2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女のうつ病を3年かけて治した話






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1402323806/


1 :さん@おぷん2014/06/09(月)23:23:26 ID:mVplGTnaq
聞いくれ
スがかっのまま落と




6 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:25:59 ID:p1sqa5vv3
完治と治癒と寛解は違うよ





9 :名無しん :2014/06/09(月)23:26:55 ID:Nug7w4aRw
>>6
のあたりのいは解らないが
まあせて
書きめてないのでゆきます






7 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:26:18 ID:vXFvO67cu
がんばれ!がんばれ!





10 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:29:07 ID:Nug7w4aRw
まずは自分と彼女の出会いなんだが、
当時22歳の俺はとあるネットコミュニティで彼女と出会った
彼女の書く文章は頭の良さがわかるけど
ユーモラスって感じで読んだ瞬間ファンになったんだ






11 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:30:57 ID:Nug7w4aRw
スペックはまあそのうち
で、俺の方から彼女に積極的にメッセージを投げたりして、
ネット上では結構仲良くなった
だけど結局ネット上でのことなので
それ以上はなにもないと思っていたんだよ







12 :名無しさんぷん :2014/06/09(月)23:34:53 ID:Nug7w4aRw
俺しいない予
し交流してうちに彼女は家庭環境か
躁鬱綿繰り返いうことを知

ともと両親が放任というレクト気味だたので
でも分でやらなきゃいけなという物を持ってて、
あるれが大爆発しらってのが原因らしい






13 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:37:56 ID:Nug7w4aRw
さらに仲良くなると、彼女は俺の1コ下、22歳だということと、
出身は遠方だけどその時は隣県に住んでいるということがわかった

わかったが当時の俺はネットの出会いというのを怖いものだと思って
いたので直接会うことはせず、連絡先を教えたりはしたがそれ以上の
コミュニケーションを取ることはしなかった






14 :名ん@ーぷん2014/06/09(月)23:41:51 ID:Nug7w4aRw
うして月日はたちそのネットコミュィに飽きてとも
疎遠になっていた頃、俺24歳、彼女が23歳のたか

彼女からに突然電話がかかきた
間違い電話と思ったんだけど、
出てみと俺電話
声が聞くなた、
言ってたが本かはわない
その時初 めて彼女と直をし






15 :名無しさん@おーぷん :2014/06/09(月)23:48:07 ID:Nug7w4aRw
やこしいので相手をMとしま

当時彼女なかった俺は、そのら毎日Mと電話をし

色々聞いてみると、状態の時はやる気が漲っでもで気に
なっバリ働けるけど、長便4ヶたないらしくて、
またはバイトとニ繰りして態らしいと聞

の頃は正社員として働たが、1ヶずにうつ化し
退寸前とだっ






16 :名無さんおーぷん2014/06/09(月)23:53:21 ID:Nug7w4aRw
Mの話ずっ聞いてて、こ子を助けてあげなくちゃと使
ようなを感、仕事辞めて簿俺ん綿来なよ
一緒に住もうなってしまった
うまでもなくこういう考えは大変危険で

たMは、そなつもり電話かしてるんじないと怒
りゃそうと思ったがどても諦めきれ寿
じゃあ一度会
MもそれにはOKをくれて、
が彼女の住でる県まで会いに行っ







17 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)00:06:02 ID:C2zLiMtSx
初めて会ったMはイメージ通りの女性だった
頭はとても良さそうで芯のしっかりした、そんな感じ
Mと会ってる時間は本当に楽しかった

観光地をいくつか回っただけだが、
話が合うせいか笑いが絶えなかった
その日は夜になりMを家まで送って、
また会う約束をして帰った

それから何日かしてから、彼女は仕事をやめた
先にも書いたがMの親はネグレクト気味で、
しかも全く話が通じない人らしい

怒鳴ったり手を上げたりするわけじゃなくて、
ひたすら子供に興味が無いタイプの両親
Mはそれが怖くて両親から逃げるように引っ越しを繰り返し、
隣県で暮らしてた

そのMがうつの悪化でもうひとりでは暮らしていけなくなり、
実家に帰る決意をした







18 :姿ん@ーぷ2014/06/10(火)00:11:48 ID:C2zLiMtSx
俺は、Mがに帰ったもう
一生笑なくるんじゃないと思っ
好きになってい 1回会っただけのに

は電話の途中び乗り2時間かけてMの家まで行った
あらてMにちに緒に暮ら言っ
Mは泣きがら願いしますと言

その日、ままMをうちで連れて帰っ緒に寝た






19 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)00:17:26 ID:C2zLiMtSx
それからはMのアパートの引き払いや引越し作業、住民票の手続きなどは
休みのたびに隣県まで行ってほとんど俺がやった

Mはうつが悪化したのか1日じゅう布団から出られなくなっていた

人と会えば人の悪いところばかり目につき、何を言われても悪口に
聞こえるという恐怖感もあるということで、人と会うこともできなく
なっていた

何故か俺だけは大丈夫とも言われた
俺はそれが嬉しくて、何があっても彼女を支えてあげようと思った







20 :名無しさん@おーぷ :2014/06/10(火)00:22:57 ID:C2zLiMtSx
一緒に暮始めてから月くらいは、朝ごんをて食べさせ
お昼ごはんの準備をして冷蔵庫に入会社に行き、帰てから
晩御飯作って食べ綿させ、風呂に入てあるという生活った

は料理をるのは得意じゃなかっが、彼女にとレ本を
込み毎日作っいたいではたいていの理は作れよう
にな

はじめのうちは帰ってごは手がいてないこが多かった
徐々にお間に活動ができるようなってった







21 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)00:28:20 ID:C2zLiMtSx
ほんとに誰も居ないのか 不安になるぞ

3ヶ月くらいしてからようやくまともに外出できるようになり、
俺は極力いろいろなところに連れて行ってあげることにした

人が多いところは極力避けながら観光地や名勝地、果ては俺が子供の頃
過ごした場所など

俺といる時間はMは穏やかだった
でもボーっとしたり、突然泣き出したりすることも多く、
そのたびに俺は自分の無力さを呪った






22 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)00:37:49 ID:C2zLiMtSx
半年くらいすると笑顔も見られるようになり、
調子いい時と悪い時のサイクルのようなものができるようになった

その頃から俺はカウンセリングや心療内科のことを調べ、
Mを連れて行ってみることにした

カウンセリングに行ってみたがさすがに俺は同席できず、
どんな話がされているのかわからないままお金を払い、
次はいつ来てくださいといわれるがままに通うという生活が始まった

彼女に聞いても、よくわからない、らしい
ただ、地元ではそこが一番評判のいいところらしいので
疑うことなく通い続けた

その甲斐あってか、彼女も家の中では料理をしたり掃除をしたり、
日常生活をまともに送る事ができるようになった







23 :名無しさーぷ2014/06/10(火)00:46:17 ID:C2zLiMtSx
めんなさい Mと彼女とごちゃまぜになてますね
ここまででにかかっていた

Mはまだ外にでるのは怖いが、働きたいと言
はまだゆっくりしなよと言った
これ以上ボーっとしてたら本当に駄目になると言って職活始め
しかし働いては辞めり返してMはなかなか働き口尿見つからず、
調子を悪くした
俺はらなかったが、面接でかなどいことを言わたりしてたらしい






24 :名無しさおーん :2014/06/10(火)00:53:25 ID:C2zLiMtSx
後も調子は悪いなカウングに
鍼灸整体や漢ども試して
その中でもMには鍼灸と漢方が良かっらしく急元気になった

して明るくなったMは就を発し、
見事契約社員が職にくことが出来た

俺はにMに自転車を買っあげ 奮発してビアンキを
はホーターで19,800円自転車に乗ってけど






25 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:00:06 ID:C2zLiMtSx
もうMは大丈夫だ、もう元気だ心配することはないと思った
就職できた喜びもつかの間、
そこはお局社員が支配するドロドロした職場だった

何かあるごとにねちっこくねちっこく人格攻撃され、
帰るたびに愚痴を聞いていたのだけど
内心これはまずいと思い始めていた
またMの調子が悪くなってしまうんじゃないかと心配だった
そのとおり、Mは日を追うごとに元気がなくなり、
とうとういやだ、いやだ、行きたくない、
行きたくないと繰り返し布団から出てこれなくなってしまった






26 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:07:37 ID:C2zLiMtSx
俺は慌ててMの職場に欠勤の連絡を入れ、Mに
もういいよ、もう頑張らなくていいよ、
俺が一生守るから、結婚しよう
と言った

Mは、うれしい、だけどこのまま結婚に逃げたくない、
しっかりした人間になってからにしたい、
このままじゃ俺くんの親にも挨拶できない、と言った
それを聞いて俺もますます頑張ろうという気になった

両親に会うのとは順番が逆になってしまうが、
その週末に婚約指輪を作りに行った
Mからの決意の証と俺のけじめだった







27 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:15:13 ID:C2zLiMtSx
それからMは人が変わったようだった
結局やめてしまったのだが、その職場に同年代の友人ができた

その後2度ほど就職して辞めて、
具合が悪くなったりと繰り返したが、
友人も増え どんどん明るくなっていった
俺の知っている明るく楽しいMが帰ってきた






28 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:22:08 ID:C2zLiMtSx
見てたら誰かレスくれよまじで 寂しいじゃん


Mは学生時代テニスに青春を注いでいた
しかしうつを発症してからは全く遠ざかっていて、
今でも情熱がくすぶったままなのだという
近所で社会人テニスサークルがあるので参加したいと言ってきた
もちろん俺はMが元気でいられるなら、と参加を薦めた
やはり体を動かすことはリフレッシュにもなると嬉しそうだった






31 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:30:23 ID:C2zLiMtSx
ageたりsageたりすいません

両親にもMを会わせることが出来た
父も母もMのことを大層気に入ったようで、
実の娘のように接してくれたし

Mも家庭事情から親の愛情を知らなかったようで、
両親とも仲良くしてくれている

そして現在にいたり、新たにMが働き始めた職場ではもうすぐ1年になる
もうMは大丈夫、もううつ病だった頃なんか影も形も見えない
M自身も当時のことは笑い話にできるほどになった






32 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)01:31:54 ID:C2zLiMtSx
と思った矢先

テニスサークルで出会った男性と恋に落ちてMが俺の元を去りました
死にたい



33 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)14:32:38 ID:RCqgauRyd
えええ・・・





34 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)17:51:50 ID:3hAzMlYvs
マジで?これで終わり?



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140705165517