2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

女だけど10年近く経つのに忘れられないエッチの話をする







92 :えっちな21禁さん:2005/09/09(金) 21:17:34 ID:i4gKmpx10
もう10年近く経つのに忘れられない人(というかエッチ)
があります。カキコさせていただいていいですか?
(スレ汚しになってしまうかと思いますが…)

その頃私は一応大学生という肩書きはありましたが、
遊ぶことに夢中でほとんど登校していませんでした。

大学へは、自宅から通えないこともなかったのですが、
通学の時間がもったいないとか、うまくいいくるめて
一人暮らしをしていました。

帰宅時間などをうるさく言う人もいないし、しばらく気ままな暮らしを
楽しんでいたのですが、親が送ってくれるお金だけでは、とても足りず、
車の免許も取りたかったので、アルバイトを探すことにしました。






93 :えっちな21禁さん:2005/09/09(金) 21:46:43 ID:i4gKmpx10
家庭教師とか塾講師の口があれば、時給もいいし、
よかったのでしょうが、残念ながら、三流大学の学生には
そんなバイトはありません。

あんまり選んでいる暇もなかったので、バイト情報誌に
大きく載っていたチェーン展開している、某コーヒーショップに
食事付きということもあって、面接に行き、働けることに
なりました。






94 :92:2005/09/09(金) 22:27:55 ID:i4gKmpx10
は少しめにお店に行きした

その時カターの中にの他と同世
女の背のい、日焼けした人がいたので
れ替わり終了のよ衣室案内し、
制服など説明をすると、後カウーの中の二人に託して退
帰っきま

私は少緊張、制服に着えカウンの中に入り
と申しましくお願いす。」と頭を下げまた。

二人はこやかんなにカタならないいいよぉ〜」と言ってくれ
自己紹介をしてくれました

女の子はSちんと私と同じ年の専で、高い男の
人は大学Nさんでした。

その日は店がヒマとも、二人とも緊張していを和ませて
くれるよに、いろんな話をしました。んはも
るそうで店長のかわりをことあるとのことでした。






95 :92:2005/09/09(金) 22:43:42 ID:i4gKmpx10
その店は、二人以外にも、同年代の人がたくさんいて、サークルの
ノリでした。私もあっという間になじんでしまい、よくみんなで、
閉店後に遊びに行ったり、自分が休みの日でも店に顔をだしたり…。
本当に楽しかった。

特にNさんは同じ沿線を使っていたので、みんなで遊びに行かない日にも、
帰りに一緒にごはんを食べたり、買い物に行ったり、お互いに
野球が好きだったので、(Nさんは元野球少年だった)仕事が早く終わっ
た日は、野球場に行って、ビール片手にナイター観戦をしたことも何度
かありました。

…でもその時は、付き合っているとかそういうのではなく、私はNさ
んのことを優しくてかっこいいお兄ちゃんと思っていたし、Nさんも、
私を妹的に可愛がってくれていたんだと思います。
人ごみではぐれないようにと手をつないだことは数度ありましたが、
本当にそれだけでした。






96 :92:2005/09/09(金) 23:24:48 ID:i4gKmpx10
あ〜 置きが長くってしまっ。す、でももう少し。

ぜならんに年上の女がいたです
何度か店にも遊きてて、お話ししこともありまた。

デル並みにきれな人なのに つんけんしたところはなく
ものく感い女性私は男美女ののカップル
あこていたし、二に入ることなんく考えたことあり
せんた。

…でもつの間にか彼女店に遊びにこななりました
私はさんに「最近彼女こないね。仕事しいの」と
無邪気聞い姿しまいした。

するとNさ顔を曇れたんだ」と言いました
彼女は、と会の人とと二股をかけて、会社の人と
婚することに殿ったんだそうです。

っきれた簿Nさんでたが理して明く話しているのが
りとした。








97 :92:2005/09/09(金) 23:36:52 ID:i4gKmpx10
その頃から私のNさんに対する気持ちは『お兄ちゃん』から変化して
いたように思います。でも、私みたいな女は絶対無理と、Nさんに
対する気持ちには気付かないフリをしていました。

それからも変わらずNさんとの付き合いは続いていましたが、
ある日、小さい頃からお世話になっている人から連絡があり、
喫茶店を始めるので、手伝って欲しいと言われました。

私は今いる店の居心地がとても良かったので、悩みましたが、
親からも頼まれるし、お世話になった人なので、店をやめて、
知人を手伝うことに決めました。






99 :92:2005/09/09(金) 23:48:27 ID:i4gKmpx10
最後の仕事が終わった後、みんなで、送別会を開いてくれました。
もちろんNさんも来てくれました。
最後も飲んで食べて大騒ぎでしたが、みんなから記念品をもらったり、
「絶対また遊びにこいよ。」と声をかけられたり…。
とてもいい送別会をしてもらいました。

…会がお開きになり、何人かは同じ電車だったのですが、一人降り、
二人降りして、最後はとうとうNさんと二人きりになりました。
他愛もない会話をしているうちにNさんの降りる駅が近づきました。
そこで彼は乗り換えです。私の中に急にNさんと会えなくなる寂しさが
こみあげてきました。







100 :92:2005/09/10(土) 00:00:19 ID:DF9I6z2s0
今考えると、よくそんなことができたなと思いますが、その時は
酔いも手伝ったのか、変なテンションだったんです。
Nさんの降りる駅に着き、ドアが開いて彼が「じゃあ、また連絡するよ」
と言って降りようとしたとき、私も「Nさんのこと見送ってあげる〜」
と言って一緒に電車を降りてしまいました。

Nさんは、「えっ、大丈夫なの?」と言って唖然としていましたが
私は「うん、まだ電車もあるし平気だよ〜。」と、明るく答えました。
心の中では、Nさんが欲しい、抱かれたいと、男の子のように考えて
いたのですが…。





101 :92:2005/09/10(土) 00:15:59 ID:DF9I6z2s0
優しいNさんは、電車を降りてしまった私をおいて、乗り換える
ことはせず、しばらくホームで話につきあってくれました。
どのぐらい話したでしょう、Nさんは私に「そろそろ電車…行かなくて
いいの?」と聞いてきました。

私は、最後のチャンスだと思いNさんの目をじっとみつめ、
「だって…もうしばらく会えなくなっちゃうでしょ」と言いました。
Nさんは一瞬驚いた顔をしましたが、すぐいつものやさしい表情になり、
片手は私の腰にもう一方の手で私のかみを撫でてくれました。





102 :92:2005/09/10(土) 00:46:56 ID:DF9I6z2s0
次の瞬間、Nさんは私の額に、次に唇にキスをしてくれました。
そして、私を抱きしめ、耳元で「明日は…予定ないの?」と
ささやきました。
私はその時、うなずくことしかできませんでした。

Nさんに肩を抱かれて、改札を出て、駅近くにあったホテルに入りました。
部屋を選んで、カギを受け取り、エレベーターに乗ったとたん、
またキスされました。さっきの唇を合わせるだけのキスではなく、
今度は激しく舌を差し入れてきました。

部屋に入り、また激しいキス。Nさんは壁に私を押し付け、ワンピースの
上から身体を撫でます。いつものNさんからは想像もつかない荒々しさに
私の動悸は激しく、立っていられなくなり、Nさんの唇から逃れ、
「…シャワー浴びさせて」やっとそれだけ言い、バスルームに入りました。






103 :92:2005/09/10(土) 00:56:20 ID:DF9I6z2s0
バスルシャを浴びながら吸をととえました。
分から誘わとはいえ、すごい展開になってった…
身体を洗いながらで足の間を確かてみると
お湯ではないぬるっとしたもが溢てましたけど。

バスローブをはお、バス姿ると、Nさんはソファーり、
を飲みながらレビました。
つとめて普通っぽく「暑か、シあびしょ?」と
さんに話しかした
Nさレビを消して立ち上が私に軽くキスをして、バスルムに
入っきました。






105 :92:2005/09/10(土) 01:11:16 ID:DF9I6z2s0
ルームの音をベッドの中で聞いていまし
っかり酔いもさめて、さっきの自分の行思い出し
ごく恥ずかしていした

の音が止まりバスルームのアが開音がしました。
Nさんがシワーからあがったみです。
…急に電気が消え、ベッドイドのだけになりま
けている私の横、Nさんが入ってきて、私の髪を撫でたり
耳から首筋をもてあそんだりします。

すぐ思わず振り返ると、Nんはまたキスしてまし
今度は優い軽いキス。そて「俺もこのままもりは
なかったよ。」と言い私に覆い被さってました。






106 :92:2005/09/10(土) 01:24:16 ID:DF9I6z2s0
さんはす殿スが上手でた。
すように、私唇をはだり、なたり…。

どかくて、Nさん手をまわし、も
舌を求てしまいまそんな私に応えて、また激しく
らめてきたり…。

右手ローブを開き、優しく大きな手
包むように揉んでいます。
Nさんの舌がから首筋、宿…と下りてくもう
たまらなくて抑えようと思って、声れでてしまいました 





107 :92:2005/09/10(土) 01:39:16 ID:DF9I6z2s0
が胸りてきた。こもまたらすうに
なとこははずして、強く吸っ西、弱くったり
たりてきす。

もう、そのころには、声を抑えることんて忘れて、
っ はぁ…ん…あぁっ…」ぎっぱなしでした

その反応みては、私の首をたり、
噛んだりじめました

弄びながら、私の足のをすこませてきたNさ
顔を胸から離し、私を見てゃん…ごいよ…」
つぶやくように言いした。
もう溢れていたたいです。








109 :92:2005/09/10(土) 01:54:02 ID:DF9I6z2s0
々にNさの頭が下におりてきました。
の展開を想ずかしくなったで、
腰をよじりまし

Nさんは、 動いちゃ。と言いなが、私の足の間で
下がるのをました。
して、私の足を思いっきりM字に開と、そこに顔をうずめ

割れ目をでなり、クリを唇ではさまるよされき、
られくて私の声はもごく大きなっていたと思います

そして指を本、に入れとき体の奥がビクビッとなり、
私はイてしいました





110 :92:2005/09/10(土) 02:02:39 ID:DF9I6z2s0
それまで、初めての人とのセックスでイったことがなかったので、
私自身、すごくびっくりしました。

膣内もギュッと収縮したのでしょう、Nさんが顔をあげ、
「Aちゃん…イっちゃったの?」と言いました。
私はあまりにあっという間に達してしまったので、恥ずかしくて、
息があがってるふりをして、何も答えませんでした。
Nさんは、足の間から顔をあげ、私の顔を覗き込みました。
彼の口元が濡れていてもっと恥ずかしくなったので、Nさんの首に
しがみつき、顔を隠しました。






111 :92:2005/09/10(土) 02:14:12 ID:DF9I6z2s0
「俺の…触ってくれる?」耳元でNさんは言い、私の手を股間に
導きました。軽く握り締めると、ガチガチに硬くなっていました。
少し上下に動かすと、先端は少し濡れていました。

私はNさんにも気持ちよくなってもらいたいと思い、
「あたしも…していい?」と、身体をずらしました。

Nさんは少しびっくりしたみたいでしたが、
壁に寄りかかって座ってもらい、私は顔を彼の股間に埋めました。






112 :92:2005/09/10(土) 02:23:50 ID:DF9I6z2s0
最初は唇端をはさだり、舌でペロペロってなたり。
、裏筋に何度かさせ、彼ノを深咥えまし

しく口の中で下を使いながら、唇と手でしごくとNさんの呼吸
くなりどきんっ…」という声がもが聞こえまし
なく「めだ…」つぶくと私をベッドに押しま

初は私の入りを探し当てるよ彼はモノを目に沿って上下させ、
して2〜3度浅く出し入れと思、グッと一気にってき





113 :92:2005/09/10(土) 02:26:53 ID:DF9I6z2s0
全部入ったとき、Nさんは、私を抱きしめ「きつっ…」とつぶやきました。
そして「Aちゃんすごいから、俺もたないかも…」と少し笑って言い、
ゆっくり腰を動かしはじめました。





119 :92:2005/09/10(土) 12:06:25 ID:9DQwAPseO
Nさノが奥まで欲しくて、の腰勝手に動てしまいます。
彼が動くクリも擦れるの すごく気持ちいい
「あ うんっ…
やっはあ稿ぁ……」私は声をえることができなくて
んの背中にみつきをたて、夢Nさんめていたよう思います

さんは、を動かしながら、私の耳をしたり
首筋ったしていましが、ふいに動くめました。





121 :92:2005/09/10(土) 12:27:08 ID:9DQwAPseO
Nさんは「やべっ…ゴム忘れてた…」とつぶやき、
ベッドの上に手をのばして、一旦抜こうとしました。

私は、中断してほしくなかったので、足を絡めて、
「抜いちゃ…だめ。今日は大丈夫だから…。」と、
彼のモノをまた自分の奥に戻すように腰を動かしました。
その頃私は生理不順だったので、本当は絶対大丈夫なんてことは
なかったのですが、完全に快楽に負けていました。

Nさんは、私をみて、
「そんな…大丈夫って…。駄目だよ、このままじゃ…」と躊躇してい
ましたが、私がこのまま続けてという意味を込めて、Nさんに激しく舌を
絡めると、彼はまた私の奥まで突いてきました。





122 :えっちな21禁さん:2005/09/10(土) 12:28:36 ID:mQYZ9QCs0
勃起してカチカチになってしまいました。
>>92 さんって色白 もち肌ですか?




123 :92:2005/09/10(土) 13:01:02 ID:9DQwAPseO
>>122
そうですね。モチ肌かどうかはわからないけど、
色だけは白いと言われます。

それからNさんは覚悟を決めたのか、さっきより激しく、
私の足を抱えてさらに奥を突きはじめました。
もうあまりの気持ちよさに私は、
叫ぶぐらいの声をあげていたかもしれません…。
腰を動かしながら、クリもいじられ、私は何度も意識が遠のきました。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:ちょっといい話, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:ちょっといい話, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140705084414