2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

もし親友と思える奴がいたら、そいつは自分の人生の半分に値する宝だと思う。そんな俺と友達の12年間の話




http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1400908717/


1 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:18:37 ID:UZ2CqYrQX
書き溜めは無し

20代の半ばから後半なら共感してもらえると思う



4 :名しさ@おーぷん :2014/05/24(土)14:20:07 ID:UZ2CqYrQX
友達がかなか出とタ

で八方人なんで、知り合来て心を許る友達はこ5歳くらい一人も居なか



9 :名無しさん@おーぷ :2014/05/24(土)14:22:03 ID:UZ2CqYrQX
そん気難しいってのにすごく憧れて
らもよ、友達居る?っ聞か苦しかっ



10 :名さん@おー :2014/05/24(土)14:24:37 ID:UZ2CqYrQX
んで、歳でてよ奴が出来
同じ高校にった

当にれしくて、こんなめんとに付き合くれ一の親

は文系 俺は系で2年か接点は減ったものの一緒仲は変わりなった



11 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:27:44 ID:UZ2CqYrQX
学は互い違うところ合格し

俺は関西

は関東の国大学だった。

、お互いどらが優秀合うようになっ


偏差値では俺のが良い大学だっ尿TOEIC900をたくバイリガル非常に優秀だった。

分野は違いつも親友をライバル視していた



12 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:37:45 ID:UZ2CqYrQX
親友は容姿もハイスペックで非の打ち所がなかった。

それに比べ、俺は欠陥だらけでサラブレッドとポニーだった

俺はファッションセンスを磨くしかなかった

親友は服に大金をかけるのはナンセンスと言いシンプルな服装だった

俺はミハラヤスヒロやナンバーナイン ギャルソンなんかを好んで着ていた

この時までは仲が悪いって感じは一切なく、価値観が違うけどおもしれー奴って感じだった



13 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:38:55 ID:UZ2CqYrQX
親友のことを親友と呼べなくなったのは大学3年の冬だった





15 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:45:00 ID:UZ2CqYrQX
それは就職先だった

親友は外資系企業で俺は日本の老舗企業だった。

ここで価値観の違いが楽しいって思える仲からこいつとは合わない 働くスタンスが違うと思った


親友は学歴コンプレックスがあるのか、外資で一緒に働くやつがハーバードだとか、ケンブリッジだとかとにかく学歴のことしか言ってこなかった。

俺はもう、こいつとは腹を割って話せないと思った。



16 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:47:27 ID:UZ2CqYrQX
大学三年の冬に会ってから、俺は親友に会うのをさけた。

働きだして1年目はちょくちょく連絡来たが、内容はいつもパーティーを開くからコネ作りに参加しに来い お前も高学歴をつれてこいだった

うんざりした俺は、今後も参加する旨はないこととを告げた



17 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)14:49:06 ID:UZ2CqYrQX
大学3年の冬から5年間会わなかった。



18 :名無しさん@お簿ーぷん :2014/05/24(土)14:54:24 ID:UZ2CqYrQX
に結

嫁は俺に友達が少いこと何とも思っていなかったみたいだ

酔っぱらっにお風入ったと友のとを話てした。

結婚式にもんでいなど俺には友がると



22 :名無さんぷん :2014/05/24(土)15:03:16 ID:UZ2CqYrQX
、そして数少ない友達親友に会わないのかと時々れていたど正怖くて会えなた。

綿らしい自セスストーリーを歩でいる親友とではあまりにも違いすた。

自分が親友のラバルでことがいのが悔し

ライバルとして居れ沿しみは、彼女る時の比ではなかった

自分に落胆、親友対して申しい気持ちでいっぱいになっ



24 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:05:08 ID:UZ2CqYrQX
俺の心な中にはいつも親友が居た。

会社で嫌なことがあっても、親友なら難なくこなすだろーなーっと思い 心を奮起させた。

モチベーションが下がりそうな時は、親友なら仕事に対してどう向き合うかを想像して負けないように頑張った



26 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:06:37 ID:UZ2CqYrQX
>23
どーなんでしょ?

俺は友達が本当に少ないので友情かはわからないけど、苦しいとき、いつも親友と比べることで頑張れたよ



28 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:08:56 ID:5Dsy4XHEu
>>26
そうなのか

女だから解らない部分もあるのかもだけど

男性は友人=ライバルになる事もあるんだね

どうぞ続けて下さい


30 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:11:11 ID:UZ2CqYrQX
>>28
間違いなく 親友=最大のライバル です



27 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:07:18 ID:mP4ytg9q1
続けて


29 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:10:24 ID:UZ2CqYrQX
俺は親友に感謝してることに気づいた。

気づけたのは働いて4年くらい経ったときだった。

そのとき、初めて負けを認めたのかもしれない。

俺は兎に角、負けを認めないために会うのが嫌だったのかもしれない。

逆転したら会おう

そういう魂胆だったのかも。

感謝を意識するようになってから会いたいって気持ちと今の俺と会って、俺はあいつの刺激になれるのかと不安にもなった



31 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:13:54 ID:UZ2CqYrQX
そんなウダウダして思いとは裏腹に仕事、プライベートは多忙を極めていった

親友のことを考える時間など ほとんどなくただ毎日を熟していった。

変化が訪れたのは、去年の冬だった。

俺は念願の資格を取得することが出来た。

この時、俺は少しだけ昔の自分を取り戻したような気がした



32 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:15:23 ID:UZ2CqYrQX
そして今年の春、俺は親友から連絡を貰った。

内容は結婚式を行うから、参加してくれないかと言うこととスピーチをしてくれないかと言うことだった




33 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:17:07 ID:UZ2CqYrQX
俺は正直悩んだ。

大学3年の冬までの親友しか知らない。

もっと適任が居るのではないか そう思ったが、資格をとれた自信が少し俺を後押ししてくれた。

参加の旨を伝えた。



34 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:19:40 ID:UZ2CqYrQX
かなり大規模な結婚式だったのでリハーサルなるものが関係者集め行われた

俺は新郎 友人代表スピーチだったがトップバッターでのスピーチだった

これは親友きっての願いでウエディングプランナーがどう説得しても聞かなかった。



35 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:23:40 ID:UZ2CqYrQX
ちなみに、そのリハに新郎、新婦は居ない。

親友に会うのは本番だけだった

結婚式の1週間ほどの前に親友から手紙がきた

当たり障りの無いスピーチはやめてくれ

俺がお前にスピーチを依頼したのは、お前のことを親友だと思い

ずっとお前に負けないように努力してきたからだ

お前の言葉で、お前の本音で話してくれと書いてあった



36 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:24:20 ID:gB7Z0HfaL
なんか嫌な予感しかしない


37 :名ん@おー :2014/05/24(土)15:24:29 ID:4BbuWSJEw
格と


38 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:25:48 ID:UZ2CqYrQX
俺は泣いた。

うれしい気持ちと、ライバルになれていない自分が悔しかった。

>>37 そこは内緒でお願いします。

結構詳しくかいちゃってるんでバレそうで



39 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:28:59 ID:UZ2CqYrQX
結婚式当日

俺はむちゃくちゃ緊張していた。

普段まったく緊張しない俺が、冷や汗をかいてつねにソワソワしていた。

席は一番前列の真ん中だった。

定刻になり聞き覚えのあるウエディングメドレーとともに親友夫妻がエントランスから入場してきた



40 :名無し殿ん@おーぷん :2014/05/24(土)15:32:21 ID:UZ2CqYrQX
たとこで後音が変わっ

の歌は結婚式にはふさわしくなく、ャパヒップホップだ



41 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:35:15 ID:UZ2CqYrQX
ヒップホップといっても激しいやつではなく、ゆるいやつ。

親友が高校の時毎日聞いていた曲でその曲は俺が親友におすすめしたやつだった。

俺は決心した

その時まで、2パターンのスピーチ内容を考えていた。

結婚式は親友の晴れ舞台であるともに、奥さん、家族、会社、関係者すべての人のものであるので本音のスピーチに決心がついていなかった



42 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:37:40 ID:UZ2CqYrQX
夫妻がゆっくり高砂まで歩いて来て

前を向いた瞬間 俺は親友と目が合った

相変わらず奇麗な二重で目に曇りがなかった。


俺は笑った。

親友も笑った。



43 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:42:27 ID:UZ2CqYrQX
そこから自分がスピーチ始まるまで、あまり記憶がない。

自分が紹介されて高砂の横に立ち、スピーチを始めた。

俺はまず、ライバルで居れなかったことを親友に謝罪した。

異例の文頭に会場がザワついたけど俺はかまわず続けた。

そして感謝の気持ち

おもでとうの気持ち

ずっと俺の憧れであり ライバルであり

親友と思っていたことを長々とスピーチした。



44 :名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)15:46:06 ID:UZ2CqYrQX
親友は号泣していた。

奥さんは最初ビックリしながらもすごい笑顔で最後は一緒に泣いていた。

俺も泣いていた。


結婚式のしょっぱなで新郎と分けもわからない男が二人で泣いている謎の構図に、なぜか会場も同情して泣いてくれる人も居た。

俺は最後に、これからもずっとお前をライバルと思っていると伝えてずっと幸せに結婚生活をおくってくれと伝えてスピーチを終えた。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様