2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録7







小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録6
の続きです。



117 :早太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:28:42.85 ID:XJulNeI30
こんんは。忙して間が空いてしいました。
タイミン的に微妙かもですが
今日を逃すとま時間が空てしので
投下させていただきます。

回書いた通り、行った話をします。




118 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:32:59.70 ID:XJulNeI30
お泊りがあってからちょっとしてノンタンからお誘いメールがあった。
でも結局スケジュールが合わなくて、それ以降期間が空いてしまった。

ただ、だからどうってわけでもなく、俺とモモは二人の時間を満喫してた。
部屋でベタベタしたり、モモの雑貨屋めぐりに付き合ったり。
そして何かイベント的なのをと思って、連休を利用して京都に行ったりした。

実は旅行らしい旅行をするのはこれが初めてで、
モモは終始テンションあがりっぱなしだった。
ただ、会話の端々に、「ノンタンに似合いそう」とか、
「ユウさんが好きそう」とか、そういうフレーズが出てきて、
それだけ仲が深まったんだなあって感慨深くなった。




119 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:36:06.81 ID:XJulNeI30
そのころにはモモとのエッチも結構変化していて、
まずはやる日数が結構増えた。
その理由は明白で、モモから俺を誘ってくることが多くなったから。
モモがそういう気分の時は、普通のパジャマじゃなくて、
例のポンチョとか、可愛い系のパジャマとか着て風呂から出てくる。

そして、「先に寝ちゃおっかなー…」みたいな感じで
明らかにこっちを気にしつつ寝室へ。
俺が後からベッドに入って「まったりする?」って聞くと、
照れて笑いながら抱きついてきてエッチ開始。
みたいな流れで定着してきた。

エッチ中については、恥ずかしがり方がマシになった。
昔は下着を取るのも一苦労だったりしたので、
可愛いなって思うこともあるけど、正直めんどくさくもあった。
このころには恥じらいつつも大体受け入れてくれるようになって、
俺も積極的にエッチしたいなって思えるようになった。





121 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:41:36.44 ID:XJulNeI30
で、京都旅行の土産を渡しにノンタンにアポとって家へ行った。
渡してすぐ帰るつもりだったんだけど、ノンタンだけで暇してたみた
いでやや強引に家に上げられて土産話をちょっとした。

その時 俺のほうはというと、ノンタンと会ったのが結構久々で、
正直ムラムラしてた。
別にノンタンがエロい格好してたとかじゃなくて、
久々に会って「そういえばこの人と何回もエッチしたんだよな」
って思うと、意識した目で見てしまってひとり悶々としてしていた。

そうこうしてたらユウさんも休日出勤から帰宅したので、みんなでトーク。
「お土産もらったよ、京都行ったんだって。」
「いいなぁ。俺も行きたいなー」ってユウさん。
「じゃあいこっか、みんなでいく?」
って感じでノンタンが言い出したのがきっかけで
急きょ旅行が決定。

場所はやっぱ定番の温泉地でしょって話になった。
ノンタンのリクエストで海が見える露天風呂に入りたいってことで、
そのあたりで探すことに。





122 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:45:55.21 ID:XJulNeI30
たら、「いつもヤツ行版やっう?」感じ
タンががり始た。
地までウさんの車で行って貿それ以降は交換してデート。
のま夜も換し…ってじの提た。

俺は久々にノンタンと出来だけ無条で賛成
んユウさんもノリノリだった。
肝心モモはとと「旅行ってまでですか…
っと戸惑っていたけど
「いつもと違から楽しいんじゃん
ノンタンのハインシンな押しに
うーん…わかりした
最終的には半ば強引にだけどOKしてく


らのノンタの手の良さがすくて、す宿手配してた。
日必要とかもメーで届、完璧だっ
4人用の屋を1部屋予約ししく、ノンタンの望通
個室天風呂付ことだ

てっきりの部かと思だけど、
「別々たら、ウが覗かせれないかもないじゃん!」
て理由だった
そのころに覗きたい願が強かたんだけ
ノンタンの意気込みにはないって思っ





123 :早漏太l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:49:35.67 ID:XJulNeI30
当日の早結構キウした感じで準備して
粋には超楽しみにしたみたい
ょっ前のっぱ
みたいな感じでイジイジてたんだけど、
モモりにの切り替えみたいなの手くいきだしかな
って安心した


時間にユウ達が車で迎えに来くれ
のままコビニで朝ごん買っ高速乗っ目的地へ
目的地に着いたらさっして別行に。

ノンタンは俺の腕腕をからめてて「早くいこっ」っ超楽う。
モモのほうは、と俺に名残しそうにしながらも
ユウさんから「モモちゃん、おい?」って急ちにコトコ歩いて行た。
つなりするのかな?ちょっとの見ていたけど、
距離がら歩いていて、なちょっとだけほっとした。

くなくて、途中雨に打たれて屋でやり過ごしりはしたけど
ンはだったみたいで、俺も一安心





126 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 19:56:07.70 ID:XJulNeI30
夕方くらいに旅館についたら、もうユウさんたちはもう旅館にいるとのことだった。
和室の部屋が2部屋ふすまで仕切れるようになっている。
寝るときはそれぞれの部屋に分かれて寝ましょうとのことだった。
その時俺は頭の中で、どうやってプレイに持っていこう…って考えまくってた。


晩御飯前にお風呂に入っとこうって話になった。
俺はノンタンと一緒に入ることを期待していたんだけど、
モモとノンタンが一緒にお風呂に入る約束をしていたらしく、断念。
まず男が個別に入浴して、そのあと女性陣が二人で入っていった。

そしたらユウさんが、「こっちこっち」ってしてるので、近づいたら
「こっからこっそり見えるぞw」ってめっちゃテンションあがっていた。
なんか高校生男子みたいなノリで二人の入浴を覗く。

かなりの至近距離で二人の入浴を観察できる場所だった。
窓をちょっと開けると会話が丸聞こえになったんだけど、
旅行の話とか、普段の通りとりとめのないことを楽しそうに話していた。





127 :早漏郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日便) 20:01:08.19 ID:XJulNeI30
ンタンもモモも、髪の毛をアッにしいて、いたオルがかなりぽかった
「今どっのほうがいい感じす?」てユんに冗聞いたら
どっちか選ぶんて理すぎるろ……」って本気悩ん笑った。

んなで、全員が風わらせて、夕食へ。
行ムでテンョンが上がりまくっ、皆い感じにお酒も進んていた。
特にモ結構酔ててこれ以上飲潰れた
くのプレイがなくなるじゃないってハラしながら見いた。

食事かると、部屋にかれていた。2部屋そぞれ1対ずつ。
りあず1部屋に集まってなで飲み直しつつトク開始。
話から会ってなかっで、お互いのろいろした。
トークのタも尽きたところで、ノンタン
「そろそろ、布団にいろっか…。言い出した
ななんとなくそういうことなんだなってのわって
ちょっとある状態にた。





128 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:05:38.86 ID:XJulNeI30
ノンタンが先手を打って、「モモちゃん、今夜太郎君借りるね?」って言った。
モモは「えっ…あの…」って感じでストレートに言われて困惑。
もちろん、そうなるってのはわかって来てるんだけど、
はいどうぞ、とは言いにくいようだった。

「モモちゃん、あっちは気にしないで楽しもう」
ユウさんがモモに近づいて、髪をサラって触った。
「ちょ…ちょっと待ってください…」って戸惑ったままのモモ。
久々だったからか、緊張した面持ちで、俺の方を何度もチラチラみていた。
そんなモモを尻目に俺とノンタンは隣の部屋へ移動して、
両方の部屋の電気を豆球に。

そしたらモモが「すみません…ふすまを…」と、
ふすまを閉めることを要求してきた。
ただ、やること自体は受け入れてくれたみたいで、
こんなに近くでモモが抱かれるのか…!って俺にも緊張が走る。

「ホントは閉めたくないんだけどなぁ…」って
渋々ノンタンがふすまを閉めてノンタンと俺は布団の中へはいった。




129 :早太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:09:20.92 ID:XJulNeI30
「あー、やばい…やごいドキドキす…」
いってノンタ西けの俺のに重なるように横った

「邪魔しないよっ」てふノン
前が一番魔しそうだからwってユウさら突っ込みがあった。
みんなクススってって、一気にちょっと和んだ感じの雰だっ

囲気だとすんなりエッチ入れるかな?と思い
タンの浴っと外
そし浴衣のて愛撫を始めとした

…」

された!っ思うく、
んっ…んっ…」
って声をすのを我がふま越
一気屋の空気がピンて張りつめた感じがした





132 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:14:06.64 ID:XJulNeI30
ノンタンは俺のを触って苦笑い。
「やだ…もうこんなになってるw」
耳元でこそっと話してきた。
俺は仕方ないじゃん…って感じのリアクションをした。

そんな中、ふすまの向こうでひそひそ話が聞こえた。
何を話してるのかすごく気になったけど、うまく聞き取れず。

そしたら、「ちゅっ」って軽くキスをする音が聞こえた。

そして しばらくするともう一度。
唇を優しく重ねるような、でもちょっとエッチな音がした。

その間ノンタンは、俺のを優しくしごいて向こうの状況を待つような感じだった。
何度かユウさんとモモのキスの音が続いた。
ユウさんがモモの気分を高めるためにキスを続けてる感じだった。





133 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:20:06.11 ID:XJulNeI30
そしたら、「モモちゃん、ありがと。」ってユウさんが言った。
「やだ…」聞こえるように言わないでってって感じで訴えるモモ。
さっきからやってたキスは全部モモからしてたらしい。

もうこれだけの回数プレイしてればこのくらい当たり前というか、
遅いくらいなのかもだけど
前までモモからするのを断っていたことを思うと、結構な衝撃だった。

「もっと。」ってユウさんが催促するも、
モモが戸惑っていたみたいだった。
「なんで?できるでしょ?」

「ほら、恥ずかしがることないから。」
「ふすま越しだし、気にしなくて大丈夫だから。」
って根気よく説得するユウさん。

「でも…」ってまだためらっているモモだったけど、
「大丈夫だから。おいで?」ってユウさんに最後の一押しをされると、
もう一度キスの音がした。
そして徐々に、さっきより大胆なディープキスっぽい音がし始める。





135 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:26:51.93 ID:XJulNeI30
「かわいw」って嬉しそうなユウさん。
モモは「んっ…んっ…」って口が塞がってこもった声を上げていた。
恥ずかしがりながらも、ユウさんとのディープキスをうっとりしながら
感じてるのかと思うと興奮が止まらなかった。

そしたらノンタンが耳元でクスって笑って、
「太郎君、興奮しすぎだから…。」
ってわざと向こうに聞こえるように言った。
ノンタンは手でしごいたまま俺の浴衣の前を開いて乳首を舐め始めた。
久々のノンタンの乳首舐めに俺は思わず あっ って声を上げてしまった。

「モモちゃん今の声聞いた?太郎くんも楽しんでるみたいだよ?」
ってモモを煽るユウさん。
「や…、やだ…」って困惑と恥ずかしさが混じったようにつぶやくモモ。
でも相当興奮しているんだってのがふすま越しでもわかった。





137 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:34:28.57 ID:XJulNeI30
モモちゃん衣脱いで?」ってユんが
「えっ…」
「ほらお願い。」

っとようにいたけど、恐る恐るって感で帯を解音がた。
しては、あのモ自分衣を脱いだってことがその時は信じらかっ

っぱり綺。」
「やだ…恥い…

平気でしょ。いっぱいやってるんら。」
「意悪なこと言わないださい…」

いつも覗いきより若こちい会
のことを意識しているたいだっ

「モモちゃんあっちのこなるの?って聞くさん
前じゃないですか…」

大丈よ。で楽しんるんだから、こも楽しまないと。」




139 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:40:05.60 ID:XJulNeI30
「でも…」
「今は俺とすることだけ考えてればいいから。」
「そっちのほうが太郎くんも喜ぶよ?」
モモをその気にさせようとユウさんが粘って説得。

それを援護するみたいに
「さっきからずっと興奮してるもんね?太郎君w」
って意地悪な感じで言うノンタン。

「太郎君…やだ…」
ってちょっと困惑気味のモモの声が聞こえた。
その会話のおかげか、若干場が和んだ。

その流れを止めないいいタイミングで
「モモちゃん、胸ほんと綺麗。」
ってユウさんの舐める音が聞こえ始めた。
「だめ…やだぁ…」
声が我慢できなくて俺に聞かれるのが嫌なのか、
モモが拒むように声を上げた。





140 :早漏太郎l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:43:02.33 ID:XJulNeI30
どしばらくすると、気持ち良に勝てずに抵抗らめたようで、
に声を押し殺ような喘が部屋に響くようになった

んっ…声ゃう
「あっ…。は…だ

うスイッ宿った顔もよ。 
尿とこちに聞こえるような大きさのでモモをいウさん
もうユウさんや
々にっきりと拒むようなことは言わなくなるモモ。
「俺がせて?
ユウさんの言葉に直にたよ脱がす布の音がする
パンツも。」
「え…」
早く。
当然かのに急かさ
モは言われままにユウさんのパンツを脱がしようだった。





141 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:49:12.63 ID:XJulNeI30
お互いが裸になったようで、ユウさんが
「モモちゃん、いつものやろっか…。」って一言。
そのあとモモは「んっ…」ってちょっとだけ甘い声をだした。

ふすま越しなので何をしているのかはわからなかった。
でも激しい音はしてなくて、裸でお互いの肌を
感じ合ってるとかかなって思った。

俺たちのほうはというと、ノンタンがずっと俺の物と乳首を愛撫してる。
向こうに聞こえるようにわざと音を立てたり、声を出したりもしてた。
しばらくして、ノンタンが俺の膝に腰を下ろした。
そしたら俺の膝に濡れた感触があって、
ノンタンのパンツがすでにぐっしょり濡れていた。
「ノンタン…めっちゃ濡れてるw」って言うと
「言わないで…あたしも今日やばい…」って苦笑いしてた。

俺がノンタンの乳首をちょっと刺激すると
「ダメだって…すぐイっちゃうから…」
そういって、俺に何もさせないように手を押さえて、
ひたすら俺を愛撫していた。




143 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/09/30(日) 20:53:41.48 ID:XJulNeI30
そんな感じでしばらく、お互いにまったりとした時間が流れた。


徐々にモモが状況に慣れてきたようだった。
向こうからゆっくりとした甘いキスの音が聞こえだした。
「はぁぁ…。んっ…」
モモの吐息がうっとりしたようなため息交じりで、
愛し合っている恋人とやるキスそのものって感じがした。
やっぱりモモとユウさんのキスは
いつまでたっても胸にずきずきくる。

「モモちゃん…めっちゃ濡れてる…」
「…言わないで…」
ぴちゃって音が聞こえた。ユウさんが下を触ったのがすぐわかった。
「あっ…!やぁっ…。」
モモがさっきとは一転、ちょっと大きな声をだす。
しばらくすると、ユウさんの手の音が次第に激しくなって、
部屋に響き始めた。

それに合わせるようにモモの声も大胆に。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140226235125