29(日) 21:46:01 ID:TgIuwESG0
今になって分かることがある。Sさんは、3人姉妹の末っ子で、
両親から溺愛されて育ったらしい。実家はそれなりの家庭であった。
意のままにならないことがあると、ヘソを曲げる傾向がある末っ子だ。

要領は良いが、波風に弱い。俺は5人の子持ちなので、
子育ての過程で気付いたことだ。実例はイヤというほどある。
また、仕事や勉強時のの聡明さや忍耐力は、必ずしも人生でのそれ
には結びつかない。

要は、ちやほやされて育ち、仕事でもそれなりに評価されているわが
まま娘が、意のままにならない相手に腹を立てたというだけのことだ。。

ただそれは今になって分かることで、その時は彼女の反応の不思議
さとどぎまぎで、俺も普通ではいられなかった。




395 :262:2005/05/29(日) 21:53:48 ID:TgIuwESG0
「黙ってMを辞めたのは悪かったよ。そう怒らないで」

本当は、何故怒るのかと聞きたかったのだが、火に油を注ぎそうなの
で止めておいた。やがて話はとんでもない方向へ飛んでゆく。

「あなたはいつも、私のことを愛しているって言ってくれたじゃない」

それはそうだ、セックスの時、彼女は言葉の愛撫を好んだし、
「愛している」と言ってくれと、何度も俺にせがんだのは彼女の方だ。

「言ったよ」
「それは嘘だったの?」

「・・・いや、本当にそう思っていた」
「だったら何故、もっと一緒にいてくれないの?」  

おいおい・・・・



396 :262:2005/05/29(日) 22:08:20 ID:TgIuwESG0
彼女の眼差しは真剣そのものだった。

「ねえ、俺は学生だよ。しかも受験生だ。海のものとも山のものと
も分からない、若造だよ。Sさんを好きでも、幸せにしたりするこ
ともできないし、申し訳ないよ」

「そんな事、気にしなくても良いの。私が面倒を見てあげるから。」
俺の背筋に悪寒が走った。
「私、あなたの愛に応えなくっちゃいけないかなと、この頃思うよ
うになっていたの。」
俺は絶句した。

「ご主人は、子供達はどうするの。○○君、○○ちゃんが悲しむよ。
ねえ、一体どうしたんだい。家庭を壊したくないといっていたのは
さんの方じゃないか」

彼女は返事をしなかった。

都合よく肉体だけを楽しめる女性だと俺が勝手に思っていたSさん
だったが、そうではなかったことがはっきりした。
抱くというのは肉体のことだけにとどまらず、精神も一緒に抱くと
いうことなのだと骨身に染みて分かった。

因に、この時の経験がもとで、俺は結婚してから18年間、浮気は一度もしていない。
相手にするとしたら、プロと心に決めている。




399 :262:2005/05/29(日) 22:23:01 ID:TgIuwESG0
俺は冷たい汗をかいていた。運動の心地よい汗しか知らなかった俺は、
冷や汗というものが本当にあることを知った。
混乱していた俺だが、ここでの対応を間違えると、俺は人生を過つ
ということだけは分かった。
Mちゃんをどうしようか。Sさんは真剣だ。

「そこまで思っていてくれて、ありがとう」俺の精一杯の演技だ。

俺の目の前に、Sさんの肉体がある。豊かに盛り上がった胸。
細い腰。
先日まで、俺が自由にできていた身体だ。小振りだが整った顔つき。
目が俺を見つめている。

紅茶が冷めてしまっている。俺は席を外し、ヤカンに水を入れ、
間を取った。
落ち着け、落ち着けと俺は自分に言い聞かせた。

お湯が沸くまで時間がかかる。今まで俺と彼女は対座して座ってい
たが、俺は彼女の隣に座った。
対座だと、対立関係になりがちだ。隣に座って、お互いの体温が感
じられるくらいの距離に身体を置く。



400 :262:2005/05/29(日) 22:31:01 ID:TgIuwESG0
「哀しい思いをさせてしまったみたいだね。ごめんね」
「知らない!!!」

しばらくお互いに無言。お湯が湧き始めた。
「私が入れるわ。」勝手知ったる調子で、紅茶のお替わりを彼女が
入れてくれる。ポットにカップ4杯分くらいの紅茶ができ上がった。
もう夜11時を過ぎていた。が、彼女は帰ると言い出さない。



403 :262:2005/05/30(月) 19:02:48 ID:u2lc96kM0
お互いに無言のひとときが続いた。
俺は、今までの経過を反芻したのだが、段々むかむかしてきた。
セックスの時の、女に誘導された男の言葉を真に受けて、
愛されていると思い込んでいたなんて、何て馬鹿なんだろうか。
それとも、理屈にならない感情に流されてここまで来ているのか。
何れにせよ、ほとんど子供だ。子供じみていると自分で分かって
やっているのなら、コンチクショウである。


急に荒々しい激情が俺を襲った。俺は彼女の腕を荒っぽく掴んだ。
彼女は はっとした目で俺を見つめる。次の瞬間、ギラリと挑発的な
視線に変わった。

俺は彼女の視線から敵意に近いものを感じ、敵意に対して敵意で答
える衝動が俺のうちに沸き上がった。
俺は間髪をおかず、彼女を畳の上に押し倒した。




405 :262:2005/05/30(月) 19:18:26 ID:u2lc96kM0
お互いに声は出さない押し倒されてバタバタと彼女は暴れ

動きは大きくはない力は今が無で、
彼女は力を出していたと思う。
俺の目は走っだろうか、今では思う。

女はの両を何とか止めようと、手を使防いでい
所詮の力る。難しいのは、服破かないようにすることだっ
を動かなくるため、彼バン型を取らせて
を片押さえた。

柔術の呼吸ある。そのまま空いていのボタンを外して
行った。暴る彼女のボタ外すのは、結構しかった。胸のボタンた。

「イ、止め寿、ヤダ」吸に合すかな声使こえる。




407 :262:2005/05/30(月) 19:30:33 ID:u2lc96kM0
彼女に掴まれている痛みはほとんど無いはずだ。痣もできないだろう。
その意味で、俺は細心の注意を払っていた。
ボタンの外れたシャツの間から、豊かな胸がのぞいている。
今まで何度も愛撫した胸だったが、
このような状況で見ると、改めて興奮を誘う胸だった。
シャツの間に手を入れて、ブラの上から胸を揉んだ。彼女は益々
「ウグ、ウグ」とノドにこもった声を出しながら、暴れた。


次に俺は彼女にのし掛かり、自分の胴体で跳ね回る彼女の身体を押
さえつけた。上手くいった。次に俺は片足を彼女の股の間に差し込んで、
足を広げさせた。
さらさらした生地のスカートだった。俺はさっとスカートをまくり
上げ、ストッキングに手をかけた。

手がかかった瞬間に、俺はストッキングを引き下ろした。
これも柔術の技をかけるときの呼吸だ。
敵がはっとして防御体制をとる一瞬前に、技をかけてしまう。



409 :262:2005/05/31(火) 00:24:45 ID:og3HIr6g0
ストッキングを全部一度に引き下ろすことはできない。
尻の部分をむき出しにしただけだった。が、ここが外れては彼女は
元に戻せない。
彼女の両手は俺が利かなくさせていたからだ。ここから俺はバタバ
タする足から、じわじわとストッキングを脱がせていった。

俺も片手なので、膝近くまでしか脱がせられない。俺はそこで体を
一瞬入れ替えて彼女に馬乗りになり、両手でパンティーごとストッ
キングをはぎ取った。
彼女は一瞬両手が自由になったが、なす術もなかった。バタバタと
俺の背中を叩いただけだった。痛くも何ともない。

俺は一瞬だったがはっきり見た。彼女のあそこがヌルヌルに濡れて
いるのを。俺が体を外すと、彼女はスカートを下ろして
あそこを隠そうとした。

俺はズボンとパンツを脱ぎ捨て、起き上がろうとする彼女を後ろか
ら羽交い締めにし、胸を揉んだ。




411 :262:2005/05/31(火) 00:34:37 ID:og3HIr6g0
俺の両足は、彼女の腰と足に絡みつき、身動きをとれなくさせていた。
彼女が身体をエビのように前後に動かすたび、俺の手と足は彼女に
しっかりと絡みつく。

「ひいっ、むぐ・・・」と彼女は荒い呼吸とともにうめき声ともつ
かない声を上げた。
「イヤ、イヤ、止めて」と辛うじて言いながら、抵抗するが段々抵
抗は弱まっていった。

スカートをたくしあげ、素肌の彼女の下半身に足を絡み付けた。
体を入れ替え、俺の太ももが彼女の股間を押さえつける。
俺の太ももが彼女の愛液でぐっしょり濡れる。
そのまま彼女を俺の身体で押さえつけながら、俺は身体を沈めてい
った。亀頭にヌルッとした感触を感じたと思ったら、
あっという間に俺の息子は彼女の体内に沈み込んだ。




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140217132154