2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録2







小柄で童顔,小動物系の嫁が他のセッに溺れる記
の続です。



507 :394:2012/08/26(日) 22:14:33.29 ID:tEq9EIiH0
昼の続きです。

ああいうことがあってから、
モモのほうになんか変化があると嫌だなって思ってたけど、
全然ふつうな感じだった。
割とそういうとこドライな考えなのかな?って思うことにした。

ただ、俺のほうは、次会うときどうするんだろうって思ってた。
次誘われるとき、続きやりましょう!ってノリなのか
いやいや、そんなに毎回毎回やる気ないよ…ってノリなのか。

一応次行くときはコンドームもっていかないとな…とか、
そういうことは いっちょまえに考えてた。




508 :394:2012/08/26(日) 22:15:09.20 ID:tEq9EIiH0
そしたら、ノンタンから俺にメールが来た。
「来週の金曜お泊りで飲みましょう!」

本文はいつも通りの内容だったんだけど、最後に
「>モモちゃんへ
ユウは、黒の大人っぽい下着が好みだってさ」
って書いてた。

それみてモモは「やっぱり次も…」って肩を落としてた。
「嫌ならやらなきゃいいよ」って適当になだめてたんだけど、
黒の下着持ってんの?って聞いたら、
「女の子の日用のはあるけど、大人っぽいのはない…。」
って返答だったので、「じゃあ、今度回買いに行こう」って誘った。

そしたら「やっぱやる気満々じゃん…」って突っ込まれた。




509 :394:2012/08/26(日) 22:15:55.63 ID:tEq9EIiH0
休みの日に下着を買いに行った。
結構きわどいの渡してみたら
「こんなの、やる気満々だって思われちゃうよ…」
って半泣きになったので、ややセクシーな奴に決定。
Aカップ貧乳なので、ふくらみのエロさで勝負できない分、
レースとかリボン編みとかのデザインで勝負しにいった。

そして金曜に予定通りユウさんの家へ。
家に入った途端完全にガチガチになってるモモに
ユウさんもノンタンも苦笑いしてた。

「いやいや、飲むのがテーマだから…。
やるために来たんじゃないだろ。だから楽にしてろ」
ってモモをこっそり諭した。

まあ、その日はちょっと高めのワインが開けられて
向こうもやる気満々じゃん…って感じだったけど。




510 :394:2012/08/26(日) 22:16:58.10 ID:tEq9EIiH0
そういう俺のほうも、ノンタンとできるのかって思うと内心興奮しま
くってた。ただ、しばらくお酒のみながら話してたらいつも通りの雰
囲気になった。

和気あいあいとトークしたり、たまに前回のことでモモがいじられたり。
モモは、翌朝にノンタンとケーキ作りをする約束をして
超上機嫌でまぶしい笑顔をまき散らしてた。

話もひと段落ついたところでノンタンがしれっと
「お風呂いってこよー」って席を立った。
それからユウさんもさりげなく風呂に入り、
俺も、「じゃあ、もらうわー」って感じで入った。

この後のことを意識させないような大人なローテーションのあと
「じ、じゃあ、お風呂いただきます…」
って風呂場にぎこちなく去ったモモをみんな苦笑いで見送った。




511 :394:2012/08/26(日) 22:17:30.47 ID:tEq9EIiH0
モがお風呂行ってる間、
ノンンが
「私寝室でねよっ。太郎添い寝してもらうん
言っ
「じゃあ俺はリビンモモちと寝よ」とユさん
ってこー」
お前邪魔すんっ」
たいな感じそこで暗黙のルルがられてる感じだった。

モモが風ら上ってきて
家と通りの典型的ャマ姿出てきた
チェック柄のボタンシャツとズボンみたい姿の

た目は幼稚なんだけ、この
ちょいエロの下着が潜んるんだなあって思うと
ムラてきて、やっぱ俺がモモとやりたいなとかてた。





513 :394:2012/08/26(日) 22:18:19.51 ID:tEq9EIiH0
ノンあ寝ー」って言
俺を引っ張ってリビングへ

モのほうはモモちょっと腰痛いからもんで」って言わ
「は…は」って言われままにユウさんのッサーを開始。
んなモモを尻目に寝室へ。

く前にノンタンが、
ちょっ経っ、ここから観察しう」って言った。
ユウさ家はグが吹きにな
2階の寝室にう途中の道から見えるなってた
の時はは一生ユウさんの腰を揉ん

部屋に入った、ノンタンとベッ入っ
ンタンか あり得いくらい甘ぱいロい匂いがしてた。
ラズベーみたいな感じ
思わず「いい匂い」って言たら、ノンンが
俺にたっと寄りってきた。




514 :394:2012/08/26(日) 22:19:25.21 ID:tEq9EIiH0
「モモちゃん、エッチの時は大胆になるの?」
「いや…されるままかな…」

「だろうねw」
って言って前開きのシャツを開いて胸を俺の体に当ててきた。

「だから今日はモモちゃんがやってくれないこといっぱいしたげる」

そういうと俺の全身をキスしたりなめたりし始めた。
正直それがあり得ないくらい気持ちよかった。

「ここ気持ちいいんだ?」とか
「声出しちゃってカワイイ」とか言葉攻めつきで、
シチュエーションとかもあったのかもだけど
全身が性感帯になったみたいな感じだった。





515 :394:2012/08/26(日) 22:20:29.70 ID:tEq9EIiH0
乳首と手コキを同時にされて、
やばい!って思ったんだけど、思わず射精してしまった。
ノンタンは「早いーw太郎君カワイイ!いじめ甲斐があるよ」
ってめっちゃうれしそうにしていた。

相手が速攻イクのはどうやら相当うれしいようだった。
俺は男として情けなさでいっぱいだったけど
今まで感じたことのない気持ちよさに胸がいっぱいだった。

そしたら間髪開けずにノンタンがフェラしてきた。

モモに舐めてもらったことは数えるほどしかなかったんだけど
モモは、先っぽをチロチロしたり、口に含んで動いたりしてるだけで
それはそれで気持ちいいんだけどいつもイクには到底及ばなかった。
なので、もういいよって途中で止めたりしていた。




516 :394:2012/08/26(日) 22:21:20.85 ID:tEq9EIiH0
ンタく別物た。
一つの攻めが全部的で、思わ声がでまくた。
すぐにイキそて、止うと思ったら
「イっちゃ駄目よ。私もしまない
言って、際よくゴムをつけ
して「横なって」っと誘導され、騎乗位入。

は、う夢中でセックスをしていた。
ノンも俺への姿撫で状態ったみた
がイクまでに何もイってく

終わっ理とかも部やってくれ
、フラしてきれいにしてくれた。
でしょ?って聞たら
、へー。」ってい




517 :394:2012/08/26(日) 22:22:06.20 ID:tEq9EIiH0
2回も射精したので、さすがにフェラでは回復しなかった。
そしたらノンタンが
「回復するまでちょっとあっちのペア見てみようよ」
って言っきて、覗きポイントまで誘導された。

下を覗くと、モモとユウさんががソファーに一緒に横になっていた。
リビングの明るい電気は消えていて、
ソファ横のスタンドと部屋の間接照明だけで、
全体がオレンジ色になっていた。

そして、ユウさんがモモの胸の上に手を当てて、さすっている。
明らかに、そういうモードに入っている感じだった。




518 :えっちな18禁さん2012/08/26(日) 22:29:05.23 ID:eYrFW3iR0
NTRじゃなくてういう思いりのあるSwapっいな
俺もやってみいなぁ
でもなぁ嫁がなぁ



521 :394:2012/08/26(日) 23:02:11.98 ID:tEq9EIiH0
ユウさんが「かわいいよ」って何回も言いながら
パジャマのボタンをはずしていった。
モモは両手で顔を隠していて、「やだ…」って呟いいた。

前開きのシャツが半分くらいあいたところでユウさんが
「わぁ」ってつぶやいた。
「めっちゃエロい。最高。」
「お願い…見ないで…」
モモは顔を隠したままフルフル首を振ってた。

ユウさんが鎖骨とかふくらみの部分とかにキスをし始めて、
徐々に大げさにキスの音を出しはじめた。
モモは「んっ…んっ…」ってかすれた感じの小さな声を上げてた。

モモは足の親指同士をこすってたんだけど、
これやるときはだいたい興奮してて声出したいけど我慢してるときなので、
やっぱりモモもエッチモードに入っていることが分かった。





522 :394:2012/08/26(日) 23:04:30.22 ID:tEq9EIiH0
ブラジャーがずらされて、おっぱいが全部あらわになった。
「やばい。すごいきれい。カワイイ乳首」
っていって、ユウさんが乳首を指で転がし始めた。
「ひっ…!」みたいな感じで指が動くたびに体をビクンってさせた。

そのあとは乳首をなめられて声が我慢できずに
「あっ…あぁぁぁっ」
ってため息と混ざったような喘ぎ声を出してた。

「手をはずして顔を見せて?」
「(首を横に振る)」

「気持ち良くない?」
「(首を横に振る)」

「じゃあ見せて?」
「(首を横に振る)」

みたいなもどかしい攻防戦が続いた。





524 :394:2012/08/26(日) 23:06:30.48 ID:tEq9EIiH0
さすがにユウさんはらちが明かないと思ったのか、
モモのパンツに右手をかけた。

「やっ…!だめっ…!」
って切羽詰まった声をあげてモモが両手をユウさんの手に持って行った。
「顔見えた」
ユウさんはすかさずモモにキスをした。

モモは「んーんーっ」って言いながら足をバタバタさせていた。
「ここ…もうトロトロだね。感じてくれてたの?」
そんな感じのエッチな質問にモモは
「言っちゃダメ…」
って相変わらず恥ずかしそうにジタバタしていた。

ただ、それも初めのうちで、そのまま
結構濃厚なキスを続けているうちに
モモのほうもだんだん体の力が抜けていった。

向かい合って抱き合った状態で
いつの間にかモモの手がユウさんの背中に回っていて
ユウさんのTシャツをぎゅってつかんでいた。




525 :394:2012/08/26(日) 23:09:26.14 ID:tEq9EIiH0
「唾ちい?ウさんが言う
「ふぇ…?」ってトロンした顔で返事する

「そういうしたこ?」
(うずく)」

あ、ちょっと抵あるかな。ちっとってね」
ウさはリグのテーブルのワインを
モにキスをした
モに口移ようだっ

「モからもして?」
うとの口にスを、キスをした。

「モモちゃ簿からもらったかな、いしいよ」
ユウさんが言モモかしそうな、
も嬉しうな顔をて、回大きくうなずいた





526 :394:2012/08/26(日) 23:11:23.82 ID:tEq9EIiH0
その後 キスをしながら下を本格的に愛撫し始めるユウさん。
モモは腰をくねらせたり、浮かせたりしていた。

「あっ…あっ…」ってかわいらしい声あげて
もう声が止められない様子で、
ものすごく感じてるんだなってのがすごくよくわかった。

「手疲れちゃうからもうちょっと足開いて」
とか巧みにエロい格好に誘導するユウさん。
上から見ると足は完全に開ききってて、M字になってた。

ユウさんの誘導の仕方が本当にうまかった。
俺とするときでもここまで大胆な恰好をすることはなかったので
ちょっとショックだったけど、めちゃくちゃエロかった。




527 :えっちな18禁さん:2012/08/26(日) 23:12:07.60 ID:wRlVF+pq0
ゆう手慣れて



529 :394:2012/08/26(日) 23:15:09.21 ID:tEq9EIiH0
モモの水音がす、部屋に響きてい

したらモモがに焦ったじになってきた。
…あっ…あぁぁっ…」メで…!い!

「なんで?」
「あの…!また…!

「出出しいいよ
…!やだ…!

ういったものユんに攻られて、ソファと床にまた
いていた。今回も派ってわけでいけ、上から
いは濡れていた。
俺のどうったって無のになでそうなるのって
嫉妬心劣等感と興が入りっていた。




530 :394:2012/08/26(日) 23:16:07.04 ID:tEq9EIiH0
も絶え絶えなモに、ユウんは
そろそろ…ね?」
と言沿って、ムを付け始め退
モモは「あぁ…」ってらその様子
見ないふりでてるだった。

いよね?なんかないからね。」
顔をうにし目線ずらてういた。
それを見てユウさモに覆いかさるようにして初めた

「んっ…」て初め小声があった
そしたら、湿から一

えっ…い…
声が





532 :394:2012/08/26(日) 23:17:41.67 ID:tEq9EIiH0
使したの
「無理か…」

なんで?」
ないかも…」

ユウはフッって笑
「大丈夫だゃんと入ってるから」
ってゆっを続

最初は苦しそうな声していたんだ
途中かららかに気持ちよさそうな声で喘ぎだた。
「あ!あっあっ…!」
の動きわせて声が感じだった




533 :394:2012/08/26(日) 23:18:52.76 ID:tEq9EIiH0
全部入っ、モモちゃん高に気持ちい
稿…!やっ

ソファからいようにっかりつかてね
導されるま腕をいっぱい回しユウ姿んにしがみつモモ

!あ!あぁん
モモい濡れてよ」

「やっ…やだっ…!」
モモちゃんちょうだい?」

そういっしめのトンを続け
唾液を始めるとユウさん

「おいしいよちゃんは?」
「気の?もてほしい?

そんなユさん質問モモは
まとも返事できずただずくだけだった






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140222090413