2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

学生時代、許嫁みたいな存在の子がいた






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397474280/


3 :ダ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)20:30:19 ID:CFHDqKUf7
家は田舎の
何も楽しみもない地域だっ同士は相当仲かっ

然隣同士の家なら、自然と家族単の付き合になっていた
そして俺の家には、年の女の子のA子が
A子とは小さらの知合いだった

いうのA子両親、父母と凄く仲が
互いの家に遊びに行り、一に食事したりして
然とA子と過ごしていた
A子はスゴク大人った

基本『うん』しかし、何か冗談を言
すぐ泣いしまう子だっ
それで子供自分は特に何もりを感こともなく
通に遊んでいた







6 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)20:35:51 ID:CFHDqKUf7
小学生になっても二人の関係は変わらなかった
どちらかともなく家に行き、適当に遊んでいた
家族ぐるみの付き合いだったから、頻繁に飯も一緒に食べた

そんな関係だった両家族だったけど、
小学3年の時にA子の母親が病気で他界した
それからA子は、前にも増して暗くて泣きやすくなった

両親からも、A子の父親からも
『出来るだけA子と遊んでほしい』と言われて、
俺も子供ながらに出来る限りA子を遊びに連れてった

最初の方は この世の終わりのような顔をしてたA子も、
徐々に元のA子に戻って行った







7 :男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:01:30 ID:CFHDqKUf7
っからA子は簿俺に付いて行くようにった
川に釣りに行一緒に行って、
釣るわけいのに付いきた
山に行けば体力ないのに息を切らしなてき

方的にどうもいい話して、
ただひたすらA子はそれいてい

時、いものように
とA子の母が俺の家に来
緒にご飯を食べていた

そしたら、とA子父が一緒に遊ぶ俺A子を見て、
『俺と子は仲がな。そまましてまったらどう
きた

れをいた両父母

俺は何だごく恥ずかしくなって力で拒否たけど
親がA子に『俺してれるか?』と聞いたら
A子西ずかしそながら『俺いいと言ってしま

こで俺放置して、両家族は大盛り上がりて、
その日はとい名の飲み会となった
もちろん小学生に将来の約束を本してた思ってな
うなればいな的な感じだ

それでも俺は凄くかったし、
子も下を向いたまま動くなっていた







8 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:05:23 ID:CFHDqKUf7
それから中学に上がると、
A子は益々俺の後を付いてくるようになった
性格は変わらず、とても物静かだった
メガネをかけてとても地味な風貌だった

俺も戸惑いながらも、幼馴染ということもあり、
A子と普段通りに接していた
中学の時に、何度かA子に聞いてみた

『あの結婚の話、本気にしてないよな?』的なこと
その度にA子は顔を赤くして俯くだけだった
そん時は、もしかして本気にしてる?とは思ったけど、
どうせ大きくなったら どうでもよくなるだろと楽観視していた








9 :名無しさん :2014/04/14(月)21:07:41 ID:vhWotvUHi
釣りか本当か分からんが幼馴染か…
羨ましい…





10 :名無しさん :2014/04/14(月)21:09:09 ID:WluNd3U2a
A子が美人ではないってことに
リアリティを感じる





11 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:12:53 ID:CFHDqKUf7
ところが、高校になっても、
A子は俺と同じ高校に進学してきた
A子は体育以外はとても成績が良かった

それに比べて俺はろくに勉強もしてなかったから
成績は悪く、何とか底辺の県立高校に進学した

A子は格段に上の高校に行けたはずなのに、
先生の反対を押し切って俺の行く高校に入学した
でも当時の俺にしてみれば、何だか妙に腹立たしかった

俺が必死に自分なりに勉強して高校にやっと受かったのに、
A子は普段通りにしていて合格したことが悔しかった
もちろんそれは普段から勉強してなかった俺のせいだった
本当にしょうもないプライドだった

でも、当時の俺はそれがとても気に触っていた
高校でも俺にしょっちゅうついて来てて、
時々冷やかされもした

当時の多感な俺にはそれが耐えられなかった
A子がいるからという理由で
誰も女の子が話しかけて来なかった

A子は幼馴染とはいえ、俺だって他の女の子と話したかったし、
友達もA子がいるからと色々遠慮しているところもあった
とても窮屈な気分だった







12 :名無しさん :2014/04/14(月)21:17:52 ID:hMwe8v9oc
お前が他の女の子に話しかけられなかったのはA子のせいじゃなくね?
別に彼女いようが普通に来たり話したりするだろ





13 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:23:18 ID:CFHDqKUf7
>>12
もちろんそうだったと思う
でも、当時の俺は全部A子のせいにしてしまったんだよ

そして高校2年の途中で、俺は学校帰りに
とうとうA子を責めてしまった

『いちいち俺の後をついてくるな』
『お前のせいでいつも恥ずかしい思いをしている』
『小学校の時に適当に親が言ったことを守ってバカじゃないのか』

そんなことを怒鳴りつけた


A子は涙を流しながら『ごめんなさい』と言っていた
今考えれば、俺は最低だった
頭のよくない高校に、優等生のA子は学校では浮いていた
俺以外に友達もほとんどいないし、色々不安だったと思う

それなのに俺はA子を拒絶して、罵倒して、突き離した
本当に最低だったと思う

だけど、当時の俺はそんなことなんて考えもしなかった
ただ自由な生活が欲しかった
それを聞いた両親にも責められた

A子の父親にも責められたし、A子の年の離れた兄にも責められた
それがとても歯痒かったし、頭に来たから俺も
いつも言い返して口論になっていた

その度にA子は俺に謝っていたけど、その姿すらも癪に触った
それから、俺とA子は疎遠になった
ていうよりも、俺が一方的にA子を無視していた

そして、高校卒業と同時に、親と喧嘩別れのような状態で家を飛び出した
A子は最後に俺に何かを言おうとしてたけど、
俺はそんなこと聞く耳なんて持たなかった
とにかくそこの暮らしの全部が最悪に思えていた

だから、離れた都会で一人暮らしをして、
高校の時の友人のツテで仕事に就いた







14 :名無しさん :2014/04/14(月)21:27:04 ID:csJ89hhqW
ふむふむ





15 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:28:31 ID:CFHDqKUf7
一人暮らしを始めたら、それはとても自由な生活だった
誰にも文句を言われることもない

仕事にさえ行けば、好きな時間に眠れて、
休みの日には好きなことが出来た
それまで抑え付けられていた色々なことを、
一気に吐き出した

女とも遊んだ
男友達ともバカやった
酒を毎日飲んで、ギャンブルもして、
タバコも吹かしていた
そして友人の紹介で、彼女まで出来た


彼女に夢中になった俺は、毎日メールやらでやり取りをして、
遊びに行って、飲んで騒いで、サルみたいにセクロスした
毎日が自由だった
とても満ち足りた生活だった







17 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:36:09 ID:CFHDqKUf7
そんな荒れた生活を続けていた俺は、
いつの間にか24歳になっていた
そしてその年の春、会社に新しい上司が来た
俺の直属の上司だった
だけどこの男が、まるでパワハラの塊のような男だった

十分な量の仕事を捌いていたのに、
『仕事が遅い。使えない奴』と罵られた

ほんのちょっとしたミスでも、
『こんなミスをするのは考えられない。辞めてしまえ』
と怒鳴られた

その上司は、普段はとてもいい人面をする奴だったから、
周囲の評価は凄くよかった
でも、一度俺と二人になれば、毎日基地外のように罵倒してきた
俺は必死に耐えていた

その上司は、上の方にはこれでもかと言わんばかりに
媚を売っていたから気に入られていて、
俺が何を言っても掻き消されることは分かっていた

精神的にまいっていた俺の唯一の救いは、最愛の彼女だった
彼女は俺を毎日励ましてくれていた
だから俺も思う存分それに甘えていた
そんなある日、俺が家に帰ると、
彼女が俺に仕事を紹介してくれた友人と浮気していた






18 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:42:03 ID:CFHDqKUf7
その友人は、俺の中では親友だった

事の愚痴も言
緒にバやって、一生の達だと俺は思っいた
彼女には、心ホレてい

結婚するも考え始めてし、せにしよいt
そんな親友と、俺最愛の彼が、
ベッドの上激しく抱き合っていた

然俺激怒人を問い詰
も二人は、まるで開直ったかのよ度をとっ

だった男
『彼引き留められったお前が悪い』と言っきた

彼女だった女は、
アンタ緒にいてく面白くない
セクロスも友達の方がずっと上ってきた

して二人はニヤニヤ笑いながら、
『俺達、今日付き合うから』と言て行
一人残されたいた
でも、泣くことしかなか

は一度に、親彼女をって
のシクはかなりのもの泣く以外に何も出なかった







19 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:48:42 ID:CFHDqKUf7
それから俺に残されたのは、ただ苦痛の日々だった
仕事中の上司のパワハラは更にエスカレートしていった
それでも必死に耐えて仕事をしていた
家に帰れば抜け殻のように呆然としていた
体重もどんどん落ちて行った
それでも生活のために仕事に行き続けた

しかし、そんなある日、
いつものように上司から罵倒されていると、その上司が怒鳴って来た
『お前がそんなにダメだから、女を取られるんだよ』
たぶん、噂か何かで聞いたんだと思う

それを言われた瞬間、俺の中で何かが切れた
そして、咄嗟にその上司の顔を思い切り殴った







20 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:58:22 ID:CFHDqKUf7
当然、会社で俺が上司を殴ったのは大問題になった
上司は警察に通報すると騒いでいたけど、
会社としては警察沙汰はマズかったようだ

俺は退職金辞退の自主退職という名目で、会社をクビになった
会社を放り出された俺は、何とか仕事を探しながら
バイトを掛け持ちした
でも、仕事は中々見つからなかった

バイトを掛け持ちしたとしても生活は苦しくて、
少ししかなかった貯金は減って行った
友人と遊びに行くこともなくなり、疎遠になった
それでも必死に仕事を探したけど、現実は甘くなかった
何度面接しても就職は出来なかった
もしかしたら、前の会社に調査をしたのかもしれない
そりゃ、上司を殴り飛ばした男なんて誰も雇うはずもなかった


そんな中、駅にいた時に、
気が付けばポケットに入れていた財布がなくなっていた
スラれたのか落としたのかは分からない
でもその財布には、その月の貴重な生活費が入っていた
俺は祈るように探し回った

そして、男子トイレの大便器の中に財布はあった
回収して確認したら、財布の中の金は、
全部綺麗に抜き取られていた
俺は財布を洗いながら、ふと鏡で自分の顔を見てみた
俺、泣いてた
自分では気づかなかったけど、涙流してた
何もかもが嫌になって、俺は自殺しようと思い立った







21 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)22:06:31 ID:CFHDqKUf7
部屋に帰ると、ロープを持って、
深夜の公園の木の袂に立った

それを木の枝にひっかけて輪っかを作り、
持って来た椅子を踏み台にして首を括った

足元には友人だった男、彼女だった男、
上司への恨みを書き綴った遺書を置いた

後は椅子を蹴り倒せば楽になるはずだった
でも、最後の最後で椅子を蹴れなかった
何度も勇気を出しても、どうしても椅子を蹴れなかった
椅子に乗ったまま何度も足を動かしていたら、椅子が倒れた
その瞬間、ロープが一気に首を締めた

けど、ロープをかけた木の枝が細すぎたみたいで、
あっさりと折れてしまい、俺は地面に倒れた

咽ながら、俺の頭に浮かんだことは、死への恐怖だった
死のうと思ったのに死にたくないと頭の中で叫んでいた
なんだか無性にそれが悲しくて、悔しくて、
情けなくて、誰もいない公園で泣いた
泣きまくった

フラフラとしながら家に帰り、ロープと破った遺書を捨てた
それから数日、俺はバイトをサボって家で呆然としていた
そんな時、ふと頭の中に地元の風景が浮かんだ

俺は残りわずかだった金をポケットに突っこんで、
無精ひげを伸ばしたまま電車に乗って地元を目指した








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 感動・泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 感動・泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140420201835