2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

私が犬とイケナイ遊びをした夏休みの思い出







23 名 : 投稿日: 03/08/08 02:56 ID: 7sJqHsJv
某獣姦にたまに書き込でいるBとます
そちら掲示板では手記をけないの沿
(向こではいうキャラではいので)
こに書こうどうしようか少し迷ってます
と言うか、はり、手記を書くは恥ずかしいす。

向こうの掲示板でも、書けないに知識的な立場になってしまって
今更書け、ここも雰気がとつ
どこかに手を書けそう場所れば、
えて稿さいますと助か
礼しまし





74 名前: B : 投稿日: 03/08/13 02:01 ID: mqgoo1ik
最初に私のことを少し。
私がそういう事に抵抗を感じないのは、
おそらく生まれた環境だと思います。

と言っても、私が物心付く前に両親は離婚してしまい
環境自体が変化したので
最近までどうしてなのか自分自身に不思議でした。

離婚した父のことを母はあまり話したがらないので
詳しいことは判らないんですが、
とにかく、幼い頃、私の周囲には
たくさんのワンちゃんがいたのは確かでした。

離婚後の母と暮らした私の方に
ワンちゃんが居なかったことを考えれば、父が、
ワンちゃん好きだったと言うか、
訓練士か調教師だったのではないかと思ってるんですが。

幼い頃の家には、大きなワンちゃんがたくさん居たんです。
そう一頭二頭ではなく、常に四五頭は居たように思います。
私にとって、ワンちゃんと言うのは
身近にいつも居るものと言う感覚が、
幼少時の環境から身に付いたのだと思います。





75 名前: B : 投稿日: 03/08/13 02:02 ID: mqgoo1ik
もちろん、怖いと言う部分もあったと思うのですが、友達と言う部分も
あったと思います。

子供の私に大きなワンちゃんの世話は無理だったと思いますが、子供なり
に世話をしたりしてました。と言っても、遊んでもらっていた、戯れて
いただけだと思います。

一緒にお風呂に入ったり、夏場なら庭にゴムのプールを出して、水浴び
したり、ワンちゃんと触れ合うことは、私にとって極々当たり前のこと
でした。

だから、裸でワンちゃんと戯れると言うことに昔から抵抗がなかったわ
けなんです。今になって冷静に考えれば、これはすごいことだったのだ
と思います。
何せ裸でワンちゃんに抱きついたり、身体を舐め回されたり、そういう
ことが実に普通に、日常的に私の生活に溶け込んでいました。


もっとも、私も幼かったので性的な事は一切なかったですよ。
多少、舐められて気持ちよかったりしたかもしれないけど、そういうこと
を求めて水浴びしたり、お風呂に入ったりと言うことはなかったと思います。

私の記憶の中ではですけど。





119 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:39 ID: FEy9B4FZ
幼少時の私は、多くの犬に囲まれる生活だったと
先日書きましたが、その生活は長くは続きませんでした。
両親が離婚して、母との生活になったからです。
母は女手一つで私を育ててくれた苦労の人です。

ただ、主に夜の仕事をしていたため、私はいつも夜一人で寂しくしてい
ました。

一人で居るために私はいつの間にかエッチなことを覚えていったんです
が、これは、母の所為と言うよりは、私が元々エッチな性格だったから
でしょうね。

私は今でこそ、身長が164センチと少し高めなのですが、子供の頃は、
小柄な上にガリガリで小学校の低学年の頃などは、体重が20キロにも
見たい虚弱児でした。






120 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:40 ID: FEy9B4FZ
だから、中型で足腰のしっかりしたワンちゃんくらいだったら跨ること
ができたんです。特に家に居たワンちゃんたちは、シェパードなど、
しっかりとした犬たちでしたから。

その頃を思い出してでしょうか、夜、一人で居た私は、大きなぬいぐる
みや枕などに跨って、お馬さんごっことかを真似て遊んだりしてるうちに、
あそこを擦ると気持ちがいいってことを知るようになって一人エッチを
自分で気が付かないうちにするようになったんです。






121 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:40 ID: FEy9B4FZ
最初の頃は、本当に単なる遊びの延長線でした。
母が家に居る時でも、気にすることもなくしたりしていたこともありま
したから。

まぁそんなにごしごしと擦り付けていたわけではないですけど。
ちょっと、頭がホワーとなっちゃう程度した。
ただ、ある時、夜遣り過ぎてパジャマまで濡らしちゃった時は、
お漏らししちゃったと、思って自分ですごく焦りました。
だけど、気持ちよかったので どんどんその後エスカレートしていくわけですけど。

何度か、お漏らしを繰り返してから、私は、夜のお馬さんごっこの時は、
素っ裸になるようにして、別に家に一人でしたから、お風呂上りなんかに
裸で居たりもしたし、大丈夫だったかな。

そして、汚れても大丈夫なように熊のお古のぬいぐるみを
お馬さんごっこ専用にするようになりました。
もちろん、この熊さんのぬいぐるみは、
普段は、たくさんあったぬいぐるみの山の底に隠してました。

そうしないと変にカビカビになっていたのでばれちゃってました、きっと。






122 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:41 ID: FEy9B4FZ
そうして、かなり早熟で一人エッチを覚えていった私です。
あ、と言っても、性に対しての知識は、全然なかったので、
当時の私は、クリちゃんとかその辺のことが判らず、ただたんに
あそこ全体を熊さんに押し付けると言うだけでした。

じかにあそこを触ることもしなかったし、だから、お馬さんごっこの
延長線のつもりでした。

母に内緒だったのは、お漏らし、と私は思っていた、
それが恥ずかしかったからです。
それが、ちゃんとした一人エッチに変わるのは、皮肉にも、
小学校で女の子だけが受ける性教育の影響でした。





123 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:42 ID: FEy9B4FZ
あれは、かなりの衝撃でした。
その日の晩は、手鏡持ち出して自分のあそこをはじめてマジマジと
見てしまい、気持ち悪くなりましたから。
でも、そのお陰でクリトリスが、快感の元なんだって
知ることができたわけですけど。
確かにお馬さんごっこの時も、無性に腰を突き出すように
押し付けると全身に電気が走る瞬間があったことを思い出しました。


そして、セックスに興味を覚え始めたのもこの頃だったかな。
だから、この時期のお馬さんごっこは、それまで、
熊ちゃんの背中とか、お腹に馬乗りになっていたのが、
知識がないなりに私が下になって熊ちゃんを私に覆い被らせるようにして
あそこに熊ちゃんのあそこの部分を押し付けるようにしたりしてました。

もちろん、すごく馬鹿げてますよね。
別にその熊ちゃんにおちんちんがあるわけでもなかったし、
そもそも、私には、おちんちん自体が、
どんなのものなのかまったく謎の物体だったんですから。





124 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:43 ID: FEy9B4FZ
その後、周囲からの情報もあって、膣におちんちんなるものを
入れてセックスが成立することを知り、おちんちんが、棒状の物体
と言うことも知りました。

だけど、謎なんですが、当時、私が聞いたおちんちんは、
長さが30センチもあり、太さも10センチ以上と聞いて、
恐怖を覚えました。

でも、皆が経験することと言われて、私は、慣れておこうと
色々と試すうちに処女膜破っちゃいました。
小6になった頃だったかな。
血が出た時は、痛いと思う以上にパニックになりましたけど。
深夜帰ってきた母も、さすがに慌ててましたね。
と言っても、母は、初潮を迎えたものと勘違いしてたと思います。
次の日、お赤飯だったし。

本当の初潮は、中学に上がってからだったので
その後ちょっと気まずかったです。





125 名前: B : 投稿日: 03/08/21 02:46 ID: FEy9B4FZ
と私のオナニーの遍歴を語っていても仕方がないですよね。
だけど、一応、私の小学校時代のこの遍歴と処女喪失だけは、
先に語っておきたかったんです。

私が、小さい時から、えっちな子供だったと言うのが、
この後の経験に繋がるわけですから。
ここまで、スレ違いな話を長々と書いて申し訳ありませんでした。
では、いよいよ、次回から本題です。


多分、そんなに掛からずに書けると思いますので
もうちょっとだけお待ちください。
それと、ここまで、スレ違いな書き込みを続けたこと申し訳ありません
でした。

ごめんなさい。





162 名前: B : 投稿日: 03/08/28 23:27 ID: a6g4ryHm
では、続きです。

私、母子家庭で母が夜のお仕事だった所為か。長期のお休み
夏休み、冬休み、春休みになると決まって田舎のお婆ちゃんの家に
預けられていたんです。
そして、そこで休みを過ごしていました。

本来なら、ずっとそこで育てられてもおかしくないんですけど、
離婚の時に養育権で揉めたらしく、だから、私は、両親の離婚後、
父とは会ったことがなかったんです。

それこそ、父方に奪われることを怖れていたとかいないとか。
離婚後数年は、確かに母は、誰かから逃げるように住む場所を変えてい
ましたから。

だから、私が、おばちゃんの家に帰り始めたのは、数年経った
小学生時代だったと記憶してます。






163 名前: B : 投稿日: 03/08/28 23:28 ID: a6g4ryHm
祖母の実家の目と鼻の先に、両親が暮らしていた私の子供の時に
暮らした家があります。

そっちの方は、行ってはダメとずっと言われていました。
離婚した時に散々、母に父の怖さを言われ続けた私には、
その恐怖心があって言い付けを守ってきました。

いえ、実際に父は、口よりも手が先に出る人だったし、
私の記憶の中でも、両親が仲睦まじかったと言う記憶はなく、
父に殴られている母の姿ばかりが残っているんですが・・・。
だから、すぐ傍に父が居るというのに
私は近付いたことがなかったんです。


それが、小学6年生になったその夏は、違いました。
まぁ、毎年遊んでいた従妹たちが、
その年は、居なかったこともあったかも知れません。
親の言い付けを守る良い子に反発したくなったのかも知れません。
夏のある日、私は、昔住んでいたあの家を目指すことにしたんです。





164 名前: B :稿: 03/08/28 23:28 ID: a6g4ryHm
幼少時の記憶だけが頼りだたので実は結構した。
うの、子供の頃遊び回っんでしょうね
こを殿ても知っているんです。
そして、、変な裏道がたくさんあるんです。

分、素直に道路と3分以上かると思うです
実は、ょっした山の上にある公団住宅地のたの
手くショートカットすれば、10分足らず着くと思いま
その時はろ1時間近く掛
にま来るより記憶がなってくるのが、不思議宿た。
そして、父に会ってしようと言持ちが芽生えてした





165 名前: B湿 投稿日: 03/08/28 23:29 ID: a6g4ryHm
いえ、初めから父にってしようとう気はなかった
れま。ただ、い付けを破りたかっただけなのかも。
して、ちょっとした冒険のつも

で、家に近付つれは、忍び足にも似たで隠るよう
父の殿む家を目指しした

がよかったのか、あと夏の日しをるため麦藁帽子を被って
退らか知り合いに会ともなく、家到着したのは、幸いだった
のかな。

かしの我が家はちょり色褪せていたけど、
庭付きのと言うか、庭だ寿際大屋の家でした
ぁ、そこでワンちゃんたちをたくさん飼っていから
庭がいのはたりだっのかな
田舎ので土地が異様に余ているかも

その色褪せの庭、犬小
退くさんあるのにどれも裏寂れたまし
の時私は、こてはけなかのではないと言う
不安れ、言い付け守らなかった分を悔やみました。





166 名前: B : 投稿日: 03/08/28 23:30 ID: a6g4ryHm
だけど、足を止めることも引き返すこともできず
虚ろな足取りで、恐怖を抱きながらも家に近付いて行ったのも事実です。
家には、人がいる気配がなかったです。
カーテンが閉じられ、灯りも見えず。

まぁ、よく考えれば、私は夏休みでずっと休みだけど、
大人は、普通に仕事がありますものね。
そんな知恵も回らない子供でした。
父が居ないらしいことに私は、ちょっと、ホッとしました。
でも、今考えると、その時点では、その家に今なお父が住んでいる
保証はなかったんですけどね。





167 名前: B : 投稿日: 03/08/28 23:31 ID: a6g4ryHm
だけど、私は、見慣れた犬小屋と家に、
そして父が留守なことに安堵していました。
そして、少し余裕が生まれてきて、庭に近付いていきました。

庭には、一応、小さな柵が作られていましたが、田舎と言うこともあり、
田舎の方では、鍵を掛けるという風習が、つい数年前まではなかったん
です。

柵と言うか、ここからここまでが、あなたの土地ですという目印の意味
合いでしかないそんな柵でした。だから、簡単に中にも入れる感じだっ
たです。

と言っても、うちの柵だけは、犬を飼っているからか、柵に薔薇科の棘
のある植物が巻きついてましたけど、柵の扉に鍵がないから、意味があ
るのかどうか。ワンちゃんには、戸は開けられないから、いいのかな。
そうして、私は、柵を越えて庭の中に足を踏み入れたんです。





168 名前: B : 投稿日: 03/08/28 23:32 ID: a6g4ryHm
庭の中に入る時に私は、犬小屋が裏寂れている原因を知りました。
幼少の頃、たくさんのワンちゃんたちが居ただけに犬小屋は、
ちょっとした長屋のように庭の一辺を完全に塞ぐように並んでいました。
それは今も変わらなかったのに。
ワンちゃんは、一匹しか居ませんでした。
立った一頭しか居ないことは、驚きでした。

私の記憶では、常に3、4頭のワンちゃんが居たのに、なのに今は、
他の犬小屋は、放置されて等しい感じで汚れたり、
壊れていたりしてました。

家に住人が居ないこともあり、ちょっと、怖くなりました。
だって、最後に残っている一頭が、暑気を嫌ってか犬小屋の中から、
庭に入ってきた不審者である私を窺っているのが、判ったので。
よくよく考えれば、私の知っているワンちゃんが、まだ居るとは限らないし





169 名前: B稿日: 03/08/28 23:34 ID: a6g4ryHm
その西ンちは、犬小から、私を見ているじでした
小屋から、結大型と判りま

そのワンちゃと立ちり、小屋から
出てこようとした時には、、足がにすくんで
なかったす。

そのンちゃんは、黒いジャーマシェパドだったけど
ャーェパードって察犬なに使われるよう
凛々しいとか勇ましいうか、
こうう場面だとやぱり怖かったです

ど、その子が、犬小屋ら見えた時、その大きさに驚
成犬きかっ、私も、その大分成長したとは言え
0になるかどうか、やはり、華奢で30キロにたなガリガリで
したから。
れたらただではすまなかったと思す。


だけど、そのワンちゃんは、私の窺いつつ、
な黒い尻尾を振って友囲気がえて
ッとしました。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140506123444