2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録5







小柄で童,小動嫁が他人とのセックスに溺記録4
の続きで



384 :漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:18:20.48 ID:hzInkC2o0

今モモがノンタンデート中で暇なのでき上げます。

個人的には温泉デートが興奮したの書きたいのですが、
時系換したを話いいといますので
っちかます




385 :早漏太 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:21:06.81 ID:hzInkC2o0
ジャマパーティを終っとつと
はノンタンさんにすっり心たよう
緊張からくるおどおどしたじは全然なくなた。

二人いると もも はわおしゃべりで
「ここの雑貨ね…」とか
友達の○ちゃんが…」とか
「ああの
みたいで結構話しかけてるんだけど、
ンタ、ユんの前ではさすがに そこまでではなかった

も、みんなでプレなしきユウ
「え、モモちゃん、今日もやりたいって?て冗談で言うと
ユウさんセクハよ…させせんか…」
ってちょっと笑いがらそう返しをできうに使ってて
みんな「言うなっー」って微しく見ていた




386 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:26:41.88 ID:hzInkC2o0
プレイのほうはパジャマパーティ後にハイペースに 3回ほどやった。
モモはやっぱ多少難色は示してたけど、徐々にこの状況を
受け入れつつあって、
「ノンタンから、お誘いメールきてるよ?」って振ると
「また…?うーん…今週は太郎くんと一緒にいたかったんだけどなぁ…」
みたいな感じで乗り気って感じではないものの、拒否はしなくなった。
けどやっぱり緊張なり気疲れはするらしく、心の準備はいるような感じ。

だいたいプレイの流れも固まってきて、
夕飯とお酒→お風呂→ノンタンがそれとなく俺を寝室へ誘導。って感じ。
ノンタンはどうしても覗きたいらしくて、寝室は譲らなかった。

ノンタンと俺はリビングを出てからは
すぐに寝室には行かず、真っ先に踊り場でモモとユウさんのプレイを覗く。
そのとき、ノンタンは俺の耳とか乳首とか愛撫したりして
「モモちゃんすぐイっちゃったね」とかヒソヒソと言葉攻めとかしてくる。
で、ノンタンか俺のムラムラが限界に来たら寝室に行ってプレイ。
ってだいたいこんな流れ。




388 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:30:02.27 ID:hzInkC2o0
俺とノンタンはお互いの性格からか、
初めから割とノリノリでエッチしてたんだけど、
ユウさんとモモのほうが、あまり進展はなかった。

服を脱ぐのにはある程度抵抗はなくなったみたいだけど、
フェラは絶対嫌がるし、キスも自分からは絶対しなかった。
気持ちいいって言うようにはなったものの、
本心半分、社交辞令半分って感じがする。
事が終わったらモモは別のソファに移動して寝てるし。

ただ、エッチ中の喘ぎ方とか見てると、めっちゃ感じてるのは明らかだった。
恥ずかしさとか、心の壁とかが邪魔して我慢してるのかなって感じで
それはそれで俺としてはよかったんだけど
反面、もうちょっとエロいモモを見てみたいなって気はしてた。





390 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:33:25.71 ID:hzInkC2o0
何回目かスワッピングした日の夜、
プレイに満足してノンタンと寝室でイチャイチャしていたら
「正直、私たちって、すごく相性いいよね?」って聞いてきた。

「そう?そう思ってくれてるならうれしいけど…。」
「うん。太郎くんとはエッチ以外でも相性いいし…。
そういう相手だから、私も楽しめてるんだと思う」

そういうノンタンに、なんか本題がありそうな感じがしたので
「何が言いたいの?」って聞いたら
「モモちゃんとユウは、あんまり進まないね…」
ってノンタンもやっぱり同じことを考えていたようだった。

「もっとあの二人がイチャイチャしてるとこ見いんだけど…」
ってノンタンが迫る感じで俺にすり寄ってきた。




391 :太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:36:13.98 ID:hzInkC2o0
直、れ以上良くなるは嫉妬すな…という
モモ心をた唯一の性っての優越感を持ったので
ちょとたらったけ、それ以上に興奮が勝ってしまって
「まぁ…たいちゃみたいな…貿」って意した。

したらンタンが「今度連休夫婦っこしようよ」
案してき

昼に、性陣がの家に訪
んは自分の家交換し旦那さんと夫ごっ開始
日曜の夕方まででそのあと、ユウさんの家でんなで報告会って流れ。

とかも考慮して、奥さの家でって話になっ
こういう細かくやっていけば、
打ち解けいくのでは…っていう計画のうだっ

まず第一に分とンタ夫婦ごっこできっていう
かなり魅力的だった。
ルワードというかの人と婚したら
どうなたのか知りた
たいな興味が満たょと楽しそだなって思った。





393 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:40:00.51 ID:hzInkC2o0
で、その翌日ノンタンかモモとユウんに提
ユウさんは「マジってでびっくしていたけど、
「モモちゃんいなら是非…」ってモモの待った。
モモ俺の予想では断固否すると思ってんだけど

ーん…」「ちょっと考えます…。」って保留。
その時点でちょっとした進歩なのかて思った婿

れは相当説得しだなぁっいながら帰宅。
ついて々、モ
、そノンタンさんとおたいて聞いてきた。

それけが目的なわないけど…」
「…じあ何
ユウさんとやるになってから、モモがなんかますす魅力的に見えるんだ
れは本心だった。




394 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:43:09.11 ID:hzInkC2o0
「なにそれ…やきもち妬いてるから?」
って困惑した顔だけど、ちょっとうれしそうでもある。

「多分そうかも。だからお願い。」
モモは、「変なの…」って言いながらも、渋々了解してくれた。



当日の昼、お泊り用の荷物を軽くまとめていたんだけど、
それをリビングのテーブルからちょっと切なそうにモモが見てた。
「あれ?もしかして寂しいの?」って軽い感じで聞いた。
「そんなの…あたりまえじゃない…。」
ってちょっとムスっとした顔。

そしたらモモがしれっと寄ってきて、俺の腕に軽くしがみついてきた。
「どした?」
「ううん…」

「不安?」
「ううん…ユウさん優しいし大丈夫…」

「なら、どうしたの?」
「べつに…」




395 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:46:05.01 ID:hzInkC2o0
そしてちょっと恥ずかしそうに
「まったりする時間…まだある?」ってモモ。

「まだ時間あるよ?おいで?」
モモが「まったりしたい」っていうのは、エッチしたいってことで、
手短にだけど1回やってから出発した。

このときふと気づいたんだけど、なんかモモからエロい匂いがしてた。
香水つけたとかじゃなくて、フェロモン的な。
無条件に興奮してしまうようなオーラみたいな感じで、
モモもだいぶエロくなったなって感慨深い気分になった。
結局その時は、俺はイかなかったけどモモは何回もイっていた。
そしてモモはすごく満たされた感じの表情で見送ってくれた。


そして俺がノンタンの家に着いて、ノンタンから、
「ユウも向こうついたって」って聞かされた。





396 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 14:48:16.18 ID:hzInkC2o0
周りを見ると、俺とノンタンの二人きり。
モモとユウさんがいない状況がものすごく新鮮でドキドキしていた。
「なんか緊張するね…」って意外に緊張気味のノンタン。
「こういうのもスパイスになっていいかも…」って話をした。

「お昼作るね。何食べたい?」
「なんでもいいけど、お米食べたい。」

「はーい、わかったー。テーブルで待ってて。」

そういってキッチンに入った。
そんなノンタンを見て、ノンタンと夫婦だったら
こんな感じなのかー。と想像してしまった。

ノンタンを見てるとちょっと夫婦っぽくイチャイチャしたいなって思ったので
料理を始めようとしているキッチンに俺も入った。

「ちょっとそっちで待っててよw」ってノンタン。
「べつにいいじゃん」って近づく俺。

なんか、ちょっと照れてるノンタンがカワイイなって思って、
後ろから抱きついた。




400 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:01:41.54 ID:hzInkC2o0
「えっ…やだー。」って照れながらイヤイヤするノンタン。
そんなノンタンに軽い感じで「好きだよ」って言った。

そしたら、ノンタンが一気に緊張した感じに固まった。
「えっ…!ちょっと…バカじゃん、何言ってんの…!」
ってめちゃめちゃ取り乱してた。

「なんで?自分の奥さんに好きだって言って何が悪いの?」
「いやいや…奥さんじゃないじゃん…!」

「今日は奥さんなんでしょ?ノンタンが言い出したんでしょ」
「そうだけどっ…」

照れて真っ赤になるノンタンを無視して、後ろからノンタンの胸を揉む。
「ごめん、やめて、無理無理…」
「なんで?いつもやってるじゃん…」

「恥ずかしいから!」
シチュエーションのせいなのか、いつもオープンなノンタンがなぜかめちゃくちゃ恥ずかしがってる。




401 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:04:52.87 ID:hzInkC2o0
「ノンタンが欲しいよ
から…と言わないの」

タンとエしたい。」
「や

でも、ょっ本格的に胸をと、色っ声を出し始めた

…っ、やだ…お
で?いつもやってなのに…

「だって、今のままだと変気分になっちゃうでしょ…
変なって、どんな?」

「えっ…なんか…違いしゃうしょ…?」
「勘違いって…

ら…すきとか…

ンタンどうしってくらいごく外な反だった。
つも経験豊富な姉さキャラのタン
ょっと手な感じになっててギャップでめちゃ奮し





402 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:08:42.27 ID:hzInkC2o0
実際は、今まで俺の前では背伸びしようとしてたみたい。
なのに、不意打ちで俺にぐいぐい押されてるから、
予想外でどうやってあしらったらいいのかわからず
軽くパニックになっているようだった。

そういえば男性経験はユウさんしかなかったわけだし、
ノンタンだってそんなに男慣れしてないのかな?って感じで納得。

「好きでいいじゃん、今だけは夫婦なんだから」
あくまで夫婦ごっこを強調しながら続行。

戸惑うノンタンを無視してさっと
ブラウスのボタンをはずしてブラを露出。
「うわっ…エロっ」って思わず言ってしまった。
赤と黒のストライプで明らかにエロい感じ。
ノンタンのエロ下着を選ぶセンスはずば抜けてる。




403 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:13:09.66 ID:hzInkC2o0
やっぱ、やる々だったゃん」
「そけど…こんなのやだ…」

「太郎ときは私が部やるの…
背伸びしたいのか、すねてるみたいに言った

だめンおいで?」
ういってちょっと強引にソファに寝かせた。
ブラを完にはぎとったら、
を手でそうとすンを止めて、めた
で「イよ」てい
まだ惑して

だよ…
「ダって…

「今日なんでしょ?ノンタ言って?」
「ダメ…」




404 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:17:03.94 ID:hzInkC2o0
「俺のこと嫌いなの?」
「違うけど…。こんな気持ちで言ったら、ユウに悪い気がする」

「こんな気持ちって何?」
「…ドキドキした感じの…」

「好きかもって、錯覚してるってこと?」
「そんな感じ…」

「錯覚でいいじゃん、今日はそれでいい日なんだから」

こんな感じで言葉の攻防戦を続けた。
なんか、人妻を無理やり落としてる感がすごく興奮した。
ただ、ノンタンも腰を浮かせたりくねらせたりしてて、
同じくらい興奮してるのがわかった。

粘って好きって聞き出そうと頑張ったら、
「す…すき…。…かも。」
ってついにノンタンが言った。それだけでめちゃめちゃ興奮した。

慌てて「忘れてね…!錯覚だから!」って言い訳していた。




406 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:20:10.18 ID:hzInkC2o0
「俺も好きだよ?もっと言って?」
「うぅ…好き…」

「ノンタンキスして?」
そんな感じで、一回言ったら歯止めが利かなくなったみたいに
好きってお互いに言い合って、キスしまくった。

「やばい…浮気ってこんな感じなの…」
ってノンタンが言った。

「まぁ、浮気じゃないんだけどね…」
って俺がいうと、

「ほんとの浮気だったら、これ以上に興奮するのかな…ちょっと恐いね…」
って苦笑いしてた。

俺はブラをずらして、乳首だけちょっと出した。
「なんか今日は恥ずかしいね…」ってノンタンが異様に照れていた。

「相手が好きな人だからかな?」
意地悪言いながら乳首をなめた。

「だからさ…そういうこと言ったらやばくなっちゃうから…」
って言いながらもまんざらじゃなさそうに切なそうな声を出してた。




407 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 15:22:49.09 ID:hzInkC2o0
俺はスカートの中に手を入れて、ノンタンの下着を触った。
「びっしょりじゃんw」って笑うと
「だから…やばくなっちゃうって言ったじゃん…」
って言い訳するノンタン。

「じゃあいっぱい恋人気分でエッチしようね?」
「いいのかな…」

「そういう日だからいいの。ノンタンは興奮しないの?」
「…してるに決まってるじゃん…」

そういって顔真っ赤にするノンタンが最高にかわいかった。

「着けて?」ってお願いするとゴムを持ってきて手際よく装着してくれるノンタン。
「欲しい?」ってノンタンに意地悪に質問。

「うん…もう限界…」

「いっぱい好きって言ってくれる?」
「言う…言うから…来て?」

って言って、ノンタンからキス。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140224000634