2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

二股されていた事が発覚し、屈辱的な仕返しをした話






http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1406943460/


5 :名さんーぷ :2014/08/02(土)14:22:54 ID:KAuVHuEum
いから
出会いは高校1年の時彼女の友人
俺のクラを便に見たところ、
介して欲しと頼とからだった。
紹介したい女の子いる・

そう言われても大して期待はしてかっ婿稿とに殿
合わせは、男2女2で地元のお祭りへ行ことた。






7 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:00:31 ID:KAuVHuEum
人いないのかと思ってた。
では、続き。


待合せ場所に現れた彼女を見て、一目ぼれした。
体中に電流が駆け巡るような感じで、直視できなかった。
彼女は、ビビアンスーを高校生にしたような感じで、
可愛くて綺麗だった。

せっかくのダブルデートも俺が予想外の緊張をしたせいで、
ほぼ会話することができなかった。






9 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:16:02 ID:KAuVHuEum
その日は連絡先を聞くことが出来なかったが、
後日、女友達にメアドを聞いて、次のデートの約束を取り付けた。
デートまでメールでは我慢できなくなり、
電話番号も聞いて毎日電話するようになったのだが、
声まで可愛くて、毎日彼女の事しか考えられない大好きになっ
ていった。

初デートは地元の繁華街でランチして、ショッピングするとい
う普通の高校生の普通のデートだった。
彼女の門限ギリギリまで遊んで、帰りしな告白した。
「大好きです。」
「付き合ってほしい。」
生まれて初めての告白だった。

彼女も俺の告白を喜んでくれたみたいで、
「有難う。」
目にいっぱい涙をためて了承してくれた。






10 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:18:37 ID:ksHmXNqqM
彼女は>>1が初彼氏だったの?





11 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:22:32 ID:KAuVHuEum
俺の前1人いたが、2週間くらで別く、
女の中ではカウントしないい。
にとって彼女は2人だった。






13 :名無しさん@2014/08/02(土)15:25:44 ID:KAuVHuEum
ってからは週1回ら2回デてた。

本当は毎婿日でも会いたいらいたが、
彼女はスポーツラブにおり、
その練習で多な毎日を便いたかっ尿

初めてスは、学帰りの夜の神社だっ
彼女は初めてのキスだったみた泣いてた。
俺は泣い彼女を見て興奮度マッスだった









14 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:30:30 ID:KAuVHuEum
神社の暗がりで何度も何度もキスした。
当時童貞だった俺はその先どうしていいのか分からず
キスしか出来なかった。
勇気を振り絞って言った。
「今度、家においでよ」
彼女は小さく頷いていた。

その日以降、俺はゴムの付け方の練習や、
エッチの仕方を経験者に聞いて勉強しまくった。
そして、遂にその日がやってきた。






15 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:31:51 ID:ksHmXNqqM
パンツはいた!





16 :ん@おーぷん :2014/08/02(土)15:35:28 ID:KAuVHuEum

再現ロ描写いる?






18 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:42:05 ID:ksHmXNqqM
>>16
まだだ…まだ慌てる時間じゃない…
お願いします!(゚∀゚)





17 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:36:06 ID:KAuVHuEum
その日は10月の土曜日。
俺が学校休みで、彼女は昼まで。
家は夜まで俺一人。

彼女には当時の俺の夢で
「寝ているところを彼女に起こされる」
これがやりたいと言って、合鍵を彼女に渡していた。
家には俺一人。寝ているから学校が終わったら
家に来て俺を起こしてと。






20 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:48:06 ID:KAuVHuEum
その日俺は実際には寝れるわけもなく、寝たふりして待ってた。
13時を過ぎ、そろそろ彼女が来るころだ。
ガチャッ
鍵を回す音がする。
約束通りチャイムもノックもせずドアが開く。
俺の息子はすでにBIG BOYになっていた。
玄関で靴を脱ぐ音がして、足音が近づいてくる。

俺の部屋は、玄関アプローチを抜けて右側のドアと教えてある
ので、簡単に分かったみたいだった。
ドアが開いて、彼女が枕元で囁いてくれた。
「おはよう・・来ちゃった」
俺は何だか嬉しくて恥ずかしくて、寝たふりを続ける。

多分、彼女はそれが狸寝入りだと分かっていたと思う。
黙ってキスしてくれた。
俺は目を開けて、眠そうにしながら←全然眠くなかったがw
「おかえり、こっちにおいで」
そう言ってベッドに彼女を招き入れた。






21 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:50:35 ID:ksHmXNqqM
こそばゆいのうww





22 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:53:27 ID:KAuVHuEum
今思い返すとアホだったと思うw






23 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)15:54:06 ID:KAuVHuEum
彼女をベッドに寝かせると俺はシミュレーションを思い出した。
キス→おっぱい→て○ん→クンニ→挿入
フェラは初めての女子に要求するのは
ダメだと聞いていたので諦めていた。






25 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)16:06:05 ID:KAuVHuEum
彼女の制服のボタンを一つずつ外していく。
ブラジャーを取ると人生で初めて見るママン以外のおっぱいだった。
彼女のおっぱいは大きさはCカップぐらいでお椀型、
乳首はピンク色だった。

彼女と別れてから何人もとHしたが、彼女の体が一番美しかった。
おっぱいを揉んだ。
すぐに吸いたくなって、乳首を口に含んで舐めまわした。
彼女の顔は紅潮していて、二人きりなのに声を押し殺していた。

いよいよ、アソコに・・決意して手を下の方に回す。
ベッドで横向きで向かい合ったまま、
お尻をパンツの上から撫でた。
徐々に指をパンツの中に入れていく。
彼女の息遣いが明らかに荒くなってくるのがわかる。

彼女のパンツの中は洪水状態だった。
「下着、汚しちゃうから脱がせて」






27 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)16:22:52 ID:KAuVHuEum
初めて見る彼女のパンツは水色だった。
濡れてアソコが透けて見えている。
その透けたパンツをすぐに脱がせるのは
もったいないと思った。

興奮した俺はパンツを彼女のアソコに密着させて、
パンツ越しにおま○こを観察した。
アソコに触れるより舐めたくなった俺は
パンツ越しに彼女のアソコを舐めた。
匂いも嗅ぎまくった。

彼女が恥ずかしがるほど興奮してパンツの脇から舌を入れる。
ねっとりした愛液と初めての感触がそこにはあった。

我慢できなくなりパンツを脱がす。
はっきりとアソコが見たくなった。
彼女のアソコは毛が薄く、天然のパイパンみたいだった。
膝の裏をもって足を広げると
真っピンクで愛液がとめどなく溢れていた。

顔を近づけて舐めまくり、指を入れてみた。
暖かい感触と締め付ける感触があったが、
同時に心配になってきた。
こんな小さな穴にBIG BOY入るのかな?
興奮しながらもそんな事を考えていた。






30 :名無しさん@お :2014/08/02(土)16:33:19 ID:KAuVHuEum
女の裸は電気付けて見たくせに便をつるとると
急に恥しくなってきて電を消た。
一箱は装着の練習にた俺にぬかりはなった
「いい?」
一言彼女に確認して挿入しよ
、なかなか入らな
痛そうにする彼女。る俺。

奮闘すること10分
ようやのだが、腰の動かし方がわからない。

とにかくAVや偉大な先達の言葉を思いして
女が痛がってないか様子を見ながら探り探りかし

する、次に気持ちいい動かしたや体の起こし方をつか
でき、イ事が出来。ゴムはしてたが、心配で念の
いてからイッた。






33 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)16:49:44 ID:KAuVHuEum
お互い初めてのHを終えてから、
高校生ということもあり、会う度に求め合った。
付き合っていく中で、喧嘩もしたし、別れの危機もあった。

付き合って2年初めての危機が訪れた。
ここで出会った時のスペック書いてく。
俺:高校2年、男子校

彼女:高校1年女子高 
ビビアン・スー似
学外のスポーツクラブ所属 国体上位
特技 バク中w 






28 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)16:27:28 ID:ksHmXNqqM
参考画像は『ビビアン・スー VENUS』なのである





29 :名無さん@おぷん :2014/08/02(土)16:32:53 ID:KAuVHuEum
最近、FBでこっそり彼女を見たけど、ますます似す。






31 :名無しさん@おー :2014/08/02(土)16:35:12 ID:ksHmXNqqM
>>29
まじ
らやまけしかん!!!





32 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)16:37:44 ID:KAuVHuEum
二児のママになってたけど・・。
号泣。






36 :名無しさん@ーぷん :2014/08/02(土)17:03:30 ID:KAuVHuEum
俺が大進学て、共学になとで
が心配して不安になりだしたのだ。
俺はそんな女心を解でず、
気にその日あったをそのままていた。

な不から大喧嘩をしてまい、ことにな
れるに彼女の学化祭に行約束をしていので
俺はと後悔してよりをそう
女の学校塀をよじ登って文化際した。

校中探しって女を見
気持ちを理きてかったことを謝罪し
れから、俺女にペアリングをプレゼントし
れから学に毎日れをつけていから、
女いる姿わかし、女友達も作ない
お前が大学進学して、ら結婚し
は本た。

泣いてハグしくれりをすこ出来
から半後、更なるが訪れる。






37 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)17:08:24 ID:KAuVHuEum
彼女の進学問題である。
彼女はあるスポーツをしており、
国体や総体で常に3位以内に入り、
新聞にも毎年取材されるほどの実力だった。
当然、全国の大学から声がかかる。
彼女の両親は関東の大学に入れようとしていたのだ。
「どう思う?」
そう打ち明けられた俺は即答した。
「絶対に嫌だ!」






38 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)17:12:51 ID:KAuVHuEum
関東の大学に行ったら絶対に別れることになる。
間違いないと思った。
彼女のスポーツより二人の将来が壊れるのが怖かったのだ。

結果、彼女は親を説得して、地元から車で
一時間程の地域の大学を選んでくれた。

そして、その大学に進学してすぐ遠征で
外国に1か月行かなくてはならないと言われた。

彼女は俺を残して行くことに不安がり
泣いて浮気しないで待っていてと懇願していた。






42 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)17:52:47 ID:KAuVHuEum
遠征に旅立つ数日前、彼女と自宅デートした。
彼女が向こうは寒いらしいからと
俺のマフラーを貸してくれと頼んできた。
マフラーして毎日俺を感じていたいからと。
俺は感動してマフラーや彼女でも着れそうな服を貸した。

そして相変わらず俺の浮気を不安がる彼女に、
毎日俺が何してたか日記をつける。
帰ってきたら読んでほしいと言って
日記をつけることになった。

彼女は俺の事は信じてるけど、女から電話とかあったら嫌だからと
俺の留守電受付メッセを彼女が自身の声で録音していたw
後日、ママンに聞かれて爆笑される被害もあったが
それは別のお話w


そんなこんなで彼女は旅立った。
その日が俺と彼女の最後の一日になるとは夢にも思っていなかった。


彼女が外国に行って1週間後の早朝6時
形態が鳴った。
画面には「表示不可能」か何だかの文字。
彼女からの電話だとすぐに感づいた。
俺は嬉しくて、すぐに電話にでる。
「もしもし、○○?元気にしてた?」
「うん・・・。」

様子がおかしい。

「何かあった?変だよ?
数条秒後、いや数秒後かもしれなかった。

「別れて欲しいの・・・。」
「・・・・・。」

言葉が出てこない。
何を言われているのか、
理解するのに時間がかかった。

「わかった。」
「ごめんね。じゃあ。」

それだけで電話が切れた。
あっけなかった。

なぜ理由も聞かずに別れの申し出を了承したか
俺は本当に彼女を愛していた。彼女が俺の全てだった。
彼女の愛を感じればそれ以上の愛情で返す様な性格で
彼女の周囲にも理想の彼氏だと羨ましがられているのを知って
内心喜んでいたりもした。

もし、彼女が進学して他の男に言い寄られても簡単には裏切ら
れない勝手な自信もあったし、俺自身が他の男には負けないと
いう根拠のない自信もあった。

でも、すぐに了承した。
俺は決めていた。

もし、彼女が普通の男ではなく、同じ競技を志す人間に言い
寄られて靡いたならば、身を引こうと。

彼女にもそう伝えていた。
そして、それが現実に起こった。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140808063342