2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁童貞の自分がビッチと出会って恋をした






http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1382789912/


1 :名しさんといつでも便一緒:2013/10/26(土) 21:18:32.88 0
嫁しか知らった分が、きっかけにチと出会い恋を
た話です。と前話になりまき溜等はしていませんが
時間るし失恋の空しさを埋めるたさん聞いてほ
です。





6 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:32:54.34 0
すいません。立てていただいて感謝します。
書き溜めしておりませんので、ちょっとゆっくりと書いていきます。
お付き合い、よろしくお願いします。





7 :名まで緒:2013/10/26(土) 21:37:58.01 0
初めてのスレ立てな、つたないこあるかと思いま
ろしいします

まずはペックから。
自分
0歳
80/100

普通

結婚6年目


33
0/5くら
カップ
かわいい系
3人子持ち




8 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:41:04.66 0
物語調に書いていきます。
自己満足だとは思っています。
質問等あれば、可能な限り答えていきます。
よろしくお願いします。




2 :γGTB ◆ts2Sh45A8E :2013/10/26(土) 21:22:21.76 0
嫁童貞ってどーいう意味?




9 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:43:56.88 0
>>2
嫁さんが初めて付き合って初めてHした人で、
それ以外は知らないって意味です。


彼女との出会いは、数年前の会社の忘年会でした。

会社には魅力的な女性がたくさんいましたが、自分に限って彼女らと
何か関係があるような事態になるとは思っておらず、毎回浴びるように
飲み、トイレでグロッキー→タクシーで強制送還を繰り返していました。




10 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:04:22.96 0
その日も浴びるように飲み、後輩に説教をたれていたようで。
そしていざ帰ろうとしたときに、この物語は始まりました。





11 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:09:16.15 0
居酒屋の外にでると、風俗街へ向かう人、また居酒屋をはしごする人、帰る
人とみなチリジリに分かれていきました。正直、自分は まだ飲み足りなかっ
たので先輩に声をかけようとしたのです。

しかしその瞬間、コインパーキングの車止めに力なく座り込む彼女の姿が
見えたのを今でも覚えています。




12 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:11:50.45 0
さすがに時間は23時を過ぎており、酔った女性を一人残せないと思った自分。
先輩に『他の社員さん連れて、飲みに行ってください。自分はあの人タクシー
に乗せて帰りますから』その言葉を聞き、先輩は残った社員さんを連れて
別の居酒屋に向かっていきました。




13 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:14:35.26 0
ここから、彼女の名前が頻繁に出てくるので、仮に彼女の名前を『かおり』、
自分の名前を『ゆうじ』として書いていきます。




14 :名無しさいつまでも一緒2013/10/26(土) 22:17:25.57 0
『かおさん!大丈夫で?』

自分いうと、彼女は「トイレに行きた」と告た。すスマ
で一番近ンビニを探す自分。検索に引かかっコンニにかおり
つれった。




15 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:20:47.73 0
『もうすぐ着きますからね!大丈夫ですから!』
彼女を少しでも安心させようと、とにかく声をかける自分。
つーか、この年でおもらしなんてさせらんないよねwwww

なので、少し早足でコンビニを目指した。かおりさんはコンビニにつくなり、
トイレに猛ダッシュ。自分はその間に、相当酔っているであろうかおりさん
のためにミネラルウォ―ターを購入し待っていた。




16 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:23:37.69 0
用を済ませ、かおりさんが出てくる。
『これでも飲んで、落ち着いてくださいwww』
やべー俺、優しいwwwなんて思いながら、買った水を差しだす。
しかしかおりさんは、なぜかまたモジモジしだし、こうつぶやいていた。

「どうしよかな・・・会社の人だしな・・・」




17 :名無しさんといつまでも緒:2013/10/26(土) 22:36:31.18 0
いう?そのつぶやきをいたな自分の感であ
あ、もししてかおりさん、直したいのか?そう思、飲み直ますかwww?
と聞分。しかし時、すに4マーラオンしている自アル
など飲めかったWWW

かおさんは「!飲うね!」言ってンビニに戻りビール
パックを入してき




18 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:41:37.97 0
買ってきた6缶パックをどこで飲むのだろう?そこにあるベンチで飲むのか?
嫁童貞な自分は、何も考えていなかった・・・というか、酔いすぎてフラフラ
で何も考えられなかった。それでもそんなに治安の良くない夜の街。
女性一人を守ろうと必死で周りににらみをきかす。
そんな時、かおりさんが一言こう言った。

「ねえ、行く?」




19 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:44:13.97 0
『どこ行くんですか?』

そう言いながらも、自分はかおりさんを片手で抱き寄せていた。
本能的に、どこに行くのかわかっていたのだろう。

「えー決まってるじゃん・・・とりあえずタクシー拾って」
言われるままに、タクシーを拾う。

「○○の近くまでお願いします」

かおりさんが告げた行先は、有名なホテル街だった。




20 :名無しさつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:50:44.06 0
クシ貿中で、自分は常心
『の、むだすからねwww別になにないっすねwww』

すがは嫁童貞・・・ここにてめちゃ使するかお
ずっ分に対てににしていたの覚えていタクシ
目的地に着くとお金い「、降りて」とかおんに言
分。

「高校生頃、よく来たテルんだ・・・

いろろと突っ込みたかったついて行った




21 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:53:29.73 0
「あ、ここもいっぱいか・・・」

年の瀬の仕事納めの日に、世の中の人はみんな張り切っているんだなと
感心する自分。そして、空いているホテルを発見し喜ぶかおりさん。

「ここでもいいか!さ、入ろう」

部屋に入ると、とりあえずテレビをつけて自分を落ち着かせようとする。
俺は夜中の教育テレビをみるんだ・・・かおりさんには何もしない・・・。
しかしこの後、かおりさんが数段上であることを知るとは思いもしなかった。




22 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:59:08.87 0
ベッドの枕元に座り、足をブラブラさせながら買ってきたビールを飲む
かおりさん。かたや部屋の隅っこのソファーでテレビを見る自分。

「・・・気持ちが悪い」

かおりさんがつぶやく。自分の優しさレーダー(笑)が反応し、かおりさん
のもとに行く。隣に座り、『大丈夫ですか?』そう聞くと、かおりさんが
こちらを向いてこう言った。「隣に座ったら、ダメじゃん・・・」

かおりさんにすっと自分のメガネを外され、動揺MAXな嫁童貞www
畳み掛けるように、かおりさんの唇が自分のそれに重なってきた。




23 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:01:10.18 0
これってなんの週間実話?




26 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:06:24.72 0
>>23
自分の実話ですwww
すいません、なんか釣りっぽいかな?文章がそう思わせるのかな?
最後まで読んでいただいて、皆さんに聞きたいことがあるんです。
それまでダラダラ書きます。すいません。




24 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:03:21.34 0
言い訳になるだろうけど、とにかく我慢した。
この決壊を許せば、とんでもないところにいってしまう。

しかし、いったん決壊した流れは止められない。
理性はとび、本能のままに動く。
人間ってのは、根底ではやはり動物なのだ。

お互いが本能のままに求め合う。
お互いが本能のままにささやきあう。
今まで理性という仮面で隠していた、本当の気持ちをぶつけあった。





27 :名無んといつまでも一簿2013/10/26(土) 23:08:23.33 0
おもしろいw




29 :名無しさんといつまでも一緒2013/10/26(土) 23:16:19.62 0
>>27
がとうございます。とにかいきす。

・回想

、前からかおりさのことが好ったかも
社にた当時、かおりさんは高ような存あった
年も近くいい笑顔と、時折みせるツンツンしたじが良かった。
3児母と思えなうなプロポーション。
こんなと、一・・調そう思っていた事実

ただまでの人生経験上そんとなんてなかっのも事実。
いい人どまりの。今の嫁結婚できたのが、唯の出いだったと思っていた




30 :名無しさまでも一緒:2013/10/26(土) 23:21:46.57 0
時刻は夜中の3時を過ていた。

しきお互の体を重合わせ疲労感と達感、幸福感に包れた
二人そろそろ現実に戻といい。

「そろそないとね。

おりんが起きがり、下をつけよする
自分かざす後ろから抱きめ、に横にキス
存在を確かめるうに、自分の中に彼女を刻むように
長く、濃く、スをした。

・・もよ〜☆

かおりさんは笑自分りほく。




31 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:25:16.46 0
そうだ。終わりだ。現実に戻らなければならない。

下着をつけ、服を着るかおりさんを見ながら、自分も服を着る。会計を済ませ、
部屋を出る。自分は無意識に、かおりさんの手を握り締めていた。

「私、こういうの苦手なんだよね・・・☆」

ハニカミながら、紅潮するかおりさんの顔を見て、自分はまたキスをした。
夜中の3時過ぎ、ホテルの廊下には誰もいない。誰がいたとしても、止まら
ない衝動。何分くらいその状態であったかわからない。数秒だったかもしれ
ない。

その瞬間、自分はかおりさんに恋をした。




32 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:28:15.13 0
ホテルを後にし、タクシーにかおりさんを乗せる。

「楽しかったよ。気を付けて帰ってね〜バイバイ☆」

つとめて明るい。それがかおりさんだ。
こんな状況であっても、ここまで優しく、明るいのか。
タクシーが見えなくなるまで、手を振った。
かおりさんの残り香のするスーツ。

嫁にばれないように、すぐにクリーニングださないといけないな・・・
なんて考えながら、タクシーを拾い家に帰った。




34 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:33:13.23 0
仕事納めの後の忘年会で起きた、ふとしたサプライズ。
家に帰り、風呂に入る。もう酔いも覚めていた。

『さっきのことは、夢なのか?』

風呂に入りながら、そう考え込む。考えれば考えるほど、生々しい映像が
フラッシュバックする。手に残る感触や、鼻に残る匂い、耳に残る声、
音・・・すべてがリフレインする。

風呂から出て、寝室に行く。そこには何も知らない嫁が、幸せそうな顔で
寝ていた。胸の奥のほうが、チクリと針で刺されたような気がした。





35 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:41:30.96 0
正月は嫁の実家で過ごすことが通例になっている我が家。

例に漏れず、嫁の実家に向かう。
義祖父母の家を大掃除した後、徐々に体調が悪くなる。
結局40℃近い高熱になり、正月含めてずっと寝込んでいた。
高熱でうなされる中で見る夢は、かおりさんのことであった。

お互いの気持ちを、体を重ねる中で言い合ったこと。
あの言葉は、あの態度は、あの行動は本物なのだろうか。
それとも、あのような不貞を働いたために体調不良になっているのだろうか。

そんなことを考えても何もよくはならない。
結果、年末年始の5日間で体重が7kg減っていた。




36 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:57:58.09 0
月明仕事始めの朝。
にかく気まずた。

どんな顔をして、どんな声で、どんすればいいのだろう。
段何気くしていること。無意の行動。

でも識をると、調間は思考が止まるよだ。
しか情にも、時は
出勤がくる社へと向う。




37 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/27(日) 00:11:10.45 0
うちの会社の仕事始めは、あるイベントから始まる。
イベント会場へと向かう車内。
カーステレオから流れる恋や愛を歌った曲の歌詞が耳につく。

イベント会場が近づく。
かおりさんに会いたい。
しかし、会うのが怖い。
話したい…けど、何を話したらいい?
会いたい…けど、会って何をする?

相容れない矛盾だらけの思考。
会場に着くと、ちょうどかおりさんも到着したところのようだ。
車からお互い降りて、
「明けましておめでとう☆」
『明けましておめでとうございます!』

重なるように同じ言葉を放つ。
なぜかそれが無性にうれしかった。




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140629121217