2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録4







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録3
の続きです。



251 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:40:53.50 ID:no1K6bKU0
んばんは、早漏太郎です。

回途中で落ちてったので
期間が空いてしいま残りを投下し




252 :太郎l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:42:37.42 ID:no1K6bKU0
ユウんが終わってすぐにムラムラが我慢できノンタン稿

入るなりノンタンッドにて、
最後まみたった…」
多分あう一回しよ?」
か言いつつ、納得がいかそうだった。

ままってなった。
俺の視線はにしていないようで
まくれて太ももきわいところまで見えていた

ノンタンのはエ
に、のつ方がエロい
もちろんの筆は胸。
ちゃでってけではなど、
ふわおっくて、高にいい。




253 :早郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:48:38.82 ID:no1K6bKU0
モモの貧乳好きは好きだ
ないのねだなのか、の胸ごくうらやましい

んな気にせずンタンは
「胸が苦くてかっー」って言った
「なの続きたかったの?」て聞くと、
「だって…興奮しちゃうんだも!」
笑いながら開き直ったよに言っていた

「太郎くんは最後まないの
気になるけど…それよ調ンとしたいって…。」
さんより他人の奥さを選ぶの…?w
ってジト目で冗く笑いな言っていた。




254 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:51:50.33 ID:no1K6bKU0
でもうれしっ
いながら、俺のを触ってきた。
だ…元
「だから我慢てたんだって。」
「ふふそだねこっちおいで?

なんか顔つきが変わった。前回の時とじ感じ。
いにノンのスイチがエロモードに入て分った。
この瞬間を待ってんだと思う。
興奮と、ドキキが一気に加速使

「今日も、全部がやげる
ンはドレスの肩紐して、ちょっにずらした。
見たロい下着とふっとした胸が現れる。
俺は思ず凝視してしまっ

それ気付いノンンが「触いんでょ?」
って小悪魔っぽいで聞いて





255 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:57:17.54 ID:no1K6bKU0
「いいの?」って俺が聞くと、
クスって笑って「まだ、だーめ。」

そう言って、ノンタンは俺の首とか耳とかをなめだした。
そして、スムーズにシャツとズボンを脱がしていく。
最後のパンツをするっと取って俺のを握りだした。
「やばい…固すぎ…。」

そういいながら俺の耳元に顔を近づける。
「自分の奥さんのことあんなにされちゃったのに、固くなっちゃうんだ…。」
「モモちゃん…もうユウとエッチするのに慣れちゃったのかもね」
「多分今頃いっぱい きもちいい って言って感じてるよ?」
ズキッッと来るような一言を繰り返してくる。

そして、「やだ…もう出そうじゃん…」
そういって、ガチガチになった俺のをぎゅって握った。




256 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:05:07.10 ID:no1K6bKU0
ノンタンはベッドを降りて、床に膝立ちになった。
そして、ベッドに腰掛けている俺のものに胸を持って行って、胸で挟んだ。
俺は、生まれて初めてパイズリをしてもらった。

全部完全に包むには大きさが足りなかったけど、
それでもフニフニの胸に包まれた感触は十分すぎるほどで、
めちゃ感動した。

「モモちゃんにはできないもんねっ」
口から唾をだらーっと出して塗りたくる。
そして先っぽを右手の掌でこすり始めた。
この気持ちよさは本当にあり得なかった。
反射的に腰をぐっと引いてしまうんだけど、
ノンタンがホールドしててそれを止める。

もう、一気にイキそうになった。
俺が必死で我慢しているのを見てノンタンは
「はぁ…はぁ…」って荒い息を立ててた。
実はノンタンも冷静なふりして、興奮しまくってたようだ。




258 :漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:12:57.65 ID:no1K6bKU0
キそなんでしょ…?イって
「でもっ…」

「んっ…ぃ…てるんだ
ばらくノンタ殿からの攻め
ンタン、明らかに自分も感じているようで
「はぁ…んっ…」っえめなかいらしい喘ぎ声

「じゃあこうどうかな…?」
ノンタンとどめ俺を口に含んだ。
先っ下でがし始めた思ったら
思いっきり吸いなが頭を上た。

急なにとっ必死でようと力を入た瞬間、
の意に反して一気に射精してしまっ

散々慢しての射精全身に悪寒が走るほどのちよさだった。
快感が鮮烈すぎて、股間の快感が全然抜けなかっ




260 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:16:37.87 ID:no1K6bKU0
ふと、ノンタンの口に出てしまったことい出して
「ノンタン……」にかく謝った

っ…?
「いや、ごめ、口…」

「いうん。謝のことでない
ンタンど嫌感はたいだ
分モモだったらすごく嫌がってたろう。

「て飲んだの?
…。」

「嫌じゃないの?
「うー…ユウれてるか。」

て、普通にケって
で飲ことったので
本当に大丈夫なの?っょっと不安になった。




261 :漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:21:02.85 ID:no1K6bKU0
「ねえ、そんなことよりさ…」
そうってノンタンは、自分膝をいている床を指した
すごい出たw床がっち濡れてい

「え…なん…?自分で触ってた?」
「いや、触ってない

「そんやすい人なの?
「いや、こんなの初てだからw」

んか郎君張って耐えての見た
 胸がキュンってなって…

正直、俺は女性かせたことがなかったんだ
間接的にも俺手柄な?思って、ちょっとうしかった。

ンタンは
「太郎くんもちょっとち着たことだし…」
「今日はゆっくりックスしたいな?





262 :早漏l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:21:39.28 ID:no1K6bKU0
ういて、もう一度フェラを始めた。
俺の息子まだが残ってたようで、次第に気に

ら、触りたかったんで…?
そういとドスのらブラをするっとはた。
中でタンの胸を堪能した
わふけど弾力がて最高だった。

あま中になり過ぎていた
、触り過ぎw」っれた
それくらい魅力的だっ

そしてノンタンはドレスも脱で俺のをくけてきた
俺があおむけ、ノンタンが覆いかぶさっている体勢
便胸合わせ気持ちいいってでし
あたし好き奴なんだ。」




263 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:25:06.58 ID:no1K6bKU0
そういうとノンタンが肌をこするように動きはじめた。

「たまに乳首が当たると、くすぐったくて興奮するでしょ?」
そういって、わざと俺の乳首とこすれるように動く。
「んッ…くすぐったくて気持ちいい…」
ノンタンは見かけによらずかわいらしい喘ぎ声を出す。
それがなんか俺のツボで、その声を聴くだけで興奮が一気に増す。

「やだ…さっきくらい固くなってるw」
馬乗りになっている形なので、いやおうなしにノンタンの股間にあたる。
「Tバックだから、うっかりしたら入っちゃうかも…」
そういって、股にぴとってくっつけてみせる。

ノンタンの下はすでにぐしょぐしょになっていた。
「めっちゃ濡れてる…」
「うん…」
ノンタンはとろんとした顔をしていた。




265 :早l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:30:49.09 ID:no1K6bKU0
っぽがちょっとあたった状小突いみると
こら…ほ婿入っちゃうから…」
感じの声で制止される。

「入れてる?」って俺が冗ぽく言うと
ばーかてた

簿さんとは生でやるの?
「うん。まで私、生やったことない。
そうなんだ…ユウさんとだからやってのか

なみにモモとも生でことはない
は元カノとらあ

「生じゃなく分気いも
そうムを取りけ始めた
が上乗ってイかせてあげよう」
マジでお願します。





266 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:38:03.14 ID:no1K6bKU0
「ふぁ…っ」
かすれたような声を上げるノンタン。
この前は激しかったけど、今回はゆっくりエッチを楽しんだ。
ノンタンの中のあったかさとか、ぬるっとした感触とか、
全然前回とは感触が違った。

「ちょうだい…唾…」
「あの二人みたいにしたいの?」
「うん…だって、気持ちよさそうだったもん」

俺はノンタンにキスをした。
まずは優しいキス。そのあと深めのキスをした。
そして唾液交換をした。
「ほんとだ、ワインの匂いw」ってノンタンが言った。
「だねwシラフだったら照れてできないかもね〜」
ノンタンと俺はクスクス笑った。





267 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:45:44.67 ID:no1K6bKU0
「でも、興奮しちゃう…」
「太郎君、私の旦那さんのお友達なのにねw」
小悪魔っぽく笑ったノンタンがすごく印象的だった。

「ノンタン、そろそろ…」
「イキたい?いいよ?」

ノンタンは俺の乳首をなめながら、ダイナミックに腰を振り出した。
「あっ…はぁぁ…」
「すごい…きもちぃぃ…」

ノンタンのうっとりするような声がさらに興奮を高める。
俺のピストンも加わって、徐々に激しさを増す。

「太郎君…!すごい…これいい…っ!」
「俺も気持ちいいよっ」

「あぁ…!これ…やばい…!イキそう…!」
「ダメっ…!!!!」

そして二人で絶頂を迎えた。




268 :早漏太l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:46:53.56 ID:no1K6bKU0
ノンンの感じる顔いとしくえて
中で好き」とかそうになったど、
それは違うか…なんて一部冷静に考いた。

二人とも息が上がってたん
ちょ間時間をおいて息えた
最高…」って素で俺綿た。

「ふふとやるのハマりそう?」
もうすでにそう。前時か…。」

もうっ、ういのかわいっ。」
ちょっと恥ずかしそうノンタンはた。

「ね…もう少しここままいい
そういうとタンは挿入したまま
まったり時間を過ごした




269 :えっちな18禁さん:2012/09/03(月) 21:51:51.33 ID:mrmhiWSvP
ブラしたままパイズリて器用だなぁ。
チンコ小さいから隙間から突っ込めたんか。



274 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:05:12.94 ID:no1K6bKU0
>>269
負のステータス追加するのは勘弁してください。


そのあとゆっくりしたセックスをもう一回して、二人とも自然と眠りに。
ただ俺は、途中夜中の3時くらいに目が覚めた。

ノンタンはまだ普通に寝てたんだけど
なんとなく外から会話みたいなのが聞こえたので、
なんかまだ起きてるのかな?と思って外に出てみた。

ドアを開けた瞬間
「あっ…!あっ…!あっ…!」って矯正。
寝ぼけているところに不意打ちで胸がずきんとした。
えっ…まだやってるの…!?って感じで、
恐る恐る下を覗きにいった。




275 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:08:53.99 ID:no1K6bKU0
モモはソフつ伏せになっ
クッションギュと抱えてはまっすぐびた状態
ウサギのポチョはまだ着てものの、だいいる

さんはそモを上からいかぶさるようにして抱きめていた
して腰をモモのに打ちいた

ばらする
だめっだめぇッ!」ってモがこみあげていく
そし体をぎゅっと硬直さるモモ

ユウんはイったばかり
定期的にビ…っしてるモをやさしくなで
きはってばっていな言った。
ユウさんの問いかけに息が荒モモは余裕がうで応しなかった簿簿




276 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:12:32.88 ID:no1K6bKU0
耳元に顔を近づけて、
「まだ頑張れる?」って質問した。
ユウさんに重なってよく見えなかったけど、
うなずいたようだった。

「ありがとう、ちょっと動いていい?」
そういうとモモをひょいって抱えて、
つながったまま体勢を変えた。
ユウさんがあおむけになり、騎乗位の体勢になった。

モモはあわててポンチョを引っ張って体を包んだ。
「なんで隠すの?」
モモはモジモジしながら
「…だって…」ってすねた子供みたいにしてた。

「だーめ。開いて。」
「うぅぅ…」
って観念したようにポンチョの前を開く。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140222172155