2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

親友の話






http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1400633242/


1 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:47:22 ID:aXxi4CGR8
ちょっと聞いてくれないか




2 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:48:26 ID:aXxi4CGR8
もう何年も前の話なんだけど
俺にはガキの頃からの連れがいたんだ






3 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:50:22 ID:aXxi4CGR8
そいつは明るいくせに人見知りで
イケメンのくせにコミュ障で
なのに女癖悪くて
頭良いのに勉強できなくて
とにかく不思議で面白い奴だった






4 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:52:15 ID:aXxi4CGR8
女にモテるがDQNだった親友は
高校に進学すると
さらにモテ街道を爆進した
俺の自慢の友達だった






5 :名無しさん@ーぷん :2014/05/21(水)09:53:56 ID:aXxi4CGR8
1年の日
宿で合コンがあり親友と歩いてると
3人らいカウトされてい
名刺や書類みたいなのをていた
程なくして親友芸能事務所に所属したん






6 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:56:22 ID:aXxi4CGR8
それからは爽やか系イケメンにジョブチェンした親友は
毎週レッスンやオーディションに通い続け
女遊びもしなくなった
初めて親友がテレビにエキストラじゃ無く
ちゃんと台詞を言ったのは高校を卒業して一年後の
19歳の時だった









7 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)09:57:07 ID:aXxi4CGR8
こんな時間だし誰もいないかな?w






9 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:00:11 ID:YjogIzOix
いないよw





10 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:00:38 ID:aXxi4CGR8
>>9
いんじゃねーかw
お前優しいなw






8 :名しさーぷ :2014/05/21(水)09:59:39 ID:aXxi4CGR8
エア見たときかっ
その面、な恥ずかし
が芸能界の住なんだ
感にノが胸に
れでも親は毎週末
ず連くれ遊んでたし
撮影やオーィシンの裏話を山してく






11 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:03:06 ID:aXxi4CGR8
俺は底辺職に就職し
親友はアルバイトをしながら芝居に打ち込んでいた
メインでCMやポスターに出てたり
良い役でテレビに出てたけど
世間的には、まだ全然無名の新人俳優って所だったのかな






12 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:05:20 ID:aXxi4CGR8
気が付けば俺達はアラサーになっていた
俺もいつまでも底辺職にいられないので
資格取得の為に勉強したり
息抜きの為に趣味を見つけたりで
親友とは半年会えていなかった







13 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:07:40 ID:aXxi4CGR8
そんな時、親友から連絡が来た
明日の朝9時に○○駅に来い

それは都内の外れの駅で
聞いたことも無い場所だったけど
俺は嬉しくて時間通りに車で向かった






14 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:08:56 ID:aXxi4CGR8
そこで俺を待っていたのは
上下スウェットで寝癖全開の親友と
モデルみたいな体型の綺麗な女の子だった






15 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:10:44 ID:aXxi4CGR8
「これ俺の彼女!宜しくね!」
満面の笑顔で言い放った親友はキラキラしていて
その彼女に対する愛情を感じずにはいられなかった
俺も自己紹介をし
その彼女とすぐ打ち解ける事が出来た






16 :名無しん@おーぷん :2014/05/21(水)10:12:25 ID:aXxi4CGR8
の彼女なだからも好らなき
と思、何回か鍋やカラケを重ねるうちに
感情とは
友人として、その彼女を大好きになった
人が結婚してしいと
気でら願っていた






17 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:12:55 ID:aXxi4CGR8
つかマジで人いねーなw
起きろニート共www






18 :名無しさん@おーぷ2014/05/21(水)10:13:27 ID:QQ33uYzQv
見てるよ





19 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:13:53 ID:aXxi4CGR8
>>18
ありがとう
超ありがとう







20 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:19:22 ID:aXxi4CGR8
それから数年間
親友はアルバイト先でもスゲー評価されてて
同業種の人達から正社員のヘドハンが
何社もかかっていた

実際、書類を見せてもらったが
親友の功績は素晴らしく
マジで芝居とか辞めた方が良いんじゃねーかと
本気で思ったくらい

俺は資格を何個か取れて
もっと条件の良い会社に再就職出来た
親友の彼女も出世をし
労働条件こそキツクなったものの
給与とやりがいは
はるかにステージアップしていた

皆が皆
スキルアップして
俺達みたいなゴミクズでも
社会と真っ当に向き合える事が
嬉しかった






21 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:22:55 ID:aXxi4CGR8
親友の俳優業は
当時の2年前に民放で主役を2回
その翌年に1回
主演の舞台が2本、メインのCMが一本と
それなりに業界でも評価されてんのかなー
と俺は思っていた

舞台の時は必ず招待席を用意してくれるし
楽屋にも呼んでくれる
公演後は彼女も交えて
3人で飯を誘ってくれる

30を超えた俺たちでも
全てはこれからだった






22 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:26:30 ID:aXxi4CGR8
俺も業務に終われ、新人育成に勤め
独立の為に経営を学び
半年会っていなかった

久しぶりに親友と二人で飲みにでも行こうかと
携帯を出したとき
ちょうど親友から着信が来た

久しぶりだったから結構なハイテンションで出た事を
今でも後悔している
彼女が急逝したと






23 :名しさん@おーん :2014/05/21(水)10:29:28 ID:aXxi4CGR8
くも膜下出血だ
俺は親大好きだ
その彼女の事も大好きだっ
によ二人の笑い合って姿や
喧嘩し光景が大好きだっ

言葉になか
き合の中
めて親友が嗚咽していのを
電話越しに聞






24 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:31:44 ID:aXxi4CGR8
葬儀に参加せて頂き
親族席に座る親友を直視出来なかった
気の毒すぎて
だけど会食の時に呼び出され
二人でセレモニー会場で色んな事を話し合ったんだ
何も言えない俺に
親友はひたすら
ありがとうと言ってくれた






25 :名無しさん@おー :2014/05/21(水)10:32:13 ID:QQ33uYzQv
も膜下出血か。突然だとショックだよね。





26 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:33:42 ID:aXxi4CGR8
>>25
前兆が無いもんな
人の死って色んな事を教えてくれるよな






27 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:36:34 ID:aXxi4CGR8
それから数ヶ月後
親友に連絡してみた
すると彼女の家にいるとの事

毎週、彼女の家に行き掃除をし
一晩過ごしてるんだってさ
相手のご両親に頼み込み
家賃を自分で払い
彼女がいつでも帰って来れる様に
って






28 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:39:05 ID:aXxi4CGR8
それを聞いたとき
自分の無力さを嘆いた
嘆いたよ

何にも出来ねーんだ俺
十何年の付き合いで
一緒に悪いことも楽しいことも辛いことも
全部二人で背負ってきたはずなのに
かける言葉すら見つからない
何て顔して良いか分からない






29 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:41:41 ID:aXxi4CGR8
親友が片付けた部屋は綺麗で
でも衣類や風呂場からは
当時俺も知っている彼女の臭いが残っていて
今までバケツ何杯分も二人で飯食ってきたけど
初めて無言で卓を囲んだ







31 :名無しさん@おーぷん :2014/05/21(水)10:47:01 ID:aXxi4CGR8
その夜さ
親友が言ったんだ
「本当は分かってるよ」
って

もうその言葉が全てだと思う
俺も
「うん」
しか言えなかった

「何にも無い俺を救ってくれた彼女にさ
感謝って言葉じゃ足りないんだよね」

「うん」

「でもさ…
もう一回だけで良いから会いたいんだよ」

酒の手伝いもあるんだろうけど
親友は電気の消えた部屋のベットで泣き出した
いつもの様に俺はベット横のテーブルをズラし
毛布をかけていた

「もしさ、会えたらさ、俺の分までお礼伝えてくれよ」

これが俺の精一杯の言葉だった








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140609233102