2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録







394 :えっちな18禁さん:2012/08/25(土) 02:32:14.06 ID:P/qqw/bh0
自分もつい最近までスワップしてました。
せっかくなので自分の話も聞いてもらいたいです。
出来れば明日くらいに書きたいと思います。



472 :394:2012/08/26(日) 10:30:34.08 ID:tEq9EIiH0
昨日書き込んだ394です。
今大丈夫そうなので書きます。




473 :394:2012/08/26(日) 10:32:15.37 ID:tEq9EIiH0
自分は29歳のプログラマで
名前はちょっと変わってるので太郎としておきます。

嫁は桃子で、モモって呼んでいます。
23歳で、今はケーキ屋でパートしてる。

スワップ相手は
旦那の名前が祐司(祐二?)で、
俺らはユウさん、向こうの嫁はユウくんとか、うちの人って呼んでる。
35歳とかそこいらで、主にワイン売ってる人らしい。

相手の嫁が
希って名前で、旦那は呼び捨てだけど
俺らはノンタンって呼んでいて、
仕事は普通の企業の事務やってる人。
俺の一つ上。




474 :394:2012/08/26(日) 10:34:10.86 ID:tEq9EIiH0
初めは、俺とユウさんが知り合いだった。
当時まだ俺は別の女性と付き合っていて、
その元カノとノンタンの4人でよくユウさんの家で飲んでた。

ワインつながりでかなり仲良くなったのもあって
酒が進むので毎回飲んだらべろべろになってたんだけど、
俺の家で飲んだ時、ちょっとアヤシイ展開になったことがあった。

ノンタンがユウさん以外に経験ないとかで
「太郎君やってあげなよw俺は元カノちゃんとやるからさー」
てな感じで、成り行きでキスしてお互いの彼女のおっぱい揉んだりした。

ノンタンは服着たままだったけど、
脱いだらすごいだろうなって感じだった。
まさにグラマーな感じで、そんな人と付き合ったことなかったので
キスと胸触っただけでめちゃめちゃ興奮した。




475 :394:2012/08/26(日) 10:35:24.37 ID:tEq9EIiH0
それ以上はさすがになかったんだけど
そとあと別の日にユウさんとは
「あの時はやばかったなー」
「次は最後までやっちゃう?」っていう話でたまに盛り上がってた。

でも そのあと俺と元カノが別れてしまって
その話はなかったことに。

その後ユウさんとノンタンが結婚。
しばらくして俺はモモと出会った。

出会ったときモモは短大生で、俺の女友達の知り合い。
めっちゃタイプだったので猛烈にアタックした。
小柄で童顔。目がくりっとしてて小動物系。
体型はノンタンとは正反対な感じで、貧乳だったけど、
華奢な感じが女の子って感じでそこもタイプだった。

中学からずっと一人の人を思い続けてたんだけど
結局恋は実らなかったみたい(婚約したっぽい)で、
傷心のところに猛アタックして付き合えた感じ。





476 :394:2012/08/26(日) 10:36:29.87 ID:tEq9EIiH0
モモの性格は見た目通り大人しい感じで、全然男慣れしていなかった。
付き合っても名字で呼ばれるくらいだったんだけど
だんだん打ち解けてきて、太郎くんって呼んでくれるようになったり
いろいろ素の顔を見せてくれるようになった。
初めは俺が好き度が高かったんだけど、
徐々に向こうのほうが比重が重くなって、デレデレ状態になった感じ。

初めは手をつなぐと顔を真赤にしてたし
歩きながら手をぎゅってするとちょっとビクってなったり
仕草がめちゃめちゃ可愛くていちいちツボにはまってた。
そんな感じで純粋だったし極度の恥ずかしがり屋だったらか、
なかなかエッチ方面が進展せず、時間かけて何とかセックスに持ち込んだ。




478 :394:2012/08/26(日) 10:39:13.47 ID:tEq9EIiH0
案の定俺が初ての相手だった。
「初めて相手太郎君でよった。ありがとう」
照れわれめっちしかった
冗談っぽく「大人のレーに一歩いた」とか言って満足だっ

何度目かのセックスで モさがっとかってたのか
こうからてくるようなこともったけ
れでまだ恥ずかしが残
ずかしいかって正常位しかしてくれなかったり
は暗くしなめとか。

フェとかはアレを直視しないめだずかしが
なかなかやってくれなったりだった。




479 :394:2012/08/26(日) 10:41:05.17 ID:tEq9EIiH0
付き合って1年らいで、両の両親とも良くった
俺たちもしたしてたてのと、
自分も20代後半になって焦りって婚をし込んだ

レストでちょっとクサめイズでプロポーズしたんだけど
満面の笑みで受入れれた。
あとイレに行ったまましばらく帰てこなくて
やっと帰ってきたらっ赤にしてい
その時は何にもないっってたんとから問い詰め
今まの人生で一番最高な瞬間のずな涙を見せるなんやだった」
って言てた。このと結婚できて幸せだと思った

ユウさんとノンタンとは理由はないけどっとって
式に呼たことも参列してもらった。
んもノンタン
チピチうらやましいってなんか悔しがった。




480 :394:2012/08/26(日) 10:42:30.29 ID:tEq9EIiH0
それを機にユウさんとノンタンと交流が再開した。
とはいってもいつも通り、どっちかの家で飲むだけなんだけど。

ただ、モモはお酒が苦手だった。
ワインってアルコール度数13度とかで、
グラス1杯でかなりふらふらになってしまう。
なので、アルコールの弱めのワインとか、
オレンジジュースとか蜂蜜で割ったりして酔いすぎないようにしてた。

モモはあがり症で人見知りなので(俺とであった時もそうだけど)
初めはモジモジしたり、会話もぎこちなかったんだけど
ノンタンが超オープンな人で、二人の性格のアンバランスさが
かえってよかったのか
ノンタンに対しては間もなくして打ち解けた。

モモ曰く、「一人っ子だったから、こんなお姉ちゃんが欲しかった」
って感じで、ノンタンにちょっと憧れのまなざしを向けてた。




481 :394:2012/08/26(日) 10:43:57.43 ID:tEq9EIiH0
ユウさんに関しても普通に受け答えができるようになったものの
やっぱり男性は苦手なようで、目線を合わせにくかったり
俺の顔をちらちら見ながら会話したりしてた。

ただ、モモが酒に慣れてきて、量が増えるようになってからは
お酒の力も借りつつユウさんと二人でも楽しそうに談笑するようになった。

そんなある日、昔と同じようなことが起きた。

週末に俺のうちで飲む約束をして、
俺は仕事で遅れて到着することになったんだけど
その時はモモとノンタンがかなり出来上がってた。
ノンタンと初めて一緒に料理をしたらしく、
モモ的にはかなりテンションが上がってたみたい。




482 :394:2012/08/26(日) 10:46:42.51 ID:tEq9EIiH0
俺も負けじと参加したんだけど、
その日は全員かなり酔いすぎてしまった。
そんなとき、ノンタンが
「モモちゃんって太郎くんしか知らないんだって」
って言い始めた。

モモは「ちょっとー」って困り顔で流そうとしてたけど
ノンタンが
「モモちゃんみたいな純情そうな子でもさぁ、
エッチ好きなの??」
ってモモに聞いてた。

そのあともかなりきわどい会話が飛び交ってたのに
モモは結構食いついてて意外だった。




484 :394:2012/08/26(日) 11:13:10.13 ID:tEq9EIiH0
の力ってかなりオーンな
どことなライな感じで猥談を続けてんだけ

とやたいと思うことないの?って聞きだ
それはモモ使はびっくりした顔してた
いや…すがにそれはまだないです
ってして、
「まだっ!」って全員に突っ込まれてた。

そしたら「私はちょっと味あるなぁって言って、
きなの膝のに乗っ

に座状態だど、対面座い形で
冗談っぽく俺の胸に顔をあてた。




485 :394:2012/08/26(日) 11:13:52.73 ID:tEq9EIiH0
を見てモモ!」みいな顔して、
アワアワ始めてちょっと泣きそうになっ

「やだ…とらないで〜」って声で訴え
が かわいかったから俺もちょと意地悪したなって
「わぁ、ノタンするー」
て髪をいだりしてモが困る顔を見て楽しんで

そしたら、「モモちゃちお
って言て、ウさんがひってモモを抱えて膝に乗せた。

ウさん体格が大きく
いモモが おちゃたいふわて移動し
モモのほは、面?座位で後ろら抱込む体勢
その瞬モが一瞬でカチコチなって力が入りまく




486 :394:2012/08/26(日) 11:14:48.37 ID:tEq9EIiH0
モちんもいい匂いするじ、エロい匂いるよ」
てユウさんが煽ったりしてたんど、
いや…あの…すみん…すみ
て固く姿なりがらなんかに謝り続けてた。

はここで完全りたいなってしまった
りにェロが強すぎ、あともホントにエロかったので
間はモのことは考える余裕が全なか

「おっぱいめっ大き
ってノンンの許可なくおっぱいを触簿り初た。

そしたらノンタンがだぁ構上手ん」貿
みたい感じでり気アピール。

モモ
「太郎くんやだー手離して!触るのは私のだけなのー
みたじでやめてって懇願してた。




487 :394:2012/08/26(日) 11:15:38.43 ID:tEq9EIiH0
「モモゃんね。でも俺がいるから安心して」
って言ってユんがモモのを触りだ

と さっきまでイヤイヤ言いなが
モモがなりの力で拒否した。
胸の前で腕のクロスする形でうずくまる体だった。宿

ユウさん「なんでやの??
っていた
「こういうのは、太郎くんじゃないだめなんです…」

「なんでダメな??」
「太が泣いちゃうと思う」

「太くんがいって言ったら?」
「それでもダメす…

「な




488 :394:2012/08/26(日) 11:17:01.73 ID:tEq9EIiH0
この質問にはなかなか答えなかったけど、
何度も聞くユウさんについに観念して
「ノンタンさんみたいに大きくないからです…」

つまり、ノンタンの大きいおっぱいをいつも堪能してるのに
私の貧乳を触ったらしょぼいに決まってるじゃないですか
と言いたかったようで。

正直俺としては、彼女や嫁の胸の大きさとかなんでもよかったし、
モモもそんな話したことなかったから、
貧乳なのを全然気にしてないんだと思ってたから意外だった。

そしたら、ユウさんが、モモに耳打ちをした。
その時は何って言ってるかわからなかったけど。
そしたらモモが「えぇっ…!」ってなって
「それでもだめです」って顔を真っ赤にして答えてた。




489 :394:2012/08/26(日) 11:19:23.09 ID:tEq9EIiH0
そのやり取りでモモにできた隙を見計らって
ユウさんがモモの胸を揉み始めた。
モモは「やだやだーっ」って言いながらバタバタして抵抗してたけど
がっちりホールドされて動けなかったみたい。

ユウさんは「やっぱ最高だよ」って言いながら
悠々とモモのちっぱいを堪能してた。

俺とノンタンのほうは そのやり取りをほほえましくみてた。
そして俺はシャツの裾から手を入れて、生乳を触った
そしたら、ノンタンは「あっ…」って声を出した。
初めて聞くノンタンの色っぽい声に俺は完全に興奮。




490 :394:2012/08/26(日) 11:22:33.63 ID:tEq9EIiH0
「んっ…あっ…」
って意外と控えめなカワイイ声を出すノンタンに
夢中でノンタンのおっぱいを堪能した。

ノンタンもかなり興奮してるみたいで、
股のところを俺の太ももに押し付け始めて
触ってアピールをしてきたので
下も触っていいのかな?と思ってユウさんのほうを確認したら
モモが完全にユウさんに愛撫されてた。




491 :394:2012/08/26(日) 11:25:32.06 ID:tEq9EIiH0
背面座位から逃れようとあがいたのか、体はやや下にずれた形。
ワンピースの上からブラをずらして乳首をいじられてた。

手で口元を抑えて必死で喘ぎ声が出ないようにしてたけど
「ふーー…ふーーー…」ってちょっと色っぽい声が漏れだしてた。
「強情だなぁ…希みたいに声だしなよ」ってユウさんは苦笑いしてた。

あがいた結果ワンピースの裾が腰あたりまでまくれてて
パンツが丸見えになってたんだけど、それが妙にエロかった。

「可愛いパンツはいてるね。似合ってるよ。」
とかほめながらユウさんがパンツ付近に手をかけてた。
もはやモモに抵抗はできないようだった。




492 :394:2012/08/26(日) 11:26:28.16 ID:tEq9EIiH0
いピで、サテン地のシンルなパンツをいてたんだけ

手触ラサラで気持ちいい」
まいこ褒めつつンツさすウさ
徐々に場所を狙て、パンツの上から愛撫を始め

したモモ もう声我慢でなかたみいで
ひぅ…!あっ…あっ…!」
って声をて、また手で使口を隠してっ返し
ただ声はかなりきくてさんびっくりして笑ってた。

俺らも負けと愛撫を楽しでいたんだけど
モモられてる姿あまりにエロぎて直集退中できなかった。

ウさんは年り離れた男性で
かも構がっちりてて長身なの
のギャップが結構鮮烈で入ってしまう




493 :394:2012/08/26(日) 11:27:42.82 ID:tEq9EIiH0
れと同時に、
ぁ…俺のモモにやめて」って感情湧いてる。
便だ、それ上にモモのれる姿見たいって気ちが勝っちって
ままモ貿イくこがみたいって思ってた

「あぁぁ…!あぁ…!」
尿モモの大きさも長さもなってきて腰がガクガだし

たら、急にパンツにミがて、
れっと思った瞬間腰あたからボタボタ水分が垂れ始めた

俺も吹かせことがのに、モモ吹いたようった
ってわけではないど、ボボタて感じで
の初め一つ尿た気してちょと胸が苦しかっ
それと同時、やっごく興奮した。




496 :394:2012/08/26(日) 12:06:35.75 ID:tEq9EIiH0
「モモちゃん、わかる?いっぱい出てるよ」
って愛撫を続けながらユウさんが言うと
「あっ…!ごめん…なさい…。すみません…。あぁぁっ…」
って謝りながらも定期的に愛液が溢れ出してた。

ノンタンもその姿に気を取られてて
しばらく何もせずに二人を見守っていた。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140222090221