2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

見てはいけないものを出張中に見てしまった







648 :345:2014/03/03(月) 20:39:18.15
流れぶった切りで悪い

俺の友達夫婦なんだけど、俺が言った一言を皮切りに、目の前で修羅場になったことがある

まあ大した落ちもないから、暇つぶし程度で聞いてくれ

まず俺の友人夫婦

A 小中高同じ学校に行った腐れ縁の友達。
  俺は高校卒業後に就職したけど、
  Aは大学に行った
  今でもよく飲みに行く仲

A嫁 Aの大学時代の同級生。
  2年の交際を経て結婚
  かなり美人。
  気立てもよく、物腰も柔らか。
  Aの自慢の嫁で、二人の仲はかなり良かった


俺は結婚前からA嫁のことはよく知っていた。

Aの家に行った時にA嫁も含めて三人で飲んだりしてた結婚が決まった時もAが真っ先に俺に電話してくれたし、婚姻届けの立会人(だったかな?)にもなった

でまあ結婚してからもオシドリ夫婦として友人間で有名だったA夫婦

俺もあんな嫁さん欲しいなと思うくらい羨ましかった


……と、前置きはここまで

ことの発端は、A夫婦の旅行がキッカケだった




660 :648:2014/03/03(月) 20:58:05.68
とある夏の日、A夫婦は旅行に行くことになった

なんでも、結婚記念日の前倒しの旅行だったらしく、決行豪華な日程になるとAが自慢してた

AとA嫁は共働きで、二人の長期休みが被ることはかなり珍しい

そんな中、たまたま二人とも長期休みが同じ時期に取れたということで、旅行を計画してたわけだ


俺は適当にAにお土産を頼んで、電話で見送った

もっとも、俺はどこに行くかなんて聞いてなかったけど

で、その時期に俺がちょうど仕事でポカして、取引先まで謝りに行くことになったんだが、それが結構遠いところだった


新幹線に乗って、相手先に土下座する勢いで 謝って事なきを得たんだ

まあそれはどうでもいいとして、その日は かなり日も落ちてたからビジネスホテルに泊まった



次の日、帰るために新幹線の駅構内で時間まで待ってた

そしたら、近くにあるトイレから見たことがある人が出てきた
―――A嫁だった

そこは観光名所が多い土地だったし、ニコニコしながら旅行バック持ってて楽しそうだった

俺がそこに謝りに来てるのにAの奴は楽しみに来てたことに、なんか理不尽にもジェラシーを感じた

帰ってきたら、たっぷりお土産をもらおうと固く決意して、俺は帰った

まあお前らのことだから、もう気付いているだろう

俺が見たのは、“見てはいけないもの”だったわけだ




670 :648:2014/03/03(月) 21:13:49.19
日後、A夫婦の自宅に呼ばれ、直々にお土産を渡された

くわらん地酒だっが、ななか高いのらしい

あ一人で飲むの面白くと、俺達とむこ

酒はい回り、いつも通り和気と飲んいて自然と題は旅

Aは饒舌に語る

やれ温泉が最高だったか、や特産の飯が旨かったとか、とても上


嫁もニコニコしがら話を聞

でだはその時に気なく“題”を口

俺『――そういえば俺もちょうどお前に行尿たんだよ』

ジで?に?』


『い殿あ仕事でしでしてな、相手に土下座の旅

A『何だよそれw貿ww


『笑いとじゃねえって。マジ変だったんだぞ。らはいな。楽しんでたみたいだった

A『なんだなら声か


俺『幹線時間ったから無理だ。てお前、○○県ったんなら、名産の××買って来いよ。俺あれ好きなのってるだろ』


A『便……は?なんで○○県?』


俺『なにとけてだよなんお前?得意の魔化しかwww



A『いや県とか行ってねえんだど。お前誰と違えんだ?』


俺『見間違えわけA嫁さんく美人違えるほどいたの中幸せぞ』



A『……は?A嫁が?いつ?』


『いつ…〇〇月〇日だよ。新幹線のでA嫁



……



そこで湿、俺はよやく気付いた

っきまでニコニコAが
д゚`)っなってるの


……以上に、A嫁が世の終わりのように青くし固まっているとに


そんの俺、二人互に何だらず『え?え?』みたいにって






676 :648:2014/03/03(月) 21:24:24.00
そっからAが、顔をみるみる般若の如き形相に変え、ギロリとA嫁を睨み付けた

A嫁、その視線を見た瞬間、傍から見ても分かるくらい体をビクッとさせてた

俺はすぐに分かったA、ブチ切れてる

A『……どういうこと?』

A嫁『いや……きっと見間違えだと……』


A『だったら何ですぐに言わないわけ?てかさっきからその顔なに?』

A嫁『………』


A『―――何黙ってんだよ!!!!』


A、テーブルの上のコップを弾き飛ばす
A嫁更に固まる
俺もびっくりして固まる

Aとは長年の付き合いになるが、基本的に滅多なことじゃ怒らない

友人間で、菩薩とも言われるほど温厚だ

もちろん、A嫁と喧嘩したことなどない



そっからAの尋問が始まる

聞けば、実はAとA嫁は、俺がいたところとは ほぼ真逆のところに旅行に行ってたらしいで、最終日にA嫁が急な仕事が入ったと、一人で先に新幹線で帰ったそうだ

Aは仕事なら仕方ないと信頼度120%で見送り、一人で車で帰ったと

……だが、A嫁は帰ってなどいなかった

その証人が……俺だったわけだ



ここまでA怒りを露わにするのは理由がある

Aは学生時代、付き合っていた女子に二股をかけられ、手酷くフラれたことがある

奴は、浮気という二文字を凄まじく毛嫌いしているんだ



Aの問いかけは続く

そして、やがてA嫁が観念したのか、目の前で泣きながら土下座をし始めた

A嫁『……ご、ごめんなさい!!!』

―――その言葉で、Aは静かに項垂れた……

ちなみに俺、相変わらず(´゚д゚`)って感じで固まっていた





675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:23:17.17
648は相手見なかったのか




683 :648:2014/03/03(月) 21:40:13.14
>>675
上で書いて通り、俺が見姿のは浮かれ顔でトレかくるA嫁だけ

うぜんAもいると思っんだよ

ってそう普通んな場ったなんて想像も出来ないだろ?



そっか、A嫁の明の宿時間
嫁はがらに説してき

・実は、A嫁はAとう前にとある人物と付き合っおり恋愛の末、つまらない口論で別れていた

前、そ人物とたたまで再会し、事に行った西

・相手から『付合ってる人がいのか?』と聞かれ、つい『いないと答えてしまっ

ちょくち遊び行くようにな一か月ほど前、つい体の関係にまでなってしまっ

いと思っていたが、昔の記憶甦り物との時が楽しかった

・そして俺が見たのに二人で1泊の旅行に中でり、Aにレないように敢えてAとの行とは正反の場所に行

・でも、こまでけないと思、そわりうと思って

その人物は、が結ることを知らない。何も知らずに、昔うに仲良くしてくれ


のことでめの一言

尿当時のこ甦り、そ人のとをまた好きになってまった


こで、Aはトイレに駆け込みした

で、トイレか出てて、『んで…なん……!!て泣崩れ


なお、当時氏、どうすいか分ず混乱しま、『とりあえず!』て結論に行バタバタコーヒー作っ



とバカにすんな

お前らだって、目の前で修が始またら自分でもわけの湿ん行をとること必至




686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:45:45.72
648のあわってぷりは理解できる。

...で、再構築か?流れからすると、離婚か...

ううん...読んでくるとむちゃくちゃ辛くなってきたが、結末も知りたいが...ううん




687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:46:08.82
最初の名前欄345は何だったのか?支援




692 :648:2014/03/03(月) 21:58:41.75
>>687
ただの凡ミス
華麗にスルーしてくれイケメン


それからしばらくAは泣き続けた

A嫁はそんなAを見て、もしかしたら良心の呵責に苛まれてたのかもしれない

ずっと下向いて唇を噛み締めてた



コーヒーを入れた俺は、そんなAの背中を撫でることしか出来なかった

だってそんなヘビィ過ぎる話の後で、俺なんかが何も言えるはずないだろ?



でも、そんな俺でも、だんだんとA嫁に腹が立って来た

俺とAは、腐れ縁だとしても間違いなく親友だった

そんな親友が裏切られたんだ

だんまりなんて、出来るはずなかった


俺『……A嫁さん、今のAを見てどう思う?』

A嫁『………(首を横に振っていた)』

俺『いいから見ろよ!!アンタのせいでこうなってんだぞ!?自分がどんだけコイツを裏切ったのか、全力で見ろよ!!』


俺も、久しぶりに全力で怒鳴った

そしたらA嫁、ようやく視線をAに向けた

Aの顔はグチャグチャだった

いつもニコニコしてて、何言っても笑って許して、軽く冗談を飛ばして周囲を明るくさせるAは、見る影もなかった

涙、鼻水、汗、涎……顔から出るあらゆる体液が床にボタボタ落ちてた

まともに見たら、俺も号泣しそうになる


その顔を見たA嫁、目から涙を滝のように一気に流し始めた

床にデコを押し付けて、必死に『ごべんだざい……ごべんだざい……』って謝ってた

もう何て言ってるかは分かんなかったけど、必死に謝ってた




688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:47:34.62
おれも、切なくなってきたぜ・・・



689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:56:13.67
続きはよ!




691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 21:57:47.64
648

せかせるようで悪いが、その後のA夫婦はどうなったんだ...




695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 22:01:19.13
結婚記念旅行を切り上げて不倫旅行するって、A嫁恐ろしすぎる




701 :名無しさ腹いぱい。:2014/03/03(月) 22:05:28.94
続き、気になる〜〜>




712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 22:18:29.75
はよはよ(素)




715 :648:2014/03/03(月) 22:19:23.11
朝方まで泣き続けたAとA嫁は、次の日二人とも仕事行かなかった

行けなかったんだけどね

燃え尽きたように、二人とも壁にもたれかかって、廃人みたいになってた


たぶん会社からだろうけど、二人の携帯がけたたましく鳴ってた

二人ともまったく携帯を触ろうとしないから、俺が電話に出て、『夫婦揃って急な熱発です。友人の俺が面倒見てますけど、今日はおそらく無理だろうと思います』と断り入れた

もちろん、そんな状態の二人を放っておくわけにもいかず、俺も休んだ


昨日の夜まで幸せでいっぱいだった部屋は、まるで廃屋みたいに静まり返ってた

天国と地獄……その言葉が、本当によく合ってた


夕方くらいになっても、二人ともピクリとも動かんかった

でも、そのままじゃ何も終わらんのは何となくわかった



とりあえず、Aを呼んでみた

もちろん反応なし

器用な奴なら、ここで気の利いた言葉でもかけてただろうけど、俺頭悪いから何も思い浮かばんかった

死人みたいになってるAの胸ぐら掴んで、思い切り引き上げた

で頬を一発全力ビンタした

A、ようやく俺の顔を見る。すかさず怒鳴ってしまった


俺『しっかりしろ!!俺じゃケジメ付けれん!!お前がしないで誰がするんだよ!!』

Aは何とか俺の顔を見て、小さく『……分かった』って言った


それから、Aはとりあえず俺を帰らせた

なんでも、二人っきりで話がしたいんだと

一応Aには確認した

『ないとは思うけど、下手なことすんなよ?』って言ったら、『安心しろ。ただ話すだけだ』って返って来た

まあ実際、そっから先はA夫婦の話だし、俺はぶっちゃけ言えば部外者

あとはAに任せて俺もそのまま帰宅した




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140828073000