2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

女だけど10年近く経つのに忘れられないエッチの話をする







92 :え21禁:2005/09/09(金) 21:17:34 ID:i4gKmpx10
もう10年く経つ忘れられない人(というかエッチ)
ありま尿。カせて婿だいていい
(スになうかと思ます

その頃は一応大学生う肩はありましたが
遊ぶことに夢中ほとんていませんでた。

大学へは、自宅から通えなともなかったのです
通学時間もっいないとか、まくいいくるめ
暮らしをしていました

宅時間なうるう人もいなしばらくらし
楽しんでいたのですが、親が送ってるお金だけでは、ても足りず、
車の免も取りたかったので、アルバイトを探すことしまし尿た。






93 :えっちな21禁さん:2005/09/09(金) 21:46:43 ID:i4gKmpx10
家庭教師とか塾講師の口があれば、時給もいいし、
よかったのでしょうが、残念ながら、三流大学の学生には
そんなバイトはありません。

あんまり選んでいる暇もなかったので、バイト情報誌に
大きく載っていたチェーン展開している、某コーヒーショップに
食事付きということもあって、面接に行き、働けることに
なりました。






94 :92:2005/09/09(金) 22:27:55 ID:i4gKmpx10
勤務初日、私は少し早めにお店に行きました。

その時カウンターの中には、店長の他に、私と同世代ぐらいの
女の子と、背の高い、日焼けした男の人が入っていたのですが
店長は私と入れ替わりで勤務終了のようで、私を更衣室に案内し、
制服などの説明をすると、後をカウンターの中の二人に託して
帰っていきました。

私は少し緊張し、制服に着替えカウンターの中に入り、
「Aと申します。よろしくお願いします。」と頭を下げました。

二人はにこやかに「そんなにカタくならないでいいよぉ〜」と言ってくれ、
自己紹介をしてくれました。

女の子はSちゃんといい、私と同じ年の専門学校生で、背の高い男の
人は大学3年のNさんでした。

その日は店がヒマなこともあり、二人とも緊張している私を和ませて
くれるように、いろんな話をしてくれました。Nさんはもう店に3年
いるそうで、店長のかわりをすることもあるとのことでした。






95 :92:2005/09/09(金) 22:43:42 ID:i4gKmpx10
その店殿人以外も、代のたくさんークルの
ノリでした。私もあっという間になじんしまい、よくみん
閉店後に寿遊びり、みの日でも店に顔をだしたり…。
本当に楽

特に沿線を使ていたので、みんなで遊びに行かな日に婿も、
帰り一緒にごはんを食べたり買いに行ったり、お互いに
野球だっ、(Nは元少年た)仕早く終わ
た日は球場にって、ール片手にナイー観戦たことも何
ありました

…でもそき合ていのではなく、私はN
んのこと優しくてっこいいお兄ちゃ思っていたし、Nさんも、
愛がっくれていただと思います
人ごではれなようにと手をついだことは度あ
にそれだけでし






96 :92:2005/09/09(金) 23:24:48 ID:i4gKmpx10
(あ〜 前置きが長くなってしまった。すみません、でももう少し。)

なぜならNさんには年上の彼女がいたんです。
何度か店にも遊びにきていて、お話ししたこともありました。

モデル並みにきれいな人なのに つんけんしたところはなく、
ものすごく感じのいい女性でした。私は美男美女のそのカップルに
あこがれていたし、二人の間に入ることなんて全く考えたこともあり
ませんでした。

…でもいつの間にか彼女が店に遊びにこなくなりました。
私はついNさんに「最近彼女こないね。仕事忙しいの?」と
無邪気に聞いてしまいました。

するとNさんは顔を曇らせ、「別れたんだ」と言いました。
彼女は、Nさんと会社の人とずっと二股をかけていて、会社の人と
結婚することになったんだそうです。

もうふっきれたと言うNさんでしたが、無理して明るく話しているのが、
ありありとわかりました。








97 :92:2005/09/09(金) 23:36:52 ID:i4gKmpx10
その頃から私のNさんに対する気持ちは『お兄ちゃん』から変化して
いたように思います。でも、私みたいな女は絶対無理と、Nさんに
対する気持ちには気付かないフリをしていました。

それからも変わらずNさんとの付き合いは続いていましたが、
ある日、小さい頃からお世話になっている人から連絡があり、
喫茶店を始めるので、手伝って欲しいと言われました。

私は今いる店の居心地がとても良かったので、悩みましたが、
親からも頼まれるし、お世話になった人なので、店をやめて、
知人を手伝うことに決めました。






99 :92:2005/09/09(金) 23:48:27 ID:i4gKmpx10
最後の仕事が終わった後、みんなで、送別会を開いてくれました。
もちろんNさんも来てくれました。
最後も飲んで食べて大騒ぎでしたが、みんなから記念品をもらったり、
「絶対また遊びにこいよ。」と声をかけられたり…。
とてもいい送別会をしてもらいました。

…会がお開きになり、何人かは同じ電車だったのですが、一人降り、
二人降りして、最後はとうとうNさんと二人きりになりました。
他愛もない会話をしているうちにNさんの降りる駅が近づきました。
そこで彼は乗り換えです。私の中に急にNさんと会えなくなる寂しさが
こみあげてきました。







100 :92:2005/09/10(土) 00:00:19 ID:DF9I6z2s0
るとよくそんなことができなと思います、その時は
酔いたのテンションだっ
Nさん降りる駅に着き、アが開て彼が「じゃ連絡す
って降うとたと、私も「Nさんのこと見ってげる
と言って一緒に電車りてしまいました。

さんは、「えっ、大丈夫なの?って唖然としていましたが
私はうん、車もあるし平気だよ〜。」、明るく答えました。
中では、Nさんが欲しい、かれたいと、男の子うに考え
いたのですが…。





101 :92:2005/09/10(土) 00:15:59 ID:DF9I6z2s0
優しいNさんは、電車を降りてしまった私をおいて、乗り換える
ことはせず、しばらくホームで話につきあってくれました。
どのぐらい話したでしょう、Nさんは私に「そろそろ電車…行かなくて
いいの?」と聞いてきました。

私は、最後のチャンスだと思いNさんの目をじっとみつめ、
「だって…もうしばらく会えなくなっちゃうでしょ」と言いました。
Nさんは一瞬驚いた顔をしましたが、すぐいつものやさしい表情になり、
片手は私の腰にもう一方の手で私のかみを撫でてくれました。





102 :92:2005/09/10(土) 00:46:56 ID:DF9I6z2s0
瞬間さんは私の額に、次に唇にてくれした
そし、私を抱きしめ、耳で「いの?」
ささやした。
の時、うずくことし できませんでた。

Nさんにを抱かれて、改札出て、駅近くにあったホテに入した。
部屋をんで、ギを取りエレベーターに乗っとたん、
キスされま。さっき合わせるだけのキスではなく、
今度殿しく舌を差し入れてきました。

部屋にまた激しス。Nさんは壁に私を押しけ、ワンピースの
ら身体を撫でますつものNんから像もない荒々し
動悸は激しく、立ってれななり、Nさんの
ャワて」っとだけ言い、バルーに入りました。






103 :92:2005/09/10(土) 00:56:20 ID:DF9I6z2s0
バスルームでシャワーを浴びながら、呼吸をととのえました。
自分から誘わせたとはいえ、すごい展開になってしまった…。
身体を洗いながら手で足の間を確かめてみると、明らかに
お湯ではない、ぬるっとしたものが溢れてましたけど。

バスローブをはおり、バスルームを出ると、Nさんはソファーに座り、
ビールを飲みながら、テレビを観ていました。
私はつとめて普通っぽく「暑かったし、シャワーあびるでしょ?」と、
Nさんに話しかけてみました。
Nさんはテレビを消して立ち上がると、私に軽くキスをして、バスルームに
入っていきました。






105 :92:2005/09/10(土) 01:11:16 ID:DF9I6z2s0
バスルームの水音をベッドの中で聞いていました。
すっかり酔いもさめて、さっきの自分の行動を思い出し、
ものすごく恥ずかしくなっていました。

水の音が止まり、バスルームのドアが開く音がしました。
Nさんがシャワーからあがったみたいです。
…急に電気が消え、ベッドサイドの明かりだけになりました。
背を向けている私の横に、Nさんが入ってきて、私の髪を撫でたり、
指で耳から首筋をもてあそんだりします。

くすぐったくて思わず振り返ると、Nさんはまたキスしてくれました。
今度は優しい軽いキスです。そして「俺もこのまま終わらせるつもりは
なかったよ。」と言い私に覆い被さってきました。






106 :92:2005/09/10(土) 01:24:16 ID:DF9I6z2s0
はすごくスが上手でした
じらすように、私のをはさんり、なめた

私はどかしくて、Nさんの首に手をまわし、もっとと
てしまいました。そんな私にた激し
をからめてきたり…

はバブをき、私の胸を優しく、
包む揉んでいます。
さん舌が唇から首、鎖骨…と下りてと、も
まらなて、抑えようと思っても、声がもでてしまました





107 :92:2005/09/10(土) 01:39:16 ID:DF9I6z2s0
舌が胸に下りてきました。そこもまたじらすように、
一番敏感なところははずして、強く吸ったり、弱く吸ったり、
舌を這わせたりしてきます。

もう、そのころには、声を抑えることなんて忘れて、
「…っ はぁ…ん…あぁっ…」って喘ぎっぱなしでした。

その反応をみてNさんは、私の乳首を舌で転がしたり、
軽く噛んだりしはじめました。

乳首を弄びながら、私の足の間に手をすべりこませてきたNさんは
顔を胸から離し、私の顔を見て「Aちゃん…すごいよ…」
と、つぶやくように言いました。
もう溢れていたみたいです。








109 :92:2005/09/10(土) 01:54:02 ID:DF9I6z2s0
徐々にNさんの頭がおりていきまた。
次の展開を想像し恥ずかしくなっで、
腰をよじりました。

Nさ、「めだいち」といながら、私の足の
るのを止めました。
して、私の足を思いっきりMと、に顔をうずめした

割れ目をなぞられクリを唇ではさまれるようにされたとき、
なくの声はも大きくなってと思い

そして指を1中に入れたとき、身体の奥がビクッとなり、
私はイってしまいました。





110 :92:2005/09/10(土) 02:02:39 ID:DF9I6z2s0
まで、めてセックったことがなかったで、
身、すごくびくりしまし

もギュッと収縮しう、Nさが顔をあげ、
ちゃん…イっゃったの?」と言いまし
私はあまりにあっという間に達してしまっ、恥ず
ってるふりを沿、何も答えませんでした。
Nさんは、足の間顔を私の顔を覗きました
彼の元がれてしくなったので、Nさんの
き、顔を隠しました。






111 :92:2005/09/10(土) 02:14:12 ID:DF9I6z2s0
「俺の…触ってくれる?」耳元でNさんは言い、私の手を股間に
導きました。軽く握り締めると、ガチガチに硬くなっていました。
少し上下に動かすと、先端は少し濡れていました。

私はNさんにも気持ちよくなってもらいたいと思い、
「あたしも…していい?」と、身体をずらしました。

Nさんは少しびっくりしたみたいでしたが、
壁に寄りかかって座ってもらい、私は顔を彼の股間に埋めました。






112 :92:2005/09/10(土) 02:23:50 ID:DF9I6z2s0
最初は唇で先端をはさんだり、舌でペロペロってなめたり。
そして、裏筋に舌を何度か上下させ、彼のモノを深く咥えました。

激しく口の中で下を使いながら、唇と手でしごくと、Nさんの呼吸が
荒くなり、ときどき「んっ…」という声がもれるのが聞こえました。
間もなく「だめだ…」とつぶやくと私をベッドに押し倒しました。

最初は私の入り口を探し当てるように、彼はモノを割れ目に沿って上下させ、
そして2〜3度浅く出し入れしたと思うと、グィッと一気に入ってきました。





113 :92:2005/09/10(土) 02:26:53 ID:DF9I6z2s0
全部入ったとき、Nさんは、私抱きしめ「きつっ…」とつぶやきした
して「Aゃんら、俺ないかも…」と少し笑って言い
っくり腰かしじめ





119 :92:2005/09/10(土) 12:06:25 ID:9DQwAPseO
Nさんのが奥まで欲しくて、私の腰も勝手に動てしまい調ます。
彼が動とクリも擦ので すごちいい…。
「あ…ん うん
やっ…はあぁ…」私は声を抑え稿がで
Nさんにしがみつ爪をたて、求めいたように思い

Nさんは、腰動かしら、私の耳を甘噛たり、
首筋を強く吸ったりしていましたが、ふに動くのめました。





121 :92:2005/09/10(土) 12:27:08 ID:9DQwAPseO
Nさんは「やっ…ゴム忘れてたつぶやき
の上に手をのばして、一旦抜こた。

してほしくかったので、足を絡て、
「抜ちゃ…だめ。今日は大丈夫…。」
彼のモノをまた自分の奥に戻ように腰を動かしました。
頃私理不たので、本当は絶対大んてことは
なかったのですが、完全に快楽に負けました。

は、私をみて、
そんな…大丈夫って…。だよ、このままじゃ…」躊躇てい
ましが、私がこのまま続けてという意を込めて、Nさんに激しく舌
絡めと、はま私ので突いてした。





122 :えっな21禁さん:2005/09/10(土) 12:28:36 ID:mQYZ9QCs0
勃起してカチになってまいまた。
>>92 さん もちか?




123 :92:2005/09/10(土) 13:01:02 ID:9DQwAPseO
>>122
そうですね。モチ肌かどうかはわからないけど、
色だけは白いと言われます。

それからNさんは覚悟を決めたのか、さっきより激しく、
私の足を抱えてさらに奥を突きはじめました。
もうあまりの気持ちよさに私は、
叫ぶぐらいの声をあげていたかもしれません…。
腰を動かしながら、クリもいじられ、私は何度も意識が遠のきました。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:ちょっといい話, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:ちょっといい話, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140705084414