2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

出張中に間男を連れ込んでた汚嫁。屈辱的条件を出して再構築に応じたが







539 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 20:38:11 ID:tnnc58Ja0
相手をボコにする系は、読んでるとスカッとするけど
自分ではできんなぁ。
2年前に今の嫁が浮気した時も結局手は出さんかったし。




542 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 21:20:38 ID:qmpBi0VE0
>>539
その話詳しく




547 :539:2005/10/03(月) 01:04:21 ID:D9EK9OAh0
まとめて来たけど、めっさ長くなってしまった。orz
上にも書いたけど、最後にはよりを戻しちゃった話なんで、
嫌な人はスルーお願いします。

書いてる途中で思い出してきた感情が入り混じって文体がバラバラだ
けど勘弁して下さい。

【スペック】
●●:俺。2年前は講師兼営業職。本州西半分担当支社勤務。28歳。
沙織:現在30歳元OL。胸はDカップ? ちょいぽちゃ。
関係:5年前に付き合いだして、4年前から同棲、昨年結婚した。

【状況】
2年前の話なんで、同棲始めて2年くらい経った時期なんですが、
その時って講師兼営業みたいな感じで、営業がアポとってきてくれた
クライアントの会社に行って自社開発ソフトの使い方を教えながら
売り込んでいく&ソフトを売った会社からの要望で操作説明会を開催する、
ってな仕事をしてたんです。

うちの支社は本州の西半分を担当してたから出張も多くて、
日帰り半分一泊半分くらいの割合でした。






548 :539:2005/10/03(月) 01:05:48 ID:D9EK9OAh0
一泊出張の次の日、その時は共きで
が朝遅かっでゴミのは俺の役目だっんだど、
ってゴミ置き場った家兼管理のおばゃんに会

「おうございます

、おようございます●●さ。 ゴミか?」

はいゴミ出す沿は俺の役目なもん

家事をしる旦那さんで殿いです。 
 そ湿れにいつも仲良さそう

「(正確にはまだ那じゃなだけ
いやぁ一緒に暮らしだ
2年も経つとないですよ

「またま昨日だって仲んでってじゃないですか。
なんう十も腕組んで歩いことなんてないですよ

「(昨日? 昨日は出張してたからそわけないんだ……)
 すか

ええ、昨日の夕方タクシーから降り入って行かれるのを見ましたよ。
姿でしたが御夫婦ゃなかったでか?」





550 :539:2005/10/03(月) 01:06:43 ID:D9EK9OAh0
(はぁ? 誰湿かと違いしてな。 まぁいや
ああ、あのか。そうば…
あっ、そろそろ行かないと。 それでは

「ありゃ、お忙しいのに引き止めちゃってすいせん。行ってらっしゃい」

んな感じで会社に行っただが、その時は管理勘違いだ尿
思ってすぐに忘れた。

、その次の週だたかな? またりで出張に行くことんだが、
あろうことか営業の奴がライアトとのアポを1日勘違いして
俺に予定入れやがて、それが日クライアトの
最寄のれから向か旨の連絡を入れた時だった。

明日(つまのアポ日付予定を入れると、明後日に朝入って
元のクライントとが出来なくなるし、
の地元のクアントは俺既に回行だった
別の奴に明日の予定をて俺は地元に帰るに。





551 :539:2005/10/03(月) 01:07:32 ID:D9EK9OAh0
から帰っても晩飯間にに合わんしな
とりあえずこ食ってぼちぼか」

って食って家に着たのが晩の10時ぐらいか 
途中で2回ほど沙織に電話したん、1回目は圏外で2回は呼び出
しだけでなかた。

は電話を鞄中に入れてるせいで呼びしに付かない事はよく
あったし、それ自体気にた。うちのマョンまで歩い
て帰ってきマンョン前にシーがてて支払のサイ
ンが出て

ここか予想通り、出てきたのが知ら男だった
一瞬声が出そうになったんだがその上の管理人んとの会話が
が出なかった。そうこうしてるうちに沙織とその男
組んでマンョンに入って行った。

「マジ? 浮気? 沙織が? で腕組たよな。普合っ
たり家族だったなきなんねーよ?」





553 :539:2005/10/03(月) 01:08:24 ID:D9EK9OAh0
、見いだっ
その証拠に外ら見てもうの部屋電気てないし

いたよ、電気。

「はぁ? んのに自宅で浮気なんてする 
に管さんにんのに

中甘く見てしなぁ
いや、世じゃなく、か」

いやそれにしたていらなんでも

いに頭の俺と俺でずっが、くの自販
缶コヒー買っ飲んだっと落ち着いてきた

りあえず、こり部屋にって様子を伺って調

うち部屋玄関入って風呂・レ・LDKと続いて、そ
の本棚で埋め尽くされ本部と寝室がる2LDK。こり玄入っ
てもLDKに二人居るならたぶん気付く。その奥に……

寝れない日に沙織後こそり家宿漫画喫茶に行
がよくあので、音を立て開けるは得意

頼むLDKでしてと思いながら入る

簿 ん 、 話 し 声 は し な い け  奥 か ら 物    こ  る 。





554 :539:2005/10/03(月) 01:09:06 ID:D9EK9OAh0
「マジ浮気かよ……」

と思いながらこっそりLDKまで侵入すると、
やっぱり寝室から音が聞こえる。もちろんギシアンの。

(申し訳ない、ここからなんだけど、男が何言ってたかは覚えてない。つーか記憶から消してる)

「ああっ、そこっ、そこ舐めてっ」

「うんっ、いいよ、ああぁっ」

「ねぇそろそろ挿れて? 舐めたげるから」
チュポッ、じゅるっ、ジュルルル、ちゅぱっ。

「ほら大きくなった。 元々大きくなってたけど」
ずぬっ、ずっ、ずぽっ。
「ああ、いい、いいよっ」

「もっと突いてっ。ああっいっちゃうっ」

たぶんこの間20分くらい? 寝室のドアの横に座り込みながら色んな
こと考えてた。

「あー、やっぱ浮気か。すげー、夢ん中みたい。むしろ悪夢?」
「でもあいつ本気で逝く時って声出なくなるかんなぁ。イくってのは演技か?」





556 :539:2005/10/03(月) 01:10:24 ID:D9EK9OAh0
や、普稿してる時のが演ってこともか」

何してんだろめねとなぁ」

ももうどいや、AVだとヤったら勃つのに
いま俺まく勃って

「とりあえの待もアだしなぁ、止めねーと

んなこと考あえッチンに。

えーと、俺喧嘩弱い しなりあえ器武器と」

包丁と、あ、食用のフが何本な」

右手包丁持西って、左手に数本のイフをもて寝へ。
チャギャッ
ドアを開時に右丁をドに突き立ててみた。

ひゃぁ

なんか二人して変な声たてた。仲良いな
「俺ので何してんの?
とりあえたてた包丁持っまま





557 :539:2005/10/03(月) 01:11:38 ID:D9EK9OAh0
●っ?! えっ?」

ボッ音た丁を引き抜く。
物の軽いドアだとこういう時楽。
男はんかあわわっ」ってた気がする

いや、何やってるかは言わなくていいや稿るし」

「違うっ、あの、これは… …」

抜いた丁を左手にナイフと一持ちて、
イフ一本右手

えばさ、やってったんよね
 ら、スとでよく奴」



イフ ナイフ投げて顔すれすれとかに突てる奴」

右手ナイ下持って、男にけて狙いを付けてみる。

「や、やめっ

になって

よく考えたら、素が食事のナイフを投げ殿たっ
まともに投げれてこ
気付くんだが俺も向うもゃなかたから

「とえず、あ10秒投げるどうす

そし男はなんかうめき声出しながらパン履きした





558 :539:2005/10/03(月) 01:12:38 ID:D9EK9OAh0
「服着てる暇あるの? あと5秒しかないよ?」
そう言って一旦ドアのそばから離れてやる。
リビングのソファのとこに男の鞄みたいなのがあったけど、
俺がその前に立ってるせいで
結局パンツだけで家飛び出してった。

男が飛び出していった後、鍵かけてキッチンに包丁とナイフを置いて寝室に戻った。
沙織は

まだ全裸でベッドにへたり込んでた。
「あのさ、順番違くない?」
「え?」

「いや、さっきの奴が好きになったんなら、
 まず俺と別れてからじゃないの?ってこと」

「違う! 違うの!」

「何が? だって俺と別れる前に違う男と付き合ったら浮気じゃん。
 それともさっきの男が好きなわけじゃないの?」

「うんっ、うんっ、好きなんじゃない。好きなのは●●だもん!」





561 :539:2005/10/03(月) 01:14:16 ID:D9EK9OAh0
「は? じゃぁ今までここでしてたことは何?」

「……ごめんなさい」

「質問の答えじゃないし」

「もうしないから許して? ね? お願い」

「……お前な、いいから質問に答えろ。
 今さっきまでここでしてたことは何だ?」

「う、浮気、です」

「だろ? で、お前は許せと来た。
 あのな、普通に考えて許せると思うか?」

「ごめんなさいっ、許してくれるならなんでもするからっ。お願い!」

この辺りで泣き出したんだと思う。

「そうやって今まで許してきたよな? 
俺のカード使って20万使った時も、お前のせいで俺が親友と縁切られ
たときも。ほら、すぐ泣く。泣いたら許してくれるってのが間違いな
んだよ」

「はい……ぐすっ……」

「なんでもするんなら、とりあえず出てけ。
 荷物は後で送ってやるから」

「いやっ、お願いっ。別れるのは嫌なの! 
 ごめんなさい! 
 ほんとにもうしないから!」

まだ泣いてる沙織は放っておいて、携帯取りにLDKに戻った。





562 :539:2005/10/03(月) 01:14:46 ID:D9EK9OAh0
プルルルル……5回ぐらいの呼び出し音で通じた。相手は沙織の御両親。
当時からお盆や正月どころか月一ぐらいの割合で御挨拶に行ってたし、
お義父さんとはよく酒飲みに行ってたので話は通じるし、
とりあえず連れて帰ってもらおうと思って。

「夜分遅く申し訳ありません、●●ですけれども」

「あら、●●さん、御無沙汰してます」

「こちらこそ御無沙汰しております。
 お変わりなくお過ごしでしょうか?」

「お蔭様で。何か御用事?」

「いえ、こんなことを申し上げるのは心苦しいのですが、
先ほど家に帰って参りましたら
沙織さんが見知らぬ男性を家に上げておりまして」

「は?」

後ろで沙織が何か喚いてるが、無視。

「端的に申し上げれば、寝室で浮気の真っ最中だったものですから」

「……ご、御冗談、では、ないのですか?」

「申し訳ありませんが……」





563 :539:2005/10/03(月) 01:15:18 ID:D9EK9OAh0
あまりにも喚く声がうるさいので、通話口を塞いで「出て行くか黙るか
どちらかにしろ」と言うと黙った。


「それで、今は状況が状況なので、お互い冷静に話が出来るようにな
るまで沙織さんをお返ししようと思うのですが」

「そこに沙織は居るのですか?
 いえ、1時間待って下さい。夫と一緒に伺いますっ」

「分かりました、お待ちしています」

確かに車で来れば沙織の実家からここまでは1時間くらい。
まぁそれぐらいは待っててもいいか、と思って待つことにした。
とりあえず沙織に服着させて寝室を掃除させて、
黙ってるのも何なので沙織と話をして御両親を待つ。

「さて、最初に聞きたいんだけど、さっきのは誰?」

「……会社の専務さん。
 ●●が出張だった時にご飯食べに行こうって誘われて……」

「ふーん、同じ会社の人、ね。で、今日が何回目?」

「あんなことになったのは……3回目。
 2回目にご飯食べに行った時にお酒に酔って……」

「あ、そう」





564 :539:2005/10/03(月) 01:16:03 ID:D9EK9OAh0
本当にごめんなさいっ!
 もう絶対にしないか、だら…

「でもさ、相のこときなじゃない、
 気したのもに酔った勢いってら、
 どてそから2回んだ? 
 …2回っても沙織の言てる信じれば、だけど」

ごめい……ごめんな……

ごめんなさいじゃんないし」

ん……●●が出多くて寂の…
 ●●のせする訳じゃないけど
 いも二で居る家に一で居のが

確かここで俺はごい溜をついと思う。

「あのな、出張が多くて寂しかっのなら
れを先に俺にわな? 一回で
そんことったか?
き俺が“順ったよな?
それも一緒じゃねーか」

「……ごんなさ

りあ末まで実家帰っ
 日曜まで色てみるから」

分かた……で願い、こんなとはもしなし、
 何でもするかられるのして……」

そんな話をてたら御両親が着いた。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140326065611