2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女とセックスしながら電話をかけてきた間男をボコボコにした







688 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:02:09 ID:UH7pWoJM0
大学時代の話です。
付き合ってた彼女(M)は当時2年ほど付き合ってた彼女です。

彼女は身長150センチかなりちっちゃめ、体型普通。
おっぱいはBとCの中間C寄り。

顔はday after tomorrowのボーカル(今なにやってんだ?)にそっく
りでした。あんまり思い浮かばないかもしれませんが、似てると言え
ばその人なんでご了承ください。

彼女は大学1年生の夏休みに付き合い始め、
お互い大学の近くに住んでたのでほぼ半同棲状態でした。
もちろんそれぞれのアパートはありましたが。

俺は彼女と付き合うまでにも何人かHしたことはありましたが、彼女
はマジメな性格でしたので、付き合ったのは俺で二人目、Hは俺とが
初めてでした。

すごく つくしてくれるような彼女で、めっちゃ料理がうまい子でした。
あー、もう一回Mの作った飯が食いたい・・・。






689 :ま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月使) 10:03:32 ID:UH7pWoJM0
3年生の夏休みのことす。
俺は当時、ダーのキッチンのバイ始めたかりでした。

女には あ度料理がうまくなってからやっることを言おうと思
いたので、彼女にイトことを隠してま婿

トを増やしたのも、近くにあったMの生日の
っとしようとてたんで余計に隠しておきたかです

そのもダイニでのバイったんすがでやていた
師のバて言っておきましたもしかしたら
ソついたかもで別にんなことはいいっすね^^;西







690 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:03:53 ID:UH7pWoJM0
その日のシフトは俺は夕方6時から0時まででした(店自体は朝5時まで)。

で、その日俺がキッチンで働いていると、その店になんとMが来ました。
しかも男と二人で。相手(A男とします)は彼女のサークルの先輩で、
そのときはもう既に社会人になった人。

俺は直接の知り合いではないんですが、知り合いの知り合いみたいな
感じで顔とかは知ってるって感じでした。

A男はMが俺と付き合ってるって知らなくて、Mのことを口説いたこと
があるそうです。普通に彼氏いるからって断ったらしいのですが。

Mからはサークルの女飲みだって聞かされたいて、男と二人で飲むと
かは まったく聞いてなかったんで「は?」って感じでした。一瞬その
時に出ていってしまおうかと思いましたが、キッチン担当なので普通
の動きをしてればホールに出て行くこともなかったし、店では新人で
もあったので余計な動きはしづらいなって感じで、特に二人の前に出
るとかはしませんでした。

今思えば、そこで牽制する意味でも料理でも持っていったほうがよかっ
たって思いますが・・・。








691 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:04:36 ID:UH7pWoJM0
もう二人の様子が気になってしょうがありませんでした。キッチンか
らはホールの様子はあまり見えなくて、動く場所によっては二人の様
子が見えるって感じです。

で、なんやかんやお酒を飲んでました。A男はビールメイン、Mはカク
テルメインで飲んでいた気がします。ロングアイランドアイスティー
とか、強めだけど強く感じないようなお酒も何度か運ばれていき、俺
は「なんだ?酔わす気か?」って思ってました。
二人の様子はすごく楽しそうでした。その時点でもけっこうむかつい
ていたので、帰ったら問いただしてやろうと思ってました。

で、大体二人が店を後にしたのが11時半くらいでした。俺はまだシ
フトの時間が残っていたし、そのときはちょうど忙しい時間でもあっ
たので、すぐに電話を入れることはできなかったのですが、まあバイ
ト終わったら連絡入れようと思ってました。

ってかそのあとA男とMがSEXするのはまったくの想定外でした。なん
か普通に考えれば十分にありうる話なんですが、Mのことを信用して
いたのでしょうか、そのときはそんなことは考えもしませんでした。
とりあえず、怒ってやるって気持ちだけ。





692 :ゆま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:05:33 ID:UH7pWoJM0
してバイトが終わり、家に帰と案の定彼女のうにはいません
(当時お互作ってま)。

、彼女にしたけど全然つながりません。いつもっこう早く
がるのでおかしい思いまし。別いつも寝るでも
いし

おかしいとうと同時に、彼女はSEXするときは携帯をイレントに
することをしました

の時めて、自分の中に変な感情きあがってました。嫉
すべのなのでしょ妬と呼ぶにあまグチャグ
していて混沌と感情でした







693 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:06:03 ID:UH7pWoJM0
そのとき、携帯のがあり。彼た。画面を姿た瞬
きほどの一瞬の感とはれてホとしがら電に出ました
その電ッとするど電話じゃなかたんですが


てみると普通の電話と西稿し様子が違いました。すご遠い
です
もしもしもし」って何も反があませ稿
切ってっちら かなおそうとしたら男の声が聞こえてました。

こっから会話は完全にえてないので、
っと補してろもある思いすが
きるだにしておきたいおもい

「Mちゃんいいよ」A男の声でした
A男わかんなかったけど状らね

んっ」
れたあえぎ声でしたMの声でし

また、俺の感はグルしてまさしく頭に血がのぼったって言い
がぴっただった気がしす。





694 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:06:57 ID:UH7pWoJM0
きもいい」
Mが続けま

きMちゃんが気持よくしてたからお返しだ
A男がいます

っき気持してた?もうフェ終わたの?
静に判断してるいました。冷静いうよは、自分
いて一人が混乱する一方で、もう一が判断てるってのが
な気します。

電話を切ろうと思いたが、き入ってまいました
わけらない尿とってまうですね。






695 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:07:14 ID:UH7pWoJM0
「あんっ、んっ、やだ、口はだめ」

「大丈夫だよ、俺の舌使いには定評あるから」
おい、A男なにバカなこと言ってんだよ。

「やだ、ん、なんかすごい・・・」
ってM

「彼氏とどっちがすごい?
ってか彼氏だれだっけ?」

「彼氏は○○だよ、わかる?」

「あー、顔と名前は知ってる。
ってか大丈夫?ここ来ない?」

「多分、今日飲み会って言ってるし。
ってか今さらそんなこと、
あっあっあっ・・・」


って感じだったと思います。
なんか思い出しながら鬱になってきた。
でも興奮してきた^^;






696 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:08:03 ID:UH7pWoJM0
「で、彼氏とどっちがいいの?」
「A男さん・・・。」

「じゃあもいっかいMちゃんがして」
「はい」

「きもちいいよ、Mちゃんうまいね。」

「やん、してる時はさわっちゃだめ。
んっんっ・・・なめれなくなっちゃいますよ」

なんか電話ごしなんだけど、結構会話って聞こえるんだなって思ってました。
まあ、俺自身ボリュームマックスにしてたけど・・・。

フェラも性感も俺が育てたものが他の人に使われてるって思ったら、
ってかMが他の人とHしてるって思ったら、もうわけわかんなくなって
きました。

もうその時から4年ほどたってるんで、こんなに冷静に書けるんです。
しばらくはホント思い出すのが辛かった。でも、こんなに覚えてるっ
てのが、やっぱり自分の中では大きいのでしょうね。






697 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:08:21 ID:UH7pWoJM0
「あっあっあっ、もうムリ。入れて。」
Mの声がします。

「ん?なにを?どこに?」 

それは俺がいつもMに言ってることだよ。
A男はSっ気があったんですかね。

「やだ、わかんない」

「わかんないわけないじゃん。いいよ、言うまではずっと指でしてる」
「ああっ、いや、はっ、A男さんを私に入れてください」

「わかんない」
「A男さんの おちんちんを私の おまんこに入れてください」

そのセリフ俺が教えてんだよ・・・。

「はい、よくできました」
「あっ、すごっ、きもちいい」

「俺も気持ちいいよ」
「んっんっんっ・・・」





698 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:09:10 ID:UH7pWoJM0
その時俺はもう我慢できなくなって、Mの家に向かってました。
でも電話はつなげたままで・・・。

電話からはもう会話はなくてあえぎ声だけでした。
Mの声がしてました。

で、家について、もう何も考えずに鍵を開けてドアを開けました。
ドアチェーンはかけてなくて、幸か不幸かすぐに部屋に入りました。
部屋に入ると二人がつながってました。

二人とも目が丸くなってました。
俺はA男をMと離すと、思いっきり金玉蹴りました。
悶絶してるところに、顔を殴って倒れたとこを踏みつけました。
そのあと思いっきり、腹のあたりを蹴りました。
何発か殴ったりしてるとこでA男は あやまりはじめました。

「すいませんでした。すいませんでした。許してください。」






708 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 17:35:22 ID:4oibKHWs0
>>698
の前でそんなのたら手の殺しよ絶
もど手を使っても社的に抹殺る。




710 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 17:55:51 ID:UH7pWoJM0
>>708
俺も殺しそうになりましたよ。
腹とか顔とか思いっきり殴ってました。
ケンカとかは経験ありでしたが、
あんなに前後の見境なく人を殴ったのは初めてでした。

社会的抹殺かあ、恐いっすね。
してやりたい気持ちもあったけど、できるのかなあ。
おそらく同意だろうし、せいぜい慰謝料くらいじゃないっすかね(^^;





699 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:11:05 ID:UH7pWoJM0
Mは泣きはじめました。
「A男さん死んじゃうよ」

そうして裸のMに抱きつかれた時にスーッと激昂が引いていくのが
わかりました。
それからA男を部屋の外に追い出しました。

Mは泣きながら
「ごめんなさい、ごめんなさい。○○と別れたくない」
と繰り返しました。

長くなっちゃってすいません。もう少しで終わります。






700 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:11:25 ID:UH7pWoJM0
俺は何も言わずに前戯も無しで、Mの中に入れました。

ですが、
しばらくしたとこで萎えてしまって、最後までできませんでした。

Mは「ごめんなさい、ごめんなさい」ってずっと言ってました。

A男が誘ってきてお酒の勢いもあって断れなかったらしいっす。

「お前、酒の勢いって、それ2度目もありうるから。」
って言ったら
「絶対しない、ホント、信じて」って言ってきました。

「お前、Hを目の前で見た俺が何を信じるの?」
って言って平手打ちして帰ってきました。

そのあと、Mからはずっと謝りメールや電話が来て、ずっと俺の家の
前で待ってました。

しばらくは俺の部屋の前にいてもシカトして部屋に入ってましたが、
夜中になってもずっと待ってるので、部屋に入れました。

そしていったん許しましたが、半年してからそのことが原因なのかわ
かりませんが、俺の気持ちが冷めてしまい別れました。

以上です。長いことすいませんでした。





702 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 10:14:18 ID:lVEkTxW70
乙です。
やっぱそういうので復縁しても冷めちゃうよね




704 :ゆうま ◆YlfFTVBogg :2005/07/11(月) 10:34:00 ID:UH7pWoJM0
>>702
そうですね、なんかその前とは違う思いでした。
読みづらい文すいません。





703 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 10:17:13 ID:uqOELJMzO





705 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 10:51:24 ID:UjJOQCulO
乙!しく欝だな。




706 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 11:29:32 ID:SvOmNIC00
乙です。
久しぶりに胸のモヤモヤ感を満喫できました。




707 :えっちな21禁さん:2005/07/11(月) 16:09:15 ID:OT0nvMau0

それむっちゃイイ表現!
まさにそんな感じ。

ゆうまさん、乙!




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140318064605