2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

スッキリした仕返しをした男達の話







802 :1/2:2013/09/25(水) 05:05:29.81 ID:4+1mOqxr
酒飲んでたら途端に書きたくなったんで書く。
流れ切ってたらごめん。

俺は大学生でファミレスでバイトしてる。
ある日、座席の備品(シュガースティックとナプキンと爪楊枝)が
全部無くなっていることに気付いた。

興味本位でこの手のスレもまとめで読んでたし、
実際働いてたら「ずうずうしい人」にも結構遭遇したし
(連れが頼んでるんだから自分もドリンクバーをセット料金にしろとか、
そもそも連れがドリンクバー頼んでるんだから自分も飲んでいいだろとか)
それほど気にはしなかった。


だけどそれが何回も続いた。
俺がバイトに入るのは週の半分以下だから結構な確率だと思って
店長に相談した。
そしたら店長には「もう少し様子みてみようか」と言われたので
もやもやしながらもバイトを続けた。

自分が入ってる日に何度も無くなるんだから当然だけど、
注意して見ていれば誰が備品を持ち去っているのかはすぐにわかった。
幼稚園児?を連れたママ友らしき3人で、
そのうちの一番騒がしい1人が犯人だった。

そいつの子供も騒ぎながら店内走り回ったりしてて、
他のお客様からの苦情を受けて3回ほど注意したことがあったので覚えてた。
そのことを店長に報告しても「もう少し様子みよう」だけ。

俺も自分で言うのも何だけど理屈だけは達者な学生だから、
そいつに食って掛かって完全論破してやりたかったんだけど、
店長に釘も刺されたので そいつを見かける度
そして空になった備品を見る度イラつきながらも普通に働いた。
(脳内では、キチが「お客様は神様でしょ」って言ってきたら
俺は〜とか妄想しながら憂さ晴らししてた)

で、最初に備品の全滅に気付いてから2ヶ月くらいしたころ、
奴のテーブルが妙に騒がしくなった。
お水のおかわりを注ぐという口実でそこに近づくと、
「みっともないからやめて」だの「これはサービスなのよ」だの
話し合っていた。
(奴の方だけ見れば「怒鳴っていた」というのが正しいと思う)

ちょくちょく耳に聞こえてくる会話は「キチママ」そのもので、
こんな人実在するんだと妙に他人事に感心していた。
結局そいつは喧嘩別れする形で店から出て行った。




803 :2/2:2013/09/25(水) 05:06:01.00 ID:4+1mOqxr
支払いは残りの2人が奴の分も含めて払ってくれたんだけど、
レジ打ちの子の横から店長がクーポン(たいしたものじゃない)
を渡しながら
「またぜひおふたりで
(ちゃんと聞き取れなかったけど多分合ってると思う)お越しください」
と言っていた。

その後 店長に聞いたら、こうやって喧嘩になることを
俺が相談する前に予測していたと言われて驚いた。

「お前が気付けるような客席のトラブルに俺が気付けないはずないだろ」とも。

おれが指摘するよりも前に試しにシュティックシュガーを
カバンに詰めてる奴に視線を送ったところ、
本人は気付かないのに他の2人が視界の端で居心地悪そうにしてて、
それで今の結末まで予測したんだとか。

「別にあんな奴放り出したり出禁にするのは簡単だけどよ、
そしたら残りの2人まで気まずくなっていらっしゃらなくなるだろ?」

と言われて本当に店長の観察眼に驚いた、という武勇伝。

店長は制服着てなければヤクザか軍人かという見た目なので、
物理的に「放り出す」のも確かに簡単なのだろうと思う。
もっともそれだけに途中では「俺でも(脳内妄想で)出来るんだから
店長がちゃんと対応すればすぐなのに」
とかでいらいらしてたんだけど。





804 :おかなわえた名しさ2013/09/25(水) 05:42:45.23 ID:YPw8RcJK
>>803
長素
の男の貫禄を感じたっ!




812 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/25(水) 09:19:49.19 ID:z3rat/sM
>>803
あぁすっとした
>>802もようこらえた




816 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/25(水) 10:47:51.59 ID:Okzo3OJ9
>>803
店長
惚れた




805 :おさかなくわえた名無しん:2013/09/25(水) 05:46:56.07 ID:JuPdjLQk
は物的な動はし
良心的な残してい客はじき出した、店長さんは接客のプね。





817 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/25(水) 11:14:36.58 ID:giLAQ8t+
初めてなのでスレ違いなら申し訳在りません。
土方がらみでウチのジジイの武勇伝。
高度成長期末期の昔話。

とある突貫現場工期が押していたので、
ジジイに建設会社の現場監督から応援要請。
ジジイは職人総動員で何日も徹夜して、
柱やなんかをなんとか作り上げて納めた。

ところが、支払いの話の段になって、監督が
「客から金をもらっていない」
「赤字現場で金は無い」とか
のらりくらりと支払いを拒む。

ジジイからしたら相手は若造、立場もわかると、
現場事務所で紳士的に話し合いをしていたが、
監督が
「下請の分際でしつけーんだよ!おめーら出入り禁止だ!」
とキれた。

ジジイ、「わかりました。それでは結構です。」と。
監督の目の前で、脇に座っていた職人の番頭に、
「ウチは手を引く。全部撤収な」と指示。

番頭はその場にいた手下に総動員指令。
現場に納めた自社の納品物全部を回収。
どうしたかって、
完成間近の建物の、自分達が納めた柱やなんかを
根こそぎ切り落とし、トラックに載せて搬出。
建築会社の担当社員達が飛び出してきて体を張って止めに入ったが、
サラリーマンと職人では腕力に雲泥の差。
見る見る血染めになる打ったばかりのコンクリート床。
同じように支払いを拒まれていたほかの下請業者も
悪乗りして搬出に協力w。
あっというまに丸々1工区分を解体、撤収してしまった。

監督は裁判だなんだと息巻いたけれど、
番頭の「うちの若いモン、監督さんの自宅に送ろうか?」
でぐうの音も出なかったそう。
ジジイは、監督が現場資材を水増し発注して自宅を新築したことを知っていた。

直後、建設会社とジジイの間で何やら話がまとまり、
未払い分は全額支払い、監督島流しで手を打ったと。

その後、ジジイと職人は更に徹夜して、
超突貫で同じものを作って納めて話が丸く収まったとのこと。

結局ジジイにしてみれば改めて作った分金が掛かったが、
建設会社には請求せず、自分の儲け全部放り投げて下請に払ったとのこと。
職人たちは自分達の面子が立ったと大喜びだったそうです。




819 :なくわえた名無しさん:2013/09/25(水) 11:49:52.76 ID:kq+XbWsT
>>817
スー




820 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/25(水) 11:57:34.78 ID:1+sxa0qC
>>817
ジジイ惚れた




821 :さかなくわえた名無しさん2013/09/25(水) 12:04:07.49 ID:ytLZYfvU
>>817
ういう男にたい!


田中菜々 Sweet Heart フォルティッシモ
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140423230503