2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録6







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録5
の続きです。



446 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:19:46.35 ID:3Yahaq6G0
やっぱりモモはユウさんに抱かれているところを俺に見られたくない
ようだった。でも、行為自体は許すんだってのが、ちょっと胸に来た。

「太郎君、おいで?」さっと俺の手を引いてノンタンが俺を寝室に誘導した。
結局それは踊り場に誘われているようなもんなんだけど。
もしかしたら、この流れはノンタン的には計算済みだったのか?なんて思う。

階段を上がるときに、リビングの電気が消えてオレンジ色に。
リビングの電気を消すと踊り場が真っ暗になるからって
ユウさんが気を聞かせてくれる。
この頃からそういう配慮があったのかはわからないけど、
そのまま階段を昇って例の場所へ。

例のごとく、ユウさんが後ろからハグした体勢。
「モモちゃん、ごめんね、ちょっと怒ってる?」
「いえ!全然怒ってないです」
「よかった。太郎くんと喧嘩しないでね?」
「ふふっ…大丈夫ですよ。」ってにこって笑い返すモモ。





447 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:25:16.03 ID:3Yahaq6G0
「でもモモちゃん、ほんとは嫉妬してたんでしょ?かわいいなぁ。」
ってモモの頭をワシャってなでるユウさん。

ばれちゃいましたか?みたいな感じの顔で苦笑いしたモモが、
「実は私、嫉妬深いんです…w」って言った。

「おー、こわw太郎君には内緒にしとくよ。」
「でも、ノンタンさんも嫉妬してたと思いますよ?」

「そかな?」
「うん、見ればわかります」
ってなんか見透かした感じで言った。

二人の会話はすごく自然だった。
そりゃ最近は普通に話してたし、
さらに昨日一日中話してたなら当然か、とも思った。

「今日、太郎君じゃなくていいの?」
「太郎君には、あとでいっぱいしてもらいます。
あ…そうだ、怒ったフリしてたら、今度何か買ってくれるかな?」

「モモちゃん、悪女だね」って二人でクスクス笑っていた。





450 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:30:14.02 ID:3Yahaq6G0
「キスして?」ってユウさんがモモに指示。
「えっ…」ってちょっと縮こまるモモ。
「だめ?」
モモはためらいつつじっとユウさんの唇を見てる。
「まだ恥ずかしいかー」って笑って、ユウさんからモモにキスを始めた。
「もうちょっとなんだけどなー」って惜しがるユウさんに、
「ごめんなさい…」ってモモはちょっと申し訳なさそうに謝っていた。

ちょっと軽めのキスをしつつ、後ろから愛撫を始めるユウさん。
そのままシャツを脱がされ、モモがキャミソール姿になった。

見たことないキャミだった。
その時は白に見えたんだけど、ほんとはピンクっぽい色で、サテンのつるつるしたやつ。
前はシンプルにできてるんだけど、後ろが上から下まで黒のリボンでクロスされてる。
そのキャミがめちゃ可愛くて、俺の好みど真ん中だった。


あとあと聞くとユウさんとデート中、俺が喜びそうな下着を一緒に買ったそうな。




451 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:34:23.95 ID:3Yahaq6G0
「これ今日着たんだ…、てか太郎君に一番あげるんじゃなかったの?」
「いいんです。自業自得です…。」

「てことは、帰ったら太郎君誘おうと思ってたの?」
「…ユウさんは関係ないですっ」
って冗談っぽく冷たい返答をするモモ。

「ま、仕方がないら、お言葉に甘えて、お先いただきますw」
「ユウさん、おじさんみたいですよ」
ってモモが笑ってつっこんでいた。

引っかかりがないからすぐに胸がオープンになる。
そしてちょっといやらしい音を立てながら乳首を舐めるユウさん。
次第にモモも体の力が抜けるのがわかった。

後ろから抱かれた体勢のまま、そのまま手際よく脱がされていくモモ。
ショートパンツもするって脱がされて、下着とニーハイだけになった。
パンツもキャミと同じデザインの、ピンクで黒のリボンが編み編みになってるやつ。






453 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:38:55.00 ID:3Yahaq6G0
ユウさんの足がぐっと開いて、モモの股をちょっと大胆に開かせた。
「やだ…」って恥ずかしそうに足を閉じようとするモモ
「大丈夫、誰も見てないんだし。」
って言って、グイってまた開いた。

それ以上股を閉じないことを確認して、ユウさんは
「すごい濡れてるよ?」って下着越しに触って言う。
「やだぁ…」
ぴちゃぴちゃと水音をさせながらユウさんが下を触る。

「あっ…ダメです…」
って色っぽい声を出してユウさんの手をつかんでいた。
ユウさんはパンツ越しにモモのをぐりぐり刺激していた。
「ここ好きなんでしょ?」
「はぁぁっ…だめ…」

「こんなに股開いてダメって説得力ないよ?」
「そんな…。あっ…!あぁ…」
って愛撫に感じまくっているモモ。




454 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/09(日) 23:43:23.89 ID:3Yahaq6G0
ユウさんが、パンツをずらして直に触る。
表面を軽くこすると、ぴちゃ、ぴちゃって水音。
「こんなになってるから、もう入れられそうだね。」
ってユウさんの問いかけに、モモは恥ずかしそうに伏せて何も返事しなかった。

「そのまえに、昨日のあれ、やってあげよっか。」
「えっ…でも…」
「でも、昨日は気に入ってたじゃん?」
って意地悪そうに聞くユウさん。
「それは…」
って恥ずかしがってためらっているモモ。
でもちょっとしてほしそうにモジモジしてる。

「するの?しないの?どっち?」
ってちょっと押し気味に聞かれて
「うぅ…してほしい…」って結局、照れながらも正直に答えてた。




456 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:03:40.03 ID:0JMZRE870
ユウさんはモモをゴロンと仰向けで寝かせて
モモの股の間に顔をうずめる。いわゆるクンニの体勢だった。

俺は思わず「えっ…」って口にしそうになった。
モモは今まで一回もさせてくれなかった。
というか、してあげようとしても、足蹴にあったり、
絶対股を開いてくれなかったりだった。

これは無理だって思い込んでやらなくなって
だいぶ期間があいてるってのはあるけど、
それでもユウさんにそれを許している光景はかなりショックだった。
でもそれと同時に最強に興奮するのも確か。

「ひっ…!」ってモモのかすれた声が上がる。
そのあとは、「あっ……あっ…。」って感じで
思っていたより控えめなちょっと力んだ喘ぎ声が続いた。
ユウさんのほうは、わざとらしく音を出しながらなめてる。
どうやら、モモはあまりに快感が強すぎて声すら出ていない感じだった。




458 :早漏l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:08:25.42 ID:0JMZRE870
調でちょっひんやりするくら室温だっ
に汗が噴べっとりし沿遠くでもわかった。
にキャが張り付いてたり、汗で髪が顔にべたっついていて
いつモモじゃないっぽく痛いくらい尿ンギンになった。

「はぁ…っ!ゆ…ユウさん…!
羽詰た声でウさ呼んだ
「ん…?」
ってがなめながら目線をモに送
さん…イキそう…」
ょっと頭浮かてユウさんと見つめあう。
ユウさんからの目線のモモが
「イっていですかさん

「ち言えたね、?」
って言ウさんはちょっときつめに吸ううな音立てた。




460 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:13:06.00 ID:0JMZRE870
しばらくして「あっ…くぅぅぅ…!!!」
って感じでモモが目をぎゅって瞑って、体を固くした。
見るからにイっている感じだった。


その後しばらく放心状態で乱れた体勢のまま息を荒げているモモ。
ふやけた顔とか、乱れた姿とか、今まで見たことないくらいエロかった。

そしてユウさんが「モモちゃん、もうだめだ、入れたい…」
そういって、下着越しにユウさんのを当てた。
「あんっ…!やだ……」
「すごいグショグショ。」

そういって下着越しに刺激するユウさん
「あぁっ…!」って腰がひくひくしていた。

「下着越しでも俺のわかる?」
割と強めにぐいぐい押すユウさん。
「ひっ…!だめ…っ」って感じまくってるモモ。





461 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:17:17.75 ID:0JMZRE870
じゃ、これは?」っ下着をずらて先っぽを入口にこするウさん
たまに俺とンタンがやるやつだけ
れを自分の嫁にやられてっての破壊力やばい

これっ…!だめなのっ…」
って言いながクン!ビクン!面白いくらいに体が反応す

「お願のまれない
って必死でお願るモモ。

「ごめんめん、着けるから大丈夫。
 …モちんののいてなな。

しいとわせたんと、恥ずか言えないモ。
言っ?」
(首を振)」

なん
「だって…

りが何回か続いた後、しびれを切したユウさ
「わかった、じゃからは絶対ね?
て感じめにいうと
「ん」って昧な感じけどしまうモモ
った、約束た。」は挿にゴム着け始た。




462 :えっちな18禁さん:2012/09/10(月) 00:21:08.80 ID:Dnts78SoO
色々初めてを取られるなぁw
当然後でモモちゃんを問い詰めたよねw




477 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 01:18:57.96 ID:0JMZRE870
>>462
冗談でちといじめりはしますね
れに自分のほうがいっぱい初めてもらってるんで、
たるもす。






464 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:24:35.66 ID:0JMZRE870
パンツをちょっとずらして先っぽを当てるユウさん。
「あぁ…」ってモモが切ない表情を見せる。

「先っぽ入ってるよ?」
そういってユウさんはグリグリしながらもっと挿入していく。

「んっ…んっ…」
ってちょっと苦しそうなモモ。

そして いつもみたいにモモが
「おっきい…」ってつぶやいた。

毎回なんだけど、このおっきいって一言が何気にズキッてくる。
「おっきい?」ってユウさんが聞きかえすと、
モモがぐっとこらえた感じの顔で頷く。
「でも、これ好きって、昨日言ってくれたよね」
って言うと甘いキスをしながら、容赦なく全部入れていく。

ゆっくりグラインドしながら、
「全部入ったよ。気持ちいい?」ってユウさんの質問に

「はぁぁっ…。気持ち…いいです…。」
って答えるモモ。





465 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:29:13.81 ID:0JMZRE870
ぽわーっとした感じの顔と声で、なんか心の底から出た言葉って感じ
がした。信頼している相手だけに出す声色のような、ちょっと甘えた
感じの声。

「モモちゃんも可愛いよ?それに顔がエロい。」
「えっ…やだ、エッチ…。」

ってはっとした感じで、ユウさんの肩を恥らった顔でちょっと押すモモ。
恋人さながらの会話をしてのエッチは見てる側としてはなかなか
ズキンとくるものがあった。

「今日は時間がないから、ちょっと急いで、いっぱいイこうね」
というとユウさんは徐々にスピードを増していった。

「あっ…ダメ…すごい…っ」
って切ない声を上げるモモ。

ユウさんが出し入れしやすいようにモモのほうから腰をぐっとあげていたんだけど、
その画がかなりエロい絵だった。
そもそもそういう協力的なのはあんまりしないモモが、
気持ちよさに夢中になってるんだなってのが目に見えて相当興奮した。




466 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:32:54.77 ID:0JMZRE870
「モモちゃん、気持ちいい?」
「はいっ…気持ちいいです…っ」

「俺もやばいよ…最高。」
「私も…今日やばいです…もうイキそう…」

「いいよ?イク時の顔見せて?」
「えっ…やだっ…」

「昨日一杯見せてくれたじゃん」
「だって恥ずかしぃ…。あっ…!ダメ…イクっ…!」


そんな会話とともに、モモがイった。
モモはイク瞬間ちょっと手で口元を隠してユウさんと見つめあっていた。
表情は崩せない!って頑張って意識してるんだけど、
目がトロンってなっててめっちゃエロかった。


そのあとちょっと目線をはずして恥ずかしがってるモモに
「かわいwでも、全部見せてくれなかったからやり直しw」
そう言ってまたちょっと激しめに腰を動かし始めるユウさん。

「そんな…ひどいっ…」
って言いつつも、また腰を振りやすい体勢を手伝っていた。






467 :早漏太l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:35:46.54 ID:0JMZRE870
ちの方だけど実はノンタンに途中から
今日やばい言って
寝室に誘わてたんだ俺が拒否してた
もさすがにももう限界だと思って、寝室に連

たら、郎のバカ…私ちの時間なくなっちゃうん…」
てちょっとすねてるノンだっど、
れどころじゃないってじでそままノンタン襲われ
Sとかデレかそなの関く、ただ激エッチした。

わっンタンは
「というか、急激に仲良く過ぎでしょw」
って苦笑い。
自分で仕組んんだろw」ってっこむと
「予想以上にラブすてびっくりした…
でも今ま一番興奮たでょ?」

って言うノンタンに、否定はできなかった




469 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:39:52.05 ID:0JMZRE870
「でも、私たちも相当仲良くなったから おあいこだね」
って笑うノンタンがすごくかわいかった。

「やっぱ、こういうイベントはちょっと違うね…」
「うん…でももうしばらくはいいわ…」

「そうだね…ドキドキしすぎるね…」


ってな感じで、翌日仕事が控えているので、その日は終了。
リビングを見ると、普通に服を着たモモとユウさんが
何事もなかったみたいにアイスティー飲みながらテレビ見てた。

帰り道で、モモに
「ユウさんと仲良くなれた?」って聞いた。
「すごくなった!」ってにこって笑い返してきて
「ユウさん、結構面白い人だったよ」って続けた。





470 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/10(月) 00:42:45.02 ID:0JMZRE870
と嫉妬心のこってた俺

「…婦っ感じったの?」
ん…んか人お兄ちゃ

ふーん。はエッチせん?」
「そうだけど…なに…?しかして妬いてる?」

別に
「えっ…もっほし!そいう太郎たことない!」

目をキララさにしがみついてくる
いたずらっ俺を覗きこんで
「じゃあっとユウさとすればい?」

「そだった、もうやらせてあげないぞ。 
「えー、今までやたいってったとなけど

て俺てるのをらかうように言いしてきた。
なんなくこうり返し退ノンてきてる気が
妹協定結んだあるなって感じがし






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140224000742