2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

不倫の前科のある嫁のカバンから、もう一つの知らない携帯が出てきた。
 
彼氏の元カノである現役アイドルと修羅場になった
 
汚嫁が間男と共謀して俺の子を堕ろした事が発覚
 
家に帰ったら汚嫁と知らない男から離婚を要求された。妊娠したらしい。そして俺に凄腕の弁護士がついた。
 
妻が浮気をして、3人の子供を置いて間男に元へ行ってしまった。借金も発覚した。
 
汚嫁の浮気現場に凸で間男をボコボコに。その後、一度行方知れずになった汚嫁のその後。
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
単身赴任先から早めに戻ってみると汚嫁と間男が我家で同棲生活をしていた → 間男の未来を崩壊させてやった。
 
嫁が期間限定で調教されてたけど露出やアナル開発どころか中出しや輪姦までされてた
 
俺の体験したことを振り返ったらアニメみたいだった
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
帰宅したら妻がヤられてた。間男は逃走。妻は自殺をはかった。
 
ガッキー似の女が俺の人生を変えた話
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
 

 
 
 
 

学生時代からの友人夫婦とスワッピングをしてみた2






学生時代からの友人夫婦とスワッピングをしてみたの続きです。


164 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:02:30.79 ID:i2W48SGT0
空気読まずに投下します


最初のスワップした後の話
ユリは一見何も変わらず
マモルの感想聞こうとすると「いやぁ・・・あはは」って口を曇らす
でもHの感度は明らかに変わった
なんというか挿入中の俺への視線が熱いというか甘いというか




166 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:04:46.38 ID:i2W48SGT0
元々俺もユリも穏やかなので夫婦仲は順調なので変わりはなし
Hの頻度は驚くほど増えた
月に一度あるかどうかが週に2〜3回
だいたい俺がむらむらきて襲う
見飽きた何気ない後ろ姿とかでも
友人にやられた女という前例が別の女のように俺を錯覚させた




169 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:09:22.90 ID:i2W48SGT0
嫁はアリサに「最近おっ君とラブラブで嬉しい(*^_^*)」とメールを送っていた
なんで俺が知ってるかというとアズサがこっそり教えてくれた
「ほら、良い感じになるでしょ?だからまたやろうよ」とお誘い

実際 俺はアリサとのセックスは物凄く興奮したけど
執着は全然びっくりするくらい無い
むしろ罪悪感でユリへの愛情が増しているんじゃないかって思う




170 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:15:21.44 ID:i2W48SGT0
そんな感じだからまたユリを誘ってみたら
(~_~;)←こんな顔をされた

微妙に嫌そうな雰囲気を無言のまま伝えてきた
ちょっと真剣に話し合い
俺が他の女とするのが嫌なのか、
自分が他の男とするのが嫌なのかどっち?
という問いには「どっちも」とそりゃそうかという答え




171 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:16:53.74 ID:i2W48SGT0
俺は真面目にここ最近の気持ちを話した
マンネリした感じがなくなって嬉しかったことや
アズサは気持ちよかったけどそれだけで、
やはり愛している人じゃないと虚しいなって思ったこと

するとスワップの話を露骨に避けてきたユリも
ぽつぽつと自分の気持ちを喋ってくれた
大体俺と一緒だったみたい
あと俺がアリサに執着するんじゃないかって不安もあった模様




174 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:28:30.87 ID:i2W48SGT0
色々と本音で話しあううちに何故かお互い愛の告白をしあう感じに
そのままラブラブな空気のままいつの間にかセックスをしてた

スワップが夫婦生活に良い影響があったなっていうのを肌を重ねながら
お互い再認識

事後に再び誘ったら「ずっとあたしのこと考えててくれる?」と
不安そうな子猫のような目で聞かれた
もちろん即答





177 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:34:15.16 ID:i2W48SGT0
マモル夫妻は言うまでもなく了承
後日またマモル宅でスワップ
二度目なので特に前置きとかもなく二組に分かれることに
ただ少し趣向を加えた

マモル夫妻は俺たちと初スワップをした後、
別の夫婦ともスワップをしたようで
その人たちから色々とやり方を聞いたそうだ




178 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:39:47.57 ID:i2W48SGT0
まずは交換した夫婦二人でそれぞれシャワーを浴びるというもの
先にマモルとユリが二人で浴室に消えていった

ユリは何度もちらちらと俺のほうを(・.・;)って感じで振り返っていた
マモルとユリがシャワーを終えるのをリビングでアリサと二人で待つ

すごい貧乏揺すりしてたんだけど それを見かねたアリサが俺の上に座ってきて
ソファの上で対面座位になって(服は着たまま)キスしたりしてた
お互い笑顔を浮かべながら軽い雰囲気だったけど
俺の顔は引きつってたと思う




179 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:44:50.49 ID:i2W48SGT0
そんな事をしてたらやがてユリがバスタオルを巻いて出てきた
ばっちりキスをしてるところを見られた
ユリは気まずそうに「ア・・・アハハ・・・」と力なく笑っていた
それはそれとしてユリの裸を見たマモルにメラメラと怒りがわく




180 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:49:45.04 ID:i2W48SGT0
その後 俺とアリサが浴室へ
マモルへの嫉妬の反動でアリサと
いちゃいちゃキスしながら服を脱がしあって
やっぱりキスしたり性器触りあいながら身体を洗いっこする

友達の女って滅茶苦茶興奮する
当然マモルもユリに同じことをしたんだろうと気づく
嫉妬から興奮でやばいほどかちかちに勃起した




183 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 21:55:15.45 ID:i2W48SGT0
浴室から出るとマモルはユリを自分の股の間に座らせていた
つまりマモルがユリの背もたれ状態
そして両手でユリの胸をいやらしく揉んでいた
ユリは一応マモルの手を掴んで制しようとはしていたけど
それはとても抵抗とはいえるようなもんでもなかった
俺に気づくと一気に顔を真っ赤にさせて俯いた




184 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:00:05.44 ID:i2W48SGT0
「じゃああれやろっか」とアリサが楽しそうに言った
俺とマモルが背中を預けあう形で座る
そしてその上にそれぞれのパートナーが対面座位の形で座った

つまりユリとアリサは視線があう
全員全裸
挿入はしていない
その状態で好きにいちゃつけという




186 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:08:27.91 ID:i2W48SGT0
アリサは積極的に耳とか噛んできた
基本的に視線は向こうにしたままキスをしてきた
ユリと視線を合わせてたんだと思う
楽しそうに「うふふ」と笑っていた

やがて後ろからもちゅ、ちゅ、とキスの音が聞こえてきた
うそん と思った

「ユリちゃん、もっと舌出して」
舌同士をれろれろと摺り合わせる音がすぐ後ろから聞こえる
それを聞きながら友人と嫁と同じようにベロチューしてた
もう発狂しそうなくらい興奮してた




187 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:13:00.61 ID:i2W48SGT0
アリサが耳元で呟く
「ユリ、めっちゃベロチューしてるよ」
それだけでいきそうになる

さらに追い討ち
「ユリちゃん、すごいねw」とマモルが笑うと
いきなり後ろから俺の手を引っ張られて
その手のひらに男の手で何か塗られた
とろ〜りとしていた

蜂蜜かなんかだと思った
「濡れすぎw」とマモルが笑い
「・・・やぁ」とユリが呟いた




188 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:18:55.47 ID:i2W48SGT0
俺は そこでギブをした
「も、もうそろそろ寝室行かない?」
「じゃあどっちが寝室使うか勝負しようぜ。
負けたほうはこのままリビングな」

いやいや前は隣室使ったじゃんと思いながらも
あれはあれで集中出来ないから
離れてたほうがいいかなって思った
それより勝負ってなんぞ?っと思ったら
「手で先にいかしたほうが勝ちな?」ってことらしかった




189 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:24:27.57 ID:i2W48SGT0
俺は必死でアリサを手マンした
しかし俺は下手糞だった
言い訳をすると焦りもあった

後ろからは「ふー、ふー」と絶え間なく
ユリの喘ぎを我慢する激しい吐息が聞こえていた
途中で我慢できずに首だけで振り返ると
マモルの肩回りはユリの両腕が力いっぱいといった様子で
抱きしめられていた
一方アリサは にやにやと余裕そうだった




191 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:29:53.96 ID:i2W48SGT0
くぐくもった吐息の中「んっ!」と甲高い声が漏れた
アリサはにやにやと視線を俺の背後に向けながら
「ユリ、超びくびくしてるw」と笑った

「・・・お、おっ君・・・ごめん・・・」
と泣きそうな声が聞こえた
俺も泣きそうだった

「じゃあ俺ら寝室な」
二人が階段を上がって寝室に行くのを
アリサに慰められるようにキスしながら見送った

アリサの唇はユリとは違って超気持ちよくて癖になりそうだった
アリサのが気持ち良いってわけじゃなくて
違った感触が新鮮で気持ち良いってだけ
きっとユリもマモルに同じように感じてるんだなって思って凹んだ




193 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:35:13.51 ID:i2W48SGT0
アリサとのセックスはやはり燃えた
アリサ自身イイ女だと思うけど
これほど燃えるのは やはり新鮮さと
友人の女という背徳感が大きすぎると思う
正直ユリのことを考える余裕なんてないくらい
アリサの身体に没頭した

終わった後アリサも満足そうに
「やっぱあたし達相性いいよねw」と笑っていた
アリサとは本当に肌と肌が良く合うというか
心の底から充実したセックスが出来る
でもその分終わった後の虚脱感も大きい





194 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:40:12.94 ID:i2W48SGT0
俺は性欲ではなく好奇心から二階の二人を覗きに行った
アリサは前回と同様パス
寝室はルール通り扉前回だった
入り口周辺までいくと、ベッドが激しく揺れる音だけがはっきりと聞こえてきた
こっそり覗くと正常位で二人はつながっていた
マモルの背中とユリの両足
そして少し斜めになっていたのでユリの上半身や顔も少しだけ見れた
ユリは枕を抱きしめるように顔に当てていた




196 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:48:18.26 ID:i2W48SGT0
前見た光景と一緒でマモルが腰を振る度にユリの足もがっくんがっくん揺れてた
枕に押し付けられて声は聞こえなかったけど
ユリの足の指がくにくに動いてて気持ち良さそうなのはわかった
マモルの背中は汗でテカテカだった
1分くらい見てたらアリサも来て二人で覗いた
「いつまでやってんだよw」って小声で俺が笑うと
「あの人長いんだよねぇw」とアリサも笑った




197 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 22:54:46.99 ID:i2W48SGT0
そのうちユリの両足がピーンっと伸びてびくびく身体を振るわせた
マモルもピストンを止めたから二人が同時にイったんだと思った
アリサが「いつまでやってんのw」って部屋の入り口に立った
俺は隠れたまま
ユリは反応無い
びくびくしてるだけみたいだった
マモルは軽く笑いながら「まだかかりそうw」と言った
「あんたまだなの?」
「ユリちゃんだけ」




198 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:00:04.65 ID:i2W48SGT0
「まぁいいけど。あたしらコンビニ行ってくるね。つまみ買ってくる」
「おー」
その返事を皮切りにマモルのピストンが再開したみたいで
「ひっ、ひっ、ひっ、ひっ」というユリの
苦しそうとも取れる喘ぎ声が聞こえてきた
初めて聞く声だった

アリサは俺に車出してほしいとと言ってきたが
俺は そのままそこで見たいと答えた




201 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:05:19.80 ID:i2W48SGT0
なんとなくアリサと並んで廊下に座り二人のセックスを盗み聞きする
家には誰もいないと思ったのがユリの喘ぎ声は大きくなった
「ああっ、ああっ、いいっ、いいっ」
特に印象に残ってるのは、喉の奥からひり出されるように
「ああぁ・・・深い・・・」という言葉だった

それを聞いて凹みながらアリサとキスをしていた
興奮という表現は少し違うような、
頭の奥がじわぁっと熱くなる快感だった




202 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:10:14.83 ID:i2W48SGT0
いつの間にか勃起していた俺をアリサが
音を立てないようにフェラをしだした

寝室の中では「ユリちゃん上に乗ってよ」という言葉の後
ベッドの揺れる音が変わった
ゆっくりと上下に揺れるような音

アリサにフェラされながらこっそり覗くと
マモルの上にのるユリの背中とマモルの両足が見えた
ユリの背中も汗でテカテカだった
「あっ、深い・・・」とまた言った




203 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:16:48.00 ID:i2W48SGT0
下からずんずんと突き上げられてユリの背中が上下した
「あっ!あっ!あっ!あっ!」
甲高い声で喘ぐとユリはすぐにマモルの胸に倒れ掛かった
するとユリのお尻が強調されて二人の結合部分がはっきりと見えた

ユリはぜえぜえ息を切らしながら
「こんなの初めて・・・」と言い、しばらく息を整えると

そして「・・・おっ君・・・こんなとこまで来ないのに」
と続けた




206 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:20:16.49 ID:i2W48SGT0
それを聞いて反射的に涙を流してしまった

なんだかすごく悲しいというか自分が不甲斐なかった
そんな俺を不憫に思ったのかアリサは自分から
またがり対面座位で挿入してきた
それも生で
「病気ないよね?」
俺はユリの発言とダブルでびっくりして動けなかった

そんな俺の耳元でアリサは
「別にいいじゃん。大きかったらいいわけじゃなんだし。
あたしはあんたのが好きだし。ね?相性相性」
と小声で慰めるように呟いてきた




209 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:25:22.43 ID:i2W48SGT0
後ろでマモルの上で腰を振るユリの喘ぎ声を聞きながら
アリサの生の膣内の感触を楽しんだ
多分人生のピーク

興奮とか快感とかそういうレベルじゃなかった
脳内麻薬ってああいうのだと思う
ぐにゃ〜ってなってほわ〜ってなってた

後ろで「あんっ!あんっ!あんっ!」ってユリが俺が聞いたことないような
派手に喘ぎ声を出してるのを聞きながら

アリサの暖かくて柔らかい中でちんこが溶けそうになってた
マモルに対する劣等感とか敗北感が消えてた




211 :お ◆IbrY9GJNGY :2012/09/02(日) 23:31:20.31 ID:i2W48SGT0
すぐにイキそうになって、それを小声で伝えたら
「ピル飲んでるからいいよ」とやはり耳元で呟いてきた
俺はそれは流石にやばいだろと思いつつも
そのまま身を任せた

嫁のすぐ近くでアリサの中で射精した
後ろでは自分の嫁が「あっ、あっ、おく、おくっ」と喘いでいた
アリサの中はぐにぐにと俺を締めつけてきた
よだれが出てるのが自分でもわかったけど止めれなかった
身体が溶けてた





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 乱交・複数,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 乱交・複数,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140220100242