2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

初めての3pで一晩中おれと親友の相手をした彼女 後編






初めての3pで一晩中おれと親友の相手をした彼女 後編の続きです。


777 :名無しさん@ピン2012/12/17(月) 02:45:41.14 ID:wENufMPC
773の続きです

のあはひたすらエロい世界した

と親君はギンンになったチンコ自由ゃぶら


景子は何も言わず、一心両方の手を上手に使ながら、
チンコをに舐くる

またAVのいんだけよく見るあの景だ

とそこで、
「なんか俺たち、げーことてる」と
が久しぶり口を開

「ね、俺、興奮しすぎてヤバいよ」
思わず漏ら

「て、景子ちゃんフェラうすぎ」と
ニヤヤ笑がら言った親友君の一に、

「ほんとてか、わ
 は、興奮し、きて、ヤバいよと、
景子がフェラチオ合間葉を紡いで返す

の景子の言葉がらにの心の中の感上げ

「ちと、王様、、さっより、固くなっだけ…」
と景
え、ばれてる?」
バレバレw」景子は笑いながら俺を見上げて言っ調
ついそこで親友君が次の行動に





778 :名ん@ピンキー:2012/12/17(月) 02:46:25.84 ID:wENufMPC
景子ち沿ん、そのまま王様のチンコしゃぶりながらでいいらさ
 這いの姿勢にな

景子は最初、んと顔してたんだけど
君が何をたいすぐに理できようで、
の正面に俺のチンくわえるような姿勢で、
友君の方四つんいに

親友君は、景子のお尻のに座り込んで、
子のアソトさ指で触りだし
「景子ちゃん、きよりも濡れてん」と親友

は「あ…」と漏らしたあ
「もうねでも濡西すぎてるの分かる
素直に認めた

それを聞い「じゃあ、これ、いただきますと言いながら、
君は景子のアソコに顔を近づけてクンニし始めた

親友を動かす度に、
ャピチャピチャピチ宿ャって音が景子のアソコかられて
「ああ!ダメ、そこ、持ちい!あああ…」
景子はっきの手マンの時よりも大きを張り上げた

をまるで無視友君は
ひたすら景のクリトスや穴の分を丁寧に刺し続ける

あん!ああちょっと、本当にう、あんおかしくなっちうよう…」

ゃまね、便ゃあもうやめとく?」
と親君からいじわ

「やだお願いつづけて!慢できないの」

と懇する景子
ぶっちゃけ、ももう我慢きなくなってきたよ」
と親ちゃん、挿れもいい
たたみかける親友

「うんお願、挿てほしい…」

とがような声でつぶや貿いた






779 :名無しん@ピキー2012/12/17(月) 03:03:03.44 ID:wENufMPC
親友君は、「ムある?と俺に聞いてき

それに対して景が「うちらいつ付け」っていと、
親友君がチ配せをし

でうな、親友尿きまいた
子のアソチンコの先ばらくこすりつけあとに、
そのまま生で

その景子口から

ああああんっ

て大な吐息が漏れ
してるときいつもど、
景子は今のこれが多分一番好きなんだと思
た瞬に大を出すはいつものセだ

「うっわ景子ちゃんの中、きっつ
と思わず感想をもす親友君

すか景子
ていうか、友君の、すご、かたい…

って、顔若干しかめっ面しながけ入れていた

親友君はゆっり景子の膣中にチンコを押し込ながら、徐に徐
ゆっくりと景子のまで押し込めていっ

「ああああんっ!もう、中当たてる…、きもち、いい…」

の声が一段と大った
んで、そのままックで親友君が腰振りはじめた

景子
「あぁ!あ!あぁ!」

と言葉にもならない声を出し続け退ら、喘いでいる
も俺へのフェラチも止めてはいなかっ

ろから人に付かれる景子の正面の顔を見るのもちろん俺


バック勢でてもき形のまま垂れ子の
めちくちゃキレイだ

な目の前景を
俺の中ではもうすでに心臓バッバクを通り越して、
夢でも見てるゃないだろうかて気さきた、
もここ凄い景は見たことがな





785 :しさん@ピンキー:2012/12/18(火) 01:44:41.10 ID:NiRlq7oH
すみません、昨は寝ちしてしまっした
779の続きです


友君が腰前後に動かす度に、
クチャ、クチャ、クチャ、クチャっいう、しいも聞こえてきた
接見くてごくれているこよく分った

景子は俺のチンコをくながらきに合せるように 

「んっ、んっ、んっ、んっ」

喉で鳴らしてい
も、折、親円を描く腰を動かして、
子の体の股間し付けると、

ああっっ…

と声をげて、景子は思ず俺チンコを口か離してしま
めちちゃエロい空間が俺たちを包み込でいた

しばくこのくと、
親友をゆっ動かしながらに声けた
景子ん、めっ感じてでしょう
子は親友君の声を無視して俺のチを舐め
「なんか白いのがいぱい出てよ」
親友君は応を気にしながら葉を

、やだ、見ないで、しいよ…」

景子はンコをわえなが親友君に言っ
じゃあさ君はそう言う
動きを止から

て、そのまま子の横に移動してきて、たった今まで
アソコに挿れていたチ景子の顔のに突き出した
「じゃあさ、この白いの全、景子ちゃんのでキレイにしてよ」
、親友君よなんかすげーノノリじゃね?
心の声





786 :名無しさん@ピンキー:2012/12/18(火) 01:47:30.41 ID:NiRlq7oH
景子「やだ、無理…」って顔を背けて抵抗たんだけど、
君はその言葉を完全に無して、
「ちょっ、そどいて」って顔きた
思わ景子のからを離て、
そのまま景子のお尻の方移動

子は四つん状態倒して
尻だけがき上がったまま
さっきまで親友君ンコがいた景子のアソに、
ってチコを挿れた
中はめちゃくちゃ濡れていて、めっちゃ気持ちよ
が動くと、景子は上身を突っ伏し

う、う」
ってを出した

友君は俺がいたところに、「よいし」っがら腰おろした
ドの頭の部分を両足を開いたままますぐ伸ばし、
景子がその両足のに挟ま体勢にな簿
子の顔の前は、まだギンギンに勃たま
親友君コがそびえってい

親友君がら、景子ちゃん」ていと、
今度は何も言わずに、上半身して親友チンコを舐めはじ
俺は見ながら腰をてい

友君はそう、すごいよ景子」って言いながら、
景子の貿髪の耳にけてあげ
後ろらで顔や舌の動きがはっきり見

景子は大事うに親友君のチンコを両手で支えながら
でチンコにべといてた舐めとっていた





787 :名無しさん@ピンキー:2012/12/18(火) 01:59:42.25 ID:NiRlq7oH
「どんな味がする?」親友君が意地悪そうに景子に問いかける
さっきと同じように、景子は親友君の声を無視をして、
ひたすらチンコを舐め続けた

「恥ずかしくないから言ってごらん?」親友君はさらに問いかける
「しょっぱい…」景子がボソっと返事をした

「それ、さっきまで景子ちゃんのアソコからいっぱい出てきてたんだぜ?」
親友君の声に悪味が帯びてきた
「やだ、言わないで」今度は、はっきりと景子が声を出した

「景子ちゃんドエロだね、普通自分のアソコから出てきたものなんて舐めないよ」
親友君は構わず続ける

「お願い、もう言わないで…ああっ…」
最後はもう言葉になっていなかった

親友君は両手で景子の胸をまさぐりながら、
指先で景子の乳首をやさしく刺激していた
「景子ちゃん乳首めっちゃ弱いよね、つーか、形もキレイだけど触り甲斐が良すぎ」

「ああ…あ…あっ…」

俺は二人のそんなやりとりを見ながら、無心で腰を振り続けた
「あー、景子ちゃんのおっぱい、すげーやわらかくて気持ちいい」
景子が身体をくねりはじめた
「こんだけいい身体してるんだからさ、絶対よそでも遊んでるでしょ」
親友君の言葉の後で、なぜか俺の腰の動きが段々早くなる
なんだ、この感覚?





788 :名無しさん@ピンキー:2012/12/18(火) 02:14:46.74 ID:NiRlq7oH
親友君が景子を言葉でなじる度に、俺の腰の動きが激しくなっていた
腰だけじゃない、チンコもガチガチに固くなってる
そして、景子の口からだんだん大きな声が聞こえはじめてきた

「ああ…、ちょっと、なんかまたヤバい…」

俺は知らず知らずのうちに、景子のお尻を強く掴んでいた
景子の感度が上がっているのが、チンコ伝いでもよく分かった

「ちょっと、ほんとこれ…あっ」

景子のアソコの中がだんだん絡み付いてくる
「景子ちゃん、気持ちいい?」
親友君の声のトーンが急に優しくなった
景子は

「うん、ヤバい、超気持ちいい…」

と答えながら、
今度は親友君の乳首を舐めはじめた
「景子ちゃんのアソコの中で王様のチンコはどうなってる?」
親友君がさらに続ける

「すっごい固くなってて、すっごい大きくなってる、奥の方がヤバい…」

その言葉が俺の腰の動きを更に加速させた
それと同時に、景子は身体を完全に起こして、
左手で親友君のチンコをしごきながら、
右手を親友君の頭の後ろに回して、自分からキスをしにいった

親友君はもう何も言わなくなっていて、激しく景子と舌を絡め始めた
二人の口の周りが唾液でベトベトに濡れている
親友君はまだ両手で景子の胸を揉み続けていた





789 :無しさん@ピンキー2012/12/18(火) 03:02:16.35 ID:NiRlq7oH
と親友君プキは、すんげエロか
人ともお互いを求めて、自分の舌を絡めにっている

子は俺が後ろから突いているのなんて忘れてるんゃないかてくらい、
親友君の口に吸付いてい

ソコの中はさっきよりッと締ま姿ってきて、
またとんでもなく濡れ

俺はンコのん景子のアソ一体化してき
ような気して、とにか無心に腰を続け

「あああ、ダメ、もうイキそう

景子は右手で親頭のを持ったまま、親友君目を見
「いいちゃえよ」親友君が答

「あ…、あああ、イ…イッゃう

って言の後に、二人はま絡めはじめた

景子はイッ
景子クビ動いいるのがよく分かった
俺は腰の動を止めてチンコ全体で景子の動きをいた
イキなら親友君と舌絡めていた
俺はなんだもないものを見ている気がす





790 :名無しさん@ピンキー:2012/12/18(火) 03:08:39.28 ID:NiRlq7oH
景子の中はまだ動いていたんだけど、俺は景子から自分のチンコを抜いた
アソコの周りと肛門あたりがヒクヒク動いているのを見ていたかった

親友君と景子はまだ舌を絡めている
なんか雰囲気がやばい

親友君のチンコもすごいことになっていて、景子がさっきからずっと
手でしごいていた
俺がチンコを抜いたことに何もいわず、景子は舌を絡めながら、
そのまま親友君の上に跨がった

そして、そのままの格好で、自分の手で親友君のチンコを自分自身に挿れ始めた


親友君は何も言わず景子の腰に手を回して、
景子が動きやすいように腰を浮かせている

ガチガチになってる親友君のチンコは呆気なく景子のアソコに入り込んでいった
一番奥まで腰を沈めると、景子は思わず

「あああああっっっ!」

って声を出した

親友君は「うわ、景子ちゃんの中、まだビクビクしてんじゃん」と
言いながら、対面座位?の体勢で景子の胸に顔を埋めた

咄嗟に俺はその場から移動して、ちょっと離れたところから二人の
セックスを見たくなったので、ベッドから離れてテーブルの横に移動した


二人とも何も言わない
親友君は両手で景子の胸を揉みながら、さっきみたいに両方の乳首を
吸ったり舐めたりを繰り返した

景子は両手を親友君の頭の後ろに組んで、自分の胸の高さにある親友
君の頭を大事に抱えている

その間、腰を動かしているのは景子の方で、女性特有の腰の動きで
子宮の奥でチンコをくわえこんでいた

俺は二人のセックスを見ながら、とにかくチンコをしごいていた
少しでもこの光景を目に焼き付けておきたかった
景子は今、俺じゃない人と目の前でセックスをしているんだ





791 :名無し@ピンキー:2012/12/18(火) 04:32:21.55 ID:NiRlq7oH
景子の腰は今まで見たことがないくらい激しく動いていた
「うわ、超気持ちいいと親友も声らす
人の間が擦れ合う度に、ま便ビチャビチャって音が聞こえくる
汗と景子のソコから出弾けている音った

景子動きん大きくなって、寿親友使両手

またイッてい?

と、甘えた声で景子が親をかけ
っと上目遣、めちゃくワイイ表情をいた
友君も景子の目を優しく見つめ「いいよ」と答えた
そのあぐに、

「あっ…」

一言してせてッた
体がさりもビクビク震えてい

友君はしの顔をつめ後、
身体 たまま景子の身体を後にゆっくり倒すと、
そのまま体を起て正常位の体勢になった

ッドに横わっ景子は、まだ顔を仰け反らせて絶頂の余に浸っている
全然発しなかった

親友君は「景子ゃんの顔いよ」一言かけると、今度は
が景子の上かぶさっ腰を動かし始めた

一部始終をたす自分でしごきまくっているた景子
に後で突っ込まるのろう






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140409060049