2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録6







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録5
の続きです。



446 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:19:46.35 ID:3Yahaq6G0
やっぱりモモはユウさんに抱かれているところを俺に見られたくない
ようだった。でも、行為自体は許すんだってのが、ちょっと胸に来た。

「太郎君、おいで?」さっと俺の手を引いてノンタンが俺を寝室に誘導した。
結局それは踊り場に誘われているようなもんなんだけど。
もしかしたら、この流れはノンタン的には計算済みだったのか?なんて思う。

階段を上がるときに、リビングの電気が消えてオレンジ色に。
リビングの電気を消すと踊り場が真っ暗になるからって
ユウさんが気を聞かせてくれる。
この頃からそういう配慮があったのかはわからないけど、
そのまま階段を昇って例の場所へ。

例のごとく、ユウさんが後ろからハグした体勢。
「モモちゃん、ごめんね、ちょっと怒ってる?」
「いえ!全然怒ってないです」
「よかった。太郎くんと喧嘩しないでね?」
「ふふっ…大丈夫ですよ。」ってにこって笑い返すモモ。





447 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:25:16.03 ID:3Yahaq6G0
「でモちゃん、んとは嫉妬してた?かわいいなぁ。
モのをワシャってなでるユウさん

れちゃいしたか?みたいな感じの顔で笑いしたモモ
「実は私嫉妬です…w」っった

こわw太郎君には内緒にしとくよ。
「で、ノンタンんも嫉妬たと思いすよ?」

「そかな?」
うん、見ればわかります」
ってなん見透した感じで言っ

二人の会話はすく自然
近は普通に話してたし
さらに昨日一日中話てたら当然かとも思た。

「今日、太郎君じゃなくていの?
太郎君には、あとでっぱしてらいます
あ…そうだ、 して度何か買ってくれるな?

「モモち、悪女だね」人でスクス笑た。





450 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:30:14.02 ID:3Yahaq6G0
寿?」っがモモに指示
えっ」ってちょっ縮こまるモ。
だめ
いつじっユウさんの唇をる。
まだ恥ずかしいかー」笑っ、ユらモにキを始
「もうちょっとなんだけ」って惜ユウさんに、
んなさい…ってモモちょっと申訳なさそうに謝っていた

ょっとめのキスをつつ後ろから愛を始めるユウさ
ままシツを脱がされ、モモがル姿にな

たことなキャミだった
の時はに見だけど、ほんとはピンクっぽい色で、サテつるしたやつ
前はシンプルにできてるんだけど後ろがら下で黒のリボンでクスされてる
そのキャミがめちゃ可て、俺の好みど真ん中だった。


あとあと聞くとユウとデト中俺が喜そうな下着を一緒に買ったそうな




451 :太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:34:23.95 ID:3Yahaq6G0
「これ今日んだ…、てか太郎君に一番あるんじゃなかの?」
「いいんす。自業自得す…

とは、帰っての?
ウさんは関係ないでっ」
て冗談っぽく冷たい返答をるモモ。

方がな葉にえて、先いただきますw
「ユウさん、おじさんたいですよ」
ってモモが笑ってつっこんでいた

かりがないからすぐに胸がオープなる
してちょやらしい音立てながらさん
第にモも体の力が抜けるのがわかった

から抱かれた体勢のまま、そのまま手際よがされてくモモ。
ョーパンもするって脱がされて、下とニハイだけにった。
ンツもキャミ同じデザインの、ピンクでのリボンが編み編みにてるやつ






453 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:38:55.00 ID:3Yahaq6G0
ユウさんの足がぐっと開いて、モモの股をちょっと大胆に開かせた。
「やだ…」って恥ずかしそうに足を閉じようとするモモ
「大丈夫、誰も見てないんだし。」
って言って、グイってまた開いた。

それ以上股を閉じないことを確認して、ユウさんは
「すごい濡れてるよ?」って下着越しに触って言う。
「やだぁ…」
ぴちゃぴちゃと水音をさせながらユウさんが下を触る。

「あっ…ダメです…」
って色っぽい声を出してユウさんの手をつかんでいた。
ユウさんはパンツ越しにモモのをぐりぐり刺激していた。
「ここ好きなんでしょ?」
「はぁぁっ…だめ…」

「こんなに股開いてダメって説得力ないよ?」
「そんな…。あっ…!あぁ…」
って愛撫に感じまくっているモモ。




454 :早太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:43:23.89 ID:3Yahaq6G0
ウさ、パンツずらしてる。
面をくこするゃって水
「こんなになってるから、入れられそ
てユウさんのかけに、モモ恥ずかしそう伏せて返事しなかった。

そのまえに日の、やってあげよっか

「でも、昨日はに入ってたじん?
って意悪そうに聞くユさん。
「そは…」
ずかがってためらっているモモ
でもちょっとしてほモジしてる

るの?しないの?どっち?」
ってちょっと押聞かれ
うぅ…してほしい…」って結局、ながらも正に答えてた




456 :早漏l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:03:40.03 ID:0JMZRE870
ウさんはモモをゴロンと仰向けで寝かせ
モの間に顔をうずめる。いわゆクンの体勢だった

は思わず「えっ」っ湿にしそうにった。
モモはで一てくれなかった。
というか、してあげようとしても足蹴にあ
絶対股を開いてくれなかっりだった。

これだって思い込んでやらなくなって
期間いてるってのはあるけど
れでもユウさん許してい光景クだった。
でもれと同時に最強に奮すのもか。

…!」ってモモのかすれた声る。
あとは「あ…。って感じ
ってより控えめちょと力だ喘ぎ続いた。
ユウさんのうは、わざとしく音を出しながらなる。
うやら、モはあに快すぎて声すら出ていな感じだた。




458 :漏太郎 ◆湿l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:08:25.42 ID:0JMZRE870
調でちょっとひんやりするくらいの室温だったの
に汗が噴出べっとりしているのが遠くかでもわ
体にキャミ張り付いていたりで髪顔にべたってくっついいて、
いつものモゃないみいに色って痛いくがギンンになった。

…っゆ…ユウさん…!
って切羽詰まっ声でユウさんを呼んだ。
「ん
てユウさんながらモモ送る
「ユウさん…イキそう…
ちょっと頭してユウさんと見つめあう
ウさんから目線味を察したモが
「イてもいいすか…?」っウさんにお

「ちんと言えたね、いいよ?」
ウさんはょっつめにうなを立てた




460 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:13:06.00 ID:0JMZRE870
しばて「あっ…くぅぅ…!!」
て感じでモモがをぎゅっ瞑っ、体くした
見るかっている感だった。


後しば放心状態で乱た体勢の息を荒いるモモ。
ふやた顔とか、乱姿とかないくらエロ西た。

してユウさんが「モモちもうだめだ、れたい…
うい、下着越しにウさのを当て
あんっ…!やだ…
すごいグショグョ。

いって下着越激するユウさん
…!」って腰ひくひくていた。

着越しでのわかる
と強にぐぐい押すユウさ
ひっ…!だめ…」ってじまくってるモモ





461 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:17:17.75 ID:0JMZRE870
「じゃ、これはって下着をずらして先っぽを入口するユウさ
に俺とノタンがやるやつんだけど、
を自嫁にやられてるっての破がやばい。

「これっ!だめなのっ寿
っていながら!ビクン白いくらに体がする

お願い…そのない
って必死でお願てるモ

「ごごめん、着けるから丈夫。
 も、モモちゃんのの気持ちないな。

れてといたいさんと、恥かしくて言えない稿
「言て?」
(首を振る)」

なんで?」
「だって…」

取りが何回か続いた後、しびれを切らしユウさん
わか、じは絶対言ってね?」
て感で強めにうと、
って曖昧なだけど、渋なずいてしまモモ
「やった、約束した。」ユウんは入すためにゴムを着た。




462 :っち18禁さ:2012/09/10(月) 00:21:08.80 ID:Dnts78SoO
てを取られぁw
当然後でモちゃんを問たよ



477 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 01:18:57.96 ID:0JMZRE870
>>462
冗談でちょっといじめたりはしますね。
それに、自分のほうがいっぱい初めてもらってるんで、
微々たるもんです。






464 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:24:35.66 ID:0JMZRE870
パンツをちょっとずらして先っぽを当てるユウさん。
「あぁ…」ってモモが切ない表情を見せる。

「先っぽ入ってるよ?」
そういってユウさんはグリグリしながらもっと挿入していく。

「んっ…んっ…」
ってちょっと苦しそうなモモ。

そして いつもみたいにモモが
「おっきい…」ってつぶやいた。

毎回なんだけど、このおっきいって一言が何気にズキッてくる。
「おっきい?」ってユウさんが聞きかえすと、
モモがぐっとこらえた感じの顔で頷く。
「でも、これ好きって、昨日言ってくれたよね」
って言うと甘いキスをしながら、容赦なく全部入れていく。

ゆっくりグラインドしながら、
「全部入ったよ。気持ちいい?」ってユウさんの質問に

「はぁぁっ…。気持ち…いいです…。」
って答えるモモ。





465 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:29:13.81 ID:0JMZRE870
ぽわーっとした感じの顔と声で、なんか心の底から出た言葉って感じ
がした。信頼している相手だけに出す声色のような、ちょっと甘えた
感じの声。

「モモちゃんも可愛いよ?それに顔がエロい。」
「えっ…やだ、エッチ…。」

ってはっとした感じで、ユウさんの肩を恥らった顔でちょっと押すモモ。
恋人さながらの会話をしてのエッチは見てる側としてはなかなか
ズキンとくるものがあった。

「今日は時間がないから、ちょっと急いで、いっぱいイこうね」
というとユウさんは徐々にスピードを増していった。

「あっ…ダメ…すごい…っ」
って切ない声を上げるモモ。

ユウさんが出し入れしやすいようにモモのほうから腰をぐっとあげていたんだけど、
その画がかなりエロい絵だった。
そもそもそういう協力的なのはあんまりしないモモが、
気持ちよさに夢中になってるんだなってのが目に見えて相当興奮した。




466 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:32:54.77 ID:0JMZRE870
「モモちゃん、気持ちいい?」
「はいっ…気持ちいいです…っ」

「俺もやばいよ…最高。」
「私も…今日やばいです…もうイキそう…」

「いいよ?イク時の顔見せて?」
「えっ…やだっ…」

「昨日一杯見せてくれたじゃん」
「だって恥ずかしぃ…。あっ…!ダメ…イクっ…!」


そんな会話とともに、モモがイった。
モモはイク瞬間ちょっと手で口元を隠してユウさんと見つめあっていた。
表情は崩せない!って頑張って意識してるんだけど、
目がトロンってなっててめっちゃエロかった。


そのあとちょっと目線をはずして恥ずかしがってるモモに
「かわいwでも、全部見せてくれなかったからやり直しw」
そう言ってまたちょっと激しめに腰を動かし始めるユウさん。

「そんな…ひどいっ…」
って言いつつも、また腰を振りやすい体勢を手伝っていた。






467 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:35:46.54 ID:0JMZRE870
俺たちの方だけど、実はノンタンに途中から
「今日はやばいから…」って言って
寝室に誘われてたんだけど、俺が拒否してた。
でもさすがに俺ももう限界だと思って、寝室に連れ込んだ。

そしたら、「太郎のバカ…私たちの時間なくなっちゃうじゃん…」
ってちょっとすねてるノンタンだったけど、
それどころじゃないって感じでそのままノンタンに襲われた。
Sとかデレとかそんなの関係なく、ただ激しくエッチした。

終わった後、ノンタンは
「というか、急激に仲良くなり過ぎでしょ…w」
って苦笑い。
「自分で仕組んだんだろw」ってつっこむと、
「予想以上にラブラブすぎてびっくりした…
でも今までで一番興奮したでしょ?」

って言うノンタンに、否定はできなかった。




469 :漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:39:52.05 ID:0JMZRE870
「で、私も相仲良くなったからいこね」
て笑ンタンがくかいか

っぱ、ういうベントはちょっと…」
湿ももうしばはいい

そうだ…ドキドキしぎる


ってな沿で、翌日えているの、そ
ングを見ると、普通に服をたモモとユウさ
事もなたみたいにアイステー飲みながテレビ見てた。

帰り道モに
「ユウさんくなれ?」っいた。
「すごった!」にこ笑い返きて
「ユウさん面白いたよ」





470 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:42:45.02 ID:0JMZRE870
ちょっと嫉妬心がのこってた俺。

「…夫婦っぽい感じだったの?」
「ううん…なんか、あの人お兄ちゃんみたいだね。」

「ふーん。兄妹はエッチしませんけど?」
「そうだけど…なに…?もしかして妬いてるの?」

「別に…」
「えっ…もっと妬いてほしい!そういう太郎君見たことない!」

って目をキラキラさせつつ腕にしがみついてくるモモ。
いたずらっぽく俺を覗きこんで、
「じゃあ、もっとユウさんとすればいいのかなー?」

「そんなだったら、もうやらせてあげないぞ。」
「えー、今までやりたいって言ったことないけど?」

って俺が妬いてるのをからかうように言い返してきた。
なんとなくこういう切り返しがノンタンに似てきてる気がして
さすが姉妹協定結んだだけあるなって感じがした。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140224000742