2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録3







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録2
の続きです。



586 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/27(月) 22:21:57.55 ID:CTxSiZtZ0
394改め早漏郎で

までやったイベきでリストアップしたんですが
結構なけそです。
とりあえずは時列で、今に私が隙がったらまた書きに




731 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:46:35.23 ID:zg6M03+20
てなわけで、パジャマパーティの話をします。

初めてやった次の週、またノンタンに誘われた。
モモは、「またなのかな…?」って不安がっていた。
でも実際普通に飲んだだけで全然何もなかった。
それから何度か何もなく普通に飲んで終わった。

俺としては、もう一回ノンタンとやりたいなって思っていた。
一回抱かせた後、モモと何度もセックスしたけど
ノンタンの攻めは忘れられなかった。
もちろん、モモとのセックスがダメってわけじゃなく、
モモは仕草が可愛くて抱いているだけで胸がキュンキュンする。




733 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:47:52.18 ID:zg6M03+20
そうこうしてると、ノンタンからお誘いメール。
「パジャマパーティしない?もちろん泊りで(ハート)」
しかも、みんなでパジャマを買いに行こう!ってあった。
モモはキラキラした顔で「楽しそう!」って言っていた。

「あの…お泊りってことは、そういうことじゃないの?」
俺の一言に一気にテンションダウンして、行くか迷いだしたんだけど、
「当日、嫌だったら断ればいいんだからさ。」
って、前回通り適当に流していた

大型のモールで待ち合わせて、ノンタンたちと合流した。
いつも家で飲むだけだから、雰囲気が変わって、
みんなテンション高めだった。
モモも、家を出るまでは割とウジウジしてたけど、
大好きなショッピングを目の前にウキウキした感じで歩いてた。




734 :早漏太l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:48:48.09 ID:zg6M03+20
えずざっとショッピいた
ャマなく、雑とかとかり。
茶した後、本題パジしに女性用ームウェアショ
下着を売てるんだけど、ネリジェとかスウェットとかも売ってる。

入って早々ノンタン「太!」
て言、2着ナイトドレスを持ってき
どっちがいい!?」
ザイ、ピンク黒のとをせられた
も短し、胸元もかなりがいたザイン
かなりの

使りきどいねこれ…」いう
チw」ってちょと怪しげな線を向けてきた

そしタン「あもいいねう!
って下着もてきたんけどそれまたエロかった
ピンク地で胸元黒のレース入っている殿つ。





735 :早郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:49:59.39 ID:zg6M03+20
時モモは生懸分のパジャマをたよなんけど
然いいの見つからないらしうー…」稿ってなっていた。
その店ちょっとギャルが多かったか
モの趣味には合なかったみたい。

ノンタンは、そモモを捕まえて
「お揃いで買おう!」とさっきのドレスと下着を見せた。

モモはっ…っ…」なり
自分の趣ゃなかたみたいで、でも断りきれない感じだった。
見かね「モモちなの選ばせてや
ユウさんが

ノンタンごくがっかりした顔をした。
それを見て、悪いこ思った
モが「下着だけなら…」と譲歩。




737 :早漏l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:54:27.76 ID:zg6M03+20
それ聞いて一気にテンシが上がったノンはモモのを探に行た。
ボクサータイプのンツTバッべるけにする?」
ンが聞いていた
上下セッで、パン2種類から選るタイプの奴だった
は迷わず「こっちでてボサープのぼういた

、モモにTバクをんでほしった。
、エ下着を着 たモモ見て
こんな楽しみ方もるん!って衝撃を受けた身からすると
Tバックをはたモモたくて、ノンタンに推してほしかっ

案の定ノンも抵抗。
えー。パジャマのお揃い断ったんだからこれくらいいじゃ尿ん」
って強引な手に出た
…それ」みたいじでと断れない子のモモ。
「いいよね?ねってTバクをせた。
マジでGJだ思った。





739 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 21:58:05.04 ID:zg6M03+20
ただ、モモのパジャマはいいのが見つからず、
ほかの店で探すか…と他の店に行くことに。
しばらく歩いて、女性用の雑貨屋さんから
ノンタンが商品持って出てきた。

「これカワイイ!絶対モモちゃんに似合う!」
タオル生地で、ポンチョスタイル。
前は4つくらいボタンで閉じるようになっていて、フード付き。
で、フードがウサギの顔になってて、かぶるとウサギの着ぐるみ着た感じになる。

確かに、ロリっ子なモモにぴったりだと思った。
モモのほうを見てみたら、めっちゃ目を輝かせてた。
雑貨屋大好きなんだけど、意外にもこの手の商品を知らなかったみたいで、
「カワイイー!絶対買う!」ってめっちゃ喜んでた。




740 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:00:09.25 ID:zg6M03+20
そんなこんなでパジャマも揃ったところで、帰宅して
いつも通り飲みに。
ショッピング効果もあってか、モモはすごく上機嫌だった。
俺は、この後すんなり できそうだなって一安心。

「先お風呂入ってきなよ!」って男子が誘導されたので
ユウさん、俺の順でお風呂へ。

そのあと、「あたしたちは、一緒に入ろうね」
って言って二人一緒席を立った。
昼に約束をしていたみたいで、
モモとノンタンはキャッキャしながらお風呂に入っていった。

ユウさんといろいろ話しながら飲みなおしていると、
「あがりましたー」ってノンタンの声。
パジャマに着替えたノンタンとモモが出てきた。




741 :漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:03:18.09 ID:zg6M03+20
人とゃめゃ似合っていた。
悩殺系と萌え系って感じで、この対比がめちゃエロ
ノンタンは私をみて!と言わりに
くるくるってピール尿たけど
モモはそのでモジジして

「モモ愛いよっとせて?
んが声をか
の…えっ」みたいな感じてた
「ポンチョの丈が短すぎ嫌なて」
ズボくつりで買ったに…ノンさがダって…」
っては俺を見なが訳っぽく説明してた

かにズボンなしは丈た。
裕でパンチラするレベル。
ただ寿るモモのっ白で
らずすごきれいなって思った

かもこの下には簿さえたことのないロい下着が潜んけで
しかモモがているなんて、それを想像したら興奮が止められなかった





742 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :婿2012/08/29(水) 22:07:26.83 ID:zg6M03+20
そんな俺の情をって簿知らか、
「やばもうムラムラしてき!」って
ンタンが俺に飛きた。

ょ…!そこは西ず旦那の俺に来るだろw」
ってユウさんになっていた。

太郎スイッチ入ってるもんね」っていって
ンタン俺の首元とかに軽くキスし始めた。

ほうを見てみる
ょっと泣きそうな顔でこっちを見た。
下唇をき噛んで耐えてる感じ。

そういえば、俺ノンタンがもにき合ったりしていとこって
モモとユウは初回の時以来見ていを思い

初めモモユウさんに抱かているところを見、あの感情が
沿モの中にあるだろうな…て思ったょっと申しなかた。





743 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:10:30.79 ID:zg6M03+20
「ほら、モモちゃん」
って言って、ユウさんが自分の太ももあたりをたたいた。
「いつものやつ」

そういわれるとモモは
「え…うん…」みたいな感じでモジモジしつつ、
俺の視線を気にしながら ぽすっ てユウさんの太ももに腰かけた。
後ろから包まれるような、いつもの姿勢だった。

モモのほうは、やっぱり顔が真っ赤で、体も力んでた。
そんなことは気にしない感じで、ユウさんは後ろからハグしていた。




744 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:12:19.40 ID:zg6M03+20
「舐めて?」ってノンタンが俺に言ってきた。
ナイトドレスの真ん中の編んだ紐をほどくと、
ブラジャーが露出した。
ピンク地に黒のレースのブラ。
しかもボリュームのある胸。最強にエロい画だった。

はっきり言ってモモでは このエロさは出せない。
俺は正直これを心待ちにしていた。
そして興奮しきった俺はブラをめくって乳首を出した。

ただ、ふと目線が気になり、モモの方をちらっと見たら、
明らかに泣きそうな顔でこっちを見ていた。
口がへの字になっていて、このまま続けたら
どっかで泣いちゃうんじゃないかって思った。




746 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:16:05.49 ID:zg6M03+20
「希…モモちゃんが泣きそうじゃん!ピュアなんだから、この子は」
ってユウさんがノンタンを止めた。

「妬いてるの??、カワイイ〜!」
「モモちゃんごめんね?」ってノンタンがモモに謝った。

「…いえっ…!」ってモモがうつむきがちに首を横に振っていた。
別に平気です!ってちょっと意地を張っているように見えた。
ノンタンは「モモちゃんはユウに任せて、寝室いこっか!」
って言って俺を引っ張った。

モモのほうを見たら、モモが俺をじっと見てた
俺はモモに笑い返した。
するとモモは、ちょっとうれしそうな顔で
はにかんで俺にうなずいてくれた。

寝室へいく途中で、
「近くで見たかったんだけど、まだ早かったかなぁ」
ってノンタンは言っていた。

そして、「ちょっと、見てみよっか」って言って、
例の2階の踊り場に誘導された。





747 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:19:20.90 ID:zg6M03+20
「えっ…やらないの?」
俺は息子がえらいことになっていたので今すぐにでもしたかった。

「せっかち…。大丈夫、あとでいっぱいしたげるから!」
「太郎も、こっち見たくないの?」
「まあ…気にはなるけど…」
そういう感じで、高ぶる気持ちを抑え、上からのぞくことにした。

2階からだとはいえ、遠距離ってわけでもないので、
「ここから見てるの、ばれないの?」って聞いた。

「前の時は全然ばれてなかったみたい。
けどこの前ユウに上から見たって言っちゃった。」
つまり、ユウさんは見られている可能性があるのはわかっているみたい。




748 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:23:59.76 ID:zg6M03+20
下を見てみると、モモとユウさんが向かい合って座っていた。
モモもガチガチになっているわけではなくて、
初めのころに比べたらすこしは進歩していた。

ただ、俺としてはこの時点ですでにこの体勢になっているということ
がショックだった。モモのことだから、もっと抵抗するもんだろって
勝手に思っていたので…。そうはいうものの、やっぱりぎこちないし、
目線をそらしたり、気まずそうにはしていた。

「やっぱ似合ってる」
「あ、ありがとうございます…」

「実はね、このパジャマ選んだの俺なんだ」
「えっ…」

「恥ずかしくて、希に渡したけど…」
「そうなんですね…!これ、カワイイから好きです…」

「やった。気に入ってくれてうれしい。これからもいっぱい着てね?」
「はいっ!家でもいっぱい着ると思いますっ」

モモはにこって笑っていた。




750 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:26:40.49 ID:zg6M03+20
なんかいい感じだった。
初々しいカップルみたいな感じで、これはこれで嫉妬する。

「ダメだ…見たい。」
って言って、ユウさんはモモのポンチョのボタンに手をかけた。
思わずモモはユウさんの手に手をかけた。

「あの…」
「どうしたの?」

「電気…」
「そか、ごめんごめん。」

そういって、リビングのメインの電気を消した。
一面が前回みたいにオレンジ色になる。




751 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 22:30:32.08 ID:zg6M03+20
「消したよ?手、外そっか。」
「(首をふる)」

「??どうしたの?」
「私…、やっぱり見られるのは…」

「えっ…でもこの前は見せてくれたじゃん。」
「だけど…」

「モモちゃん、この前言ったこと忘れた?」
「それは…いえ…。」

「大丈夫だから…ね?」

そういうとモモはちょっとの間、迷いながらも、ゆっくり手を下げた。
「ありがと。」ユウさんが優しい声をかけて、上から何個かボタンを外した。
上からだとちゃんとは見えなかったけど、ノンタンと同じエロい下着が出てきた。




758 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 23:04:12.10 ID:zg6M03+20
「うわっ…カワイイ…」
「やっぱり、すごい素敵じゃん」

恥ずかしがってモジモジするモモをよそに、ユウさんはブラジャーを
優しくなでた。肩ひもをさっと外すと下にずらした。すごく自然な流れ
だった。あまり引っかかる部分もないため、簡単にちっぱいが全開になった。

「あぁ…すごい綺麗。」
「太郎君がうらやましい…。俺もこんなきれいな胸、俺のもんだって言ってみたい。」

何度もユウさんに褒められて、モモは恥ずかしそうに首をフルフル振っていた。
モモのコンプレックスを嫌味っ気なく自然に褒めちぎるユウさんは
本当に神がかっていた。
モモはモジモジしながらも、うれしさとくすぐったい感情と戦っているようだった。





759 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/08/29(水) 23:08:50.24 ID:zg6M03+20
ユウさんはTシャツを脱いで、スウェットのズボンを下にずらした。
モモはちょっと構えて何をされるのかとじっと観察してた。

「おいで」
ユウさんはモモを引き寄せると胸が重なりあうようにハグをした。

「モモちゃん、肌がこすれるの感じる?」
「は、はい…」って恥ずかしそうなモモ。

「こうするだけでも実は気持ちいいでしょ?」
そういいながら胸と胸をさするように動いている。
モモの顔は こちらからは見えなかったけど
おそらくうっとりとした顔をしているんじゃないかなって思った。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140222165423