2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小柄で童顔,小動物系の嫁が他人とのセックスに溺れる記録8







柄で童,小動物嫁が他人とのセックれる録7
す。



246 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:32:58.90 ID:dM1o+XGC0
昨日戻ってこれませんですみません。

続きです。

モモが寝てしまった後、みんなも疲れもあってか普通に寝てしまった。
俺もノンタンのいる部屋で寝てたんだけど、
朝方に俺の近くでガサガサ音がした。

前も書いたかもだけど、
俺は音とかで結構敏感に起きてしまう。
寝慣れない場所だったら特に。

その時もそんな感じで意識だけ起きてしまった。
「睡眠の邪魔すんなよ…」って寝ぼけながら思いつつ、
だいぶ経って冷静に考えると、
風呂に入っていったような音だったなって感じがした。

で、ちょっと気になって、風呂場をこっそり覗いてみる。
案の定、さっきの音はユウさんとモモが風呂に入っていった音だった。




248 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:37:10.73 ID:dM1o+XGC0
モモとユウさんは横に並ぶように湯船の縁に座っていた。
モモはバスタオルを体に巻いた状態。
昼間と同じで、髪を後ろで上げていた。

そして、ユウさんの隣から体をちょっと乗り出す感じで
ユウさんの乳首をなめていて
右手はユウさんの物を握ってゆっくり扱いてる。

いきなりズキッとくる光景が目に入ってきて、
眠気が吹き飛んだ。

ユウさんの腕はモモの肩に回されていて、
「髪サラサラ。」とかいいながら
ユウさんがモモの髪で遊んでた。
そんなユウさんにモモはちょっと目線で反応しつつ、
乳首の愛撫を続ける。

「やっぱこの香りいいわ。モモちゃんに似合ってる。」
ユウさんがモモの髪に顔を近づけて匂いをかぐ。
「ふふ…私もすごく気に入ったので、毎日使ってます」
って乳首をなめたまま答えるモモ。
どうやらユウさんからシャンプー的なのをプレゼントされたみたいだった。




250 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:41:47.75 ID:dM1o+XGC0
「でも、太郎くんは気付いてくれなかったんですよ…」
ってちょっと苦笑いしてて モモごめん…ってちょっと反省。

そのあと「景色いいね」とか、「ちょうどいい気温だね」とか
とりとめのない話をしながら、まったりとした時間が流れていた。

しばらくしてユウさんが
「今回でもう何回目だっけ。」って軽い感じで言った。
ちょっと困った顔で首をかしげるモモ。
「モモちゃんとするの、ほんと楽しみなんだよね。」
って、さらっと言うユウさん。

モモはふふっ、って笑ったけど、特に何も言わなかった。
「それに、色々やってくれるようになってうれしいよ」

そういいながら空いてる手でモモの耳とか首をくすぐり始める。
モモはちょっとくすぐったそうに避けたりしてたけど、
徐々に受け入れだして、くすぐったさ半分、
気持ちよさ半分って顔になっていった。




251 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:46:08.25 ID:dM1o+XGC0
「モモちゃん…お願いしていい?」
優しい感じで聞くユウさん。

モモは乳首を舐めるのをやめて、ちらっとユウさんのほうをみて
ちょっと頷く。

そして、ユウさんの隣からユウさんの正面に移動して座った。
湯船に腰まで腰を沈めて、淵に腰かけてるユウさんの腰に顔を近づける。
ただ、ユウさんの物は恥ずかしくて直視出来ないようだった。

ユウさんから「舐めて?」って言われ、
ゆっくり顔を近づけて先っぽを舐め始めた。
思ったより抵抗がなくて、過去に経験済みだなってのがすぐわかった。

で、この時 初めてユウさんのを明るいとこでまじまじと見たけど、確かに立派だった。
俺のも結構自信あったんだけど、まあ確かに俺よりでかいかなって思った。
小柄なモモが舐めているせいで、より大きく見えたのかもしれないけど。

しばらく先端をちろちろ舐めていたんだけど、ユウさんに
「咥えて…」って誘導されて、ちょっと恥ずかしがるリアクションを
しつつも 言われたとおりユウさんのを咥えるモモ。





254 :漏太 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:52:16.49 ID:dM1o+XGC0
モはフェラが苦手たいで、俺のとだってあ宿まりや
俺にするときでさえ恥ずさが勝てしまっているみたいだっ

に対してもそんな感じが俺以を咥るようになるなん
ちょっと前まで想像もできなったし、胸にキッとくけど、
りもどどんなってい綿モにだ興奮していた

奥の部分で口に含んで、控首を上下し始める
そのさが限界なのか、と苦なモモ。
っきい?って聞くユウさんにモモまま
小さく頷いいた。
無理しないでいいからね
言葉をかけながら、モモの髪をるユウさ

の後、ずっと頭撫でをくったりしな貿がら
ごい…気持ちいいよ?」
「かわいい…モモちゃん、最高だよ…
て何もさなくモをめまユウさん




256 :早太郎l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 21:57:20.35 ID:dM1o+XGC0
さんひたすら褒められ喜んでいのか、
こちないなにも懸命フェラを続けてい

つも俺にやるは、ちょっと経つと「もういいって
感じで途中でやめてしまう
っぱウさんの雰囲気づくいいんだろうな…って
自分のをちょっと反した

郎君もやあげたりするの?ってユウさ
モモは、フェをやめて、添っと動かしなが
「いえ…じゃないし…」ってえる。

いうのは、モちゃんからやっるだ
 すごく喜ぶと?」

「でも、やっ恥ずしい

だからこそ喜ぶんじゃん。

かもしれないですけど…
モ。

か、十分上手だから自信も
 気持よモモゃん
てユウさん言われて、モモはちょっと恥ずしそうに
も嬉そうな感じで頷いた。




257 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:07:08.93 ID:dM1o+XGC0
「唾いっぱいつけて?」
ユウさんに誘導され、言われるままに唾をユウさんのに垂らすモモ。
「あー、ほんと上手い。イキそう…。」
ユウさんの言葉に、モモは精一杯フェラを続けてた。
気持ちよくなってもらいたいって意気込みがめちゃめちゃ伝わってくる。

「ねえ、このまま出していい?」ってユウさん。
モモは戸惑った感じで首を横に振った。
ちなみに、俺はモモのフェラでイったことがないので、
もちろん口にも出したことがない。
「やっぱだめ?お願い!」

ユウさんもわりと粘っていたけど、
途中でダメだってあきらめたようだった。
しかし、さすがにこれだけでは退かないユウさん。
「じゃあ、顔にいい?」
ってお願い変更。

モモは眉をひそめて、やっぱり首を横に振っていたけど、
「すぐお湯で流せばいいじゃん」とか色々説得されたのと、
さっき断った負い目もあったのか、次第に抵抗せずにフェラを続行。




260 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:11:32.89 ID:dM1o+XGC0
そろそろイかも
 ユウさんの一言にがユウさんのほをちらっと見て、
咥えなが手の動きを速めた
もうやばい…
ユウさんがモモの口から抜いてモモの鼻のってった
、自分き始める。
モモは目て、ユさんイクっていた。
モモもユウさんの手をかけはい
軽く待って感じ

っ…」っさんの声がして、モモの顔に発射
夜イずにったせいか、構出たように見えた。
は射が終わ西のをっと待って「すごい…
ってすよにつやいていた。

俺としては、っと嫌ある顔をするかと思っ
ちょっと恥ずしそうにうつむいてるだけだ った。

そんなモモのリアクションから
これもすでやったの?って想像してまっ
嫉妬心がめゃめ掻きれて興奮してしまった





261 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:15:57.86 ID:dM1o+XGC0
そしたら、顔の精子をお湯で流しているモモにタオルを渡して、
「ありがとうモモちゃん。やっぱ最高だった。」ってユウさん
モモは、「いえっ…」って言いながら、まんざらでもなさそうだった。

そして、ユウさんが「おいで?いつもの。」って声をかける。
そう言われて、ちょっと恥ずかしそうにしながらも
モモはユウさんに向い合せになるように座った。
いわゆる対面座位の格好。

ちょっと前までの「いつもの」は、ユウさんが後ろから抱きしめる
体勢だったのに、この頃には、二人にとっての「いつもの」は
この格好になっていたようだった。

「ほんとフェラ上手になったね。呑み込みが早いわ。」
ってさりげなく褒めるユウさんにモモは嬉しそうにしていた。
そして、「キスして?」ってユウさんの言葉に
ちょっと照れるような反応を見せつつも、モモからキスを始めた。
啄むように軽いキスだけど、それがかなりエロい。
お互いから愛しさみたいなのがにじみ出ている感じがした。




263 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:21:40.75 ID:dM1o+XGC0
「なんか、今日のモモちゃん、ちょっと違う」
「え…そうですか?」

「旅行効果かな?いつもより大胆かも。」
「うーん…でも、それはあるかもしれませんね。」
笑って返すモモ。

「じゃあ、大胆な今日中にいっぱい楽しまなきゃ。」
「えー、まだやるんですか??」
ちょっとあきれた感じでモモが笑った。

そして、またユウさんの方からモモにキスをし始めた。
「好きだよ」とか言い出しても全く違和感ない雰囲気。
バスタオルを分けて、太ももの間に手を持っていくユウさん
「んっ…」モモがかすれた声を上げる。

「モモちゃん…めっちゃ濡れてるじゃん」
「やだ…」ちょっと抵抗はするも、思いっきり感じてるモモ。

「これ、取って?」ユウさんにバスタオルをくいくいってされて、
モモはキスをしたまま、ためらいがちにバスタオルをはぎとって、
湯船の隣に置いた。





265 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:27:17.94 ID:dM1o+XGC0
「ほんとは、二人でゆっくりしたいなって思ってたんだ…」
「そうなんですか?」

「お泊りの夜、ゆっくり時間かけてやったじゃん。
 あれがホントよかったから。」

モモはふふって笑ったように見えたけど、
結局同意も反対もしなかった。

「今は二人だけだから、あのときみたいな感じでやろうよ」
そういうと、軽くモモにキスをした。
そして、モモの下を手で触りながら乳首を軽く舐める。

「あっ…だめ…」
「モモちゃん可愛い…」

さらに甘ったるい空気が流れ始める。

「ギュってして?」
ってユウさんにモモは ユウさんの体に精一杯腕を回して
ギュって抱きしめていた。

そのあと、ひたすらユウさんの愛撫に可愛らしく喘ぐモモ。





267 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:32:05.30 ID:dM1o+XGC0
「もう元気になったw」
って笑うユウさん。

「えっ…ほんとだ…」

「欲しい?」
「やだ…」

「これからはちゃんと言うって約束したじゃん。」
「ユウさん…ほんと意地悪ですよね…」
ってモモがちょっと困った顔で笑ってた。

ユウさんが自分のをモモの股間にあてがって刺激し始めると
「あっ…それだめ…」
ってビクビクって感じ始めるモモ。

「ねえ、どうなの?」
「…やぁ…」

「ちゃんと言って?」
って感じでユウさんに何度かしつこく質問されて

「うぅ…。ほしい…。」
って答えるモモ。
温泉のせいもあると思うけど、顔が真っ赤になってた。





268 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:36:02.25 ID:dM1o+XGC0
「モモちんが言うとほエロいわ
足げに手元に用意てたムを装着するユウさん。
着け終とすぐにモにあてがう。

モモウさ挿入しやいよ度をくいって変た。
今から入ってくていう期待と、困惑が混ざっようだった
この顔がゃめゃツ
抵抗けど、気持ちよさっているすごく興する

ユウさんのが徐々に入っていく。
すご」モモがたっぽ喘ぐと、
ぱきつい…ってユウさん

ぐっと押し込みたいに腰を押ユウさん
モモが「んって感じで、体の芯から感じているように全に力を入れ
そして、ゆっくと出し入れを始めさん。




270 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:40:24.71 ID:dM1o+XGC0
「あぁ…おっきい…」
いつものモモのセリフ。

「おっきい?」
「(頷く)」

「おっきいとやっぱ気持ちいいの?」
って意地悪そうに聞くユウさんに
「…知りません…」
ってはぐらかすモモ。でも顔はもう気持ちよさそう。

激しく動いてるわけじゃないので声は吐息程度だけど、
そっちの方がこすれる感触が一層感じられるのか、
モモはすでにうっとりした顔になっていた。

ユウさんは、モモの頭の後ろにそっと手をやって、
自分の顔の近くにモモの頭を持って行った。
モモとユウさんの顔がめっちゃ至近距離になる。
お互いのおでこと鼻がかすれるくらいの距離。

モモは気持ちよさそうな顔のままユウさんをずっと見つめていたんだけど、
ちょっとユウさんの唇をちらっと見つめていた。





271 :早漏太 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:44:42.34 ID:dM1o+XGC0
かに、スしたいなって思ってるみたいだた。
だけど、的にるのは恥ずかしいし感じ。
ウさは そをわかってて、唇をモモ唇に近づけ
モモはそれをて、受け入れるよう
ちょっと開いづけた

も、ス直ちょっとが顎てし
そんな巧みなフェイントにモモが「あっ…」
なそうな顔をする

ばらくさんの焦らすよう上手いやり取ちょっ続いた。
モモ次第さんとキスしたいって思いで
頭がいぱいってた。

でにジモジし、もどかしさ全開のモモ。
の時にはユウさん唇を物欲そうじっと見ていた
て、っぱ我慢できなかったみで、
調切らしてユウさん自分からをした





272 :早漏太郎 ◆l1Cn0e66JA :2012/10/01(月) 22:49:25.01 ID:dM1o+XGC0
俺は思わず、あっ…って言いそうになった。
あのモモが自分からしたんだ…って。

今までの経緯を考えるとなんら不自然ではないんだけど。
ユウさんとモモが徐々にステップを昇っていっていることが
最高に胸が苦しく、最高に興奮できる要素になってしまっていた。

「お願いされなくても自分からキスするようになったんだ…」
って嬉しそうにユウさんが言う。
モモはユウさんから目をそらして、恥ずかしそうに首を振った。
でも、自分からまたユウさんにキスをし始める。

「入ってるのわかる?」
「ん…」
って、キスしながら控えめに答えるモモ。

「気持ちいい?」
モモは、キスしたままゆっくり頷いた。
そして、「このまま、ゆっくりのほうがいい?」って質問されて、
「もうちょっと…強い方がいい…です…。」
って 超弱々しく答えていた。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140227124402