2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録4







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録3
の続きです。



251 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:40:53.50 ID:no1K6bKU0
こんばんは、早漏太郎です。

前回途中で落ちてしまったので
ちょっと期間が空いてしまいましたが残りを投下します。




252 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:42:37.42 ID:no1K6bKU0
モモとユウさんが終わってすぐにムラムラが我慢できずにノンタンと寝室へ。

寝室に入るなりノンタンはベッドに座って、
「最後までみたかったのに…」
「あれ多分あのままもう一回してたよ?」
とか言いいつつ、納得がいかなそうだった。

ノンタンはそのままゴロンってなった。
あまり俺の視線は気にしていないようで
ドレスがまくれて太ももがきわどいところまで見えていた。

やっぱりノンタンの体はエロかった。
結構細身の体なのに、肉のつき方がエロい。
もちろんその筆頭は胸。
めっちゃでかい!ってわけではないけど、
ふわっとおっきくて、形が最高にいい。




253 :早漏l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:48:38.82 ID:no1K6bKU0
貧乳も好きは好きけど
ないものねだりなのか、ノンタンの胸がすごくうやまし

んな俺の目線も気せずノン
「胸が苦しくかったー」っ言った
「なのに続きたかったの?
て…興奮しちゃもん!」
笑いながら開き直ったように言っていた。

郎くまで気にならないの…?
「気になるけそれより、ノタンたいなっ便。」
より他人を選の…?w」
ってジト目で冗談ぽくいなら言ていた。




254 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:51:50.33 ID:no1K6bKU0
「でもうれしっ」
そういいながら、俺のを触ってきた。
「やだ…元気w」
「だから、ずっと我慢してたんだって。」
「ふふっ…そだね。こっちおいで?」

なんか顔つきが変わった。前回の時と同じ感じ。
ついにノンタンのスイッチがエロモードに入ったって分かった。
俺はこの瞬間を待っていたんだと思う。
興奮と、ドキドキが一気に加速した。

「今日も、全部私がやったげる…」
ノンタンはドレスの肩紐を落として、ちょっと下にずらした。
さっき見たエロい下着とふわっとした胸が現れる。
俺は思わず凝視してしまった。

それに気付いたノンタンが「触りたいんでしょ?」
って小悪魔っぽい顔で聞いてきた。





255 :早寿郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 20:57:17.54 ID:no1K6bKU0
いいの?」って俺が聞くと、
クスって笑っ。」

そう言っ、ノンタンは俺の首とかめだした。
そしてーズにシャツとズボンをがしていく
最後のパンするっと取俺のを握りだした
やば…固す…。

そうら俺の耳元にを近づける
分の奥さんことあんなにされちゃったのに、固くなっちゃうんだ…。」
「モモちゃん…もエッチする慣れ簿もね
「多分頃いっぱい きもちいって感じるよ?」
ズキッッと来ような言を繰り返しくる

そして、「や…も出そじゃん…」
、ガチガチになった俺のゅっ




256 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:05:07.10 ID:no1K6bKU0
ノンタンはベッドを降りて、床に膝立ちになった。
そして、ベッドに腰掛けている俺のものに胸を持って行って、胸で挟んだ。
俺は、生まれて初めてパイズリをしてもらった。

全部完全に包むには大きさが足りなかったけど、
それでもフニフニの胸に包まれた感触は十分すぎるほどで、
めちゃ感動した。

「モモちゃんにはできないもんねっ」
口から唾をだらーっと出して塗りたくる。
そして先っぽを右手の掌でこすり始めた。
この気持ちよさは本当にあり得なかった。
反射的に腰をぐっと引いてしまうんだけど、
ノンタンがホールドしててそれを止める。

もう、一気にイキそうになった。
俺が必死で我慢しているのを見てノンタンは
「はぁ…はぁ…」って荒い息を立ててた。
実はノンタンも冷静なふりして、興奮しまくってたようだ。




258 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:12:57.65 ID:no1K6bKU0
「イキそうなんでしょ…?イって…?」
「でもっ…」

「んっ…かわいぃ…我慢してるんだ…w」
しばらくノンタンからの攻めが続いた。
ノンタンは、明らかに自分も感じているようで
「はぁ…んっ…」って控えめなかわいらしい喘ぎ声を上げていた。

「じゃあ…こういうのはどうかな…?」
ノンタンは、とどめとばかりに俺を口に含んだ。
で、先っぽを下で転がし始めたと思ったら、
思いっきり吸いながら頭を上下に動かした。

その急な快感にとっさに必死で耐えようと力を入れた瞬間、
俺の意識に反して、一気に射精してしまった。

散々我慢しての射精で、全身に悪寒が走るほどの気持ちよさだった。
快感が鮮烈すぎて、股間の快感が全然抜けなかった。




260 :早郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:16:37.87 ID:no1K6bKU0
、ノンの口に出てしまったこを思して
「ノンタごめん…」俺とにかく謝った。

「えっ
いや、ごめん、口に出て…

「いや…うん。謝るほどのことでもないよ…」
ンタそれほど嫌悪感はなかったみたいだ。
分モモだったらすごく嫌がってただろう

「て…飲んの?」
「うん…

じゃないの?」
「うーん使ので慣から。」

て、普通にケロってした
で飲またこった尿
当に大丈夫なのか?ってちょっと安にった




261 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:21:02.85 ID:no1K6bKU0
「ねえ、そんなことよりさ…」
そういってノンタンは、自分が膝をついている床を指差した。
「すごい出たw」床がめっちゃ濡れていた。

「え…なんで…?自分で触ってたの?」
「いや、触ってない…」

「そんなに出やすい人なの?」
「いや、こんなの初めてだからw」

「なんかさ、太郎君が頑張って耐えてるの見たら
 胸がキュンってなって…」

正直、俺は女性を吹かせたことがなかったんだけど
間接的にも俺の手柄かな?と思って、ちょっとうれしかった。

するとノンタンは、
「太郎くんもちょっと落ち着いたことだし…」
「今日はゆっくりとセックスしたいな?」





262 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:21:39.28 ID:no1K6bKU0
そういって、う一度フを始め
俺の息子もまようで、次第元気に

りたかっょ…?」
うとドレスの内ブラをするっとはずし
俺は夢中でノンタン胸をした。
ふわふわなだけど弾力あっ最高だった。

あま夢中になり過ていた
こら、触り過ぎwってわれた
れくい魅的だった

ノンタンはドレス脱いで胸をくっけてきた
俺があおむ、ノタンぶさっている体勢
「胸合わせると気持ちいいっ言ってたでしょ?」
「あ、あなんだ。




263 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:25:06.58 ID:no1K6bKU0
そういうとノンタンが肌をこするように動きはじめた。

「たまに乳首が当たると、くすぐったくて興奮するでしょ?」
そういって、わざと俺の乳首とこすれるように動く。
「んッ…くすぐったくて気持ちいい…」
ノンタンは見かけによらずかわいらしい喘ぎ声を出す。
それがなんか俺のツボで、その声を聴くだけで興奮が一気に増す。

「やだ…さっきくらい固くなってるw」
馬乗りになっている形なので、いやおうなしにノンタンの股間にあたる。
「Tバックだから、うっかりしたら入っちゃうかも…」
そういって、股にぴとってくっつけてみせる。

ノンタンの下はすでにぐしょぐしょになっていた。
「めっちゃ濡れてる…」
「うん…」
ノンタンはとろんとした顔をしていた。




265 :早太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:30:49.09 ID:no1K6bKU0
先っぽがちょっとあった態で小突いみる
ら…ほんとに入っちゃう
悩まい感じの声で制止される。

れてみる?」って俺が冗談っぽく言う
ーかっ」笑ってた

「ユウさんは生やる?」
「ううん。今ま私、生でやことない。」
「そうなんだ…ユウんのこだからやってるのかとた…」

ちなみにでやったことはな
は元ノとならあるけど。

生じゃなくても十分気持ちいね?」
そういうとゴムをけ始
お姉さが上ってイかせてあよう」
「マで…よろし願いします。」





266 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:38:03.14 ID:no1K6bKU0
「ふぁ…っ」
かすれたような声を上げるノンタン。
この前は激しかったけど、今回はゆっくりエッチを楽しんだ。
ノンタンの中のあったかさとか、ぬるっとした感触とか、
全然前回とは感触が違った。

「ちょうだい…唾…」
「あの二人みたいにしたいの?」
「うん…だって、気持ちよさそうだったもん」

俺はノンタンにキスをした。
まずは優しいキス。そのあと深めのキスをした。
そして唾液交換をした。
「ほんとだ、ワインの匂いw」ってノンタンが言った。
「だねwシラフだったら照れてできないかもね〜」
ノンタンと俺はクスクス笑った。





267 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:45:44.67 ID:no1K6bKU0
「でも、興奮しちゃう…」
「太郎君、私の旦那さんのお友達なのにねw」
小悪魔っぽく笑ったノンタンがすごく印象的だった。

「ノンタン、そろそろ…」
「イキたい?いいよ?」

ノンタンは俺の乳首をなめながら、ダイナミックに腰を振り出した。
「あっ…はぁぁ…」
「すごい…きもちぃぃ…」

ノンタンのうっとりするような声がさらに興奮を高める。
俺のピストンも加わって、徐々に激しさを増す。

「太郎君…!すごい…これいい…っ!」
「俺も気持ちいいよっ」

「あぁ…!これ…やばい…!イキそう…!」
「ダメっ…!!!!」

そして二人で絶頂を迎えた。




268 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 21:46:53.56 ID:no1K6bKU0
ノンタンの感じる顔がいとおしく思えて
途中で「好き」とか言っちゃいそうになったけど、
それは違うか…なんて一部冷静に考えていた。

二人とも息が上がってたんだけど、
ちょっと間時間をおいて息を整えた。
「あー最高…」って素で俺が言った。

「ふふ…私とやるの、ハマりそう?」
「うん。もうすでにそう。前の時から…。」

「もうっ、そういうのかわいっ。」
ちょっと恥ずかしそうにノンタンは言った。

「ね…もう少しここままでいい?」
そういうとノンタンは挿入したまま
まったり時間を過ごした。




269 :えっちな18禁さん:2012/09/03(月) 21:51:51.33 ID:mrmhiWSvP
ブラしたままパイズリて器用だなぁ。
チンコ小さいから隙間から突っ込めたんか。



274 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:05:12.94 ID:no1K6bKU0
>>269
負のステータス追加するのは勘弁してください。


そのあとゆっくりしたセックスをもう一回して、二人とも自然と眠りに。
ただ俺は、途中夜中の3時くらいに目が覚めた。

ノンタンはまだ普通に寝てたんだけど
なんとなく外から会話みたいなのが聞こえたので、
なんかまだ起きてるのかな?と思って外に出てみた。

ドアを開けた瞬間
「あっ…!あっ…!あっ…!」って矯正。
寝ぼけているところに不意打ちで胸がずきんとした。
えっ…まだやってるの…!?って感じで、
恐る恐る下を覗きにいった。




275 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:08:53.99 ID:no1K6bKU0
はソファつ伏せになてい
ンをギュ抱えて足はすぐ伸尿た状態。
ウサギのポまだ着ているものいぶ崩れている。

ユウさんはそんなモをから覆いかぶさるにして抱きていた。
モモ打ち付けていた。

ばらくすと、
「だめっ…!だぇッ!」モがこみあげていく
そしさせ

ユウさんはイったばかりで
定期的にビってしてるモモの髪やさくなでて
「イクときは教えててばて笑いながら言った。
ユウさ稿んの問い荒いは余裕がなうで反応しなかった。




276 :早漏l1Cn0e66JA :2012/09/03(月) 22:12:32.88 ID:no1K6bKU0
元にけて
「まれる?」って質
ウさんに重なってよく見えなかったけど、
ずいたようた。

ありとう、ちっと動いていい?」
いうとモょいって抱え
がったまま体勢を変えた。
ウさんがあおむけなり騎乗位体勢った。

モはあわててチョを引っ張って体を包んだ。
「なん?」
モはモジしながら
だって…」ねた供みたいにてた。

「だーめ。開いて。」
…」
観念したようにポンチョの前を開く。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140222172155